つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 僧侶
【定義】

僧は僧伽の略。侶はともがら、の意。本来僧侶というのは、4人以上の比丘比丘尼の団体(僧伽)を指していた。しかし、後には1人の場合でも、出家者を僧侶と呼ぶようになった。
後漢の孝明皇帝永平年中よりこのかた、西天より東地に来到する僧侶、くびすをつぎてたえず。震旦より印度におもむく僧侶、ままにきこゆれども、たれ人にあひて仏法面授せりけるといはず。 『正法眼蔵』「伝衣」巻