つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 戒臘
【定義】

受戒した後の年数。法臘とも。臘は年末の意であるが、転じて年数を意味する。戒臘の数え方は、具足戒を受けたときから数える場合や、夏安居に随喜した回数を持って充てる場合などがあるが、現在の日本曹洞宗では、得度してからの年数を充てる。
首座大衆をひきて入堂し、戒臘によりて巡堂立定す。 『正法眼蔵』「安居」巻