つらつら日暮らしWiki〈曹洞宗関連用語集〉 - 冥加
【定義】

神仏の加護を受けること。それは、目に見えずに受けることから「冥」の字を付す。
一日示ニ云ク、人は必ズ陰徳を修スベシ。必ズ冥加顕益有るなり。たとい泥木塑像の麁悪なりとも、仏像をば敬礼すべシ。黄紙朱軸の荒品なりとも、経教をば帰敬スベシ。破戒無慚の僧侶なりとも僧躰をば信仰スベシ。内心に信心をもて敬礼すれば、必ズ顕福を蒙ルなり。 『正法眼蔵随聞記』巻4−8