つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 単伝
【定義】

単は単独の意、伝は相伝の意であり、単独に法を相伝することをいう。或いは法を伝える存在は、常に仏であるため、ただ仏と仏が唯仏与仏として教えを伝えることを「単伝」という。
諸仏如来、ともに妙法を単伝して、阿耨菩提を証するに、最上無為の妙術あり。これただ、ほとけ仏にさづけてよこしまなることなきは、すなはち自受用三昧その標準なり。 『弁道話