つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 修表辞謝
【定義】

「表」とは、君主や役所に差し出す文書のことであり、修表辞謝とは文書を作って上程し、辞謝(固辞)すること。
先師天童?和尚は、越上人事なり。十九歳にして、教学?をすてて参学するに、七旬におよむでなほ不退なり。嘉定の皇帝より紫衣師号をたまはるといへども、つひにうけず、修表辞謝す。 『正法眼蔵』「行持(下)」巻