禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で面授25件見つかりました。

 1  2  次の5件

浣洗

法、および[[受持]]の法、その嫡嫡[[面授]]の[[堂奥]]に[[参学]]せざれば、しらざるところなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[袈裟功徳]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%de%b1%c0%f6... - 2021年08月29日更新

落処

らざるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cd%ee%bd%e8... - 2021年07月29日更新

仏面

仏面目なり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%ca%a9%cc%cc... - 2021年03月14日更新

承嗣

からあらん。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%be%b5%bb%cc... - 2020年11月08日更新

一師印証

と弟子とが面と向かって嗣法すること([[面授嗣法]])と、一度嗣法してしまえば、二度と師を易えてはならないこと(一師印証)が定められた。そして、爾来300年にわたってその護持に務めてきた。現代の『曹洞宗宗制』でも、その用語こそ用いられないが、「曹洞宗僧侶教師分限規程」第38条に「伝法を了じた者は、師僧替えをすることができない」と定められ、概念的に踏襲していることが分かる。 &color(blue){''【解説】''} 現在の宗門伝法の根幹を為す理念は以下の通りである。 ''●一師印証'' 印可証明は…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%ec%bb%d5%b0... - 2017年02月03日更新

発明

とむるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c8%af%cc%c0... - 2007年12月18日更新

付属

迦牟尼仏、かたじけなく迦葉尊者に付属[[面授]]するにいはく、吾有[[正法眼蔵]]付属摩訶迦葉とあり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c9%d5%c2%b0... - 2006年10月25日更新

聴許

師]]天童[[古仏]]を[[礼拝]][[面授]]す。やや[[堂奥]]を聴許せらる。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c4%b0%b5%f6... - 2007年11月29日更新

惑障

あらたなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cf%c7%be%e3... - 2009年08月13日更新

代付

[[禅師]]の『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻を撰述されたことなどを受けて、代付否定を強調されたが、「面授」巻の解釈次第によっては代付を認められていた可能性もある。また[[瑩山]][[禅師]]は『[[伝光録]]』第44章にて、代付に対して肯定的な見解を出している。 ''夫れ浮山円鑑[[禅師]]は、臨済[[和尚]]より七代、謂ゆる葉県帰省和尚の[[嫡嗣]]なり。昔日参嵩交和尚に投じて出家し幼にして[[沙弥]]と為る。僧の[[入室]]して趙州庭柏の因縁を請問し、嵩、其僧を詰るを見て傍より明らむ。諸…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c2%e5%c9%d5... - 2009年07月23日更新

遥付

場所を隔てていながら法を付すること。[[面授]]を重んじる[[曹洞宗]]では、[[代付]]と並んで邪義となる。遥かに付することから、遥付という。 ''いわゆる[[法系]]、寺に属して、人に属せざる習ひとなるゆへに、師弟子と称するもの、数十年相隔てて、其人を知らず、其の名をきかずといへども、[[本寺]]及び[[前住]]の代り付せらるるに依て相続して怪まず。これ其の一つなり。又其の代り付するといへども、亦其の代る所の師をしらず、妄りに其寺所伝の[[法脈]]を以て、先に受け来るの名も亦聞ざるの師に代りて、…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cd%da%c9%d5... - 2009年03月30日更新

面授嗣法

[現成]]するところに[[仏法]]が[[面授]]されて[[嗣法]]が成立するという考え方。江戸時代正統とされた[[卍山]]道白師の系統で主に唱えられた。単純に「[[師資面授]]」ともいう。[[大悟]]の有無を論じないことから、「[[未悟嗣法]]」ともいい、その時の対義語は「[[見性嗣法]]」となる。 ''師資面授、[[一師印証]]は、[[道元]][[禅師]]の[[家訓]]たり。自今以後、何れの[[寺院]]に、移住せしめると雖も、最初伝授の[[三物]]、一生、全うして之を帯びるべし。 『[[宗統復古志…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cc%cc%bc%f8%bb... - 2008年02月08日更新

口伝

''【定義】''} [[口訣]]、[[面授口訣]]、口授などともいう。意味としては、口ずから伝えること。師が、弟子の中から特に選び出した者に、自ら口頭で奥義を授けること。或いはその奥義そのもの。[[口伝法門]]。 &color(blue){''【内容】''} インドでは古くから、仏典を筆録すると、その神聖さを害するものとして口授で伝えられたという。特に、大乗仏教も後期に至ると、密教では秘法が口伝されるようになり、12の場合を挙げて十二口伝と称するようになった。日本の天台宗では、種種の[[口伝法門]]…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b8%fd%c5%c1... - 2009年03月27日更新

法門

はじめて道元をみる。そのとき、道元に指授面授するにいはく、仏仏祖祖面授の法門、[[現成]]せり。これすなはち霊山の[[拈華]]なり、嵩山の[[得髄]]なり、黄梅の[[伝衣]]なり、洞山の面授なり。これは[[仏祖]]の[[眼蔵]]面授なり。吾屋裏のみあり、余人は夢也未見聞在なり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%a1%cc%e7... - 2007年08月18日更新

先師

をみる。そのとき、[[道元]]に指授[[面授]]するにいはく、仏仏祖祖、[[面授]]の[[法門]][[現成]]せり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%c0%e8%bb%d5... - 2007年04月05日更新

迅機

機なるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bf%d7%b5%a1... - 2009年01月11日更新

啐啄同時

]なるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%26%2321840%3b%... - 2006年09月27日更新

本枝一如

]なるなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cb%dc%bb%de%b0... - 2009年01月11日更新

一期

夜をつめり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%ec%b4%fc... - 2008年09月14日更新

宛然

]]したてまつるなり、[[如来]]に[[面授]]せられたてまつるなり。あらたに[[面授]][[如来]]の[[正伝]][[参学]]の宛然なるを拝見するは、自己なりとおもひきたりつる自己なりとも、他己なりとも、愛惜すべきなり、護持すべきなり。 『[[正法眼蔵]]』「[[面授]]」巻''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%b0%b8%c1%b3... - 2008年03月30日更新

 1  2  次の5件
安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます