禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で弁道話61件見つかりました。

 1  2  3  4  次の20件

世務

]][[禅師]]は「志」次第であると、『弁道話』で示された。 ''[[武門]]・[[文家]]、いづれも[[参禅]][[学道]]をこころざせり。こころざすもの、かならず[[心地]]を[[開明]]することおほし。これ世務の[[仏法]]をさまたげざる、おのづからしられたり。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%a4%cc%b3... - 2022年03月28日更新

自受用三昧

すなはち自受用三昧その標準なり。 『[[弁道話]]』'' [[道元]][[禅師]]の『[[弁道話]]』の一文を抜き出して、読誦用に編集したもの。「[[眼蔵会]]」などの諸勉強会の冒頭で読誦され、一部地域ではそのまま読誦経典に準ずる扱いを受けている。なお、元駒澤大学総長・[[衛藤即応]]博士は、この『自受用三昧』を重視され、道元禅師がわざわざ読誦しやすいように書かれた文章であると推測されている。該当箇所は、『弁道話』の「[[宗門]]の[[正伝]]にいはく、この[[単伝]]正直の[[仏法]]は」から、「一…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%ab%bc%f5%cd... - 2022年02月10日更新

設斎

れ[[正信]]にたすけられたり。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%df%ba%d8... - 2021年07月25日更新

正道

修行]]の正道とおもふべからず。 『[[弁道話]]』'' [[八正道]]の略のこと。 K榮察∪気靴導く道のこと。 ざ観を修すること。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%b5%c6%bb... - 2021年06月06日更新

大法輪

転じ、究竟無為の深般若を開演す。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%e7%cb%a1%ce... - 2021年03月29日更新

教道

[正師]]の教道を、たづぬべし。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b6%b5%c6%bb... - 2020年12月20日更新

知覚

る、各各の知覚に方面あらはれず。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c3%ce%b3%d0... - 2020年11月27日更新

自覚覚他

なはれておこたるときなからしむ。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bc%ab%b3%d0%b3... - 2020年11月05日更新

本証妙修

と。元々、[[道元]][[禅師]]『[[弁道話]]』の中に出る言葉から、後になって生み出された[[曹洞宗]]の修証観に関わる用語である。なお、伝・[[懐弉]]禅師『[[光明蔵三昧]]』に「妙修本証」の語が見え、また江戸時代の[[学僧]]・[[面山]]瑞方師『[[面山広録]]』巻13には「本証妙修」という四字句が見える。そして、近代に入ると曹洞扶宗会が道俗一体なる教化組織を打ち立て、同会雑誌の冒頭で「本証妙修」と「修証不二([[修証一等]]に同じ)」を中心に「[[四大綱領]]」を説くに至った。同会が曹洞教会…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%dc%be%da%cc... - 2008年07月25日更新

証上

味。[[道元]][[禅師]]は特に『[[弁道話]]』にて、「[[修証一等]]」や「[[本証妙修]]」の妙旨を示される際に、この語を用いられ、派生語としては「[[証上の修]]」。 ''[[曩祖]]道、我説法汝尚不聞、何況無情説法也。これは、[[高祖]]、たちまちに証上になほ[[証契]]を証しもてゆく[[現成]]を、曩祖、ちなみに開襟して、父祖の骨髄を[[印証]]するなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[無情説法]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%be%da%be%e5... - 2020年07月31日更新

功夫弁道

]]に[[一如]]を行ずるなり。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%f9%c9%d7%ca... - 2020年07月31日更新

修証一等

元禅師にとって最初期の著作にあたる『[[弁道話]]』に於いてであり、具体的な内容は以下の通りである。 ''それ修証はひとつにあらずとおもへる、すなはち[[外道]]の見なり。[[仏法]]には、修証これ一等なり。'' この考え方は「[[本証妙修]]」等にも拡大されて、[[日本曹洞宗]]独自の修行体系を構築していくことになり、道元禅師以降も[[瑩山]][[禅師]]が「[[平常心是道]]」を強調するなどして、その教えを受け継いでいくことになる。 &color(blue){''【近代教学における「修証不二…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bd%a4%be%da%b0... - 2020年04月21日更新

超関脱落

のとき、この節目にかかはらんや。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c4%b6%b4%d8%c3... - 2019年07月16日更新

仏化

仏事]]、甚深微妙の仏化をなす。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%a9%b2%bd... - 2008年01月13日更新

洞谷開山瑩山和尚之法語

蔵雑文』に収録されている草案本系統『[[弁道話]]』と、本書を載せたことにより、公になった。その後は、『[[続曹洞宗全書]]』「[[宗源補遺]]」の「[[常済大師法語集]]」や『[[瑩山禅]]』にも収録された。 本書は、本文末尾の識語に「''彼の法語、本校割に見ゆ。文明年中(1469〜1487)の回禄以来これ無く、愚、先哲の古風を恋い奉るの余、これを尋覓し、当庵の[[常住]]となすものなり''」とするように、文明10年(1478)に正法寺で起きた火災以前から同寺にあったものと理解できる。なお、この識語を…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c6%b6%c3%ab%b3... - 2010年04月08日更新

無尽法界

]の[[仏化道事]]をなすなり。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%b5%bf%d4%cb... - 2013年01月16日更新

仏勅

懐をわすれず、生来せるものなり。 『[[弁道話]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%a9%c4%bc... - 2006年10月25日更新

本来面目

竟無為の[[深般若]]を開演す。 『[[弁道話]]』'' [[道元]][[禅師]]はこのように、[[坐禅]]によってあらゆる存在が本来面目を現ずるとしている。また、この語を題材に道歌も詠まれている。 ''&color(#ff0000){本来面目}  春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷しかりけり 『[[傘松道詠]]』''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%dc%cd%e8%cc... - 2011年12月14日更新

導師

おなじく[[人天]]の導師なり。 『[[弁道話]]』'' [[大衆]]を率いる者、という意味で、[[法要]]で中央に位置し主宰する者。 唱導や表白を行う師のことで、[[観音懺法]]にある、三職(導師・香華・自帰)の一。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c6%b3%bb%d5... - 2007年05月30日更新

正法眼蔵雑文

文書を綴った冊子の名称。草案本系統『[[弁道話]]』、『[[洞谷開山瑩山和尚之法語]]』を始め、置文・連判状・[[住山記]]・[[喪記]](同寺二世[[月泉]]良印[[禅師]])などが入っており、他に類を見ない貴重な文献を多数収録する。なお、古写本を書写したのは、寿雲良椿大和尚であり、永正12年(1515)8月に行われている。昭和に入って、衛藤即応博士が『正法眼蔵序説』(岩波書店)にてこの文書を部分的に採り上げ、また、後には文書の一部が『[[続曹洞宗全書]]』「[[宗源補遺]]」巻などに収録されるに及び、…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%b5%cb%a1%b4... - 2011年05月09日更新

 1  2  3  4  次の20件
安居(56) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(37) 袈裟(52) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(129) 三宝(42) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(52) 首座(29) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(34) 正法眼蔵(240) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(32) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(130) 仏法(77) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(38) 面山(75) 礼拝(38) 瑩山(62) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます