禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で寂室5件見つかりました。

菩薩戒童蒙談抄

】''} 江戸時代の[[学僧]]・[[寂室]]堅光が著した[[禅戒]]論に関する著作、全1巻、文政2年(1819)に刊行された。 &color(blue){''【内容】''} 本書は寂室が、彦根の清涼寺に於いて、[[仏祖正伝菩薩戒]]の本旨を、出家者のみならず、一般の在家信者にも会得させるようにと願い、和文をもって平易に書き記したもの。内容は、[[菩薩戒]]の意義と、[[懺悔]]、[[十六条戒]]について解説したものであり、『[[十善戒法語]]』と合わせると、寂室の[[戒律]]観が理解可能である。ま…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%ee%bb%a7%b2... - 2010年03月05日更新

了光

義】''} 南北朝時代の僧侶。号は[[寂室]]、名は了光。 生没年:不詳 俗 姓:不詳 出身地:不詳 &color(blue){''【内容】''} 最初は、[[大乗寺]]にいた[[瑩山]][[禅師]]の下で[[修行]]をしていたが、後に[[浄住寺]]の[[無涯]]智洪の門を叩いて参じ、[[随身]]として長年研鑽して、その法を嗣いだ。無涯の住していた浄住寺に住持し、後には[[永光寺]]にも入った。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ce%bb%b8%f7... - 2010年11月21日更新

寂室

‘酲鳴時代の[[曹洞宗]]の僧侶である寂室[[了光]]のこと。[[無涯]]智洪の[[法嗣]]で、[[永光寺]]や[[浄住寺]]に[[住持]]した。 江戸時代の[[学僧]]である寂室[[堅光]]のこと。著作は、『[[十善戒法語]]』など多数存在。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%e4%bc%bc... - 2010年03月05日更新

十善戒法語

e){【定義】}'' 江戸時代の学僧・寂室[[堅光]]が著した[[法語]]。全1巻、文政元年(1818)に刊行された。詳しい内題は『十善戒信受の人に示す法語』という。 ''&color(blue){【内容】}'' 本書は内題に明らかなように、[[十善戒]]を[[受持]]する[[在家]]篤信の人に与えた[[法語]]であり、十善戒の一々について、その戒の意義を分かりやすく述べたものである。寂室は、十善戒による[[衆生]][[教化]]が可能であるとの信念を持っており、本書はそれを具体化したものである。 …

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%bd%c1%b1%b2... - 2008年04月10日更新

堅光

} 江戸時代に詩文をよくした学僧。号は寂室、名は堅光。 生没年:宝暦3年(1753)〜天保元年(1830) 出身地:大分県 俗 姓:宮本氏 &color(blue){''【略歴】''} 豊前宇佐郡敷田村に、5月18日に生まれた寂室は、幼名を方朔といった。10歳の時、豊後の松屋寺の大堅全海の元で[[出家]]し、当初は空海と称していた。安永7年(1778)には、長門功山寺の棟外真梁に参随し、また、同国笑山寺の海外亮天に就いて、その法を嗣いだ。 加賀の[[宝円寺]]や、越中の[[瑞龍寺]]などを遊歴し…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b7%f8%b8%f7... - 2008年04月10日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます