つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 打坐
【定義】

「たざ」と読む。意味は、坐ること、坐禅すること。「打」は動作行為を表す助字。
恁麼功夫を、脱落身心といふ。いまだかつて坐せざるものに、この道のあるにあらず。打坐時にあり、打坐人にあり、打坐仏にあり、学坐仏にあり。 『正法眼蔵』「坐禅箴」巻