禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で存在3件見つかりました。

時節

言葉であるが、[[道元]][[禅師]]は存在と一体化した絶対的な時(=[[有時]])の意味で用い、ただの天体運動を基本にした客観的時間の意味では用いない。 ''[[諸法]]の[[仏法]]なる時節、すなはち[[迷悟]]あり、[[修行]]あり、生あり、死あり、[[諸仏]]あり、[[衆生]]あり。 『[[正法眼蔵]]』「[[現成公案]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bb%fe%c0%e1... - 2007年01月01日更新

他己

と対で用いられる概念で、自己以外の一切の存在。 ''[[仏道]]をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふといふは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、[[万法]]に証せらるるなり。万法に証せらるるといふは、[[自己]]の[[身心]]および他己の[[身心]]をして脱落せしむるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[現成公案]]」巻'' 基本的に仏教では、一切の事物を心意識の対象であるとして、自己も他己も一心上に仮に施設されたものだという考え方があり、上記の一文もそのような仮の認識を止めるべ…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%be%b8%ca... - 2006年12月31日更新

諸法実相

lue){''【定義】''} ^貔擇存在を、存在そのものから見れば、平等相でありながら差別相を具えるように、ただ単独に存在していることを諸法実相という。なお、現代語にある「平等社会」というような意味での「平等」ではなくて、存在それ自体がもつかけがえの無さを「平等」と呼ぶのである。 [[道元]]禅師の『[[正法眼蔵]]』の巻名の一。95巻本では50巻、75巻本では43巻。寛元元年(1243)9月に、[[吉峰寺]]にて[[学人]]に示された。 &color(blue){''【内容】''} 存在自体…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%f4%cb%a1%bc... - 2006年10月20日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます