禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で峨山10件見つかりました。

竺源

定義】''} [[總持寺]]二世・[[峨山]]韶碩[[禅師]]の[[法嗣]]で、[[峨山二十五哲]]の一人。号は竺源、名は超西。 生没年:不明 出身地:不明 俗 姓:大島氏 &color(blue){''【略歴】''} 南北朝時代の人とされるが、生没年は不詳。年を取ってから總持寺に到り峨山禅師に就いて、朝夕に[[修行]]に励み、[[嗣法]]するまでになった。能登国に梅香院を開創し、また、陸奥国では長谷寺・音声寺などの[[開山]]になったという。[[尼僧]]であったとも。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%b3%b8%bb... - 2008年09月07日更新

峨山

(blue){''【定義】''} 号は峨山、名は韶碩(または紹碩とも)。[[瑩山]][[禅師]]の[[法嗣]]であり、後に[[大本山]]となる[[總持寺]]を受け継いで、大いに発展させる事となった。弟子に[[峨山五哲]]などを輩出し、五哲が[[五院]]制度を構築して、教線を全国に展開することとなった。その門派を、[[峨山派]]という。現在の[[日本曹洞宗]]寺院の多く(9割以上)が、[[伽藍法]]の系統からすれば峨山派になる。 俗 姓:源氏 生没年:建治2年(1276)〜貞治5年(1366) 出身地:…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b2%e5%bb%b3... - 2008年08月01日更新

峨山二十五哲

定義】''} [[總持寺]]二祖・[[峨山]]韶碩[[禅師]]の下に輩出された、優れた[[法嗣]]25人のこと。この祖師達と、その門葉が、いわゆる[[峨山派]]を形成することとなり、曹洞宗の全国典型の原動力と、[[總持寺]]の[[大本山]]としての地位確保を決定付けた。なお、江戸時代には次のような評価を受けている。 ''[[永祖]]の道、これ總持峨翁に五伝して、而も恢興す。興の所以は、職より門下五五哲の化蹟、五畿七道に碁布することに由るなり。就中、[[通幻]]の[[門風]]、最も魁なり。 『[[面…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b2%e5%bb%b3%c6... - 2008年08月01日更新

總持寺

月には、[[瑩山]]禅師は寺を弟子の[[峨山]]韶碩禅師に譲り、自らは[[永光寺]]に帰った。そして、翌年の8月15日に示寂した。 なお、[[瑩山]]禅師は弟子の[[明峰]]素哲禅師を自らが建てた寺などの[[僧録]]として後事を託したが、總持寺だけは[[峨山]]禅師の法系がその後護持することとなった。[[峨山]]禅師は42年間もの長期にわたって[[住持]]の職にあって、その初期の立ち上げに大きく貢献している。 さらに、[[峨山]][[禅師]]には、特に勝れた[[法嗣]]が25名(28人とも)いたとされ…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%e5%c1%bb%fd%bb... - 2008年08月03日更新

峨山派

の[[法嗣]]で、[[總持寺]]二世[[峨山]]韶碩禅師の[[法系]]に属する一派のこと。 &color(blue){''【内容】''} 峨山禅師は多くの法嗣がいたとされ、それは[[峨山二十五哲]]と呼ばれるほどの数であった(一説には27人とも)。中でも、[[峨山五哲]]は總持寺に[[輪住制]]を布いて、その運営の中心を担うなどし、總持寺を中心とした門流の発展に寄与した。南北朝から室町期にかけてめざましい発展を遂げたのは、この峨山派の功績であるとされる。 この二十五哲は、各国の守護や領主層に浸透し、…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b2%e5%bb%b3%c7... - 2009年05月09日更新

大徹

【定義】''} [[總持寺]]2世[[峨山]]韶碩[[禅師]]の[[法嗣]]で、總持寺8世の大徹宗令禅師のこと。 生没年:元弘3年(1333)〜応永15年(1408) 出身地:肥前(熊本県)または大隅(鹿児島県) &color(blue){''【内容】''} 大徹禅師は、若くして[[出家]]し、筑前妙楽寺の無方宗応に就いて[[得度]]、後に總持寺の峨山禅師に参じて、悟りを開いた。その[[因縁]]は「[[芭蕉拄杖話]]」であった。 後に自ら總持寺の[[住持]](8世)となり、[[退董…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%e7%c5%b0... - 2007年01月25日更新

山雲海月

定義】''} [[總持寺]]2世・[[峨山]]韶碩[[禅師]]が貞治2年(1363)に撰述した宗義の書。全3巻。 &color(blue){''【内容】''} 峨山禅師が89歳の時に著され、全3巻の内、上巻には[[仏法]]の要旨を説き、更に臨済宗・曹洞宗・潙仰宗・法眼宗・楊岐派・黄竜派という[[五家七宗]]各派の[[宗旨]]の特徴を挙げており、中巻ではその[[説法]]を敷衍し、下巻では曹洞五位説を概説している。特に、五位説の解説では、第四位を兼中至とし、[[偏正五位]]の偏中至から変え…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bb%b3%b1%c0%b3... - 2008年08月24日更新

無底

底抜けの禅機。 [[總持寺]]2世[[峨山]]韶碩[[禅師]]の[[法嗣]]・[[上足]]で、陸奥[[正法寺]][[開山]]、[[峨山二十五哲]]の筆頭。号は無底、名は良韶。資無くして[[遷化]]したことにより、後に[[正法寺]]の[[伽藍相続]]に関する問題が起きる。 生没年:正和2年(1313)〜延文6年(1361) 出身地:能登国(石川県北部) &color(blue){''【内容】''} 22歳にして、[[永光寺]]の[[明峰]]素哲[[禅師]]に就いて[[得度]]した無底禅師は、続いて[…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%b5%c4%ec... - 2010年02月25日更新

五院

】''} [[總持寺]]2世である[[峨山]]韶碩禅師には、特に勝れた[[法嗣]]が25名いたとされているが、この中でも[[太源]]宗真・[[通幻]]寂霊・[[無端]]祖環・[[大徹]]宗令・[[実峰]]良秀の5人が主導的な立場となって、その後の[[總持寺]]運営に尽力した。そのために[[峨山五哲]]と称された。また、[[峨山五哲]]はそれぞれ[[總持寺]]の境内地に観応2年(1351)に[[普蔵院]]・[[妙高庵]]・[[洞川庵]]・[[伝法庵]]・[[如意庵]]という支院を建てて「五院」となした。 …

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%de%b1%a1... - 2006年10月06日更新

峨山五哲

】''} [[總持寺]]2世である[[峨山]]韶碩禅師には、特に勝れた[[法嗣]]が25名いたとされている([[峨山二十五哲]])が、この中でも[[太源]]宗真・[[通幻]]寂霊・[[無端]]祖環・[[大徹]]宗令・[[実峰]]良秀の5人が主導的な立場となって、その後の[[總持寺]]運営に尽力した。そのために峨山五哲と称された。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b2%e5%bb%b3%b8... - 2006年10月06日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます