つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 法名
【定義】

〃佚気量松里里海函
△泙燭亘々罎箸癲K,量昌、の意。受戒するときに、俗名を改めて、僧侶から授けられる法の名字のこと、戒名に同じだが、特に浄土真宗で用いられるともいう。現在の日本曹洞宗では、没後に剃髪して戒名を付ける「没後作僧」が行われるようになったが、古来は生前に授けられたものである。現在でも出家得度するときはもちろんのこと、仏教徒として生きることを願い、生前受戒を申し出て、授戒会随喜した在家者は、戒師より戒名が授けられる。