禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で俗塵4件見つかりました。

世楽

れを厭う。 ''世楽をいとひ、[[俗塵]]をうれふるは、[[聖者]]なり、[[五欲]]をしたひ、出離をわするるは、[[凡愚]]なり。 『[[正法眼蔵]]』「[[出家功徳]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%a4%b3%da... - 2010年02月13日更新

俗塵

汚す塵に塗れていることから、世俗を称して俗塵という。 ''また[[和光応迹]]の[[功徳]]は、ひとり[[三世]][[諸仏]][[菩薩]]の法なり、俗塵の[[凡夫]]の所能にあらず、実業凡夫、いかでか応迹に自在あらむ。 『[[正法眼蔵]]』「[[四禅比丘]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%af%bf%d0... - 2010年02月13日更新

出塵

(blue){''【定義】''} [[俗塵]]を出離すること。[[出世間]]の意味だが、転じて悟りを開くことも意味する。 ''唐の感通のはじめ、たちまちに出塵をねがふ。舟をすてて山にいる。そのとし三十歳になりけり。 『[[正法眼蔵]]』「[[一顆明珠]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%d0%bf%d0... - 2006年10月28日更新

声色

&color(blue){''【定義】''} ^貔擇遼境の意味であり、声は耳根の対境、色は眼根の対境である。[[六境]]のうち、二境を挙げて一切を代表させたとされる。 ''たとひ百歳の日月は声色の奴婢と[[馳走]]すとも、そのなか一日の[[行持]]を行取せば、一生の百歳を行取するのみにあらず、百歳の[[他生]]をも度取すべきなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[行持]](上)」巻'' 俗の塵の譬え。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%bc%bf%a7... - 2008年01月17日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます