つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 菩提
【定義】

サンスクリット語・パーリ語でのbodhiの音写語。道・智・覚などと漢訳する。

(の正覚の智、悟り、正智の働き、悟りの智慧、迷いから目覚めること。
この無上菩提のていたらくは、すなはち尽十方界も無上菩提の少許なり、さらに菩提の、尽界よりもあまるべし。われらも、かの尽十方界の中にあらゆる調度なり。 『正法眼蔵』「恁麼」巻

法性を覚する智のこと。
崇高な開悟。智慧のあらわれ。
な酊麁讃譴領。
煩悩を断じて得たニルヴァーナのこと。悟りの境地、人間・人格の完成。
Ε縫襯凜 璽覆忙蠅覦としての道。仏道に同じ。
俗には、冥福の意味として用いる。冥福を祈るために先祖代々を祀る寺のことを、菩提寺という。