禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で仏経11件見つかりました。

一箇半箇

はち[[参学]]の一箇半箇、かならず[[仏経]]を[[伝持]]して[[仏子]]なるべし。いたづらに[[外道]]の[[邪見]]をまなぶことなかれ。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻'' なお、得難い人材を育てることを、「一個半箇の[[接得]]」というが、それは[[道元]][[禅師]]が天童[[如浄]]禅師から教示されたともいう。 ''城邑聚落に住すること莫れ、国王大臣に近づくこと莫れ、只だ深山幽谷に居して、一箇半箇を接得して、吾が宗をして断絶せしむること勿れ、云云。 『[[建撕記]]』'' …

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%ec%b2%d5%c8... - 2008年01月29日更新

看経

り、ともに仏祖の修証なり。しかあるに[[仏経]]にあふことたやすきにあらず。於無量国中、乃至名字不可得聞なり。於仏祖中、乃至名字不可得聞なり。於命脈中、乃至名字不可得聞なり。仏祖にあらざれば、経巻を見聞読誦解義せず。仏祖[[参学]]よりかつかつ経巻を参学するなり。'' 調度この文章に出たが、「[[仏経]]」巻との関連性が指摘されており、当に仏=経としての事実を説いたのが、「仏経」巻であるとすれば、この「看経」巻は、それを[[叢林]]での[[修行]]に力点を於いて説かれたものである。そして、この仏経=看経…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b4%c7%b7%d0... - 2007年01月31日更新

達者

真実の道理に達した者のこと。 ''仏経も、しかあるべし。そこばくおほしといへども、[[信受奉行]]せんこと、一偈一句なるべし。[[八万]]を[[解会]]すべからず、仏経の達者にあらざればとて、みだりに、仏経は[[仏法]]にあらず、といふことなかれ。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c3%a3%bc%d4... - 2015年12月24日更新

沈淪

すべきなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c4%c0%de%cd... - 2012年02月11日更新

一言半句

どに短い語句であっても、正にそれが「[[仏経]]」そのものであると述べられる。 ''[[祖師]]の[[正伝]]に、またく一言半句としても、[[仏経]]に違せる[[奇特]]あらざるなり。仏経と[[祖道]]と、おなじくこれ[[釈迦牟尼仏]]より[[正伝]][[流布]]しきたれるのみなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%ec%b8%c0%c8... - 2010年05月11日更新

三路

くならんや。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bb%b0%cf%a9... - 2009年12月31日更新

祖経

事実を受けて、その言葉が釈尊の教え([[仏経]])と異ならないことを「祖経」と表現した。[[道元]][[禅師]]の造語か。 ''仏経もちいるべからずといはば、祖経あらんとき、もちいるや、もちいるべからずや。祖道に仏経のごとくなる法おほし、用捨いかん。もし[[仏道]]のほかに[[祖道]]ありといはば、たれか祖道を信ぜん。祖師の、祖師とあることは、仏道を正伝するによりてなり、仏道を正伝せざらん祖師、たれか祖師といはん。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c1%c4%b7%d0... - 2009年03月21日更新

経教

聖典の教えのこと。経典の教えのこと。[[仏経]]。 ''ただ[[経論師]]にしたがふて、梵本の経教を伝来せるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[袈裟功徳]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b7%d0%b6%b5... - 2008年11月07日更新

雑穢

・粥ととのへまいらするところにては、[[仏経]]の文および[[祖師]]の語を、[[諷誦]]すべし。[[世間]]の語、雑穢の話、いふべからず。 『[[示庫院文]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bb%a8%e3%d2... - 2008年02月26日更新

窮極

[[把定]]・[[放行]]、おのれづから仏経の巻舒なり。窮極あらざるを、窮極の標準と[[参学]]するゆえに、[[鼻孔]]より受経・出経す、脚尖よりも受経・出経す。 『[[正法眼蔵]]』「[[仏経]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b5%e7%b6%cb... - 2007年12月27日更新

仏経

'【内容】''} [[道元]]禅師は、仏経を「[[仏祖]]の経巻」であるとしているが、これは尽十方界に於ける森羅万象そのものであるとされる。 ''いま現成せる[[正法眼蔵]]は、すなはち仏経なるがゆえに、あらゆる仏経は[[正法眼蔵]]なり。'' 現成した一切が正法眼蔵であるとき、我々にとって一切の世界は、まさに遍界不曾蔵として仏祖の経典であることを知る。この点は「[[山水経]]」「[[渓声山色]]」「[[如来全身]]」「[[看経]]」「[[法華転法華]]」巻などとの関連を見る必要がある。 …

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%a9%b7%d0... - 2007年01月31日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます