メニュー

プロダクト



プログラミング


  • Java
    • Web 技術
    • メール技術
      • JavaMail
      • Apache James Mailet
    • Web フレームワーク
      • Jakarta Struts
      • Jakarta Velocity
      • Jakarta Tapestry
      • WebWork2
      • Jakarta Jetspeed
      • Apache Cocoon 2
    • DB 技術
      • JDBC
      • Hibernate
      • Apache Torque
    • DI (IoC) コンテナ
      • Spring Framework
      • Seasar2
      • Apache HiveMind
      • PicoContainer
    • 属性プログラミング
    • テスティング
      • JUnit
      • Jakarta Cactus
      • DBUnit
      • djUnit
      • FitNesse
    • ロギング
      • Apache Log4j
      • Jakarta Commons logging
    • 分散コンポーネント技術
      • EJB
    • リッチ クライアント
      • Java Web Start
    • GUI
    • XML Web サービス
      • Apache Axis
      • Apache SOAP
    • アプリケーション管理
    • トランザクション
    • 開発環境
      • Apache Ant
      • Apache Maven
      • Apache Maven2
    • Eclipse
    • Tips
  • .NET Framework
  • PHP
  • XML
    • SmartDoc
  • 正規表現
  • VB, VBA, VBScript, ASP
  • C/C++

DBMS


  • MySQL
  • PostgreSQL
  • Oracle
  • Microsoft SQL Server
  • HSQLDB
  • SQLite
  • Apache Xindice

アプリケーション サーバ



OS



バージョン管理システム



未整理


最近更新したページ
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる

Red Hat/Java Install

libgcj のアンインストール


libgcj が入っている場合、これをアンインストールします。

確認


まず、 libgcj が入っているかどうかを確認します。

rpm -aq | grep gcj

libgcj-3.2.3-53 のように出力されたら、 libgcj が入っているということです。入っていなければ読み飛ばしてください。

アンインストール


libgcj をアンインストールします。

rpm -e --nodeps libgcj-3.2.3-53

Java のインストール


java.sun.com から Java SDK をダウンロードします。ダウンロードしたファイルを、インストールするディレクトリに移動します。

mv jdk-1_5_0_06-linux-i586.bin /usr

実行権限を与えて、実行します。

chmod +x jdk-1_5_0_06-linux-i586.bin
./jdk-1_5_0_06-linux-i586.bin

長いライセンス条文が表示された後、同意するか聞かれます。 yes と答えると、インストールされます。

環境変数の設定


JAVA_HOME 環境変数を設定します。

export JAVA_HOME=/usr/jdk1.5.0_06
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

基本的にはすべてのユーザの .bash_profile などに記述しますが、 /etc/profile に記述することで強引に全ユーザに適用することもできます。
2006年01月11日(水) 11:15:50 Modified by uguuxp




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。