禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で安居56件見つかりました。

 1  2  3  次の20件

三出世

る。 ''1:[[立職]](一会の[[安居]]で[[首座]]を勤める)'' ''2:[[転衣]]([[大本山]]に[[瑞世]]拝登する)'' ''3:[[建法幢]](自坊にて[[結制]]を置く)''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bb%b0%bd%d0%c0... - 2022年09月01日更新

冬安居

blue){''【定義】''} [[夏安居]]を[[雨安居]]と称するが、これは冬の期間に行われる[[安居]]であり、[[雪安居]]とも称する。現在の[[日本曹洞宗]]では基本的に、11月15日に[[結制]]し、翌年の2月15日に[[解制]]する[[九旬安居]]を指す。 &color(blue){''【内容】''} 本来の「安居」という言葉が「雨安居」である以上は、冬の安居は本義ではなく、それを受けてか道元禅師も「冬安居」については、『[[正法眼蔵]]』「安居」巻で否定されるほどである。ただし、イン…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c5%df%b0%c2%b5... - 2007年04月27日更新

尊衆

憑んで念ず。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻所収の[[念誦]]文''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%ba%bd%b0... - 2021年09月23日更新

寒暄

べて云く…… 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b4%a8%da%f7... - 2021年05月19日更新

無上道

無上道なり。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%b5%be%e5%c6... - 2021年03月06日更新

致語

法におなじ。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c3%d7%b8%ec... - 2020年10月16日更新

頤堂

つらなれり。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%f0%f5%c6%b2... - 2009年04月02日更新

自恣

)にすること。 [[仏教]]では、[[安居]]の終了の日(伝統的には「[[解夏]]」)に合わせて、僧侶たちが安居中にしてしまった罪過の有無を問い、お互いに[[懺悔]]しあう作法のこと。 '' 解夏の上堂に云く、'' '' 正令提綱なるは、飲水の鵞、能く淳味を取る。'' '' 一線の道を通ずるは、華を採る蜂、余香を損せず。'' '' 布袋、自恣開口す、十方世界も也、一時に自恣開口す。'' '' 蒲団、法歳周円す、十方世界も也、一時に法歳周円す。'' '' 所以に、有心の者は知し、無心の者も得。'' ''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%ab%d7%f3... - 2019年07月15日更新

結制安居

【定義】''} [[結制]]とは、[[安居]]の制を結ぶことを指し、いわゆる[[夏安居]]・[[冬安居]]を行うことを指す。「結制安居」とは、結制のみでは分かりづらいため、敢えて安居の字句を重ねて表現したものである。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b7%eb%c0%a9%b0... - 2018年06月07日更新

十仏名

    ''『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻'' ここには、「大乗妙法蓮華経」が抜け、上がっている数も10になっている。また、[[瑩山]]禅師は、この両者とも別の方法が示されている。 ''清浄法身毘盧遮那仏'' ''円満報身盧舎那仏'' ''千百億化身釈迦牟尼仏'' ''当来下生弥勒尊仏'' ''十方三世一切諸仏'' ''大乗妙法蓮華経'' ''大聖文殊師利菩薩'' ''大行普賢菩薩(写本によっては大士普賢菩薩)'' ''大悲觀世音菩薩'' ''諸尊菩薩摩訶薩'' ''摩訶般若波羅蜜''   …

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%bd%ca%a9%cc... - 2018年05月01日更新

同安居

「[[同日上山]]」がある。 同じ[[安居]]でともに修行する者同士を指す言葉。,陵冕,妨堕蠅気譴此∪菁據Ω綰擇覆匹盍泙燹K寨茲廊△琉嫐であったが、現代では,用いられる。 &color(blue){''【内容】''} 宗門でも[[両祖]]の時代には、「同安居」とは△琉嫐で使われ、同じ安居でともに修行する者同士を指す言葉として用いられた。 ''住持人念うらく、此れは、多幸にして同安居を得、亦た冀くは某〈[[首座]][[監寺]]〉人等、法力相い資け、諸の難事無からんことを。 『[[正法眼蔵]…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c6%b1%b0%c2%b5... - 2016年11月26日更新

九宗

も[[破夏]]せず。生前にすべて[[九夏安居]]せざらんをば、仏弟子・比丘僧と称すべからず。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b6%e5%bd%a1... - 2015年12月04日更新

破夏

blue){''【定義】''} 夏は夏安居のことで、本来九旬にわたって行われるはずの安居に入っておきながら、その途中で抜けてしまうこと。 ''[[震且]]の[[九宗]]の[[僧衆]]、ひとりも破夏せず。生前にすべて[[九夏安居]]せざらんをば、仏弟子・比丘僧と称すべからず。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c7%cb%b2%c6... - 2015年12月04日更新

禁足

lue){''【定義】''} [[九旬安居]]の間、[[安居]]する僧が[[道場]]の外に出ることを、厳に禁ずること。 &color(blue){''【内容】''} 禁足の制は、[[釈尊]]が制定したものであり、インドに於いては[[安居]]が雨期に限られ、この時期には草木虫類が最も多く繁殖するため、門外に出て誤ってそれらを殺さぬようにする(=[[護生]])ための手段。同時に、九旬の安居の間は、ひたすら[[弁道]][[修行]]に励む時期なので、一切の外出は許されなかったこと。今も、安居を行う場合には同…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b6%d8%c2%ad... - 2008年08月20日更新

護生

ことになる。よって、[[大衆]]は一所に安居禁足して、生き物を護ることをいう。「[[安居]]」の別称。 ''当に[[法王]][[禁足]]の辰、是れ[[釈子]]護生の日なるべし。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%ee%c0%b8... - 2014年07月15日更新

法歳周円

法歳]]が円かにめぐること。いわば、[[安居]]を終えて[[法臘]]を1歳増すことをいう。 ''[[護生]][[禁足]]三月なりと雖も、法歳周円今日来る。 『[[永平広録]]』巻6-442[[上堂]]''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%a1%ba%d0%bc... - 2008年08月20日更新

結制

lue){''【定義】''} [[九旬安居]]の制を結ぶこと。 ''安居の制を結ぶ也。 無着道忠『[[禅林象器箋]]』「第九類・叢軌門」「結制」項'' &color(blue){''【内容】''} 釈尊が定めた、九旬の安居の制を結び守ることをいう。また、[[夏安居]]であれば[[結夏]]ともいう。また、唐代の中国では、多くの禅者が江西・湖南を中心に往来したことから、多くの[[僧侶]]が集まることをたとえて[[江湖会]]などともいう。幢旗を建てて[[説法]][[教化]]することから、[[建法幢]…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b7%eb%c0%a9... - 2007年04月27日更新

円鏡

臘牌」と違い、こちらの「円鏡図」は、結制安居の[[首座]]和尚が、安居終了時に頂戴する。 ''[[結制]]の晩、[[堂行]]の収めた[[戒臘牌]]によって、唐紙などの半切を用いて、首座に与える「円鏡」を作る。[[血脈]]と同じ包み方で奉書に包み、「円鏡」と大書し首座に与える。[[円鏡調印式]]を行った後、首座に授与する。 『行持軌範』159頁'' 正月の餅のこと。日本の俗称。 ''正月の餅を、俗に鏡と云ひ、依て円鏡と云へり、和称なり。円なるに依つて、鏡と名づくるにあらず。古へ近江の鏡より、…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b1%df%b6%c0... - 2009年02月12日更新

共語

すこと。 ''しかあるを、[[九夏安居]]は[[修証]]せざれども、われは[[仏祖]]の[[児孫]]なるべし、といふは、わらふべし、わらふにたらざるおろかなるものなり。かくのごとくいはんともがらのことばをば、きくべからず、共語すべからず、[[同坐]]すべからず、ひとつみちをあゆむべからず。[[仏法]]には、[[梵壇]]の法をもて悪人を治するがゆえに。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b6%a6%b8%ec... - 2012年10月05日更新

掩室

なりとせん。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b1%e6%bc%bc... - 2012年03月23日更新

 1  2  3  次の20件
安居(56) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(37) 袈裟(52) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(129) 三宝(42) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(52) 首座(29) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(34) 正法眼蔵(240) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(32) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(130) 仏法(77) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(38) 面山(75) 礼拝(38) 瑩山(62) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます