禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で五観5件見つかりました。

五観

]]の見る対象が異なることによって生じる五観のこと。 [[僧侶]]が食事に臨んで起こすべき5つの想念のこと、「五観の偈」。[[道元]][[禅師]]『[[赴粥飯法]]』にて説かれる。 &color(blue){''【内容】''} 8醜圓[[曹洞宗]]で用いている「五観の偈」は以下の内容である。 ''一計功多少量彼来処(一には功の多少を計り、彼の来処を量る)。'' ''二忖己徳行全欠応供(二には己が徳行の、全欠を忖って供に応ず)。'' ''三防心離過貪等為宗(三には心を防ぎ過を離るることは、貪等を宗…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%de%b4%d1... - 2021年12月26日更新

五観偈

だく際に観想する5つの事柄。詳細は「[[五観]]」項参照のこと。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%de%b4%d1%d0... - 2012年06月21日更新

作観

・観相を作すこと。特に、食事の際の「[[五観]]」を行うこと。 ''然る後に[[出観]]す。未だ作観を出ざるに[[出生]]することを得ざれ。 『[[赴粥飯法]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ba%ee%b4%d1... - 2009年10月30日更新

受食五観訓蒙

[[禅宗]]の受食の際に唱える「受食[[五観]]」について、その成立の経緯や、偈文の意図を僧俗のために平易に説いたもの。享保20年(1735)刊、全1巻。 &color(blue){''【内容】''} 現行の「五観の偈(受食五観)」は、[[道元]][[禅師]]が『[[禅苑清規]]』から『[[赴粥飯法]]』に引用されたものを用いているけれども、そもそもは律宗の南山道宣が作った観文の意を受けて、宋代の儒官であった山谷居士・黄庭堅が、釈氏の法に約して士大夫のために作ったものであった。よって、この「五観の偈」…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%f5%bf%a9%b8... - 2009年10月01日更新

形枯

んが為なり。 『[[赴粥飯法]]』「[[五観]]」''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b7%c1%b8%cf... - 2009年06月28日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます