禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で合掌13件見つかりました。

五観

う。 ''候ちて遍槌を聞かば、[[合掌]]揖食し、次に五観を作す。《五観の偈》然る後に出観す。未だ作観を出でざるに[[出生]]することを得ざれ。 『[[赴粥飯法]]』'' しかしながら現行の[[作法]]では、食事が給仕された後に、槌砧一下にて[[合掌]]して五観の偈を唱え、「二」の途中で[[法界定印]]([[叉手]])に戻す。 なお、曹洞宗に於ける「五観の偈」の成立、或いは解釈については、[[面山]]瑞方師『[[受食五観訓蒙]]』(『[[曹洞宗全書]]』「注解四」巻所収)に詳しい。 また、他宗…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%de%b4%d1... - 2021年12月26日更新

黙坐

すること。 ''行香の時、挙手[[合掌]]し、語笑・点頭・動身することを得ざれ。当に須らく黙坐すべし。 『[[赴粥飯法]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%db%ba%c1... - 2021年07月25日更新

叉手

見える。近時の[[教家]]に、叉手と[[合掌]]と同義の説あり。然るに、支那にある叉手と合掌と、其の義別あり。又、是れ[[随方毘尼]]なり。故に『禅苑規』に叉手法が出るも、『広記』と同じ。又、諸清規に「叉手出班・合掌帰位」の明文あり。検知を要す。『禅苑規』に云く「叉手法は左手を以て、緊しく右手を把り、右手を以て、その胸を掩うが如し。須くやや離さしむ」と。又、『修禅要訣』「叉手法」を攷うるに云く「先ず、左手大拇指を曲げ、余の四指を以てこれを握り、以てその胸に当てる。しかし、やや離さしむ。次に、右手五指を伸ば…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ba%b5%bc%ea... - 2009年07月24日更新

浄信

にもあれ、あるひは如来滅後にもあれ、[[合掌]]し[[低頭]]して、口にとなへていはく、我某甲、[[今身]]より[[仏身]]にいたるまで、帰依仏、帰依法、帰依僧。帰依仏両足尊、帰依法離欲尊、帰依僧衆中尊。帰依仏竟、帰依法竟、帰依僧竟。 『[[正法眼蔵]]』「[[帰依仏法僧宝]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%be%f4%bf%ae... - 2007年12月10日更新

左右問訊

''【定義】''} 集団で合わせて[[合掌]][[低頭]]([[問訊]])を行う際に、ただ正面にだけではなくて、併せて左右に対しても上半身を曲げながら問訊する方法。主に[[總持寺]]関連の行法として知られる。 &color(blue){''【内容】''} 左右問訊については、具体的にその名称が確認できるわけではないが、臨済宗の無著道忠撰『禅林象器箋』「問訊」項に、この原型かとおぼしき記載がある。 ''村寺清規に云く、事畢れば、或いは身を転じて、団欒問訊す。或いは只、位に就いて略して面を転じ、左…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ba%b8%b1%a6%cc... - 2009年08月21日更新

引声

。引声念仏。 ''[[首座]][[合掌]]して声を引いて唱う。 『[[赴粥飯法]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%fa%c0%bc... - 2009年08月08日更新

合掌

ue){''【内容】''} 密教では、合掌の形式を12種に分類するが、[[日本曹洞宗]]では十指・両掌を堅く合わせる合掌を用いる。なお、[[道元]][[禅師]]は腕を胸襟に近付けないで、指の先を鼻の先に対させるのを作法とした。 ''合掌を面前に欧欧篤る。合掌は指頭、当に鼻端と対すべし。頭低れれば、指頭も低れる。頭直ければ、指頭も直く。頭若し少しく斜なれば、指頭も亦、少しく斜なり。其の腕は胸襟に近づかしむることなかれ。 『[[赴粥飯法]]』'' このような[[道元]][[禅師]]の合掌は、入宋以…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b9%e7%be%b8... - 2007年02月28日更新

金剛合掌

(blue){''【定義】''} [[合掌]]法の一。経では合掌[[叉手]]と呼ばれるものであり、また[[帰命]]合掌ともいう。両手指を合わせて交叉させ、右の指を左の指の上に置くものをいう。密教で行う十二合掌の第七。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b6%e2%b9%e4%b9... - 2008年07月24日更新

対座問訊

者に問訊することをいう。対座の者は、[[合掌]]し応答する。対義語は[[隣位問訊]]。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%d0%ba%c2%cc... - 2008年05月15日更新

礼仏

(blue){''【定義】''} [[合掌]][[恭敬]]して、仏を[[礼拝]]すること。 ''しかあれば、身をきよめ心をきよむる法は、かならず一沐しては一薫し、かくのごとくあひつらなれて、三沐三薫して、礼仏し[[転経]]し、[[坐禅]]し[[経行]]するなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[洗面]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ce%e9%ca%a9... - 2008年03月30日更新

点頭

したこと。 ''行香の時、挙手[[合掌]]して、語笑・点頭・動身することを得ざれ。当に須らく黙坐すべし。 『[[赴粥飯法]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c5%c0%c6%ac... - 2007年12月25日更新

低頭

敬礼すること。[[問訊]]の時には、[[合掌]]低頭する。 ''一手にて揖するには、手をあほげて、指頭すこしきかがめて、水を掬せんとするがごとくしてもちて、頭をいささか低頭せんとするがごとく揖するなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[洗浄]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c4%e3%c6%ac... - 2007年12月10日更新

問訊

(blue){''【定義】''} [[合掌]]し、身体を曲げて頭を低くする敬礼法。問・訊という字は、それぞれにたずねるという意味であり、言葉を述べて[[挨拶]]するという意味が本来だが、日本ではただ合掌低頭する礼拝を問訊と称した。 ''寮中は、[[威儀]]乱るべからず。[[合掌]]問訊は、まさに[[如法]]にすべし。 『[[衆寮箴規]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%e4%bf%d6... - 2007年05月28日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます