つらつら日暮らしWiki〈禅・仏教関連用語集〉 - 坐禅会
【定義】

寺院本堂坐禅堂などを一般の参禅者に開放して、坐禅を行う会のこと、参禅会。他に、住職や講師、布教師による経典祖録提唱や、法話茶話なども合わせて行われることが多い。また、この会で用いるのに適当な、『参禅要典』も曹洞宗宗務庁?より刊行されている。

なお、日本曹洞宗では、公式ホームページなどにて、全国の寺院で開催されている坐禅会の案内を告知しているので、合わせて参照されたい。

・【曹洞宗・曹洞禅ネット:坐禅会一覧
こちらのサイトは、曹洞宗宗務庁?で、正式に「参禅道場?」として認められている寺院のリストである。

・【坐禅道場リスト−貞昌院ネット
こちらのサイトは、公式サイトではないが、「参禅道場?」より小さい規模で開催されている坐禅会のリストである。