つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 師礼
【定義】

仏道に於いて、師に対して行われるべき礼拝・礼儀のこと。詳細は『正法眼蔵』「陀羅尼」巻を参照のこと。
帝者おほく山に幸して、賢人を拝し、大聖拝問するは、古今の勝躅なり。このとき、師礼をもてうやまふ、民間の法に準ずることなし。 『正法眼蔵』「山水経」巻