つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 接得
【定義】

\楝圓垢襪海函5劼魴泙┐襪海函
⊇す堊里魃接し、指導すること。
小参に云ク、宗門の仏法伝来の事、初祖西来して少林に居して機をまち時を期して面壁して坐せしに、そノ年の窮臘に神光来参しき。初祖、最上乗の器なりと知ツて接得す。 『正法眼蔵随聞記』巻5-4