禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

タグ検索で論議3件見つかりました。

論議

内容】''} 日本では、勅会に於いて論議が取り入れられた。その方法から、番論議・向論議・二十一日論議・五十座論議などがあり、さらに場所によって内論議・殿上論議・武家論議などがある。方法は、問者と講師が入堂後法要を行って、経典の解釈を終えてから問答に入った。なお、後には内容が固定化され、儀式化されていった。[[曹洞宗]]で行う[[法戦式]]も、その名残であるし、また、奈良仏教などで講堂を持つ寺院には、この論議する場所・台がある。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cf%c0%b5%c4... - 2009年01月25日更新

優婆提舎

であり、経の中の一般の経説、或いは問答・論議した部分をいう。 [[十二分教]]の一。仏自ら、教えの内容を分別し、[[論議]]し、問答して理を論じたもの。 E学的に意義を論究した人の論書。経の註釈書の表題としても使われる。…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%cd%a5%c7%cc%c4... - 2009年01月25日更新

四句百非

である。[[仏教]]の有り様とは、判断や論議を超え出たものだとして、四句を離れ百非を絶したところで一句をいうべきだという禅宗の考え。 '' 馬祖、因みに僧問う、四句を離れ百非を絶して、請うらくは師、某甲に西来意を直指せよ。大師云く、我、今日、労倦す。汝の為に説くこと能わず。智蔵に問取し去け。 『[[真字正法眼蔵]]』108''…

https://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%bb%cd%b6%e7%c9... - 2007年05月03日更新

安居(55) 永平広録(41) 永平寺(68) 学人(27) 帰依(27) 供養(35) 袈裟(50) 功徳(31) 行持(49) 坐禅(127) 三宝(41) 嗣法(27) 師家(32) 寺院(44) 釈尊(51) 首座(28) 受戒(37) 修行(98) 衆生(56) 十二分教(28) 出家(53) 上堂(45) 正伝(33) 正法眼蔵(239) 清規(38) 説法(31) 禅宗(54) 祖師(31) 僧堂(61) 叢林(35) 曹洞宗(50) 陀羅尼(30) 大衆(29) 道元(215) 道理(29) 如来(27) 普勧坐禅儀(29) 仏教(60) 仏性(51) 仏祖(81) 仏陀(28) 仏道(129) 仏法(73) 弁道話(61) 菩薩(61) 法要(36) 面山(71) 礼拝(38) 瑩山(61) 總持寺(49)

管理人/副管理人のみ編集できます