つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 等覚
【定義】

菩薩五十二位の一であり、三賢十聖の上になり、仏と等しい位。三祗百劫という長期間の修行を完成し、これから妙覚仏果を獲ようとする位のこと。または、一生補処・金剛心ともいう。
権者とはなに者ぞ、賢人聖人か、神か鬼か、十聖三賢か、等覚か妙覚か。 『正法眼蔵』「礼拝得髄」巻