ここは某巨大掲示板のSS職人であるチョ ゲバラのエロSSの保管庫です。現在、君の名は、ソードアート・オンライン、ラブプラス、けいおん、とある魔術の禁書目録、ペルソナ4、To LOVEる とらぶるのエロ小説が保管されています。

 これでは本末転倒ではないか! と美琴は己の不甲斐なさを恥じた。
 そもそも小悪魔ロリメイドを用意したのは、これ以上、上条の言いなりにならない為であって、決して歓ばせる為ではなかったはずだ。いや……少しはそういうつもりもあったかもしれないが、しかし、この立て続けの失態はいくらなんでも酷すぎた。何故いつもいつもこんな結果になってしまうのだろうか? やはりキスだけでぶっ飛んでしまう自分に問題があるのだろうか? 
(だってだって……キスされちゃったら何も考えられなくなっちゃうんだから仕方ないじゃないッ!!)
 男はペニスに性感帯が一極集中しているが、女は身体全身が性感帯だという。
 美琴の場合、もちろん身体の何処を触られても気持ちいいのだが、特に唇に性感帯が集中し過ぎているようなのだ。オマケに上条は、キスがやたらと上手いときている。結果、それだけでふにゃーと幸せになってしまい、何もかもがもうどうでもよくなってしまうのだ。
「いったいさっきから何ブツブツ言ってんの?」
 上条が、後ろから耳元で囁いてきた。
「な、何でもないわよ。フンだ……」
「……まださっきの事で怒ってるんですか? もうしょうがないだろ、聞かれちまったもんは。それに御坂妹の事だから、たいして気にしちゃいないよ……たぶんだけど……」
「もーッ! うるさいうるさいッ! その話は金輪際しないでって言ってんでしょうが! とにかく全部アンタのせいなんだからね!」 
 ぷくーと頬を膨らませて美琴は拗ねる。
「全部が全部、上条さんのせいにするのは、流石に横暴だと思いますよ……」
(まったくもうッ! 今日は何もなかったんだから……何もなかった……何もなかった……何もなかったんだから……ッ!)
 そうやって記憶を都合よく改竄する事で、美琴は自我の崩壊をかろうじて防いでいた。
「ところでなんだけどさ……」
「何よ……?」
「何でさっきから擦り付けてくるんですか?」
「はぁ、何の事? 私がいったい何を擦り付けてるって言うのよ?」
「いや、だから……さっきから何で美琴さんは、お尻を使って上条さんの息子を擦ってくるのかなーと思って……」
「なっ、何言ってんのよアンタ! 私はそんな事してないわよ! だいたいアンタ、何でそんなにガチガチに硬くしちゃってんの!?」 
「そりゃー、女の子と一緒にお風呂入ってたら普通はこうなるだろ……」
 美琴と上条は、狭い浴槽にギュウギュウに身体を重ね合わせながら二人一緒に身を浸していた。色々と不幸な事件が起きたので、仕切り直しの意味も込めて一緒にお風呂に入る事になったのだ。
「……ほーらっ、やっぱり擦り付けてるじゃんか。いやらしい」
「い、いやらしいって!? せ、狭いんだからしょうがないでしょ! だいたい当たるのが嫌だったら、そんなに大きくしとかないでもっと小さくすればいいじゃないのよ!」
 これがあると座りにくいんだからね! と美琴は付け加え、上条の股の間で裸体を縮こまらせた。
 美琴は、たまたまお尻がペニスが当たっているような発言をしているが、実は偶然ではなく故意だった。擦るとピクピクと反応するのが楽しくて、ついついお尻の谷間に挟んで遊んでいたらやめれなくなってしまったのだ。
「いやいや、そんな器用な事できないですから。だいたい嫌じゃないしな……なぁ、美琴……」
 どうやら我慢ができなくなったらしく、上条がペニスをギンギンさせながら後ろから迫ってきた。
「コ、コラァァッ! ちょっ、お風呂じゃホントにダメなんだから! ア、アンタでも危ないんだからね……」
 美琴は常日頃から、もっとお風呂でイチャイチャしたり、もっとすっごい事をしたいと思ってはいるのだが、上条が漏電してしまう恐れがある為、お風呂でエッチな事をするのは厳禁なのだ。こんな時だけは、ほんの少しだけ自分の電撃能力が疎ましかったりする。
「それはわかってるんだけどさ。……口でならできるんじゃね?」
「えっ!? そ、そりゃー、口でだったらできるけど……。でも……あれって顎が疲れんのよね……」
 美琴は、あんまり気が進まないような態度を取っているように見えるが、内心では、キタ━━━(・∀・)━━━!!! 状態だった。
 あえて誤解を招く事を恐れずに本心を言ってしまうと、美琴は、上条の精液に病み付きになっている、と言っても過言ではなかった。
 何であんな物を、『美味しい!』と感じてしまうのか自分でもさっぱりわからない。初めて飲んだ時は、生臭くて苦いとしか思わなかったのに、二度三度と精飲を経験する事で、いつの間にか上条の精液の味が忘れられない身体になってしまっていたのだ。平たく言ってしまうと、美琴はほとんど精液ドランカー一歩手前なのだった。
 したがって美琴さんは、初期の頃のようにフェラチオをする事に何の躊躇いもない。むしろこっちから進んでやりたいぐらいなのだが、難しいお年頃の彼女はなかなか素直にはなれず、これまでのエッチで何度も飲み逃してきた。本日もし精飲できたなら、約一週間ぶりの獲物となる。
「えー、いいじゃんか……ダメ?」
 上条が、甘えたような声でお願いしてくる。
 非常に気分がいい美琴。全然ダメではなかった。むしろその申し出は非常に好都合だったのだが、ここですんなりとこの男のペニスを咥えるのも少し癪に障る。なんせ今日は、二度も人生最大級の大恥をかかされてしまっているのだから。
(よくよく考えたら、お風呂って私が断然有利よね? このバカは私に触る事すらできないんだから。そうよ! 何でこんな簡単な事に今まで気付かなかったのよ! ここって完全に私のホームグランドじゃんッ!)
 ここなら発情して上条の言いなりになってしまう心配もなではないか! と美琴は心の中でガッツポーズ。
(ククク……、よーしッ! こうなったら散々に焦らして焦らして、日頃の恨みを晴らしてやるんだから!」
 美琴は、ペロリと紅い舌で自分の唇を舐めた。
「そうね……まぁ、ダメって訳じゃないけど、それには色々と礼儀正しくお願いしなくちゃいけないんじゃないのかしら?」
「ん?……そうか、それじゃーいいや」
「ノンノンノンノン!! ちょ、何、どうしてもっと食い付いてこないのよ! もしかしてアンタさとり世代!? 口でして欲しかったんじゃなかったの!」
「いや、別に無理にとは言わないから。風呂から出たらいっぱいできるしな」
「何言ってんのよアンタ! いつ隕石が落ちて地球が滅びるかどうかわかんないのに、そんな先の事ばっかり考えてないで今この瞬間をもっと大切にしなさいよね! もーっ、わかったわよ! 口でしてあげるから、さっさと、ア、アレ出しなさいよ!」
 折角の精飲のチャンスをふいにしそうになり、急遽作戦を変更する美琴さん。流石は学園都市三位の超能力者。迅速かつ柔軟な対応だった。
「いや、だから別に無理にとは――」
「いいから、さっさと出すッ!!」
 美琴は湯面を力いっぱい拳で叩いて、ペニスを催促した。
「えっ? つーかお前、何でキレてんの??」
「キ、キレてないわよ! アンタがもたもたしてるからでしょ!」
 いったい何に対して怒りを感じているのか、美琴は自分自信でも理解できなかった。しいて言うなら、何をやっても思い通りにいかない人生そのものにだろうか。
 何が何だかよくわからない様子で上条は湯船から立ち上がると、バッキーンと勃起した男の象徴を美琴の鼻先に向けた。
「きゃぁぁッ!!」 
 そのあまりの凶悪な姿形に、美琴は生娘のように悲鳴を上げた。
(えええッ!! この前よりもでっかくなっちゃってんじゃないのコレ!? ちょっ、す、すごっ……)
「それでは、センセーお願いします……」
 家元みたいに言うな! と美琴は心の中でツッコミを入れ、猛々しく脈打つ肉幹を軽く握り締めた。
(熱い……もっと強く握っても大丈夫だったよね……。つーか……やっぱりこれ絶対に前よりも大きくなってるって! 色だって前よりに黒ずんできてるし……このバカ! 何でこんな所ばっかり成長させてんのよ! こんなの、こ、困る……ッ!)
 前回比の一.一五倍は確実に巨大化していると結論付け、困惑した美琴はペニスをシコシコと扱きながら、恨みがましい上目遣いを上条に向けた。
「ん? 何なの……それで気持ちいいけど……?」
 訳もわからず上条は、とりあえず率直な感想を述べた。
「なっ、何でもないわよ、バカッ!」
「えっ? えっ? 何?? ちょっ、おわぁぁぁッ!」
 美琴はギューっと極太の肉棒を強く握り、まるで怒りをぶつけるように素早く前後に移動させた。娼婦のように実に手馴れた手淫だった。たちまちに上条を追い込んでいく。
(まったく! これ以上ココが大きくなっちゃったら、こっちの身体がホントにおかしくなっちゃうわよ! もーっ、ちょっとはこっちの都合も考えなさいよねッ!)
 現時点でも毎回失神するぐらい気持ちよくされてしまうのに、ここからさらに大口径のウェポンに進化されてしまっては、もう取り返しのつかない事になってしまうではないか! と美琴はブルルと裸身を武者震いさせた。
「あっ、ああ……っ、気持ちいい……ううッ! はぁはぁ……美琴、お口で……」
 尿道口から滲み出てくる無色透明のカウパー液。
 美琴は器用に右手を動かしながら舌で掬うようにその粘液を舐め取り、口腔内で味を確認する。無味無臭。だが、ガツンと頭蓋の中身を直接に揺さぶってくるような衝撃。全身の産毛が一気に逆立ち、白磁の柔肌にゾワゾワと鳥肌が立つ。
 そして、次の瞬間、
「はむぅぅッ! ちゅっちゅっ、れろっ、ぴちゅ……ちゅっ、はぁむ、んん……ッ! ちゅぱぁちゅぱぁ、ぬりゅ……」
 美琴は、はしたなくペニスにむしゃぶりついていた。
 まるで犬そのものだった。
 鼻息を荒げ夢中に裏筋や凹んだ肉キノコの傘の部分を舐め上げ、ただ黙って嚥下するのは麗しの我慢汁。そのたびに鮮やかな色艶をした亀頭は、ビクビクと可愛いらしい反応を示した。嬉しくて堪らない。左手で陰膿を軽く鷲掴んで、ムギュムギュと睾丸マッサージ。
「あっあっああッ! そ、それっ、気持ちいい……うううッ! はぁはぁ……」
 情けない顔で呻いている上条の顔を上目遣いで認識し、美琴は激しく嗜虐心をそそらせる。もう我慢できない! とばかり胸をときめかせ、彼女はアーンとお口を大きく開け亀頭を口内に頬張った。
(熱くて、火傷しちゃいそう……うわッ! お口の中でピクピクしてる……ふふっ、可愛い……)
 そのままゆっくりと頭を前後に動かし口腔ピストンが始まった。
「うう……っ、あっあっあっ、はぁはぁ……美琴、う、うまい……何でそんなに……くぅぅぅッ!」
 美琴のフェラチオの技術は、前回よりも格段に上達していた。何故なら毎日バナナを使って血の滲むような特訓を繰り拡げていたからだ。
「んん……っ、ちゅっ、ぬりゅ、ちゅぱちゅぱ、んっんっんっ、ふぁむ……、ちゅぱちゅぱっ、ずりゅりゅ……っ」
 口腔ピストンが加速していく。
 美琴は、愛らしいほっぺをべこっと凹ませバキューム。卑猥すぎるフェラチオ音が、密閉されたバスルームに反響した。口内では朱舌が淫らに蠢き、出し入れされる亀頭に絶えず纏わりついた。
「はぁああッ! もうダメだッ! あっあっ、ああ……はぁはぁ……」
(またお口の中でおっきくなってる!? も、もう我慢できない! せ、精子ぃぃぃ! 早く当麻の精子飲みたい!)
 奥へ。
 もっと奥へ。
 美琴は嗚咽しそうなほど喉奥まで、猛々しい剛直を咥え込んだ。
「ずりゅっ、ぬちゅ、れろれれろ、ずっぽっ、ふぁぁああ……んんッ! ちゅぱぁ、ずちゅっ、ぬりゅ、ずちゅちゅちゅっ」
 苦しくて息ができない、それでもペニスをしゃぶる。
 必死にがむしゃらに一心不乱に、ペニスをしゃぶる。
 この極限まで膨張したグロテスクな肉塊が、愛しくて堪らない。
 だから、喉仏まで突っ込んでしゃぶる。
 美琴は、このままいつまでもこの愛しのペニスをしゃぶり続けていたかった。
「うわぁぁぁッ! は、激しすぎる……どうしたんだ美琴!? あっあっあっ、そんなにすると、ああぁぁぁぁッ! で、出るッッ!!」
 口内のペニスが慟哭するように震えた。
 射精の瞬間を直感した美琴は、肉幹を握る右手と陰膿を掴む左手に力を込めて、火花を散らせるよう口腔ピストンを唸らせた。
「むちゅっ、れろれろ、ぴちゅっ、ずりゅりゅッ! んっんっ、ちゅちゅーっ、ずりゅ、ちゅるちゅるーッ!!」
 そして、美琴がダイソン並の吸引力で巨大な肉勃起を吸い上げた刹那、限界まで溜め込まれた欲望の塊が口内で破裂したように射精された。
 どぴゅっぴゅッ! ぶちゅぶちゅッ! ずぴゅっぶちゅちゅちゅーッ!!
(んんんんんんッ!! いっぱい精子出てるぅぅーッ! す、すごいいっぱい……!)
 上条の射精は、一度だけでは止まらなかった。
「ううぅぅッ! あああああああああッッ!!」
 と、情けない声を発しながら二度三度と亀頭を膨張させ、続けざまに射精を繰り返した。
 あっと言う間に美琴の口内の貯水量は限界を超え、口角から白濁汚液がブチュブチュと泡を噴いて吐き出された。
「はぁはぁはぁ……み、美琴さん……すっげー気持ちよかったよ……。何処でそんなテクニック覚えたんだ……?」 
 フェラチオのあまりの上達振りに、上条が感嘆の眼差しを向けてくる。
 漸く射精が終わったのを確認した美琴は、口内の精液を零さないように慎重にペニスを引き抜いた。二つの鼻の穴をツーンと抜ける生臭い匂いと、苦味を伴った濃厚な味わい。
最高に美味だった。
(ヤバイ……美味すぎる……。な、何で当麻の精子って……こんなに美味しいの……)
 美琴は口内のほとんど固形化した状態の白濁を舌で攪拌し、更に奥深くその不思議で芳醇な味を堪能した。舌がヒリヒリと痺れ、頭がクラクラしてくる。そうやって何度も何度も舌で掻き回していると、上条の精液は唾液と混ざり飲みやすいスープ状になった。
 少しだけ名残惜しいが、美琴はそのスープを一気に嚥下した。
「ぷはぁぁぁぁぁぁッ! はぁ……はぁ……はぁ……、ど、独学よ……」
 息も絶え絶えに口元にへばりついている白濁の塊を指で掬って舐め取りながら、美琴は上条の素朴な疑問に答えた。
「そっか、マジで気持ちよかったよ。いやー、センセーがこんなに頑張ってくれたんだから、上条さんも完璧なサービスでお返しするしかないようですね。お風呂から出たら覚悟しなさい。ふっふっふ」
 ハイどうぞ、と言って上条は、亀頭の先端を唇に接触させてきた。尿道に残った精液も吸い取れと言うのだろう。
 久しぶりに胃に流し込んだ強烈過ぎる味に腰を抜かしてしまった美琴は、素直に肉先にキスをして尿道口に残った白濁をチュルチュルと吸い取って嚥下した。やはり何度飲んでも美味だった。
 そして美琴はお風呂から出た後、自分はどんな事をされてしまうのかを想像し、湯船の中で満身をゾクゾクを震わせるのだった。


「あっ、あっ、あっ、あああ……ッ! い、いやぁん……はうぅぅぅぅッ!」
「れろれろ、ちゅぴ、ぬりゅ、ずずずー。ぷはぁ……っ、飲んでも飲んでも……奥からいっぱい出てくるな……」
「そ、そんなの汚いから飲むな……あああッ!」
「全然、汚くなんかないぞ。これは美琴の味がしてマジで美味いんだって」
「ううぅぅ……バ、バカ……」
 上条が、獣のように四つんばいになった美琴のお尻に顔を埋めて秘部の愛撫を始めてから、かれこれ三十分が経過しようとしていた。
 びろーんと小陰唇を全開まで拡げられ、くぱぁーと開いた肉唇から決して見られてはいけないお腹の奥の奥までをたっぷりと視姦され、やがてホカホカになるまで媚粘膜を舐め回された挙句に膣内にしつこく指や舌を挿入されてしまい、美琴はそのたびに小柄で形のいいヒップをビクッビクッと震わせながら、上条の枕に悦楽の嬌声をぶつけていた。
「いやぁぁッ! そ、そこは! んっ、んっ、んん……ッ! はあああぁぁッ!」
 包皮を剥かれ赤く充血した無防備のクリトリスに甘く歯が立てられ、美琴は掻き毟るようにシーツを強く握り締めた。
「ん? ここがどうかしたんですか? あーっ、まーたこんなにいっぱいお漏らししちゃって、センセーのココはホントに節操がありませんよ」
(こんのぉぉーっ! 私がそこ弱い事知ってるくせにぃぃーッ! つーかもうダメッ!  ホントにダメッ! ま、また、イ、イっちゃうぅぅッ!)
「れろれろれろ、ちゅちゅー、ほーらっ……我慢しないでもいつでもイっていいんですよ……むちゅちゅちゅーっ」
「いやぁぁぁぁぁッ!!」
 上条の口内に含まれた肉真珠に舌先が乱舞するように襲い掛かり、美琴は切羽詰った嬌声を張り上げた。ぶわっと全身から玉の汗が噴出し、足の爪先がジンジンと痺れだす。前髪からはバチバチと青白い火花が瞬き、キューっと子宮が謎の力で締め付けられた。
 それは、典型的なエクスタシーへの前兆。
 そして、執拗に弄ばれ過敏になったクリトリスが変形してしまうほど強く吸引された刹那、美琴は枕を噛み締めながらめくるめく絶頂に押し上げられた。
「はあぁぁぁぁッ! イ、イクッ! イっちゃうッッ!!」
 お尻を持ち上げた恥ずかしい四つんばいの格好で、汗ばんだ背中を艶かしく弓反りにしながら、美琴は膣口からぬめった白濁をブシュブシューと噴き出させた。
 日頃の努力(黒子に隠れてのオナニー)の成果の賜物だろか。絶頂時の電撃の暴走は、今のところは上手くコントロールできているようで、微かな放電ですんでいた。
「まーた、盛大にイっちゃいましたね。センセーは、いったいいつまで我慢する気なんでしょうか?」
 上条は美琴の尻肉を鷲掴みして濡れた秘唇にキスをすると、勿体無いとばかりに蒸した愛蜜を吸い上げ、ゴクゴクと喉を鳴らして嚥下した。
(あああッ! ま、またいっぱい飲まれてる……の、飲むなって言ってるのに……ううぅぅ……)
 美琴は瞳を潤ませ、羞恥に顔を紅く染め上げた。自分が上条の精液を飲むのはいいのだが、自分の精液を上条に飲まれるのは、やはりいつまでたっても恥ずかしい。女の子は非常に難しいのだ。
「やっぱ美味いな、美琴汁はッ!」
「み、美琴汁言うなッ!!」
 美琴は、四つんばいでつっこみを入れた。 
「それで美琴センセーは、上条さんに何か言う事はありませんですか?」
「……ッ!! ア、アンタなんかに何も言う事なんかないわよ! アンタの方こそ私に何か言う事あるんじゃないの!」
「そんなに強情になったって駄目なんだから! こんなにオマンコひくひくさせて欲しがってる癖に、全然説得力ないんだからね!」
 大変悔しい話だが、上条の言う事は紛れもない事実だった。天に向かって聳え立つバベルの塔のような剛直で、一刻も早くこの甘美に疼く子宮をガンガンに突き上げて欲しかった。
 いったい何故こうなってしまったのだろうか? 決戦兵器まで用意したというのに、結局いつものパターンに陥ってしまっているではないか? と美琴は朦朧とする脳裏にそんな疑問を宿した。
(いったい何がいけなかったの? もしかすると……フェ、フェラチオしてあげたのが拙かった訳? だってだって久しぶりだったんだし、ホントに当麻の精子が飲みたくて我慢できなかったんだからしょうがないじゃん!)
 精飲直後から、もう欲しくて欲しくて堪らなくなっている美琴さん。やはり上条の精液を貪るように悦んで飲んだ時点で、勝敗は確定していたのかもしれない。
「わかりました。できればこの方法だけは使いたくなかったが仕方ないな……。こっちの穴を使用させて貰う事にします!」
 こっちの穴とはどっちの穴なのだろうか? まぁ、今更いちいち説明する必要はないだろうが、あえて言わせて貰うと肛門です。
「ちょ、ア、アンタッ! そっちはダメだっつってんでしょうがぁぁぁ! 卑怯よ! そこは絶対に反則なんだからッ!!」
 行為を始める前にちゃんとルールを決め合った訳ではないのだが、美琴は自分の独断と偏見で肛門に指を挿入するのは反則行為とみなし、激しく上条を非難した。が、上条はそんな事など一切お構いなしに、ひくつくアヌスに人差し指を突き立ててきた。
「そんなところに指を入れちゃ……ひゃぁぁッ!! あッ! あッ! あああぁぁぁッ!!」
「ほーらほーら、どんどん奥まで入っていくぞ。うわー、美琴タンのお尻の中はギュウギュウで温かいなー」
 美琴は肛門を締めて異物の侵入を必死で防ごうとするが、あえなく失敗。あっさりと中央突破を許してしまい、上条の人差し指は、根元までずっぽりと直腸内に挿入されてしまった。
「ああああッ! お、お尻……ッ! お尻は……くぅぅぅッ! ああぁぁ……はぁ……はぁ……」
「よーしっ、全部入ったぞ。美琴タンはお尻も大好きだからねー。ん? 美琴タンは、いつものやって欲しいのかなー」
「そっ、そんなッ! グリグリするのはダメなんだから! はうぅぅッ! いやぁぁぁぁッ!!」
 直腸内の指にドリルのような回転が加えられ、美琴は悲鳴のような嬌声を張り上げた。
 上条によって開発された彼女の肛門の感度は、ぶっちゃけ膣内と同等かあるいはそれを上回るほどまで高められている。従ってこの容赦のないドリル攻撃は、彼女をあっという間にオーガズム一歩手前まで押し上げるのだった。
(いやぁぁぁッ! グリグリ気持ちいいぃぃ! ホントはお尻なんかでイッたらダメなのに、お尻でイッちゃいそうになってるぅぅッ!)
 思春期真っ只中の中学生にしてみれば、やはりお尻の穴で絶頂してしまうのは、そこはかとなく禁忌の香りがしてしまうものなのだ。が、口では何だかんだと文句を言ったりしている美琴だが、実際にはたいした抵抗を見せていないのもまた事実。本当に嫌なら得意の電撃攻撃で肛門攻めを掣肘するのも可能なのだ。しかし、それは決してしない。しようとも思わない。背徳と享楽の狭間で心を揺れ動かす、初心な美琴さんなのだった。
「ぬ、抜いてぇーッ! お願いだから、抜いてぇーッ!!」
「こんなにオマンコをグチョグチョにさせてる癖に、そんな事言ったって絶対に信用しないんだから!」
 パクパクと激しい息継ぎを繰り返す淫穴からは、壊れた蛇口のごとくブチュブチュと愛蜜が噴き出し、太股を伝い落ちてシーツにいやらしい地図を描いた。
「んじゃー、今日は特別に二本いくんだからね!」
(えええっ!? 二本??)
 上条は美琴の直腸から人差し指を素早く引き抜くと、今度は人差し指と中指を揃えて肛門に押し当てた。
「ウ、ウソォォーッ! そ、そんな絶対に無理だってーの! 二本は絶対入らないからッ!!」
「絶対に入るから心配するな。自分を信じるな、オレを信じろ! お前を信じる、オレを信じろ!!」
「バカじゃないのアンタ! あぁぁんッ! いやぁぁぁ……ッ! ダメーッ! ダ、ダメーーッ! あああぁぁぁぁ……ッ!!」
 二本の指は美琴の不浄の穴をぱっくりと押し拡げ、ゆっくりと確実にお尻の中へと収納されていく。
 第一関節を通過。
(ふぁぁぁ……は、入ってきてるぅぅぅ!) 
 第二関節を通過。
(ウソッ! ウソォォーッ! お、奥まで……来てるぅぅッ!)
 そして上条の二本の指は、美琴の直腸内に綺麗さっぱり根元まで突き刺さった。
(そ、そんなッ!! 全部、は、入っちゃったの!?)
「だから絶対に入るって言ったんだからね」
「ふぁあぁぁ…………っ」 
 奈落の底へと沈んでいくような脱力感に飲み込まれる美琴。全身が蕩けるようにフニャフニャになり、額から脂汗が滝のように流れ出た。
 お尻の中の二本の指が『ク』の字に曲がり、直腸のお腹の側を掻き毟るように刺激してきた。
「ダメーッ! う、動かすの禁止!! はぁああああッッ!!」 
「もーっ、ココが一番気持ちいい癖にそんな事ばっかり言って!」
 ゴリッゴリッと二本の指の屈曲運動が力強く加速。甘美な振動が膣まで伝わり、お尻の中は壮絶な快感の嵐だった。排泄を行う不浄な場所に指を突っ込まれて気持ちよくなっている自分が情けない。羞恥のあまり消えて無くなってしまいたい衝動に駆られてしまう。だがしかし、いったい何なんだろうか? この胸の奥底に潜む満身を焼き尽くしてしまいそうなほどの激情は。
(こんなに屈辱的な事をされてるのに、私は悦んじゃってるの!?)
 直視したくない自分の本性を目の当たりにしてしまう美琴。
(違う違う! お尻を弄られて私は悦んでなんかない! このバカに無理矢理されてるだけなんだから!! ぜ、絶対に悦んでなんかないッ!!)
 美琴は、そうやって辛い現実から視線を逸らしてはみたものの、身体の方は大変に正直者だった。
 汗でしっとりと濡れた桃尻がプルプルと震え、腹筋が乱暴なひきつけを繰り返す。性感帯を正確無比に刺激され、アナル神経に最大限の負荷が加わり、骨盤が燃え上がるように官能的に疼く。次の瞬間、直腸と産道が同時にキューッと急速に収縮した。
「お、お尻で、お尻で気持ちよくなっちゃう! イ、イっちゃうぅぅッ!! ひゃああぁぁぁぁぁぁッ!!」
 青白い稲妻が虚空を切り裂いた刹那、美琴は尿道口から噴水のように潮を撒き散らしながら、過激なオーガズムの津波に飲み込まれた。
「ほーらっ、またイっちゃた。美琴タンはお尻の穴でイっちゃうような変態だって、そろそろ自覚しなさい」
「はぁはぁ……はぁ……そ、そんな……」
 燻る絶頂の余韻に浸りながら、美琴は、これはちょっともう無理だな、と少しだけ達観した。お尻だろうがなんだろうが気持ちいいものは気持ちいいのだ。こればっかりはもう認めざるを得なかった。
「さーて、そろそろ続き始めますか。美琴タンは、いったいいつまで我慢できるのでしょうかねー?」
「いやぁぁッ!! もう無理! ホントに無理だから、もう許してぇぇーッ!!」
 結局、毎度のように泣きながら許しを請う美琴だった。
「許して欲しいんだったら、さっさとおねだりしなさい」
 上条は、厳しい口調で答えた。さもないとまたいつでもいきますよ、と直腸に圧力を加えてくる。
「ああぁぁ……」
 アナルを人質に取られてしまった美琴には、もはや選択肢は残されていなかった。
「どうしたんだ? おねだりしないんだったらまたお尻でしちゃうぞ」
「言うからッ! ちょ、ちょっとだけ待って……」
 敗北感に打ちのめされながら、美琴は気を落ち着かせるため深呼吸する。そして、もし他の誰かに聞かれれば即座に自殺しなければならない恥ずかしい台詞を、なけなし勇気を振り絞って高らかに叫んだ。
「オ、オチンポ奴隷のはしたない美琴のオマ、オマ……ンコに、ご主人様の、カリッ、カリ高、チ、チンポをぶち込んで……メ、メチャクチャのボロボロになるまで折檻してくださいぃぃ……ッ!」
「却下」
「何でだコラァァーッッ!!」
 こっちは文字通り命を張って放送禁止の台詞を口にしてるというのに、あっさりとダメ出しされてしまった美琴は激昂する。
「この前言ったのと殆ど変わってないじゃないか。もっとウィットに富んだオリジナリティー溢れるおねだりじゃなければ、上条さんは認める訳にはいきませんですよ」
(こんのぉぉぉーーッ! いつもいつも調子に乗り腐りやがってェェーッッ!!)
 腸を煮えくり返らせる美琴だったが、お尻の中の指に力が込められると、
「ひゃぁぁぁッ! わかった、わかったから! ちゃ、ちゃんと言いますぅぅッ!」
 あっさりと言いなりになるしかないのだった。
(できればこの言葉だけは言いたくなかったのに……でも言わないとこのバカは納得してくれないだろうし……ああぁぁ……ホントにもう死にたい……)
 決して使ってはいけない言葉を使う羽目になってしまったパズーとシータの気持ちを、美琴はこの瞬間初めて理解する事ができた。
「美琴は、お尻の穴で気持ちよくなるような、へっ、変態の牝豚です! ご主人様専用のオチンポ公衆便所です!! オ、オマンコが疼いて疼いてヌレヌレグチョグチョでもう我慢できませんッ! ご主人様のぶっといオチンポで美琴のだらしないオマンコをズボズボして、ご主人様の大切な子種汁で美琴をおもいっきり妊娠させてくださいぃぃぃッ!!」
 不測の事態に備えて昨夜一時間もかけて考えた台詞を、嫌々というよりもかなりノリノリで言い放った美琴さん十四歳。何事も備えあれば憂いなしである。
「そこまで美琴タンが言うんだったら、今すぐハメてあげなきゃしょうがないな。もーっ、美琴タンは本当に変態さんなんだから」 
 肛門から指を引き抜かれた美琴は、ベットの上に仰向けに寝かされた。素早く上条が覆いかぶさってくる。全身で感じる心地よい重みと温もり。パンクしそうなほど激しく高鳴る鼓動。心地よい緊張感と待ちきれない期待感が胸の奥で交差し、電撃少女は未成熟な裸体を小刻みに震わせた。
(ヤダッ……すっごくドキドキしてる……も、もう我慢できない! 早く、早く当麻のオチンポが欲しいッ!)
 蒸した白濁で塗れた肉孔にカウパーで汚れた亀頭の先端が押し当たり、くちゅりと卑猥な水音が奏でられた。
「入れるぞ……」
「は、早く……早く、き、来て……」
 ズブズブズブ。
 万全すぎるほど準備が整えられ潤った膣道に、反り上がった逞しい男根が静かに埋没していく。
「んんん……ッ! は、入って……あっあっ、はあぁぁッッ!」
 待ちに待ったペニスの感触を括約筋を絞めて確認しながら、ブルルと歓喜に膣ヒダを震わせた。
 上条のペニスのサイズは、普通の高校生の平均値をかなり上回って長くて太い。中学生の未発達な柔膣では、初期の頃は挿入にかなりてこずったものだが、今となっては完全に形を覚えこみ、蛇が獲物を丸呑みするかのように自ら積極的に咥え込んでいく。
「くぅぅぅッ! ふあぁぁぁぁ……ッ!!」
 感無量だった。
 ペニスの力強い脈動を感じていると、何故これほどまでに自分は安心してしまうのだろうか? 欠けていたパズルのピースがガションと合わさった瞬間のような爽快感。元からここにあった物が戻ってきたかのような懐かしい錯覚を覚え、もう二度と膣外に出したくないと切に願う。
 だから美琴は、夢中になって繰り返し括約筋を絞め上げ、膣内の愛しい存在を狂おしいほどに堪能した。
「そんなにがっついてこなくても、抜いたりしないから大丈夫だぞ」
「なっ! ががが、がっつくって何の事よ!」
「だってお前、いつも入れたらこうやってすぐにギュッギュッて絞めてくるじゃないか」
「そ、そんなの知らない! アンタ何バカな事言ってくれちゃってるのよ! ちょっ、ちょっと疲れてるから勝手にこうなってるだけなんだから! 別にがっついてるとかそんな事ないんだから!」
 完全に上条に見透かされていた事に錯乱し、美琴はかなり苦しい言い訳を必死でする。 
「はいはい。んじゃーそういう事にしておきますか」
「な、何よ。その『またか』ってみたいな態度は……」
「美琴タンは可愛いなーって事だよ」
「……ッ!? バ、バカッ! こんな時に何言っちゃってんのよ!」
 美琴は、眉を顰めて唇をツーンと尖らせる。そうやってわざと不機嫌そうな顔を作っていないと、嬉しさのあまりデレデレの恥ずかしい表情を上条の前に晒してしまうからだ。
「そろそろ動きますけど、今夜はもう寝かさないんだからね」
 身体を密着させたまま、小刻みで優しい出し入れが開始された。
「はぁあっ、やんッ! あっ、あっ、ああぁんッ!」
 我慢汁で濡れた亀頭の先端が、実にタイミングよくぷちゅぷちゅと子宮口にフレンチキスを繰り返してくる。
(あああッ! そ、そこっ、き、気持ちいいぃぃ……はぁはぁ……んん……ッ! な、何でこんなに気持ちいいの……)
「美琴タンはトントン好きだもんね。ほーらっ、『トントン大好きぃぃーっ』て言ってみなさい」
 トントンとは、『子宮口を優しくトントンする』というこのバカップルだけにしかわからない隠語だ。ちなみにこの他にも、グルグルやペロペロなどがあったりする。
「あああッ! あっあっ、あんッ! ト、トントン……す、好きぃぃぃぃーッ!」
 深い快感を得るのに必ずしも激しい抽送は必要ではない。優しい抽送でゆっくりと時間をかけてお互いの愛を確かめ合い共に昇りつめていくようなセックスでも、ガンガンに子宮を突き上げるような激しいセックスと同等の快感を得る事は充分に可能なのだ。美琴は、今までレイプのような激しいセックスが好きだったが、最近は優しいセックスのよさにも目覚めて大好きになっていた。だいたいこんなにも涙が出そうになるほど幸せなのに、早く終わらせてしまうなどもったいないではないか。
「美琴タンは、動かし始めたらいっつも素直になるよな。ほーらっ、トントン、トントン」
「ふぁああッ! いやぁっ、あんッ! はぁはぁ……キ、キス……キスして……」
 目の前に大好きな人の唇があるのだ。どうして求められずにいようか。
 上条は、頬やおでこに優しくキスをしてくるが、一向に肝心な場所にはしてくれない。それどころか触れる寸前まで近づき期待を持たせておいて、また別の場所へと遠ざかっていく。焦らされているのは明々白々だった。
 美琴は、マジで憤慨した。
「コラァァーッ! 意地悪すんなやぁぁーッ!! 唇ッッ!! 早く唇にしろぉぉーーッッ!!」
 こんな事くらいでマジギレするのは些か大人気ないと思うかもしれないが、繋がったままするキスが三度の飯より大好きな美琴にしてみれば、半狂乱になってしまうほど切実な問題なのだ。
「わかったわかった。美琴タンはホント子供みたいですね」
 唇と唇がむちゅーっと重なって拉げる。そのまま上条の首に腕を絡ませ強引に引き寄せると、美琴は空腹の赤ちゃんが母乳を貪るように唇を吸引した。 
「はむっ、ちゅちゅーっ、んんっ、んっんっ、ちゅっ、れろれろ、ずりゅりゅ……」
 口腔内で肉帯が一体となり妖艶なワルツを舞う。生成され続ける肉汁がシェイク。甘ったるい魅惑の味わいが、ぶわっと口内に拡散されていく。
「んんん……ッ! ぬりゅ、ちゅちゅーっ、ぴちゅっ、ふぁあぁッ! ちゅちゅーっ、ずちゅっ、むちゅちゅちゅーっ」
 美琴はツンツン頭に手を差し入れクシャクシャにしながら、夢中になって蒸した混合液を嚥下した。胃の中で先ほど飲んだばかりの精液とそれとが、更に芳醇に一体となって煮えたぎる。激しく熱い。絶え間なく突かれ続ける子宮は早くも悲鳴を上げ、胎内は瞬く間に淫熱によって支配されていった。
「はうぅぅッ! はぁはぁはぁ……、ふぁあッ! あっあっあっ、あんッ! はぁんッ! んん……ッ!!」
 唇が離れた瞬間、美琴は息も絶え絶えとなって酸素を補充した。脳裏が妖しく霞むようにぼやけ、網膜にチカチカと白光が明滅する。そして、再び息つく暇が与えられず唇が奪われた。
「はぁむむッッ! ちゅっ……ぬりゅ、れろれろ、ぴちゅ……っ、ふぁむっ、ちゅちゅちゅっ」
 長い長い大人のキス。
 一分経過、二分経過……。
 口内に次々と流し込まれてくる魅惑のスープを飲み干し、美琴は未発達な身体を芯から燃焼させた。淫肉の結合部からは、本気の証が淫猥に泡だって掻き出され、男女の股間にべっとりと卑猥に纏わりついた。
 五分経過、六分経過……。
「んんん……ッ! んちゅ……っ、ちゅぴっ、ずりゅりゅ、ぬりゅ、んん……ッ!! んんんんッッ!!」 
 規則正しくゆっくりと膣道を通行する嵩高ペニス。一定感覚で衝突してくる亀頭の先端に子宮のお口がはむはむっと吸い付きカウパーを嚥下した。上下同時のエッチ過ぎるディープキスに大興奮し、美琴は両脚を上条の腰にキュっと巻き付かせ、切な過ぎる快楽の虜となった。
 十分経過……。
「はぁあああッッ! はぁはぁはぁ……あああ……ッ! な、舐めて……舐めてぇぇーーッ!!」
 十分間も唾液を飲まされ続けお腹いっぱいになった美琴の、暫くぶりに唇を開放された第一声がそれだった。
 常盤台の電撃姫は、顔面を上条の唾液でベトベトにされるのが大好きなのだ。愛していると言ってもいい。自分でも、ちょっとおかしな性癖だな、と自覚はしているので、普段は恥ずかしくてとてもおねだりできないのだが、現在のような切羽詰った状況になると、もう我慢できなく本音が出てしまうのだった。
「ん? ペロペロして欲しいの? して欲しかったら『ペロペロしてーっ』て言ってみなさい」
「はぁはぁ……はううぅぅッ! はぁ、はぁ……ぺ、ペロペロ! ペロペロしてぇぇーッ!」
 もう完全に上条のいいなりの美琴さんだった。
 上条は、ニヤニヤしながら唾液をたっぷりと塗した朱舌を顔に這わせてきた。
「はうぅぅッ! はああぁぁ……ペロペロ……ペロペロ……」
 目眩がするほどの充足感に酔いしれる美琴。ヤバイくらいに心地がよい。こうやって犬のように顔を舐められているだけで、彼女は興奮しすぎて失禁してしまいそうになるのだ。
「あっあっ、はぁぁああッ! そっ、それはッ!! くぅぅッ! いやぁぁぁぁッ!!」
 上条の腰使いが、前後のピストン運動から円を描くようなグラインド運動に変化。亀頭がグルグルと回転して、子宮口をゆっくりと嬲るように攪拌してくるのだ。
「美琴タンは、トントンとグルグルどっちが好きなの? 上条さんだけにこそっと教えて貰えますか?」
 こんな究極にどうでもいい上条の質問にも、ハメられて素直になってしまった美琴は真剣に悩んでしまう。
 正直、甲乙付け難い究極の選択。
 トントンで静かに涅槃に追い詰められていくのも好きだし、グルグルで内臓全体を掻き回されているような感覚も最高だった。
「どっ、どっちもッ! どっちも好きぃぃッ! 大好きぃぃぃーッ!!」
 なので、どちらかを選ぶなんてとてもできない美琴だった。
 灼熱の巨大肉キノコが膣奥で回転するたびに、下腹部全体が恍惚の淫熱に侵食されていく。理性のダムは決壊寸前。最大限まで昂揚された肉悦のボルテージが、幼い子宮を食い破って開放されようとしていた。
(ダメッ! の、能力が……全然コントロールできない……)
 執拗な子宮攻めに耐えかねた美琴の前髪から、危険な蒼い稲妻がスパークスパーク。やはり付け焼刃のオナニー特訓では、完全に能力をコントロールする事は難しかったようだ。
「あらあらーっ、美琴タンはもうイっちゃうんですか? でもダメですよ。勝手にイったりなんかしたら承知しないんだから」
「はぁぁぁッ! はぁはぁ……そ、そんな……もう我慢できない! 」
「だーめっ、もし勝手にイったりなんかしたら、全部膣内に出しちゃうんだからね!」
「えええッ!? 膣内に出したら、あかっ、あかっ、赤ちゃんできちゃうッ!」 
 本日は危険日ど真ん中なのだ。
「じゃー上条さんが、いいって言うまで我慢しなさい」
「いやぁぁぁッ! ホ、ホントにムリなの! もうイキたいッ! お願いだからイカせてぇぇーッ!!」
「だーかーら、イキたいんだったら我慢しないで、いつでもイっていいんだってば。そのかわり上条さんは膣内に出しちゃうんだからね」
「あああッ! だ、だから膣内は……ダ、ダメッって言ってんでしょーがッ!!」
「またそんな強情ばっかり言って。ホントは膣内に出して欲しいんでしょ? 膣内に出したらすっごく気持ちいいよー。最近、膣内出しはご無沙汰なんだし。久しぶりに出しちゃう? 出しちゃいますか? 美琴タンどうするー?」
 耳元で悪魔が囁く。
(そ、そんな! 赤ちゃんできちゃう日なのに……膣内に……膣内に……ああぁぁ……膣内にぃぃッ!!)
 排卵日に膣内射精という最大の禁忌を前にして、美琴の胸の内は激しい葛藤に囚われた。本来なら絶対にNGのはずなのに、悪魔の執拗な誘惑によってちっぽけな理性はボロボロに崩れ落ちていく。
 これが女の本能なのか? あるいは種を残そうとする生命のメカニズムなのかは、よくわからない。ただ、過激な淫悦の激情が、美琴に膣内射精を苛烈に求めさせた。
「いやぁぁぁぁぁッ! もういいッ! なっ、膣内に出してェェェーーッッ!!」
「ホントに出しちゃっていいの? 赤ちゃんできちゃうかもしれないよ? ホントにいいの!?」
「いいからッ! 早く膣内に出してーッ!!」
 美琴は、最後の力を振り絞って上条の身体に抱きついた。
 グラインド運動がフィニッシュに向けてピストン運動へ移行する。高速の前後運動。唸りを上げた嵩高ペニスが激しく波打つ柔膣を闊歩し、ゴリッゴリッと膣肉を抉りながら膣奥へと突撃していく。
「ひゃぁああぁぁぁッ!! ひいいいぃぃぃッ!!」
 幼い子宮が悦楽の絶叫を張り上げた。
 鼻先で無数のフラッシュが一斉にたかれ、鼓膜が破れそうなほど劈く轟音が頭の奥底から鳴り響く。満身を切り裂くような鋭い絶頂感。美琴は一突きごとに泣いて許しを請うが、上条は決して止まらない。
「イクッッ! イクゥゥーッ!! はあぁぁぁぁぁぁッ!!」
 プシュプシューと尿道口から勢いよく潮が噴き出したのと同時に、美琴は肢体をビックゥ! ビックゥ! 悦び悶えさせながら、圧倒的なエクスタシーの奔流に押し流された。
「全部、美琴の膣内に出すからっ! うわぁぁぁッ!」
 上条が渾身の力を込め膣内に怒張を突き刺した刹那、それは噴火した。
 ずぴゅぴゅっ! ぶちゅぶちゅぶちゅっ! どぴゅずぴゅぶちゅちゅっ!
「いやぁあああッ! 出てるッ! 膣内で熱いのがいっぱい出てるゥゥッ! 赤ちゃんできちゃう日なのに、いっ、いっぱい出されちゃってるよ……はうぅぅぅぅ……」
 子宮口に亀頭を押し付けたまま射精は繰り返し行われ、火傷しそうなほど熱した白濁の溶岩が何度も吐き出された。
 ウネウネと蠕動する膣肉が白濁をポンプのように吸引していき、淀みないプロセスで子宮内へと送り込んでいく。膣細胞に染み渡る快感と至福の見事なコラボレーション。美琴は力尽き果て、大の字になってベットに横たわった。
(ああぁぁ……やっぱり膣内出しは、き、気持ちいい……)
 膣外射精と膣内射精の快感の差は歴然だった。
 快感神経はオーバーヒート。
 上条の唾液で塗れた美琴の顔は、ふにゃーと蕩けるようにだらしなくなってしまう。
「ア、アンタねー、あれだけ膣内に出したらダメって言ったのに、赤ちゃん出来ちゃったら、どっ、どうすんのよ……」
 膣内に出してェェーッ! と自分で叫んだ事は棚に上げ、絶頂したばかりの恥ずかしい顔を上条に見られないようにそっぽに向け、別に膣内出しされても全然気持ちよくなかったんだからねっ! とばかりに精一杯の虚勢を張る美琴さん。流石は常盤台中学のエース。堂に入ったツンデレぶりだった。
「安心してください。その時は上条さんがちゃんと責任取りますから」
「なッ!! ななな、何バカな事いってんのよアンタはッッ!!」
「つーかねー。まだ全然終わってないんですよ。本番はこれからなんだからね」
「えええッ!?」
(ほ、本番って、いったい何が始まっちゃう訳??)
 膣奥でひくつく亀頭が、クチュクチュと子宮口を穿るように蠢きだす。
「ちょッ! いっ、今は、動くのダメッだってば!? すっごい敏感になってるから!」
「いいからいいから。今からすっごくいい事してあげますから」
 クチュクチュは止まらない。奇妙な動きだった。何かとんでもない目的があるようで、美琴は物凄く嫌な予感がする。 
「ちょっ、なっ、何するの!? んん……っ、はぁんっ、はぁはぁ……えええッ! ま、まさか!?」
「今から美琴タンの一番大切な場所に入れちゃうんだからね」 
「ウ、ウソォォーーッ!!」
 美琴の一番大切な場所。すなわち子宮の中に、あのぶっとい奴を突っ込んでしまおうと上条は言うのだ。 
 さしもの常盤台中学が誇るエースも、これには流石に参った。
「コラァァァーーッ! そ、そんな所そんなおっきいのは絶対に入んないんだからッ!!」
「大丈夫だって。子宮だって歓んでこんなに下がってきてるんだから、これくらいの大きさだった絶対に入るよ」
「いやぁぁぁぁッ! ダメッ、ダメッ、ダメェェェェーーッ!!」
 異常な動悸の高鳴りと全身から滲み出てくる嫌な汗。抵抗しようにも事後の余韻が燻る未成熟な肢体は、指一本すら思い通りに動いてはくれない。まさに絶体絶命のピンチ。
(そんなところにホントに入っちゃうの!? えええッ! ちょっ、えええええッ!!)
 大好物の新鮮な精液をたらふく飲んで酔っ払った子宮のお口は、もう馬鹿になってユルユルの状態だった。なのでたいした抵抗すらできず、とんでもない奴の不法侵入を許してしまう事になった。
 ズボッッッッ!!
 美琴の胎内で嘗てないほどの衝撃が迸った。
「ふにゃぁぁッ!?」
「ほーらっ、先っぽ入っちゃったぞ……」
「!?!?――――ッ」
 満身を揺るがすほどの悦楽の激震に、美琴は言葉を失い我を忘れた。
「よーしっ、このまま全部入れちゃうんだからね……」
「――ッ!? はっ、はうぅぅ! はうぅぅ!」
 情けない奇声を発してイヤイヤをする美琴。
 そして、極悪のペニスが子宮口を限界まで押し拡げ、赤ちゃんを作る神聖なる場所に突入した。
「ふにゃぁぁぁぁぁぁぁぁーーッッ!!」
 美琴は、子宮の処女を喪失した。
(ウソォォッッ! は、入っちゃった!? そんな、ホントに入ってる……赤ちゃん作る場所に入ってるよ……) 
 ペニスの挿入を想定していない幼い子宮は、蜂の巣をつついたような大混乱に陥り、矢継ぎ早にエマージェンシーを脳内に送りつけた。
 処理不能。
 まるで麻疹にかかったように身体が淫熱で高温に熱し、柔膣がビクッビクッ! と激しい痙攣を繰り返した。
 理解不能。
「センセー報告します! 美琴タンのオマンコが凄い事になってます!」
「ふにゃぁぁぁッ! わ、わかんにゃい……わかんにゃいよ……」
 それは、一部では都市伝説と謳われた膣痙攣だった。
「うわっ……これ気持ちいいぃぃ! こんなにすごかったら、すぐに出ちゃうな……」
「にゃぁぁぁッ! らめぇぇッ! お、おっぱい、らめぇーッ!!」
 ムギューと未発達な双子の果実を鷲掴みにされてしまう美琴。快感のレベルが普段とは段違いだった。まるで全身がクリトリスになったかのように敏感で、搾乳されただけで絶頂しそうな勢いだった。
「なんで? 美琴タンは、おっぱいモミモミされるの大好きでしょ?」
 遠慮なしに揉み込まれてしまう掌サイズ。おまけにピーンと勃起したサクランボも、キューと指腹で潰されれてしまう。
「はにゃぁッ! かっ、身体がおかしくなってるから、らめぇなのぉぉッ!」 
 ちなみ美琴がわざと猫語を使っていない事だけは、彼女の名誉の為に明記しておこう。
「じゃー、こっちはどうなのよ?」
「そっちはもっとらめぇぇーッ!! はにゃぁぁぁッ!」
 下半身の小粒なサクランボも摘み潰されてしまった。
「そんな我儘ばっかり言って。もーっ、だったらもう動いちゃうからね」
(えええッ!! こ、この状態で動かしちゃう訳!? そんな事されちゃったら絶対に死ぬ! 死んじゃうってッ!!)
 簡単にシミュレートをしただけで解析できた。
「やらっ、やらぁぁッ! そんなのれったいにムリなのぉぉーッ!」
「こらっ、抵抗するんじゃありません。大人しくしてなさい」
 子宮内に亀頭を突っ込まれたヘロヘロの状態でジタバタしたところで、所詮はまな板の鯉のようなものだった。抵抗空しく上条に両手首を掴まれた美琴は、そのままぐいっと綱引きのように引っ張られてしまう。
「ひぃぎいいぃぃぃぃぃッ!!」
 更に奥深くまで赤ちゃんのできる場所に突き刺さる鋼鉄のような怒張。恐るべき淫圧が処女を喪失したばかりの子宮に襲い掛り、二人の本気汁のミックスジュースが押し出され、膣外にブブブと淫猥なメロディーを奏でて排出された。
「動くぞ、美琴タン……」
 上条の抽送が開始され、美琴は両腕を拘束されたまま犯された。
「にゃぁッ! にゃぁぁぁッ! はにゃッ! はにゃぁぁぁぁッ!」
 パァーンパァーンと激しいに肉の衝突音が部屋に木霊する。
 腕を引き寄せる力と腰を突き入れる力が相乗され、それらはペニスの強烈な突進力となって狭い産道をズボズボと疾駆する。一度こじ開けられた子宮頚部はそのままの状態で嵩高ペニスを黙って咥え込み、そのエネルギーは分散される事なく一点集中に牝の生殖器の中で放出された。
「ひぃぎぃぃぃぃッ! ふにゃぁッ! ふにゃぁッ! はぁはぁはぁ……んん……ッ!ひゃぁぁぁぁぁッ!」 
 ピクピクとひきつけを起こすベチョベチョに濡れた肉唇。灼熱の肉棒が引き抜かれるたびに柔膣から鮮やかなピンク色の膣肉が捲れ上がり、挿入と共にまた膣内に収納される。それらの情景は、この世の物とは思えないほどのエロスを極めていた。
(こんなの頭がおかしくなっちゃうぅぅッ! もう死ぬーッ! 死んじゃうよぉぉーッ!!) 
 叩かれ突き刺され揺さぶられ掻き回され捏ね繰られ、それでも容赦のない肉悦のフルコースは、遠慮の素振りもなく継続された。
「あああッ! 美琴の子宮の中、気持ちよすぎるぅぅッ!」
 上条のピストン運動が、最速に向けてシフトチェンジ。
「はにゃああぁぁぁぁぁッ!」
 失神寸前の美琴の絶叫が部屋に鳴り響いた。
 されるがままに牝器官を犯され続けた美琴は、肩までの茶髪をブンブンと振り回し、両脚をガバーっとM字におっぴろげながら悶絶した。
 もはやレイプだった。
 そして美琴センセーは、こういうプレイがもう死ぬほど大好きなのだ。ここだけの話だが、彼女のオナニーネタの八割は、上条に強姦されるシチュエーションで占められている。
「美琴タンッ! このまま全部子宮の中に出しちゃうんだからね!!」
「――――ッ!?」
 美琴は、クワッと双眸を見開いて驚愕する。
 子宮の中に直接射精されてしまっては、もう完璧に妊娠してしまうではないか! 先ほどは不覚にも膣内射精を許してしまったが、子宮内射精などという暴挙だけは、断じて許す訳にはいかなかった。
「ら、らめぇぇぇッ! そんな事したらホントに赤ちゃんれきちゃうからッ! れったいにらめぇぇーッ!!」
「こんなにオマンコぶるぶるの膣痙攣の癖に、またそんな事ばっかり言って! さっきの膣内出しよりも、ずっとずーっと気持ちいいんだぞ! ホントは子宮の中に直接出して欲しいんでしょ! いいかげんに正直になりなさい!」
(バカじゃないのアンタはゴラァァーッ!! 私が正直になってたら、もうとっくに何回も妊娠してるっつーのよぉぉぉ!)
「何も言わないんだったら、このまま子宮に出しちゃうんだよ! ホントにいいんですね!」
(おかしいぃぃ! 頭の身体もみんなおかしすぎるぅぅ! もうダメッ!! もう何も考えられないぃぃ!!)
「はにゃぁぁぁぁぁぁッッ!!」
 美琴はぐいっと頤を跳ね上げ、腹の底から淫悦の雄たけびを張り上げた。
 摩擦によって加熱された膣の痙攣は、過激な暴走を起こしていた。高速で出し入れされるペニスをがっちりと捻り上げ、子宮頚部は内部に侵入してくる巨大肉キノコに勇敢にもキューッと噛みついていく。
「はむぅぅッ!! んんっちゅっ、ぬりゅ、ふぁむっ、んんん……ッ! れろれれろ」
 上条が猛禽類のような鋭い双眸で、唇を乱暴にキスで塞いできた。美琴は小動物のように大人しく唇を差し出し、強引に注ぎ込まれてくる唾液のスープを貪り飲んだ。
 そのまま暫くいやらしいキスが続く束の間のインターバル。
 終焉に向けて静かに体位が変更された。
(いやぁぁぁぁッ! こ、この体位は……ううぅぅぅッッ! は、入ってくる……奥に……奥に入ってくる……ッ!!)
 屈曲位。
 正常位のバリエーションの一つで、上条に両脚を肩に担がれそのまま体重を掛けて覆いかぶさられる。そのため美琴の身体は息苦しいまでに二つ折りに屈曲し、淫肉と淫肉の交差部分に重さが集中、極太ペニスは深々と牝の生殖器に挿入されてしまうのだ。
「あッ! あッ! あッ! はぁはぁ……んんん……ッ! はにゃぁぁぁぁッ!!」
 それは、悦楽のメルトダウンだった。
 崩壊する自我と理性。
 潤んでぼやけた双眸に優しいアイコンタクト。
 刹那、上条の腰が激動的に躍動した。
「ふにゃッ! ふにゃッ! ふにゃぁぁぁぁぁッッ!!」
 真上から打ち落とされる全体重が込められた強烈な一撃一撃は、ツンデレ少女を一匹の発情した牝に変貌させた。もう、尿道口から潮が噴水のごとく垂れ流しの状態。
「とうまぁぁーッ! 好きぃぃぃッ!! 好きなのぉぉーッ!! らしてぇぇぇーッ! 子宮の中にれんぶ、らっ、らしてぇぇぇぇーッッ!!」
「気持ちいいぃぃ! はあぁぁッ! わかった、全部出すから! 美琴を妊娠させるから! いくぞぉぉーッ! ああああぁぁぁぁぁッ!!」 
 上条の会心の一撃が、フニャフニャになった子宮内に奥深く突き刺さった刹那、灼熱のペニスが爆発した。
 どぴゅぴゅっ! ぶちゅぶちゅぶちゅっっ! ずぴゅっぶちゅぶちゅどぴゅっ!!
 羊水の海の中で射精された数億もの活発なオタマジャクシは、大切な受精卵に集団で総攻撃を仕掛け包囲した。
「ふにゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッ!!」
 禁断の子宮内射精。
 それは、感動を超越した肉悦のカタルシス。
 今世紀最大級の絶頂感に晒された美琴は、満身をビックゥビックゥ! と弾けさせながら、驚愕のエクスタシーの頂点に押し上げられた。
 前髪から放電する危険な高圧電流は、ことごとく上条の幻想殺しによって打ち砕かれた。
(お腹の中が熱い……あ、赤ちゃん……赤ちゃんできちゃう……当麻の赤ちゃん……欲しい……欲しいよ……フフフ)
 美琴は、妖艶な微笑を浮かべながら滂沱と歓喜の涙を流していた。
 お腹の中でドクンと命の脈動が聞こえた。
 美琴はこの瞬間、もし妊娠したら神に誓って必ず産むと即行で決断した。学園都市に七人しかいない超能力者としての地位や名誉も、所詮はただの未成年でしかない自分の立場なども、一切どうでもよかった。一人の女としての歓び、母親になれる歓び、世界で一番愛する人の子供を産む事ができる歓び、そんな至福の歓びに直面すれば、本当に些細な事でしかなかったのだ。
 美琴が超能力者として築き上げてきたパーソナルリアリティは、この子宮内射精によって完全に粉砕されてしまった。
「はぁ……はぁ……美琴……気持ちよかったよ……はぁはぁ……」
 呼気を荒げた上条が、身体の上に圧し掛かってきた。
 美琴は、弱々しい力で世界で一番愛しい存在を抱きしめた。
 その汗で濡れた人肌の温もりも、腰椎に篭った甘い痺れも、疲れきった四肢のだるさも、膣内の極限に膨張したペニスの感触も、新鮮な精液で膨れ上がった子宮の激熱も、そんな全てが最高に幸せだった。
「らめぇぇッ!! ぬ、抜いたらやらぁぁぁッ! もうちょっとらけ、このままれ……」
「わかった……。美琴タンは、ホントに甘えん坊だな……ちゅっ、ちゅっ」
 事後の余韻に浸りながらの小鳥のようなキス。
 上条の右手が、頭を優しく撫でてくる。
(こ、こんなの……もう反則でしょ……。こんなに優しくしされちゃったら……私……)
 法悦の吐息を零す美琴。
 幸福の涙が止まらない。
 膣の痙攣は、永遠を刻むかのように続いていた。


「突然ですが私、上条は、たった今から美琴さんに告白をします」
「えええッ!? な、何なの薮から棒に??」
「だから告白だよ。ちゃんとするって言ったろ? そのままでいいから聞いてくれ」
 上条の規則正しい心音を聞きながらうつらうつらと船を漕いでいた美琴は、ハッと一気に覚醒した。
「こここ、告白するのッ!?」
「そう、告白。いいか……?」
 上条は、御坂妹に言われた事を律儀に守ろうとしているようだ。
 本当に突然の爆弾発言に、美琴はドギマギとパニくる。
(もーっ、何なのよ急に! そ、そんな事いきなり言われても、こっちはまだ心の準備が全然できてないんだからッ!)
「おーい、美琴さーん? 聞いてる?」
「ひゃ、ひゃいぃぃッ!!」
「聞いてるだけいいからな」
「あ……っ、うん……わかった……ど、どうぞ……」
 美琴は、ぽーっと初心なティーンエイジャーのように真っ赤に顔を染め、一字一句聞き逃さないように全神経を耳に集中した。
「お前は……いっつも怒ってばっかりだし、素直じゃなくて意地っ張りでツンデレで、たまーに一人で勝手に悩んで暴走するし、超能力者とかなんだとか言われて周りからチヤホヤされてるけど、見ててホント危なっかしいお子様で……」
「アンタ喧嘩売ってんのッ!」
 ピシッと額に血管を浮き立たせ、上条の胸をキューッとつねる美琴。
「いたたた……で、でも……俺はそんなお前が好きなんだ」
「――ッ!?」
 ドッキーンと血液の循環器が大きく跳ねた。
「一緒にいたら楽しいし、全然飽きてこないし、お前が笑ってるところ見たらすっげー嬉しくなるし、お前はそんな必要ないとか言うかもしれないけど、何かあったらすぐにでも駆けつけて助けてやりたいし、俺はお前を守りたい……」
 つねって赤くなった上条の胸の部分を優しく摩りながら、美琴はただ黙って聞いていた。
「俺はお前の全部が好きなんだ……。俺はお前のそばにずっといる。だから、お前もずっと俺のそばにいてくれ。永遠に愛してる、美琴……」
 激しく胸を打った。
 決してスマートでロマンチックな告白ではないけども、上条の真摯な想いが直接に心を鷲掴んでくる。こんなにも私は誰かに愛されていたんだ、と美琴は幸福すぎてボロボロと堰を切ったように涙を流し始めた。
「お、おい、泣くなよこんな事で……」
「な、泣いてないわよ……バカ……ッ、ううぅぅ……」
 ズズーっと鼻水を啜りながら、迷子の子供のように美琴は泣いた。
 こんなにも幸せなのが信じられない。何か前世でいい事でもしたのだろうか。あまりにも幸せ過ぎて、何か罰でも当たらないか心配になるくらいだった。
 もしこれが夢だとしても、願わくば永遠に覚めないで欲しい、と美琴は神様に切実な祈りを捧げた。
 そして、目が覚めた。
「えッ!? ウ、ウソ……ッ」
 窓から差し込んでくるお日様の光りが眩しい。
 上条の腕枕から起きて時計を確認すると、もう午後十二時前だった。
「えっ、えっ、ま、まさか、さっきの夢なの??」
 記憶が曖昧でよく思い出せない。
 結局あの後、明け方くらいまで愛の営みは続き、何度も何度も子宮の中に射精されてしまった事だけは覚えている。初めてセックスで失神を経験し、数え切れないくらい絶頂してしまったせいで、記憶が途切れ途切れになっているのだ。
(それから、えーっと……告白して貰ってから寝たんだっけか? ……いや、そのまま疲れ果てて眠ったような気が……) 
 昨晩と言うか、ついさっきまでの甘美な行為の疲れがほとんど取れておらず、全身が甘ったるくだるい。ベットの横に視線を向けてみると、上条は暢気にいびきをかいてまだ爆睡していた。
(ハハハ……ゆ、夢だったの……)
 ショックのあまり全身からヘナヘナと力が抜けていく。美琴は、再びこてんと上条の腕枕に横たわった。
(せっかく告白して貰ったと思ったのに……ううっ)
 美琴は、ブーたれ顔で恨みがましい視線を上条に向けた。が、その寝顔があまりにも可愛くて、何だかもうどうでもよくなってしまった。プニプニと指で、その可愛い寝顔を突いてみる。
(まぁ、いっか……。アンタねー、ちゃんと告白するって自分で言ったんだから、約束は守りなさいよね。ふふ、でも……寝顔可愛い……)
 そんな時、グーと美琴のお腹の虫が鳴った。
「あっ……お腹空いた……」
 あれほど激しい運動をしていながら、昨日の晩から何も食べていないのだ。空腹になるのは当然と言えるだろう。消費したカロリーを補うには、最低でもドンブリ五杯は食べなければいけない運動量だったはずだ。
「つーかアンタいつまで寝てんのよ……。そりゃ、疲れてるのはわかるけど……」
 美琴は、上条の目の前に顔を移動させる。
 ドキドキドキ。
 胸が高鳴る。
 何だか初恋のような新鮮で甘酸っぱい気持ち。大好きな人の寝顔がこんなに可愛いと感じるとは思わなかった。今でも部屋にエッチな匂いが充満しているくらい昨日は頑張ったのに、また妙な気持ちになってくる。
(まだ起きないよね……ちょっとくらい、してもいいよね……)
 上条の頬を両手で挟むと、美琴はその唇を優しく奪った。
「おはようのキスしちゃった……エヘヘヘ……」
 上条を起こすのは止めにした。せっかくだから目が覚めるまで、美琴はこの可愛い寝顔を観賞する事にしたのだ。そして目が覚めたら、今度は上条の方からモーニングキッスをさせよう。
(ついでだし、もう一回ぐらいしとくか……)
 何がついでなのかはよくわからないが、美琴は再び上条にキス。
「ちゅっ、ちゅっ、当麻……、ちゅっ、ちゅっ、好きよ……、ちゅっ、当麻……好き……好き、ちゅっ、ちゅっ」
 もう一回どころかすでに二桁を越えるキスの嵐。
 愛しい想いが止まらない。
 美琴は上条が目覚めるまで、愛しいキスをし続けるのだった。

このページへのコメント

まともに同人書いてない人が批判とか逆に哀れ。(#^.^#)寧ろこのうP主に拍手を送りたい(o^∀^o)原作に忠実でとても読みやすくエロシーンも濃密でかなりの出来だし!o(`▽´)o

2
Posted by 必要悪の教会 2013年03月15日(金) 23:38:00 返信

素晴らしいよー…

0
Posted by 大島野郎 2012年07月13日(金) 23:26:50 返信

僕もユタさんと同意見で〜す、人の好きで書いてる同人にケチつける位ならそもそも見に来ないでください〜正直不快な気分にしかならないし。というかこれ以上の同人あんたに書けるんですか〜。まず利用規約の禁止行為、第6条(3)をまず読め。

0
Posted by 冰凍桜守 2011年05月18日(水) 15:59:35 返信

↓馬鹿はお前だろう…というか正直何言ってるのかわからないけど。
文句があるならこの人以上の同人書いてからにしてくれる?

0
Posted by ユタ 2011年05月18日(水) 01:13:04 返信

なにが関東大震災だよ

馬鹿にしてるよな
こんなくそみてぇな同人書くんならやめろよ

0
Posted by くそ 2011年05月15日(日) 14:55:40 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

目指せ50万ヒット!

管理人/副管理人のみ編集できます