禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で抄物4件見つかりました。

代語

[[禅宗]]の[[語録]]の一形式。[[抄物]]の1つで、「〜語録」といういい方の代わりに、「〜代語」などと呼称する。中世に盛んに作られたが、江戸時代の中期に及んできて、本来の「祖録」参究の環境が整ってくると、用例は減少する。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%e5%b8%ec... - 2006年12月28日更新

抄物

、中世以後口語体による講義録を総称して「抄物」という。 &color(blue){''【内容】''} 五山や林下の僧達が行った講義の聞き書きを指し、臨済宗でも多くが見られるが、特に[[日本曹洞宗]]の場合は、[[瑩山]]禅師の『[[報恩録]]』、或いは[[峨山]]禅師の『自得録抄』などが知られ、室町期に入ると、川僧慧済が文明年間に行った『[[人天眼目]]抄』を始め、その後も多くの講義録が編集されて世に伝えられた。特に曹洞宗のものは「洞門抄物」と呼ばれて、内容も禅籍の註釈に限られるという特色がある。 …

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%be%b6%ca%aa... - 2006年12月28日更新

門参

加えられたものになったという。一種の[[抄物]]。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%e7%bb%b2... - 2010年11月01日更新

陞座

思われたが、実際には中世に偽撰された[[抄物]]だとされている著作がある。 &color(blue){''【内容】''} 『正法眼蔵抽書梅華嗣書』とも呼ばれる同著は、長く石屋真梁禅師の系統に受け嗣がれた「門参」資料であると考えられている資料もあれば、書写の経緯が不明のものもある。しかし、どれも「陞座」「[[梅華]]」「[[伝衣]]」「[[嗣書]]」「信書」という五称を有し、一度は版橈[[晃全]]禅師などが書写した96巻本には収録されていたが、後に[[晃全]]禅師は、『正法眼蔵』とは文相や説相が趣を異と…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ef%fe%ba%c2... - 2007年01月04日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます