曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で旦過3件見つかりました。

旦過

】''} 『[[禅苑清規]]』「巻一 旦過」あるいは「巻八 [[亀鏡文]]」に旦過の[[進退]]等が詳述される。 ―方を[[行脚]]する修行者が、寺院に一晩泊めてもらうこと。夕方に着いて、翌朝旦晨に去るので旦過と呼ばれる。 ''[[道元]]、台山より天童にかへる路程に、大梅山護聖寺の旦過に宿するに、大梅[[祖師]]きたり、開花せる一枝の[[梅華]]をさづくる霊夢を感ず。 『[[正法眼蔵]]』「[[嗣書]]」巻'' [[叢林]]にて[[安居]][[修行]]をしようと願う者が、正規の[[入堂]]…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c3%b6%b2%e1... - 2007年05月31日更新

掛搭

ありきせず、諸方の接待、およひ諸寺の[[旦過]]、みな門を鎖せり。 『[[正法眼蔵]]』「[[安居]]」巻'' なお、掛搭は4月1日までに行う必要があったが、『[[瑩山清規]]』によると4月8日の[[仏生会]]までは、猶予しても良いと書かれており、その時には「[[略掛搭]]」の[[作法]]を用いるべきことが書かれている。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b3%dd%c5%eb... - 2007年05月31日更新

旦過寮

、新たに入門・[[修行]]を願う僧を[[旦過]]させるための部屋、寮舎。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c3%b6%b2%e1%ce... - 2008年05月26日更新

安居(59) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(38) 袈裟(59) 功徳(31) 行持(51) 坐禅(131) 三宝(42) 嗣法(28) 師家(34) 寺院(44) 釈尊(52) 首座(29) 受戒(38) 修行(100) 衆生(57) 十二分教(28) 出家(55) 上堂(46) 正伝(36) 正法眼蔵(243) 清規(40) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(33) 僧堂(62) 叢林(38) 曹洞宗(53) 陀羅尼(31) 大衆(30) 道元(217) 道理(30) 普勧坐禅儀(29) 赴粥飯法(28) 仏教(61) 仏性(52) 仏祖(83) 仏陀(28) 仏道(133) 仏法(80) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(38) 面山(80) 礼拝(38) 瑩山(62) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます