つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 三賢
【定義】

”派仏教では、五停心観・別相念住・総相念住という3つの位にある賢者のこと。
天台宗や華厳宗の教学では、菩薩の階位の内、十住?十行?十回向?の3つの凡夫位を指す。
権者とはなに者ぞ、賢人聖人か、神か鬼か、十聖か三賢か、等覚妙覚か。又、ふるきをあらためざるべくは、生死流転をばすつべからざるか。 『正法眼蔵』「礼拝得髄」巻