つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 成仏
【定義】

釈尊がブッダガヤで正覚を開いたこと。
⊆畭困妨造蕕此各人が自ら無上の悟りを開いて仏陀となること。
石頭無際大師いはく、光陰莫虚度。かくのごときの功徳、みな成仏す。過去・現在・未来おなじかるべし。さらに二あり三あるべからず。供養仏の因によりて、作仏の果を成ずるひと、かくのごとし。 『正法眼蔵』「供養諸仏」巻

8腓襪箸いΔ海函¬世蕕に悟ったこと。
ぐ貳姪には死ぬこと。死ぬことによって一切の煩悩が無くなり、涅槃に入ると考えられた日本では、成仏とは死ぬことを意味した。