日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

^嫐すると「大智度」となるが、六波羅蜜の1つである般若波羅蜜を尊重した表現であり、最高に勝れた般若智慧のこと。
道元禅師の『正法眼蔵』の巻名の一。95巻本、75巻本ともに2巻。天福元年(1233)の夏安居日に、宇治興聖寺にて学人に示された。
略三宝の一句。

【内容】

道元禅師は後に収録される格好になった「現成公案」巻はあるが、実質的に最初に書かれた『正法眼蔵』である。内容としては、『般若心経』に対して『大般若経』巻291を用いながら註釈を行っている。そして、一切の存在が、全て般若の事実であり、それは色即是空・空即是色という大乗仏教の基本を踏まえた説示になっている。
照見、これ般若なり。この宗旨の開演現成するにいはく、色即是空なり、空即是色なり。色是色なり、空即空なり。

そして、般若を学ぶこととは、まさに行住坐臥という日常の生活に他ならないとしながら、日常の生活に徹し切ることによって、般若が現成することを示している。なお、後半には如浄禅師が詠まれたという般若風鈴頌を収録している。
先師古仏云、渾身似口掛虚空、不問東西南北風、一等為他談般若、滴丁東了滴丁東。これ仏祖嫡々の談般若なり。渾身般若なり、渾他般若なり。渾自般若なり、渾東西南北般若なり。

般若とは、風鈴がどの方向からの風にも等しくチリンチリリンとなることであり、その融通無碍なることを尊重しながら、さらに諸法が空相の事実として在りながら、同時に活き活きと現成することを示している。この辺から、道元禅師の「空」が、ただの空虚なものを意味することではないことが明らかになる。
しかあればすなはち、仏薄伽梵は般若波羅蜜多なり、般若波羅蜜多は是諸法なり。この諸法は空相なり、不生不滅なり、不垢不浄、不増不減なり。この般若波羅蜜多の現成せるは、仏薄伽梵の現成せるなり。問取すべし、参取すべし。供養礼敬する、これ仏薄伽梵に奉覲承事するなり、奉覲承事の仏薄伽梵なり。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます