日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

】雜譟dharmata]の翻訳であるが、意味は多様であり、存在や存在のありよう、存在のありように即して説かれた仏の教えなど。
道元禅師の『正法眼蔵』の巻名の一。95巻本では54巻、75巻本では48巻。寛元元年(1243)孟冬に越前の吉峰寺にて示衆された。

【内容】

〇物の本質、或いは不変の本性を意味する。「法」は、事物の構成要素としての「諸法」という意味を中心にしながら、縁起?などの意味も併せ持っており、そこで、構成要素としての諸法と、本質としての法性とに二分化されるようになった。なお、あくまでも「法」としての本質であるため、「空性」或いは「法身」という意味である。

道元禅師は同巻の冒頭にて、まず仏道修行のありようについて以下のように示される。
あるひは経巻にしたがひ、あるひは知識にしたがひて参学するに、無師独悟するなり。無師独悟は、法性の施為なり。たとひ生知なりとも、かならず尋師訪道すべし。たとひ無生知なりとも、かならず功夫弁道すべし。

ここで、「無師独悟」を単純に師に就かなくても良いと理解してはならない。そうではなくて、師に就こうと経典を読もうと、仏法は自己に於いて知られ、同時に自己に於いて知られるということは、それは法性によって悟らされるのである。したがって、生まれつき悟りを知っていようと、師に就いて教えを聞く必要があり、また知らなくても必ず修行すれば法性によって仏法を知らされるのである。さらに、仏祖と法性とは、相対する関係ではなく、法性の働きの事実として仏祖は現成する。
馬祖道の法性は、法性道の法性なり、馬祖と同参す。法性と同参なり。すでに聞著あり、なんぞ道著なからん。法性騎馬祖なり、人喫飯、飯喫人なり。法性よりこのかたかつて法性三昧をいでず、法性よりのち法性をいでず、法性よりさき法性をいでず、法性とならびに無量劫は、これ法性三昧なり。

馬祖道一による法性三昧の説法を用いて、道元禅師は馬祖と法性とが「同参」することを説かれるが、馬祖と法性との関係は、単純な即是の論理でも捉えられない。
いま見聞する三界十方撲落してのち、さらに法性あらはるべし。かの法性はいまの万象森羅にあらずと邪計するなり。法性の道理、それかくのごとくなるべからず。この森羅万象と法性と、はるかに同異の論を超越せり、離即の談を超越せり。

この一切の存在と法性との関係は、同巻の最大の問題であり、最後までこの問題が突きつめられていくのだが、最終的に解決したとは思われない。むしろ、この問題は読者である学人の側に於いて把握されるべきなのである。
もし法性をよんで衆生とせば、是什麼物恁麼来なり。もし衆生をよんで衆生とせば、説似一物即不中なり。速道速道

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます