「右」の諸君、米国が、戦前、日本、ひいては東アジアに対して犯した犯罪と戦後日本がその占領下にあることに憤れ。「左」の諸君、米帝国主義への憤りを忘れたのか、その米帝の植民地となっている現状に甘んじ続けるのか。日本独立に向けて決起を!〜作成中

#6(2001.12.18) 民主主義とキリスト教

#16(2002.2.16) パレスティナ紛争(その1)
#19(2002.2.23) パレスティナ紛争(その2)
#23(2002.3. 4) パレスティナ紛争(その3)
#24(2002.3. 6) パレスティナ紛争(その4)

#93(2003.1.13) 原理主義化するキリスト教(その1)
#95(2003.1.19) 原理主義化するキリスト教(その2)

#172(2003.10.19) イギリスのカトリシズムとの戦い(その1)
#181(2003.11. 3) イギリスのカトリシズムとの戦い(その2)
#183(2003.11. 6) イギリスのカトリシズムとの戦い(その3)

#175(2003.10.23) マザー・テレサ

#336(2004.5.1) 宗教雑感(その1)
#337(2004.5.2) 宗教雑感(その2)

#490(2004.10.2) 宗教とエントロピー

#496(2004.10.8) 無神論と神不可知論(その1)
#497(2004.10.9) 無神論と神不可知論(その2)
#498(2004.10.10) 無神論と神不可知論(その3)

#539(2004.11.20) 韓国とキリスト教(その1)
#543(2004.11.24) 韓国とキリスト教(その2)

#581(2005.1.1) 世界の人口動態とキリスト教原理主義

#686(2005.4.10) ヨハネ・パウロ二世の死(その1)
#688(2005.4.11) ヨハネ・パウロ二世の死(その2)

#701(2005.4.23) 新法王評をめぐって

#1019(2005.12.27) キリスト教と私(その1)
#1020(2005.12.28) キリスト教と私(その2)
#1022(2005.12.29) キリスト教と私(その3)
#1023(2005.12.30) キリスト教と私(その4)
#1026(2006.1.1) キリスト教と私(その5)
#1027(2006.1.2) キリスト教と私(その6)
#1028(2006.1.3) キリスト教と私(その7)
#1029(2006.1.4) キリスト教と私(その8)
#1030(2006.1.4) ヴェーバーと私
#1031(2006.1.5) キリスト教と私・・拾遺集(その1)
#1032(2006.1.5) キリスト教と私・・拾遺集(その2)
#1033(2006.1.6) キリスト教と私・・拾遺集(その3)
#1034(2006.1.7) キリスト教と私・・拾遺集(その4)

#1150(2006.3.28) イスラムの病弊(その1)
#1153(2006.3.30) イスラムの病弊(その2)

#1169(2006.4.7) ユダの福音書
#1186(2006.4.16) ユダの福音書(続)(その1)
#1187(2006.4.16) ユダの福音書(続)(その2)

#1229(2006.5.12) 叙任権論争の今と昔(その1)
#1230(2006.5.12) 叙任権論争の今と昔(その2)
#1232(2006.5.13) 叙任権論争の今と昔(その3)
#1236(2006.5.15) 叙任権論争の今と昔(続)
#1242(2006.5.18) 叙任権論争の今と昔(続々)

#1409(2006.9.16) 法王の反イスラム発言
#1410(2006.9.17) 法王の反イスラム発言(続)
#1411(2006.9.18) 法王の反イスラム発言(続々)
#1415(2006.9.21) 法王の反イスラム発言(続x3)

#1585(2006.12.23) 英国民の宗教意識

#1675(2007.2.27) キリストの骨

#1724(2007.4.8) 宗教を信じるメリット?(その1)
#1727(2007.4.10) 宗教を信じるメリット?(その2)
#1728(2007.4.11) 宗教を信じるメリット?(その3)
#1730(2007.4.12) 宗教を信じるメリット?(その4)
#1734(2007.4.15) 宗教を信じるメリット?(その5)
#1736(2007.4.17) 宗教を信じるメリット?(その6)

#1780(2007.5.25) 法王またもや失言
#1861(2007.7.11) 敵をまたも増やした法王

#1865(2007.7.14) キリスト教・合理論哲学・全体主義(その1)
#1866(2007.7.15) キリスト教・合理論哲学・全体主義(その2)
#3212(2009.4.13) キリスト教・合理論哲学・全体主義(続)(その1)…「ビルマの竪琴」の竹山道雄以外の竹山道雄に注目しよう!
#3216(2009.4.15) キリスト教・合理論哲学・全体主義(続)(その2)…グレイは私の分身?
#3218(2009.4.16) キリスト教・合理論哲学・全体主義(続)(その3)…読み返してみると、資本主義が様々な形態をとる、というグレイの主張を批判すべきだったと思う。自由民主主義の定着度に応じて資本主義は一見様々な形態をとる、ということだと思うな。

#2032(2007.8.30) イスラム教と民主主義

#2402(2008.3.4) アブラハム系宗教の好戦性

#2545(2008.5.13) アインシュタインとイスラエル

#2585(2008.6.2) 21世紀における仏教の役割(その1)
#2593(2008.6.6) 21世紀における仏教の役割(その2)

#2619(2008.6.19) 仏教雑感(その1)
#2629(2008.6.24) 仏教雑感(その2)

#3616(2009.10.30) キリスト教の歴史(その1)…キリスト教が嫌いな社会の中で、キリスト教徒ではない人物によって書かれるキリスト教に「好意的」なキリスト教史。これがイギリスじゃ。
#3618(2009.10.31) キリスト教の歴史(その2)…景教、単性論、両性論の違い分かった? そんなのどうでもいいって? そんなこと言ってると、エジプトやレバノン情勢等、理解できないぜ。
#3620(2009.11.1) キリスト教の歴史(その3)…人文/社会科学で日本人はもっともっと世界に発信しなきゃ。世界がそれを期待してるよ。

#3676(2009.11.29) 政治的宗教について(その1)…私のイギリスと欧州のせめぎあい論、状況証拠的に明らかだと思うんだけどね。ずっと前から本格的反論を期待してんだが・・。
#3678(2009.11.30) 政治的宗教について(その2)…なんでゾロアスター教だのグノーシス派だのハナシ聞かされなきゃなんないの? だって、ファシズムも共産主義を理解するためには欠かせないからだ。
#3682(2009.12.2) 政治的宗教について(その3)…ナチズムは全体主義だけど、ファシズム一般は全体主義ではない? さあ、これは難問だ。 だって、仮にそうだとすると、中共は全体主義国家ではないことになっちゃう。
#3684(2009.12.3) 政治的宗教について(その4)…支那に焚書坑儒の歴史あり。では、カンボジャには?
#3702(2009.12.12) 政治的宗教について(その5)…欧州文明襍写惻腟繊甼産主義=市場原理主義霓夕鐚腟繊△辰篤に叩き込んどいてね。
#3710(2009.12.16) 政治的宗教について(その6)…人種主義とアングロサクソン文明至上主義とは似て非なるものです。そのアングロサクソン文明をより普遍化し、よりアップグレードされたグローバルスタンダードを追求するのが日本の世界史的役割です。
#3712(2009.12.17) 政治的宗教について(その7)…私のアングロサクソン論、イギリス人にとっての常識にほかならないこと分かって欲しいね。我々がやらなきゃならないことは、アングロサクソン文明と日本文明の親和性と相違点を明らかにすることだ。神道論も含めてね。
#3714(2009.12.18) 政治的宗教について(その8)…アーネスト・サトウ、クレイギー、ドーア、マクファーレン、とイギリス人で日本理解がハンパじゃない人は数多い。グレイにもぜひ日本について書いて欲しいね。
#3716(2009.12.19) 政治的宗教について(その9)…グレイみたいに、イギリス人のホンネを声高に語ってくれる人、大好き。親しくなりゃ、大抵のイギリス人、ホンネを小声で断片的にだけど、語ってくれるけどね。そんなホンネを聞いたことない?キミがイギリス人と親しくなったことがない証拠だな。
#3718(2009.12.20) 政治的宗教について(その10)…私のアングロサクソン・欧州せめぎあい論こそ、私の物の見方のベースを形作ったものです。このことは、どれほど強調してもし過ぎることはありません。
#3720(2009.12.21) 政治的宗教について(その11)…無料読者に皆さん、グレイのシリーズに長々とおつきあいいただき、お疲れ様でした。ところで、私はネット上の記事であれ、本であれ、アンダーラインを引きながら読むんで、本は決して借りては読みません。小説なら借りてもいいんだけど。だから、ネット上の記事も、原則、すべてダウンロードして読んでます。
#3722(2009.12.22) 政治的宗教について(続)(その1)…同じ話ばかりが続くって? 私のアングロサクソン・欧州せめぎ合い論を日本人の常識にしたいんでスミマセン。
#3724(2009.12.23) 政治的宗教について(続)(その2)…イギリス人の欧州より 1000年は先に行っているという感覚はめずらしくないが、私に言わせれば、それはイギリスには歴史がなく、欧州は段階的発展の歴史があるということなんだな。
#3734(2009.12.28) 政治的宗教について(続)(その3)…ワルシャワ蜂起が生み出したものと言えば、ショパンの革命エチュードだけだ。では、ギリシャ独立が生み出したものは?
#3736(2009.12.29) 政治的宗教について(続)(その4)…自然にできた国が日本以外に世界でもう一つだけある。イギリスだ。全員がケルト文化に染まったブリテン諸島のバスク人中、ローマの支配を受け、その後ローマ文化を捨て、アングロサクソン文化に染まった連中がイギリス人意識を形成した。

#4074(2010.6.16) 悪について(その1)…「ヒットラーとスターリン」シリーズ(未公開)を完結したばかりだが、この二人のような悪人は日本人にはまずいない。だから、日本では悪について語られることがほとんどない。だから、たまには語ろうぜ。
#4076(2010.6.17) 悪について(その2)…
#4078(2010.6.18) 悪について(その3)…ここにもまた、スターリンや毛沢東よりもヒットラーの方がより悪いとせざるをえないところの、気の毒なイギリス人インテリが一人いるってことだ。このようにイギリス人を哀れむことができる己の幸せを思え。
#4080(2010.6.19) 悪について(その4)…カトリックでマルクス主義者までは何の不思議もないが、それがイギリス人となるとニュースだ。だけど、そういう人間もイギリスにいることが、イギリスを活性化してきた。

#4218(2010.8.27) どうしてイスラム教は堕落したのか(その1)…中東の話が出てくると、カイロの小学校の給食の定番の茄子の挽肉詰めとプディング、両親と出かけたナイル川の船のレストランの鳩料理、そしてウチから小銭を握ってよく一人で買いに走ったケーキ屋のケーキを思い出す。
#4220(2010.8.28) どうしてイスラム教は堕落したのか(その2)…カイロ時代に米国を感じさせるものと言えば、ウチの緑色のシボレーくらいだった。TVのない時代でラジオも余り聞かず、米国の音楽も、そして米国由来の野球とも全く無縁だった。それがボクを米国から自由にした?
#4222(2010.8.29) どうしてイスラム教は堕落したのか(その3)…キリスト教>イスラム教>神道、すなわち、教義が合理的>教義が非合理的>教義がない、が私見では有神論宗教を恐ろしさの順序で並べたものだ。仏教は無神論宗教だから次元が異なる。神仏習合の日本文明の特殊/普遍性?
#4224(2010.8.30) どうしてイスラム教は堕落したのか(その4)…パキスタンでもイラクでもエジプトでもキリスト教徒虐殺が続いている。欧米諸国はテロ攻撃の脅威に晒されている。イスラム教を、まずはムウタジラ派の時代へと復古させ、その上で世俗化させる運動を日本人が起こそう。
#4226(2010.8.31) どうしてイスラム教は堕落したのか(その5)

#4238(2010.9.6) アナーキズム(その1)
#4240(2010.9.7) アナーキズム(その2)…アナキズムなんて過去の話だろって? いんにゃ、今まさに、ギリシャとイタリアでアナキストによるテロの脅威が現実化しとるんよ。民主主義独裁の欧州文明のコインの裏側ってやつだ。http://nyti.ms/dQmhM3
#4242(2010.9.8) アナーキズム(その3)…アナーキストの祖は荘子(Zhuangzi)なんだぜ。→ http://en.wikipedia.org/wiki/Zhuangzi でも昔読んで感動した福永光司『荘子』(中公新書)の副題は「古代中国の実存主義」だったな。上記英語ウィキの勝ち。

#4880(2011.7.20) 人間主義・唯一神・人権(その1)
#4882(2011.7.21) 人間主義・唯一神・人権(その2)
#4884(2011.7.22) 人間主義・唯一神・人権(その3)

#5238(2012.1.15) 煮え切らない無神論について(その1)
#5240(2012.1.16) 煮え切らない無神論について(その2)

#5288(2012.2.8) ロジャー・ウィリアムズ(その1)
#5290(2012.2.9) ロジャー・ウィリアムズ(その2)
#5292(2012.2.10) ロジャー・ウィリアムズ(その3)
#5294(2012.2.11) ロジャー・ウィリアムズ(その4)
#5296(2012.2.12) ロジャー・ウィリアムズ(その5)
#5298(2012.2.13) ロジャー・ウィリアムズ(その6)

#5384(2012.3.27) 黙示録の秘密(その1)
#5386(2012.3.28) 黙示録の秘密(その2)
#5388(2012.3.29) 黙示録の秘密(その3)
#5390(2012.3.30) 黙示録の秘密(その4)
#5396(2012.4.2) 黙示録の秘密(その5)
#5398(2012.4.3) 黙示録の秘密(その6)
#5400(2012.4.4) 黙示録の秘密(その7)
#5402(2012.4.5) 黙示録の秘密(その8)
#5414(2012.4.11) 黙示録の秘密(その9)
#5416(2012.4.12) 黙示録の秘密(その10)
#5418(2012.4.13) 黙示録の秘密(その11)

#5420(2012.4.14) イスラム教の成立(その1)
#5422(2012.4.15) イスラム教の成立(その2)
#5424(2012.4.16) イスラム教の成立(その3)
#5432(2012.4.20) イスラム教の成立(その4)

#6142(2013.4.12) 迫害を捏造したキリスト教(その1)
#6144(2013.4.13) 迫害を捏造したキリスト教(その2)
#6146(2013.4.14) 迫害を捏造したキリスト教(その3)
#6150(2013.4.16) 迫害を捏造したキリスト教(その4)
#6152(2013.4.17) 迫害を捏造したキリスト教(その5)

#6300(2013.6.30) 世俗化をもたらした宗教改革(その1)
#6302(2013.7.1) 世俗化をもたらした宗教改革(その2)
#6304(2013.7.2) 世俗化をもたらした宗教改革(その3)
#6308(2013.7.4) 世俗化をもたらした宗教改革(その4)
#6310(2013.7.5) 世俗化をもたらした宗教改革(その5)
#6312(2013.7.6) 世俗化をもたらした宗教改革(その6)
#6338(2013.7.19) 世俗化をもたらした宗教改革(その7)

#6477(2013.9.27) キリスト教が興隆したわけ(その1)
#6479(2013.9.28) キリスト教が興隆したわけ(その2)
#6481(2013.9.29) キリスト教が興隆したわけ(その3)
#6483(2013.9.30) キリスト教が興隆したわけ(その4)
#6485(2013.10.1) キリスト教が興隆したわけ(その5)

#6487(2013.10.2) アブラハム系宗教非存在論(その1)
#6489(2013.10.3) アブラハム系宗教非存在論(その2)
#6491(2013.10.4) アブラハム系宗教非存在論(その3)
#6493(2013.10.5) アブラハム系宗教非存在論(その4)

#6495(2013.10.6) 日本の「宗教」(その1)
#6497(2013.10.7) 日本の「宗教」(その2)
#6499(2013.10.8) 日本の「宗教」(その3)
#6501(2013.10.9) 日本の「宗教」(その4)

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

文字サイズ

大きく | 小さく

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます