つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 十聖三賢
【定義】

菩薩の修行階梯である、十聖三賢とを並べていった言葉、三賢十聖?。未だ、仏知見?に到達していない修行未了者を総称して述べる場合に用いる場合がある。
自余の十聖三賢等、いかにも向上関捩子をしらざるなり。いはんや向上の関捩子を開閉せんや。 『正法眼蔵』「仏向上事」巻