つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 断惑証理
【定義】

「惑いを断じて理を証す」と訓じ、迷いを脱して悟りを得ること、転迷開悟などと同じ。
聞法をねがひ、出離をもとむること、かならず男子・女人によらず。もし未断惑のときは、男子・女人おなじく未断惑なり。断惑証理のときは、男子・女人、簡別さらにあらず。 『正法眼蔵』「礼拝得髄」巻