日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

金銀珠宝を連ねた飾りのこと。頭に着ける飾りを瓔といい、身体に着ける飾りを珞という。インドでは、ほとんどの身分で、男女問わずにこれを付けて、装飾とする。菩薩が着けているのはこれである。
おほよそ山水をみること、種類にしたがひて不同あり。いはゆる水をみるに、瓔珞とみるものあり。しかあれども、瓔珞を水とみるにはあらず。われらがなにとみるかたちを、かれが水とすらん。かれが瓔珞は、われ水とみる。水を妙華とみるあり。しかあれど、華を水ともちいるにあらず。鬼は、水をもて猛火とみる、濃血とみる。龍魚は宮殿とみる、楼台とみる。あるひは七宝摩尼珠?とみる、あるひは樹林牆壁とみる、あるひは清浄解脱の法性とみる、あるひは真実人体?とみる、あるいは身相心性とみる。人間、これを水とみる、殺活の因縁なり。 『正法眼蔵』「山水経」巻、「一水四見

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます