禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で具足戒9件見つかりました。

大僧

義】''} [[沙弥]]ではなく、[[具足戒]]を受けた正式な僧侶([[比丘]]・[[比丘尼]])のこと。 ''しかあればすなはち、たとひ国王・大臣なりとも、たとひ梵天・釈天なりとも、[[未作僧]]のともがら、きたりて[[亡僧]]の事例を請せんに、さらに[[聴許]]することなかれ。[[出家]][[受戒]]し大僧となりてきたるべし、と答すべし。 『[[正法眼蔵]]』「[[大修行]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%e7%c1%ce... - 2008年01月03日更新

得度

[[沙弥]]になることであり、その後[[具足戒]]を受けて、正式な僧になった。[[法臘]]([[戒臘]])は、この[[具足戒]]を受けて、そして[[夏安居]]に[[随喜]]した年数をもって定めている。日本では、この区別が強くなく、得度をもって僧となるとされた。 &color(blue){''【内容】''} ところで、現在の[[日本曹洞宗]]では、[[在家得度]]という俗語もあるが、[[道元]][[禅師]]は以下のように明言される。 ''しかあればすなはちしるべし、得度といふは、[[出家]]なり。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c6%c0%c5%d9... - 2006年10月28日更新

声聞戒

、守らねばならないとされた戒のこと、[[具足戒]]。なお、大乗仏教では、[[菩薩戒]]の実践の下、それらの戒を声聞戒として、宗教的なレベルを低いものとした。 ''戒に復た、二有り。一には声聞戒。二には菩薩戒。[[初発心]]従り乃至、[[阿耨多羅三藐三菩提]]を成ずるを得ん、是を菩薩戒と名づく。若しくは、白骨を観る乃至、阿羅漢果を証得す、是を声聞戒と名づく。 『大般涅槃経』「師子吼菩薩品第十一之二」''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%bc%ca%b9%b2... - 2008年11月09日更新

菩薩戒

&color(blue){''【定義】''} [[大乗]]の[[菩薩]]が[[受持]]する戒のことで、大乗戒・[[大戒]]とも呼ばれる。なお、天台宗では円頓戒と呼ばれ、[[禅宗]]では仏性戒・一心戒・心地戒・[[禅戒]]などとも呼ばれる。 &color(blue){''【内容】''} 具体的には『梵網経』『瑜伽師地論』などで説かれた、[[三聚浄戒]]・[[十重禁戒]]・[[四十八軽戒]]をその内容としている。中国では、天台宗にて説かれており、他宗派でも取り入れられている。しかし、中国ではインド以来の…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%ee%bb%a7%b2... - 2008年03月19日更新

大戒

blue){''【定義】''} [[具足戒]]のこと。正式な[[比丘]]になるために必要な戒のこと。[[五戒]]や[[十戒]]を小戒というのに対する。 天台宗における円頓戒を指す。 [[大乗戒]]のこと。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%e7%b2%fc... - 2008年05月27日更新

受具

(blue){''【定義】''} [[具足戒]]を受けること。[[出家]][[得度]]と同じ意味で用いる。 ''[[出家]]受具し、優婆毱多に[[参学]]し、つひに第五の[[祖師]]となれり。 『[[正法眼蔵]]』「[[出家功徳]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%f5%b6%f1... - 2006年12月08日更新

具足戒

尼は三四八戒を護持すべきであるとされる。具足戒という呼称は、この戒法を護持するときには、無量の戒徳を修行者の身体に円満[[具足]]することを意味する。なお、この原始仏教以来守らねばならないとされてきた戒法については、大乗仏教からは[[声聞戒]]とされた。 中国では、『梵網経』『瓔珞経』などの大乗戒・菩薩戒の影響で、比丘・比丘尼が[[声聞戒]]を[[受戒]]した後、十重四十八軽戒の[[菩薩戒]]を受けることになっていた。日本では、さらに伝教大師最澄が、声聞戒を受けずに[[菩薩戒]]だけをもって[[出家]]…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b6%f1%c2%ad%b2... - 2006年10月28日更新

戒臘

じて年数を意味する。戒臘の数え方は、[[具足戒]]を受けたときから数える場合や、[[夏安居]]に随喜した回数を持って充てる場合などがあるが、現在の[[日本曹洞宗]]では、[[得度]]してからの年数を充てる。 ''[[首座]]、[[大衆]]をひきて[[入堂]]し、戒臘によりて[[巡堂]]立定す。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b2%fc%e7%c4... - 2006年10月28日更新

法臘

臘を数える。 本来インドなどでは、[[具足戒]]を受けてからの年数をもってこれに充てていたが、現在では出家してからの年数をもってこれに充てる。 ''[[堂頭]][[和尚]]道体堅固法臘延長を専ら祈る。 禅林寺本『[[瑩山清規]](上)』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%a1%e7%c4... - 2006年10月27日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます