禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で十二分教28件見つかりました。

 1  2  次の8件

伽陀

で[[偈頌]]のこと。[[九部]]、[[十二分教]]の一。  ̄な犬農發れた仏の教えのこと。 ''四者伽陀、此を[[諷誦]]と云う。〈此を不重頌を云う、此間詩頌の如し〉 『[[正法眼蔵]]』「[[仏教]]」巻'' [[法会]]の時に、一定の音律で諷誦する偈頌のこと。または、これを唱える人。 ''仍って、無窮の[[利益]]を仰がんが為に、伽陀を誦して、[[礼拝]]を行ずべし。 『[[瑩山清規]](上)』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b2%c0%c2%cb... - 2008年09月08日更新

方広

れたもの、の意。大乗経典を指したり、[[十二分教]]の一を意味する、[[毘仏略]]。 ''十は毘仏略 此に方広と云う。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏教]]」巻'' 大方広大で、到らぬことがない。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%fd%b9%ad... - 2009年08月13日更新

十二分教

禅師]]は『[[正法眼蔵]]』にて、この十二分教の詳細を説示される。 ''十二分教〈修多羅、亦線経と云う、此に法本と云う、又は契経と云う〉'' ''一者素咀纜     此に契経と云う。'' ''二者祇夜      此に重頌と云う。〈偈頌を以ての修多羅なり〉'' ''三者和伽羅那    此に授記と云う。'' ''四者伽陀      此に諷誦と云う。〈此に不重頌と云う、此の如く間、詩頌〉'' ''五者憂陀那     此に無問自説と云う。〈無問自説経者、聖人説法、皆待請問、然為衆生、作不請之師、故無問自説、又…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%bd%c6%f3%ca... - 2009年01月16日更新

憂陀那

''【定義】''} [[九部]]、[[十二分教]]の一。意訳すれば、[[自説]]・無問自説。 &color(blue){''【内容】''} 仏が弟子の問いを待たず、その心境に映じたままをそのままに説いたもの。 ''五者憂陀那、此を無問自説と云う〈無問自説経とは、聖人法を説き、皆の請問を待つ、然るに[[衆生]]の為に、不請の師と作る、故に問無くして自ら説く。又、[[仏法]]知り難し、名けて能く人の問うこと無し、若し自ら説かずんば、衆、則ち知らず、為に説くを説かず。又復、為に何の法を説くも知らざる…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cd%ab%c2%cb%c6... - 2008年09月08日更新

自説

aの音写である[[憂陀那]]のこと。[[十二分教]]の一。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%ab%c0%e2... - 2009年08月13日更新

毘仏略

クリット語のvaipulyaの音写、[[十二分教]]の一で、[[方広]]と訳す。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c8%fb%ca%a9%ce... - 2009年08月13日更新

仏教

を媒介にして、後半には「[[三乗]][[十二分教]]」に関する解説がされている。 前半部分にて行われる「[[教外別伝]]」批判の主眼は、釈尊が摩訶迦葉に対して、教えのほかに「[[上乗一心]]」を伝えたのだが、[[一心]]を[[見性]]するのが肝心であるという見解を破することにあった。それは、一心が、本当に絶対的なものであるならば、その「外」に教えがあるという見解は自己矛盾であり、それは一心についての理解が足りず、さらに「内外」についての[[参究]]も足りないことを自ら標榜するものにほかならないからである…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%a9%b6%b5... - 2008年02月21日更新

兼含

''この十二、おのおの経と称す、[[十二分教]]ともいひ、[[十二部経]]ともいふなり。十二分教おのおの十二分教を[[具足]]せるゆえに、一百四十四分教なり。十二分教おのおの十二分教を兼含せるゆえに、ただ[[一分教]]なり。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏教]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b7%f3%b4%de... - 2009年01月26日更新

一分教

【定義】''} [[九分教]]・[[十二分教]]の1つということ。 一とは、全一の一であり、[[道元]][[禅師]]は各分教が帰一し、一分教になるという。本来仏の経説は九分教や十二分教のように分類されても、有機的に連関し、[[衆生]]の[[教化]]という大目的に一致することを、一分教と評した。 ''この十二、おのおの経と称す、十二分教ともいひ、[[十二部経]]ともいふなり。十二分教おのおの十二分教を[[具足]]せるゆえに、一百四十四分教なり。十二分教おのおの十二分教を[[兼含]]せるゆえに、た…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%ec%ca%ac%b6... - 2009年01月26日更新

十二部経

(blue){''【定義】''} [[十二分教]]に同じ、同項参照のこと。 ''この十二、おのおの経と称す、[[十二分教]]ともいひ、十二部経ともいふなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏教]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%bd%c6%f3%c9... - 2009年01月26日更新

論議

blue){''【定義】''} [[十二分教]]の一。[[優婆提舎]]。 経論の要義を問答議論すること、或いはその儀式。 &color(blue){''【内容】''} 日本では、勅会に於いて論議が取り入れられた。その方法から、番論議・向論議・二十一日論議・五十座論議などがあり、さらに場所によって内論議・殿上論議・武家論議などがある。方法は、問者と講師が入堂後法要を行って、経典の解釈を終えてから問答に入った。なお、後には内容が固定化され、儀式化されていった。[[曹洞宗]]で行う[[法戦式]]も、…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cf%c0%b5%c4... - 2009年01月25日更新

優婆提舎

或いは問答・論議した部分をいう。 [[十二分教]]の一。仏自ら、教えの内容を分別し、[[論議]]し、問答して理を論じたもの。 E学的に意義を論究した人の論書。経の註釈書の表題としても使われる。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cd%a5%c7%cc%c4... - 2009年01月25日更新

未曾有

らざる」の意で取った。[[九部]]、[[十二分教]]の一で、[[阿浮陀達磨]]。 &color(blue){''【内容】''} 仏典に於いては、未だ曾て無かったほどに珍しいこと、世にも不思議なこと、奇跡などの意。仏、[[菩薩]]が顕した種々の奇跡を記した経典のこと。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%a4%c1%bd%cd... - 2008年09月08日更新

譬喩

って説明すること。 [[九部]]・[[十二分教]]の一。[[阿波陀那]]の訳語。様々な経典の中で説かれる例え話のこと。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ec%a2%d3%c8... - 2009年01月23日更新

阿波陀那

義】''} avadanaの音写。[[十二分教]]の一、[[譬喩]]と漢訳する。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%a4%c7%c8%c2... - 2009年01月23日更新

阿浮陀達磨

adbhuta-dharmaの音写。[[十二分教]]の一、[[未曾有]]と漢訳する。経典の中で、神秘不可思議の事柄を記したもの。或いは仏の[[功徳]]の偉大さを讃歎したもの。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%a4%c9%e2%c2... - 2009年01月23日更新

本事

意で昔話のこと、[[伊帝目多伽]]。[[十二分教]]・[[九部]]の一。 ''[[堂上]][[和尚]]示して曰く、[[了義経]]は、[[世尊]]、本事・[[本生]]等を説くの経なり。 『[[宝慶記]]』第17問答''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%dc%bb%f6... - 2009年01月21日更新

伊帝目多伽

かくの如き出来事、の意で昔話のこと。[[十二分教]]・[[九部]]の一。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%cb%c4%eb%cc... - 2009年01月21日更新

和伽羅那

ト語のvyakaranaの音写。 [[十二分教]]の一、[[授記]]のこと。 ∧庫―颪里海函…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cf%c2%b2%c0%cd... - 2009年01月18日更新

尼陀那

ンスクリット語のnidanaの音写、[[十二分教]]の一で、[[因縁]]と訳す。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c6%f4%c2%cb%c6... - 2009年01月18日更新

 1  2  次の8件
安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます