「右」の諸君、米国が、戦前、日本、ひいては東アジアに対して犯した犯罪と戦後日本がその占領下にあることに憤れ。「左」の諸君、米帝国主義への憤りを忘れたのか、その米帝の植民地となっている現状に甘んじ続けるのか。日本独立に向けて決起を!〜作成中

#4619(2011.3.16)

<ΕΖΖΕ>

 日本人の人間(じんかん)主義がその不可解さと共に賞賛を受けている。

 「気遣いと礼儀:巨大地震に傷ついても、失われない日本人の国民性 」
http://gyanko.seesaa.net/article/190688032.html
 「なぜ日本で略奪が起きないのか?」東日本大震災の海外反応 その二
http://japancool.sblo.jp/article/43852168.html
 「テキサス親父 今回の大地震について」
http://www.youtube.com/watch?v=bAn2spe9-Po
→こんなのもあるよ。
 日本人の市民意識
http://www.chosunonline.com/news/20110315000076 
 揺るぎない日本人の市民意識
http://www.chosunonline.com/news/20110315000042 (太田)

 併せて人間主義については太田コラム以下参照のこと。
 ご存じない方のために、和辻の人間(じんかん)論を簡単に紹介しておきましょう。
 「人間」とは、輪廻転生の五道(六道)の一つを表す仏教用語(漢語)であって、本来は「人(human、man)の世界」を意味し、「人」の意味はありません。
 (「人間萬事塞翁馬」という用例を想起せよ。)しかし、日本ではそれが「人(ひと)」と同じ意味の言葉として転用されるようになりました
 (和辻「人間の学としての倫理学」岩波全書1934年、16~17頁)。
 それは、「ひとの物を取る」、「ひと聞きが悪い」、「ひとをばかにするな」のように、もともと大和言葉の「ひと」には、「他人」、「世間」、「自分」の三つの意味があった(14頁)からです。
 このほかにも日本語には、「人(ひと)」=「人間」、に関連する言葉で同じように複合的な意味を持つ「兵隊」、「友達」、「なかま」、「郎等」、「若衆」、「女中」、「連中」などがあります(20頁)。
 これらのことから日本人は、「人が人間関係に於てのみ初めて人であ<る>」(12頁)と考えているとし、この考え方には普遍性があると和辻は主張したのです。
 これは、欧米の個人主義と全体主義(私に言わせれば、英米の個人主義と欧州の全体主義)のいずれをも批判する含意を持つ主張でした。
 すなわち和辻は、「アリストテレス<は>考察の便宜上個人的存在を抽象し」(52頁)ただけだったのに、「近代・・ブルジョワ社会<は>、・・恰も現実に於て<個人が存在する>かの如くに見」て「個人主義的な思想を生み出す」に至ってしまった(53頁)と個人主義を批判するとともに、「マルクス・・は、人間存在に於て特に『社会』の契機をのみ捕」えた(183頁)とし、全体主義も批判したのでした。
http://blog.ohtan.net/archives/50955720.html
 『倫理問題の場所は孤立的個人の意識にではなくまさに”人と人の間柄“にある。だから倫理学は人間の学なのである。
 人と人との間柄の問題としてでなくては行為の善悪も義務も責任も徳も真に解くことはできない。』
 『倫理という言葉は「倫」「理」の二語から成っている。倫は「なかま」を意味する。「なかま」とは一定の人々の関係体系としての団体であるとともに、この団体によって規定された個々の人々である。シナの古代においては、父子、君臣、夫婦、長幼、朋友などが「人の大倫」であった。すなわち重要な「なかま」であった。』
 『理という言葉は、「ことわり」「すじ道」を意味する。だから倫理は人間の共同的存在をそれとしてあらしめるところの秩序、道にほかならぬのである。
 言いかえれば、倫理とは社会的存在の理法である。』
 ・・・『倫理を単に個人意識の問題とする近世の誤謬から<近代社会は>脱却<すべきである。>・・・この誤謬は近世の個人主義的人間観に基づいている。
 個人の把握はそれ自身としては近代精神の功績であり、また我々が忘れてはならない重大な意義を帯びているのであるが、しかし個人主義は、人間存在の一つの契機に過ぎない個人をとって人間全体に代わらせようとした。
 この抽象性があらゆる誤謬のもととなるのである。近世哲学の出発点たる孤立的自我の立場もまさにその一つの例にほかならない。・・・』
 以上は、『和辻哲郎 現代日本思想体系28』から抜粋

関連:(生ゴミ)
海外アニメファンの疑問「nakama(仲間)とは?」
http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51356901...



#4622(2011.3.17)

<太田>

 ところで、人間主義日本だが、掠奪がどうして発生しないのか、にしぼって、面白いコラムがスレート誌に出ていた。
 要因として、人間主義、警察、そして暴力団の三つをあげている。
 うち、暴力団のところをご披露しておこう。
 今度の大震災でも暴力団がマジ、いい意味で貢献してるってわけだ。
 日本のマスゴミは、絶対にこんな話、書かないだろうね。↓
 Why so little looting in Japan?・・・
 ・・・a robust system of laws that reinforce honesty, a strong police presence, and, ironically, active crime organizations. ・・・
 Members of the Yakuza, Japan's organized crime syndicate, have also been enforcing order. All three major crime groups―the Yamaguchi-gumi, the Sumiyoshi-kai, and the Inagawa-kai―have "compiled squads to patrol the streets of their turf and keep an eye out to make sure looting and robbery doesn't occur," writes Adelstein in an e-mail message. "The Sumiyoshi-kai claims to have shipped over 40 tons of [humanitarian aid] supplies nationwide and I believe that's a conservative estimate." One group has even opened its Tokyo offices to displaced Japanese and foreigners who were stranded after the first tremors disabled public transportation. "As one Sumiyoshi-kai boss put it to me over the phone," says Adelstein, " 'In times of crisis, there are not Yakuza and civilians or foreigners. There are only human beings and we should help each other.' " Even during times of peace, the Yakuza enforce order, says Adelstein. They make their money off extortion, prostitution, and drug trafficking. But they consider theft grounds for expulsion. ・・・
http://www.slate.com/id/2288514/



#4623(2011.3.17)

<太田>

 感想だけど、死者・行方不明者数は大きいようだが、地震と津波の規模を考えれば、少なかったと見るべきだろう。
 救援活動については、自衛隊等の奮闘もあり、概ね順調に推移している感じがする。
  地震と津波への備え、及び被災者や被災地区の住民達の人間主義的言動、は世界に感銘を与えており、日本人自身が自分達を再認識し、再評価したのではないか。
 他方、政府(東電を含む)の危機管理ぶりについては、救援活動の立ち上げは、自衛隊の活用を含め、阪神淡路大地震の時の反省に立ったマニュアル通りにやったということだろうが、適切だったと言えそうだ。
 問題は、原発問題に係る危機管理ぶりだ。
 これについては、国内での評価と海外での評価に大きな乖離がある、と思う。
 国内での評価はまあまあではないか。
 これには、菅首相が核物理学の基礎知識を身につけていたので、ある程度上意下達で物事が進められたことと、枝野官房長官の会見が頻繁にかつ明晰な言葉で行われてきたことがあずかっている。
 しかし、欧米諸国は、自分達の政府の危機管理能力と比較して評価するので、これでも落第点がついてしまう、ということだろう。
 (例えば、政府が専門家による諮問グループを立ち上げたという話は聞こえてこず、基本的に東電まかせの対応にとどまっているし、情報開示が不十分だし、海外公報は極めてお粗末だ。)
 原発問題がこれ以上深刻なものにならないことを切に祈っている。



#4626(2011.3.18)

<太田>

 クリスチャン・サイエンス・モニターは、本日、(我々にとってはお馴染みの)日本人の人間主義讃歌記事も載せた。↓
 ・・・amid all the destruction, shortages, and despair, one thing stands out: the character of the Japanese people, which remains almost unflinchingly respectful, honest, and conscientious through these darkest of times.・・・
 Although there is tension across the country due to the multiple crises, even in the Tohoku region, any cracks in the structure of the manners and civility that define Japanese culture are hard to spot. Stories of looting and opportunist theft, which often accompany disasters around the world, are not simply unheard of, they are all but unthinkable.
 The notion of gaman, to endure or tolerate, is also a core value for the Japanese, and the trait of continuing to show high levels of consideration for others, even when the pressure is on, is often a surprise to outsiders.
At the long lines for gas stations and supermarkets that have spread across the country as far as Tokyo, raised voices or heated tempers are a rarity. People leave gaps for other cars to get through and nobody attempts to cut lines.
 Even among the evacuees newly arrived at the Yamagata City Sport Center, there is no sign of disorder, rules are followed to the letter and spirits are generally high. ・・・
http://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2011/0...



#4632(2011.3.20)

<太田>

 NYタイムスが、比較的まともな日本人論を展開している。↓
 <人間主義(筆者はcommunitarianismという言葉を使っている)絶賛と来たもんだ。↓>
 ・・・The selflessness, stoicism and discipline in Japan these days are epitomized by those workers at the Fukushima Daiichi nuclear plant, uncomplainingly and anonymously risking dangerous doses of radiation as they struggle to prevent a complete meltdown that would endanger their fellow citizens.
 <ハチ公の話を持ち出すとはニクイねえ。↓>
 The most famous statue in Japan is arguably one of a dog, Hachiko, who exemplified loyalty, perseverance and duty.・・・
 I hope that some day Japan will erect another symbol of loyalty and dedication to duty: a statue of those nuclear plant workers.
 <筆者、東京支局長時代に日本の学校に子供を通わせてたんだね。
 政府はひどいが日本人はすばらしいだって。
 どうしてそうか、考えて欲しかったね。吉田ドクトリンのせいなんだぜ。↓>
 I lived in Japan for five years as the Tokyo bureau chief for The New York Times, and I was sometimes perceived as hostile to the country because I was often critical of the Japanese government’s incompetence and duplicity. But the truth is that I came to cherish Japan’s civility and selflessness. There’s a kind of national honor code, exemplified by the way even cheap restaurants will lend you an umbrella if you’re caught in a downpour; you’re simply expected to return it in a day or two. If you lose your wallet in the subway, you expect to get it back.
 <今回も、政府はひどいが日本人はすばらしいとさ。あたり前だろ。↓>
 The earthquake has put that dichotomy on display. The Japanese government has been hapless. And the Japanese people have been magnificent, enduring impossible hardships with dignity and grace. ・・・
 <日本人がすばらしいから、政府のひどさに寛容だっての説明になっとらんぞ。
 また、人間主義が身内だけのもので、「ソト」の人々に対する差別を生み出しているって言ってるが、短絡的だぞ。↓>
 Granted, Japan’s ethic of uncomplaining perseverance ― gaman, in Japanese ― may also explain why the country settles for third-rate leaders. Moreover, Japan’s tight-knit social fabric can lead to discrimination against those who don’t fit in. Bullying is a problem from elementary school to the corporate suite. Ethnic Koreans and an underclass known as burakumin are stigmatized. Indeed, after the terrible 1923 earthquake, Japanese rampaged against ethnic Koreans (who were accused of setting fires or even somehow causing the quake) and slaughtered an estimated 6,000 of them.
 <だけど、米国人は日本人からもっと学ぶべきだとしめくくっている点は好感が持てる。↓>
So Japan’s communitarianism has its downside, but we Americans could usefully move a step or two in that direction. Gaps between rich and poor are more modest in Japan, and Japan’s corporate tycoons would be embarrassed by the flamboyant pay packages that are common in America. Even in poor areas — including ethnic Korean or burakumin neighborhoods — schools are excellent.
 <運動会で全員に一等賞を与えるのはすんばらしいとさ。↓>
 My wife and I saw the collective ethos drummed into children when we sent our kids to Japanese schools. When the teacher was sick, there was no substitute teacher. The children were in charge. When our son Gregory came home from a school athletic meet, we were impressed that he had won first place in all his events, until we realized that every child had won first place. ・・・
 Look, we’re pushy Americans. We sometimes treat life, and budget negotiations, as a contest in which the weakest (such as children) are to be gleefully pushed aside when the music stops. But I wish we might learn a bit from the Japanese who right now are selflessly subsuming their own interests for the common good. We should sympathize with Japanese, yes, but we can also learn from them.
http://www.nytimes.com/2011/03/20/opinion/20kristo...



#4644(2011.3.25)

<太田>

 日本の人間主義を礼賛する記事は、とどまるところを知らない。↓
 ・・・If modern Japan has a common ethic, it's based on mutual respect, not victory in competition. The most potent symbols of this Japanese sense of social cohesion are the dowdy blue overalls worn by Prime Minister Naoto Kan and his ministers at news conferences and other public appearances since the earthquake. The idea is to express solidarity with the workers at the front line and reduce the sense of separation between rulers and ruled. This was a strategy also employed by the legendary business leaders of Japan's 1960s golden era. Soichiro Honda, for example, attended meetings with bankers in his overalls. ・・・
http://www.foreignpolicy.com/articles/2011/03/24/t...
 Community spirit shines through in Japan's dark times・・・
 Japan has never lost its sense of community and in dark times it is shining through.
 This nation's great disaster has brought out the best in its people.
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12845...

 シュピーゲル誌が、宮崎駿の作品と戦災・自然災害が頻発する日本とを結び付けて論じている。
 そういうとらえ方をするんじゃなく、日本文明は(人間主義及び)自然との共生を旨とする、ととらえなくっちゃ。↓
 ・・・Miyazaki is in fact precisely the opposite of Walt Disney. The world of Miyazaki's animated films is not a rosy; it's a broken place. His films are about the limits of human creativity.・・・
 For Westerners, Japan's popular culture has always seemed a bit strange, garish, hysterical and manic. There are the weighty images of samurai battles that Kurosawa designed in his monumental historical films, the colorful and hideous comic images by famed Japanese painter Takashi Murakami, the Godzilla films, in which radiation-created mutant monsters devastate Tokyo. There are the Pokemon cards with their strange creatures, and there are the Tamagotchis, small digital pets kept on key chains that peep when they want to be fed. There's the vastly profitable, popular art of the Manga comics, in which heroes have eyes like headlights in a land of narrow gazes; there's a youth culture that seeks to transform the Manga ideal of beauty into reality.
 A culture of artificiality? Or perhaps it was reality, after all -- just a little hard to recognize from a distance. Perhaps it was so difficult for us to understand Japanese pop culture because we failed to realize that Japan had outsourced its understanding of catastrophe to its most whimsical modes of expression.・・・
 <ドイツ誌がこんな、英米お仕着せの先の大戦観をそのまま記すとは、嘆かわしい限りだ。↓>
 It began its bloody war of conquest in Southeast Asia and eventually aligned itself with the Nazis. Japanese soldiers committed horrible atrocities in World War II. In the end, atom bombs were dropped on Hiroshima and Nagasaki.・・・
http://www.spiegel.de/international/zeitgeist/0,15...



#4646(2011.3.26)

<太田>

 避難所生活における人々の恐るべき人間主義ぶりが、讃嘆されている。↓
 ・・・To an outsider, much is striking about Japan’s response to two weeks of serial disasters: the stoicism and self-sacrifice; the quiet bravery in the face of tragedy that seems almost woven into the national character. ・・・
 Just two weeks after this nation’s greatest catastrophe in decades, the citizens at Takada Junior High School No. 1, this town’s largest evacuee center, have managed to fashion a microcosm of the spotlessly organized and efficient Japan they so recently knew.
 <消毒用アルコール噴霧器が各テーブルに。マスクもふんだん。スリッパに履き替えるけどそのスリッパもきれいに使う。↓>
 Theirs is a city where a hand sanitizer sits on every table; where face masks, which Japanese wear the way other people wear sunglasses, are dispensed by the box. It is a place where you do not just trade your muddy shoes for slippers at the front door, but also shed the slippers at the gymnasium door lest you carry a mote of dust from the hallways into the living areas. ・・・
  ・・・a passion for order and civility so deep-rooted that the chaos and despair of 1,000 strangers somehow is subdued to the level of disarray expected at the monthly meeting of a book-lovers’ club. ・・・
 <医者はもちろん、歯医者もいる。みんなボランティアだ。↓>
 One expects that 1,000 evacuees would have access to a doctor, and the Japan Red Cross has opened a well-staffed clinic on the first floor. But one might not expect the two dentists next door, who decided on March 17 to volunteer their services and opened shop the next day, treating about 15 patients daily with the help of staff members whose own homes were lost in the tsunami. ・・・
 <タダ理髪店も。↓>
 The dentists were followed by Shoichi Yanashita, a 66-year-old barber and a fellow evacuee, who was giving free haircuts on Thursday with scissors and a razor borrowed from a friend in a nearby town. “We have to support each other,” he said, “and this is what I know how to do.”・・・
 <タダ自転車修理店も。そして、シャトルバスが避難所間をつなぐ。ペット用駕籠も提供されている。高校生がタダで洗濯をしてくれる。↓>
 ・・・volunteer bicycle-repairing, a shuttle bus ferrying evacuees from center to center, pet cages donated by local veterinarians, free laundering of refugees’ clothes by local high-school students.
 <女性用の下着を乾かす専用室が設けられ、そこには鍵がかけられる。↓>
 Drying remains a problem. “We have to dry the ladies’ underwear where people can’t see it. So we put it in two classrooms on the second floor, and then we lock the doors,”・・・
 <泥棒とか諍いは全くない。↓>
 Asked whether he has had to deal with petty thievery, personality conflicts or any other social ills that beset strangers unwillingly thrown together, Mr. Nakai replied: “Nothing at all. They don’t even argue.”・・・
 <図書館もあれば、郵便ポストもある。↓>
  To the right is the lending library. To the left is a cardboard mailbox where evacuees can deposit postcards — also available at the desk — that are delivered to other centers around town. ・・・
 <自衛隊が共同浴場を提供し始めている。そこへはシャトルバスで行く。↓>
 This week, Japan’s Self Defense Force soldiers offered a much-coveted new service: two hot tubs for men and women, holding 25 bathers at a time, at a nearly elementary school that also houses evacuees. Now the Takada center offers daily shuttle buses to the tubs, which sit side by side in steam-saturated tents outside the school entrance.
 <家族スペースごとに仕切りが設けられるようになり、自治会も形成されている。↓>
 The orderliness extends to the residents, who have assembled the detritus of two weeks on a gym floor — donated clothes, blankets, folding chairs — into neat barriers that provide a modicum of privacy from the neighbors. The gym floor is carved into neighborhoods, each with a representative who carries grievances to higher-ups. ・・・
http://www.nytimes.com/2011/03/26/world/asia/26ref...



#4648(2011.3.27)

<太田>(ツイッター)

 英米の主要紙は、連日人間主義報道をしているが、これは、日本人が安全保障上の必要性に迫られ、人間主義的に戦前の対東アジア政策を遂行したってことを彼らに理解させるベースになりうるんじゃないかな。

<θεθε>

≫人間主義は人間の本性であり、日本以外の大部分の文明では、制度やイデオロギーがその発現を妨げてるだけなんだから。≪(コラム#4646。太田)

 こういう物言いって左翼の奴特有だよな。
 海外でも日本で略奪や暴動が起きないのは移民を受け入れず独自の文化を守ってるからだって意見は結構あるんだがな。

<太田>

 太田FAQ等を手掛かりに過去コラムにあたって欲しい。

 人類は、狩猟採集時代に適合するよう進化した遺伝子をしか持っていないにもかかわらず、その後にやってきた農業時代、工業時代、情報時代に、それぞれに「適合的」な制度やイデオロギーを創り出すことによって何とか乗り切ってきた。

 ところが、日本人は、本来、農業時代以降だけに「適合的」な定住生活を、縄文時代というユニークな狩猟採集時代に1万年も経験し、農業時代に入るのが遅れたため、狩猟採集時代のメンタリティー、つまりは遺伝子が本来規定しているところのメンタリティーである、人間(じんかん)主義と自然との共生・・例えば、自然災害も擬人化してとらえ、自然を、おおむね人間主義的だが、たまに反人間主義的災厄(犯罪)を引きおこす存在と見る・・を全人類中、最も強固に維持し続けてきたってわけ。
 このメンタリティーが余りにも自然なものだから、縄文人だけが住んでいた日本列島に農業文化を携えて弥生人が大量に大陸から移住してきた時に、弥生人達はすぐにこのメンタリティーを身につけてしまったと思われる。その結果が現在の人間主義的で自然との共生志向の日本であり日本人なのさ。
 だから、今後、外国人移民を大量に受け入れたって、彼らもすぐにこのメンタリティーを身につける、と想定していいの。
 この記事を見てくれ。たった一つの例ではあるけれどね・・。↓
看護師試験合格のインドネシア人「被災地に行かせて・・・」 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110325/dst11...



#4652(2011.3.29)

<太田>

 農業社会の到来に伴い、人間の本性を歪めるために、農業社会に適合的なイデオロギーや制度、更には一神教の萌芽が古代エジプトに生まれたってことだよね。↓
 ・・・Egyptians “invented the concept of the nation-state that still dominates our planet,”・・・the country’s earliest kings not only “formulated and harnessed” traditional tools of leadership ― like using ideology and ceremony to unite a disparate population and bind it to the state ― but also used more malign instruments like police surveillance, xenophobia and the brutal repression of dissent to cement their power. ・・・
  Egyptians increasingly came to hope for “something better in the next world,” to believe in the idea of “transfiguration and transformation” ― an idea that “would echo through later civilizations and ultimately shape the Judeo-Christian tradition.” ・・・
http://www.nytimes.com/2011/03/29/books/the-rise-a...



#4660(2011.4.2)

<太田>

 日本の人間主義のハナシがまた取り上げられている↓
 ・・・Japan places great value on reciprocity, and that helps explain why people are giving to each other and why they are seemingly well--behaved in comparison to other countries.
 The country also values politeness and decorum. There's a famous saying, 親しい仲にも礼儀あり, shitashii naka ni mo reigi ari. Even amongst the closest of friends, there must be decorum.・・・
 <東電が大広告主なので、メディアが東電叩きを控えざるをえない、としているよ。↓>
 TEPCO is one of the largest advertisers in Japan, and thus there exists a general media reluctance to bash them and thus lose ad revenue.・・・
http://www.csmonitor.com/Books/chapter-and-verse/2...



#4662(2011.4.3)

<太田>

 仏教は、約2,500年前に、インド亜大陸において、ガウタマ・シッダールタが提唱し、発生した宗教であり、彼は、「同時代の孔子などの諸子百家、ソクラテスなどのギリシャ哲学者ら・・・と同じく、・・・<農業社会到来の後、>都市国家がある程度の成熟をみて社会不安が増大し、従来の・・・自然崇拝・・・的、または民族的な伝統宗教では解決できない問題が多くなった」ことに対処しようとしたものである、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E6%95%99
とされています。

 ここから先には私の仮説が入って来ますが、シッダールタ、孔子、ソクラテスの3人に共通しているのは、彼等が、「従来の・・・自然崇拝・・・的、または民族的な伝統宗教」を排し、神について語らなかったことです。
 では、3人で違っている点は?
 それは、シッダールタは神なきがゆえにこそ倫理的な社会、孔子は教養人が伝統に拠って統治する倫理的な社会、そしてソクラテスは知を愛する人々によって構成される倫理的な社会、をそれぞれ追求した点です。
 しかし、そもそも、彼等の「倫理的社会」の「倫理」のイメージはどこから来たのでしょうか。
 私に言わせれば、それは、インド亜大陸、支那、及び地中海世界においては既に当時失われていたところの「狩猟採集社会」の倫理、すなわち人間の遺伝子が本来想定しているところの人間主義的倫理、であったのです。
 それは、「従来の・・・自然崇拝・・・的、または民族的な伝統宗教」が提供し、農業社会に適合的な制度やイデオロギーを正当化してきた倫理とは対蹠的なものでした。

 ところで、ドイツの哲学者のカール・ヤスパース(Karl Theodor Jaspers。1883〜1969年)が、「紀元前500年頃に(広く年代幅をとれば紀元前800年頃から紀元前200年にかけておこった世界史的、文明史的な一大エポック」に着目し、これを「枢軸時代(Achsenzeit)」と呼んだことはよく知られていますが、「シナ、インドおよび西洋において、・・・相互に知り合うことなく、ほぼ同時的に」どうしてそんなことが起こったかを、彼自身、十分説得力ある形で説明できていません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%A2%E8%BB%B8%E6...
 私による上記説明はいかがでしょうか。

 さて、「都市国家がある程度の成熟をみ」ていたというのに「社会不安が増大」せず、・・・「解決できない問題が多くな」らなかった、というユニークな社会がありました。
 狩猟採集を主とし農業を従とする定住社会を1万年も続けた縄文時代の日本です。
 弥生人が到来してからも、日本は、かかる縄文性を失うことがありませんでした。
 シッダールタや孔子亡き後に成立した儒教や仏教には、農業社会に適合的な制度やイデオロギーを正当化する側面もありましたが、日本においては、継受された仏教や儒教は、時代を経るに従って、その本来の人間主義的側面がクローズアップされて行くことになったと考えられるのです。

 (以上のように仏教を解すれば、仏教における小乗と大乗、あるいは自力と他力についての理解もすっきりしそうです。皆さん、お考え下さい。
 また、シッダールタらよりも約500年後に、地中海世界において、イエスが、唯一神教たる民族宗教のユダヤ教を換骨奪胎して提唱し、発生したところの、唯一神教たるキリスト教にも人間主義的側面がありますが、それをどう理解し、評価すべきか、についてもお考え下さい。)

<TK>

 人間主義について、北海道新聞3月26日の記事から。
 次のような意見がありますが如何なのでしょう。

 冷静な日本人海外から称賛

 大災害でも秩序を乱さない日本人の国民性について、背景を二人の専門家に聞いた。

1北大大学院文学研究科、山岸俊男教授(社会心理学)
 一番は日本が「しがらみ社会」だからだ。
 お互いのことを考えるからだが、別な言い方をすればお互いを監視しあうことで社会をコントロールしているとも言える。
 これは反面で、日本社会がリスクをとらないということを意味している。・・・

 →これは、あまりにも寂しいし、消極的意見だと思います。

2北海学園大人文学部、テレングト・アイトル教授(比較文化論)
 歴史的にみると、日本人は江戸時代のムラ社会を経て、「全体で対処しないと災害などで滅びてしまう」と考えるようになった。
 これが明治の近代化の過程で、巨大な相手(海外の列強)に勝つために洗練され、団結力となって秩序を習得した。・・・

 →納得。

<太田>

 先ほど私が記したところを踏まえれば、このどちらも、ピンボケ度においていい勝負の珍「意見」である、ということになるでしょうね。
 今次大震災において、日本人は、人間として、人間らしくふるまっているだけのことなのです。



#4664(2011.4.4)

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#4486に関し)近代日本は、その安全保障を人間主義的に推進し続けたんだな。
 その「恩」を仇で返したのが人種主義的帝国主義の米国だった。
 その起点と終点にローズベルト家の伯父と甥がそれぞれ決定的な役割を果たしたということ。



#4666(2011.4.5)

 今次大震災後の日本人の人間主義的言動を報じるアフリカ人記者の記事に感銘を受けたアフリカ人達の投稿から三つを抜き出した。↓
a:May God Bless the Japanese and provide more for them. I am indeed impressed and privileged to see the images of such resilience and humility in the face of devastating natural disaster. Keeping the "clear head" probably helped them re-build their country after world war II as the allies had no real moral obligation to help them and may not have been seen them in the same light as Germany.
b:・・・It is the pity of African disempowerement, percieved or real, which is reflected in our blaming everyone but ourselves for our problems or looking for a saviour to save and serve us from our troubles. The chief culprit for this pervasive dependency syndrome are African governments who subjugate their subjects into conforming objects bereft of initiative.
c:・・・Their attitude when compared to Haiti and other third world counties where disaster have struck, is like day and night. I really applaud them for their understanding, orderliness, maturity, patience and resilience in the face of this disaster. I pray God to comfort them.
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-12847408



#4668(2011.4.6)

<εκκε>

 太田さんの仮説、

≫・・・さて、「都市国家がある程度の成熟をみ」ていたというのに「社会不安が増大」せず、・・・「解決できない問題が多くな」らなかった、というユニークな社会がありました。狩猟採集を主とし農業を従とする定住社会を1万年も続けた縄文時代の日本です。弥生人が到来してからも、日本は、かかる縄文性を失うことがありませんでした。シッダールタや孔子亡き後に成立した儒教や仏教には、農業社会に適合的な制度やイデオロギーを正当化する側面もありましたが、日本においては、継受された仏教や儒教は、時代を経るに従って、その本来の人間主義的側面がクローズアップされて行くことになったと考えられるのです。≪(コラム#4662。太田)

<についてだが、>日本での儒教と仏教を考えると、隣の中韓と比較すれば、太田さんの仮説は納得出来る。
 ただ、現在の日本の仏教は葬式と法事以外に一般的に活躍していないように思える。
 この大震災にも、あまり姿が見えない。寄付の呼びかけは確かにしているようだが・・。
 そのくらいなら、普通の人でもしてるものだしなあ…。

<太田>

 「その本来の人間主義的側面がクローズアップされて行く」と、最終的には、仏教や儒教は用済みになっちゃうってことだろうね。
 だって、そんなもん、日本人にとっちゃ常識じゃないかってことになるからねえ。



#4670(2011.4.7)

 ウーム、人間主義である。↓

 「己が身は顧みずして人のため 尽(つくす)ぞひとの務(つとめ)なりける」(明治天皇御製)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110331/art11033...



#4672(2011.4.8)

 チンパンジーは非人間主義、ボノボは人間主義って話は前からしてるんだけど、その大脳生理学的解明がなされつつある。
 さだめし人間自身も、大脳はボノボ型なんだろね。↓
 ・・・Compared with those of chimps, bonobo brains displayed bigger, more developed regions thought to be vital for feeling empathy, perceiving distress in others and feeling anxiety, Rilling said. ・・・
 Even more notably, Rilling said, bonobo brains carry a thick connection between a flash point of emotion and a higher brain region that helps control impulses. This neuronal wire runs from the amygdala, a deep-seated and evolutionarily old emotional center that can spark aggression, to a region called the ventral anterior cingulate cortex, which is thought be important for suppressing impulsive behavior.
 Chimp brains displayed a much thinner connection along this aggression-suppression pathway, meaning the channel carries less information. ・・・
 <チンパンジーは貧しい地で進化したのに対し、ボノボは豊かな地で進化したためだろうってんだけど、イギリスと日本の地の豊かさと、それぞれの人間主義的文明との関係を示唆する話ではあるね。↓>
 Emerging theories suggest that bonobos evolved on one side of the Congo River with great food abundance, whereas chimps evolved on the other side of the river where intense competition for food may have driven the apes to fight and claw their way into every fruit tree.
 <ボノボは自己家畜化してるんだって説もあるみたい。だとしたら、戦後の日本人と同じじゃないの。身につまされるねえ。↓>
 ・・・the new findings support a theory・・・that bonobos are “self-domesticated.” Whereas aggressive chimps are akin to wild wolves・・・, bonobos act more like domesticated dogs. ・・・
http://www.washingtonpost.com/national/wired-to-ch...



#4678(2011.4.11)

 大震災後の日本人の人間主義的言動にケチをつけるコラムが朝鮮日報に出た。
 このコラム
http://www.chosunonline.com/news/20110410000017
http://www.chosunonline.com/news/20110410000018
で引用されてる南博『日本人の心理』は、大昔岩波新書で読んだなあ。
 戦後間もない頃の「進歩的知識人」による典型的な自虐的著作の一つだ。
 南センセも、従ってまたこの記者も、ゼンゼン分かっとらんね。

 「江戸中期の禅僧・白隠(1685−1768)の梵讃(ぼんさん=仏・菩薩〈ぼさつ〉をたたえるサンスクリット語による詩句)にも「この世は忍耐の世であって、とにかく思い通りになるものではない」という一文がある。」(『日本人の心理』より)

→煩悩に翻弄されるな(=「富」なかりし狩猟採集時代における行動様式・・おのれの本性に忠実な行動様式・・に戻れ)、という仏教の中心的テーゼを白隠が叙述しているだけのことさ。

 「江戸時代、商人の間では「上を見れば何かを望んでばかりの身になるが、自分ほどは恵まれない人もいる」という意味の歌が流行した」(同上)

→人間主義を相互に高らかに歌い上げているだけのことさ。



#4682(2011.4.13)

 朝鮮日報の今度の東京特派員、今回に限らず、相当ニブイね。
 昔から日本の政府も人間主義的だってだけのことなんだよ。↓
 ・・・欧米のマスコミが「人類精神の進化」とまで称賛する日本の市民意識は何に由来するのだろうか。現場を目の当たりにした記者が下した自分なりの結論 は「政府への信頼」だ。・・・
 日本国民も外国人ほどではないが、<日本政府に>不安を感じているのは同じだ。しかし危機を克服するためには、無条件に政府の言うことを信じ、その指示通り動か なければならないと考えているようだ。これは政府がいくら無能であっても、国民を欺くようなことはしない、という信頼感があるからこそなのだろう。
http://www.chosunonline.com/news/20110412000051



#4692(2011.4.18)

 (コラム#4518に関し)日本の戦前史から見えてくるのは、(日本のように)人間主義的に行動していると、偏見を持ってたり頭が悪かったりする連中(米国、支那等)から究極のエゴイストだと思われて袋だたきに遭うことがあるってことだな。



#4696(2011.4.20)

 何度も繰り返す。日本は昔から人間主義の国、つまり文明国なの。
 ついでに言えば、東北は縄文時代の中心なの。だから、今でも人間主義の中心なの。
 他方、支那はそういう意味じゃ文明の下にあったことないの。↓
 ・・・広東の地方紙Pの女性記者<いわく、>・・・「どうして日本人は泣かないのかしら。あるいは怒らないのかしら。大船渡で中国の国際救援隊がこう感嘆していた。日本人の冷静さと微笑の裏にある、強さと楽観さは尊敬に値すると」 ・・・「・・・未曾有の大被害を受けた被災地からそう遠くない 地域と隣り合わせの都市で、人々が日常とあまり変わらない生活が営んでいることが驚きで、感銘を受けた。中国で同じような状況が起きれば、みんな争って街 から逃げ出して、道路が大渋滞になっていただろう」・・・「避難所の清潔さに驚いた。学校施設を利用していたが、床が磨かれて光っていた。みんな靴を脱いで中に入っていた。整理整頓も 行き届いていて、日本人はこんな時でもきちんと生活している」・・・3日目にタクシーを見つけた。その日は燃料が足りないというので、翌朝にもう1度迎えにきてくれるという約束をした。
 「一番感動したことは、そのタクシーがきっちり時間通りに来てくれたこと。こんな非常時でも約束を守ってくれて、しかも値段を吹っかけたりしない。すばらしい」
 避難所に泊まっていて被災者とトラブルになったことはないかと聞くと「なかった。むしろ被災者から受けた親切が非常に印象に残っている。・・・ 「避難所では誰も泣きわめいたりしていなかった。怒鳴り合いもなかった。中国の被災地では、泣きわめいたり、争ったり、人を罵ったりしている人が多いのに。日本人はセルフコントロールするのがうまいのだとつくづく思った」・・・
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110...



#4729(2011.5.6)

 (コラム#4554に関し)インパール作戦は人間主義的動機のみに基づいて決行されたと言ってよかろう。
 空前のことだ。
 他方、満州事変も日支戦争も、大東亜戦争(本体)も、人間主義的動機に基づいて行われたわけだが、その手段としての安全保障的動機もあった。



#4741(2011.5.12)

<宮里>

≫瀧井一博『伊藤博文ー知の政治家』<で>瀧井氏・・・の説く伊藤博文の文明観には少なからざる違和感を持<ったということですが、>とりあえず、違和感について、もう少しお聞かせいただけませんか?≪(コラム#4739.太田)

 一言ではとても言い尽くせないので、オフ会当日に同書をお持ちしてお話をしようかと思っておりました。
 しかし、あえて申し上げれば、瀧井氏は伊藤博文に対する従来のイメージ(「理念を掲げた政治よリも現実政治の運営を優先し、それに長けた政治家」というイメージ)を払拭するため、少し勇み足をしているところがあると感じた次第です。
 「文明」というキーワードから伊藤を語っている部分に、それが顕著に見られるということです(ちなみに瀧井著のなかで伊藤が語る「文明」とは、あくまでも西洋近代文明のことです)。
 瀧井氏は、伊藤は(欧州)大陸流政治思想よりもイギリス流の政治思想に親和的で、日本の立憲政治もイギリス流に即した発展を望んでいた、伊藤は現実を弁えた「漸進主義者」と述べております。
 が、同書を通読すると、何だか伊藤は政治理念先行の政治家に見えてきます。しまいには伊藤を福沢と並ぶ日本近代の偉大な政治思想家と言わんばかりの物言いには、ちょっ
とついていけません。
 私は伊藤博文は「偉大な政治家(ステーツマン)」ではあっても、思想家とは思いません。
 といっても別に伊藤を貶めようと言うわけではなく、理念的なことに傾き実際が疎かになった、たとえば「革命」の大義の名の下に悲惨に帰結した「理念」とは、伊藤は縁なき政治家だったと考えているからです。
 イギリス流政治に親和的であった筈の伊藤の、その評伝の冒頭に、瀧井氏はルソーの「社会契約論」を引き、伊藤は「立法者」として優れていた所以にしようとする点などから疑問が残りました。
 とはいえ、瀧井著『伊藤博文―知の政治家』は、教えられるところも多く、周到な研究成果が盛り込まれた良書であるとも思います。
 後は当日にお話いたします。

<太田>

 当日、15分間くらい時間をとってお話をいただければと思います。

 なお、私のとりあえずの考えは、伊藤と東條は、戦前の日本の対外政策における起点と終点を担ったところの最も偉大な2人の政治家だった、ということです。
 二人とも、私の言う人間主義的対外政策を精力的かつ効果的に遂行したわけです。
 そして、当然のごとく大いに「誤解」された彼らは、いずれも外国人に殺害されました。

 「諸君の勝利は力による勝利であって、正理公道による勝利ではない。私は今ここに、諸君に向かって事実を列挙していく時間はない。しかし諸君がもし、虚心坦懐で公平な眼差しをもって最近の歴史的推移を観察するなら、その思い半ばに過ぎるものがあるのではないだろうか。我れ等はただ微力であったために正理公道を蹂躙されたのであると痛嘆するだけである。」(東條の遺書より)(コラム#1251)



#4767(2011.5.25)

<ΤΕΤΕ>

 韓国人は、まずは下関条約の第1条の条文の存在だけでも認めてみてはいかが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E9%96%A2%E6...

<太田>

 そうだ。
 日本の人間主義対外政策が結実したものの一つがその条項だ。



#4769(2011.5.26)

 現在、「『東京に暮す』を読む」シリーズで、改めて日本人の人間主義性について考察していますが、渋谷駅前のスクランブル交差点の驚異について書いたこの記事、実に面白い。↓
 ・・・the Scramble in the Shibuya district of Tokyo・・・
 <人がぶつかんないのが信じられんとさ。↓>
 ・・・the passing bodies seem less chaotic than in, say, Beijing or New York, moving with the cool predictability of a stopwatch. Despite so much humanity inhabiting such a confined space, there's rarely a collision, sharp elbow, shoulder-brush or unkind word.・・・
 <今どきの日本の若者は・・という言い方がされるが、どっこい、礼儀、譲り合いの精神が生きているとよ。↓>
 ・・・the Scramble captures the contradiction of modern Japan: Although so many young people seek to stand out in the crowd with the latest, zaniest fashion, their upbringing still demands civility: They may look counterculture, but they're still bound to step back and offer a stranger the right of way.・・・
 <日本人は自分のいる場とその場における他者の存在を常に意識しているからだって。↓>
 "Foreigners are amazed by the smaller scale of things here," said William Bodiford, a UCLA professor of Asian languages and culture. "Natives get used to negotiating tighter spaces. They're raised to be very aware of one another, notice their surroundings."
 <外国人には、ちょっとやそっとじゃマネできないってさ。↓>
 Such spatial negotiation doesn't come easily. "It took me a long time to realize why I felt so clumsy in Japan and not nearly so in America," Bodiford said. "The desks and ceilings are lower, the spaces cramped. It's so much easier to bump into things."・・・
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-f...



#4771(2011.5.27)

 ドイツには世間話(small talk)がない、というところから始まって、以下の話が出てくるのだが、面白いのなんのって・・。
 何でこう毎日、人間主義がらみの話題が出てくるのかね。↓
 <英国人は婉曲話法やお世辞口を用いるが、ドイツ人は用いないどころか、そんな英国人をうそつき呼ばわりするとさ。↓>
 ・・・the British have what House calls the "etiquette of simulation". The British feign an interest in someone. They pretend to want to meet again when they don't really. They simulate concern.
 Saying things like "It's nice to meet you" are rarely meant the way they are said, she says. "It's just words. It's simulating interest in the other person."
 From a German perspective, this is uncomfortably close to deceit.
 "Some people say that the British and Americans lie when they say things like that. It's not a lie. It's lubricating social life. It's always nice to say things like that even if you don't mean them,"・・・
 <英国人がそれを、かくも深刻な状況下でやらかした例が出ているが、こりゃ、笑いが止まらないねえ。↓>
 Sometimes it's endearing, or at least the British think it is, as when this announcement was made by British Airways pilot Eric Moody in 1982, after flying through a cloud of volcanic ash over Indonesia:
 "Ladies and gentlemen, this is your captain speaking. We have a small problem. All four engines have stopped. We are doing our damnedest to get them going again. I trust you are not in too much distress."・・・
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-13545386



#4777(2011.5.30)

 ホント、ひでーもんだ。↓
 仏首相府は29日、ジョルジュ・トロン公務員担当相(53)が辞任したと発表した。
 トロン氏は、元部下の女性2人が「性的暴行を受けた」として告訴しており、事実上の引責と見られる。・・・
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110530-OYT1T...
http://www.guardian.co.uk/world/2011/may/29/french... (←より詳しい。)

 ひでー欧州でも、日本の人間主義を的確に感知した人も少しはいるってことだ。↓
 ファンロンパイ欧州理事会常任議長(EU大統領)が28日、ブリュッセルでの菅首相との共同記者会見で日本を励ます俳句を披露した。
 地震と津波、原発事故を嵐にたとえ、「嵐去り 後に残るは 優しき心」と英語で詠むと、首相は句をかみしめるように2度繰り返し、「心に染み入るよう。本当にありがたい」と応じた。
 会見ではEUの執行機関・欧州委員会のバローゾ委員長も「キズナ(絆)」や「シンライ(信頼)」という日本語を使い、日本との連帯を強調した。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110529-OYT1T...

 そんな日本の人間主義を「社会規範に従<う>」とか「窮屈」とかととらえちゃうと、日本を韓国・シンガポール・パキスタン等と同列視するという誤り↓に陥るので注意が必要だね。

 ファンロンパイ欧州理事会常任議長(EU大統領)が28日、ブリュッセルでの菅首相との共同記者会見で日本を励ます俳句を披露した。
 地震と津波、原発事故を嵐にたとえ、「嵐去り 後に残るは 優しき心」と英語で詠むと、首相は句をかみしめるように2度繰り返し、「心に染み入るよう。本当にありがたい」と応じた。
 会見ではEUの執行機関・欧州委員会のバローゾ委員長も「キズナ(絆)」や「シンライ(信頼)」という日本語を使い、日本との連帯を強調した。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110529-OYT1T...

 そんな日本の人間主義を「社会規範に従<う>」とか「窮屈」とかととらえちゃうと、日本を韓国・シンガポール・パキスタン等と同列視するという誤り↓に陥るので注意が必要だね。
 Korean society is the fifth most restrictive in the world after Pakistan, Malaysia, India, and Singapore, according to a study. Also referred to as "tight" cultures, <これらの社会では、>社会構成員が日常、社会規範に従おうと努力し、これを逸脱する人を受け入れないという傾向がそれだけ強いことを意味する。
 質問事項は「レストランでキスできるか」「寝室で他人の悪口を言うか」「路上で歌を歌えるか」など・・・。
 Led by University of Maryland psychology professor Michele Gelfand, the study assessed "the degree to which countries are restrictive versus permissive," and 日本、韓国、シンガポール、パキスタンなどは、ウクライナ、イスラエル、ブラジル、米国などに比べはるかに窮屈なことが分かった。 ・・・
 窮屈な社会は強圧的な権力や厳しい社会制度が存在するケースが多く、パキスタン、マレーシアなどがこれに該当する。また、資源に乏しく自然災害や戦争を何度も経験した国も、社会規範が厳しいケースが多かった。
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2011/...
http://www.chosunonline.com/news/20110530000002



#4783(2011.6.2)

 人類の祖先は、女性が遠くまで出かけて番の相手を探したことが判明した。
 その理由が、男性たちは一つの場所に留まって協調的行動をとることにメリットを見出していたからじゃないかってさ。
 狩猟採集時代には人間は人間主義的であったという話と整合性のある話であるぞな。↓
 ・・・Ancient forerunners of modern men stayed close to where they were born but paired up with females from far beyond their local stomping grounds・・・
 ・・・males regularly stayed with the community they were born into, with females roaming into new territories as they reached sexual maturity・・・
 By virtue of the fact that the males choose to remain, the females are indirectly forced to leave their communities in order to avoid close inbreeding. It could be that among these early hominins, female dispersal has some correlation to close cooperative behaviour between males,・・・
http://www.guardian.co.uk/science/2011/jun/01/fema...



#4795(2011.6.8)

 パリを訪れる日本人観光客の中でパリ症候群に罹る人が結構いるみたいね。
 人間主義的でないフランス人に遭遇して腰を抜かすってんだけど・・・。↓
 ・・・Around a million Japanese travel to France every year.
 Many of the visitors come with a deeply romantic vision of Paris - the cobbled streets, as seen in the film Amelie, the beauty of French women or the high culture and art at the Louvre.
 The reality can come as a shock.
 An encounter with a rude taxi driver, or a Parisian waiter who shouts at customers who cannot speak fluent French, might be laughed off by those from other Western cultures.
 But for the Japanese - used to a more polite and helpful society in which voices are rarely raised in anger - the experience of their dream city turning into a nightmare can simply be too much.
 This year alone, the Japanese embassy in Paris has had to repatriate four people with a doctor or nurse on board the plane to help them get over the shock.
 An encounter with a rude Parisian can be a shocking experience.
 They were suffering from "Paris syndrome". ・・・
http://news.bbc.co.uk/2/hi/6197921.stm



#4811(2011.6.16)

 文化こそ遺伝的進化をもたらしてきたってさ。
 ところが、日本列島等東アジアの住民は、農業革命の重要部分である牧畜の始まりによる遺伝的進化とは無縁だ。
 それは、ホモ・サピエンスたる彼らが以外の(欧州における)ネアンデルタール人との通婚や(メラネシアにおける)デニソヴァ(Denisova)人との通婚と並んで、原生人類的な存在と通婚していたからではないか、ということを示唆する書評だ。↓
 ・・・The introduction of farming, first in Iraq and Turkey, was the single greatest event in the evolution of Homo sapiens since its emergence. From farming flowed, in an incredibly short time, population growth, craft, art, religion and technology.
 New cultural practices led to radical genetic changes, the ability of northern Europeans to digest cow's milk being the most dramatic. This followed the adoption of cattle rearing and reverses the idea that genetic mutations have initiated innovation. Just as often, it seems, it has been culture that has led, genes that have followed.・・・
  We now see a pattern emerging of interbreeding between modern humans and earlier types: Neanderthals in Europe and Asia and Denisovans in Melanesia. There will surely be further finds. Especially interesting is East Asia, first peopled by Homo erectus as long as 1.7m years ago.・・・
http://www.guardian.co.uk/books/2011/jun/15/chris-...



#4813(2011.6.17)

<太田>(ツイッターより)

 縄文人、あるいは広く東アジア人は、ネアンデルタール人的なものと混血していない純粋なホモ・サピエンスであるっていう可能性もあるね。
 とにかく、日本の学者がサボってることもあって、日本って世界で一番解明されていない主要文明だと思うなあ。



#4823(2011.6.22)

 万人共通の道徳的判断基準ありや?
 英国の哲学者の答えは・・何ちゅうことない、人間主義(狭義の人間主義と自然との共生)だった!
 何度でも言わせてもらうが、要するに縄文人、更にさかのぼれば、狩猟採集時代の人類共通の道徳的判断基準やね。↓
 ・・・Among philosophers, the view that moral judgements state objective truths has been out of fashion since the 1930s, when logical positivists asserted that, because there seems to be no way of verifying the truth of moral judgments, they cannot be anything other than expressions of our feelings or attitudes.・・・
 Last month, however, saw a major philosophical event: the publication of Derek Parfit’s long-awaited book On What Matters.・・・<T> o great acclaim. Parfit’s entirely secular arguments, and the comprehensive way in which he tackles alternative positions, have, for the first time in decades, put those who reject the idea that there can be objectivism in ethics on the defensive.・・・
 When Parfit does come to the question of “what matters,” his answer might seem surprisingly obvious. He tells us, for example, that what matters most now is that “we rich people give up some of our luxuries, ceasing to overheat the Earth’s atmosphere and taking care of this planet in other ways, so that it continues to support intelligent life.”・・・
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archive...



#4843(2011.7.2)

 支那は、最も非人間主義的な社会の一つだってことさ。
 中東社会といい勝負だな。↓
 ・・・儒教的伝統を受け継いでいる中国社会では、人間関係は、<自分は、同心円の芯、すぐ外側が親兄弟、その外側が親戚、その外に同郷人・・>といった具合で、このロールケーキの中に含まれていない人間は、人にあらず、らしい。・・・
 中国人が物凄く縁起を担ぐことにも・・・は驚く。・・・
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110702/amr1107...



#4897(2011.7.29)

 書評からだけど、インドは文字通りの非人間主義社会なんだね。
 釈迦の時代からインドは変わっていない。
 こういう社会だったからこそ、釈迦は人間主義に目覚めたんだ。↓
 ・・・<著者は> partially explains the tolerance of India's stunning poverty by pointing out that compassion toward strangers -- feeling like part of a common whole -- isn't a hallmark of Hinduism. "Loyalty is shown to the family or to your particular community, rather than to people in general."
 <著者は> also notes that Indians, unlike their former British overseers, care little about race. But they're still obsessed by caste, although prejudice is on the decline.・・・
http://www.csmonitor.com/Books/Book-Reviews/2011/0...



#4901(2011.7.31)

 本日昼前、TV朝日の番組で金子みすずを紹介していた。
 この際、遅ればせながら、彼女(1903〜30年)を、ほぼ同時代人であった宮沢賢治(1896〜1933年)と並ぶ、日本の人間主義の代表的詩人であると認定したい。(エラそうに、なんて言わないでくれー。)
 この二つのサイト↓にざっと目を通してくれれば、私の言わんとすることが分かるよ。
 彼女の詩作も、結婚も、自殺も、つまりは彼女の人生のすべてが人間主義の発露だったんだな。(彼女の定番の肖像写真は、自殺の前日に写真館で撮ったものだって。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E3...
http://www.owari.ne.jp/~fukuzawa/misuzu0,.htm
 蛇足だけど、このうち後の方のサイトの「みすヾが26歳の若さでこの世を去ったあと、日本は戦争の暗い時代を迎える。」ってくだりはデタラメだからね。
 も一つ、これらサイトには出てこないが、上記番組で、みすずが自分の全詩作を書き記した手帳を西條八十に、その写しを実弟に、託したというのに、(番組ではそこまで示唆はしていないが、)西條は、結局、握りつぶしちゃったんだね。
 西條という「大詩人」の正体が透けて見えたように思ったよ。
 彼の人生を振り返ってみる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%A2%9D%E5...
と、(申し訳ないが、)うまく立ち回り過ぎだよ。



#4909(2011.8.4)

 米国で日本アニメファンがどんどん増えてて、最近じゃ若い女の子の参入が続いてるようだね。
http://www.washingtonpost.com/local/awkward-moment...
ボルティモアで開催されたオタコンに集うコスプレの姿が動画
http://www.washingtonpost.com/local/anime-for-all-...
写真集
http://www.washingtonpost.com/local/the-epicenter-...
で見られるよ。



#4911(2011.8.5)

<ζΙζΙ>

≫米国で日本アニメファンがどんどん増えてて、最近じゃ若い女の子の参入が続いてるようだね。≪(コラム#4909。太田)

 太田さん曰く「裸の個人主義」で、孤立傾向にあるアメリカ人が、入口はどうあれ日本のアニメに魅力を感じ、引き込まれていくのは人間主義的側面に惹かれるってのも多少あるんやないかね。
 ↓は典型的な人間主義の賛美が散りばめられたアニメざんす。
http://www.dailymotion.com/video/xk4qov_natsume-yu...

 原作は少女漫画で原作者も女性ですが、女性が描く人間主義的世界は男性が描くモノよりあたたかい気がするんだな。
 若いアメリカ人がどういったモノに触れているか、暇な時にでもどぞー。

<ζζΙΙ>

 ボリューム大きすぎ。
 ヘッドフォンしてたから耳が痛いよ。
 それはともかく夏目友人帳か。
 だったらシーズン3の第4話なんて中途半端なところからじゃなくって、シーズン1の1話からオススメしないと太田さん困るんじゃね?
http://rutube.ru/tracks/3302448.html?v=3dfd09ab8ac...

 個人的にはシーズン1の10話「アサギの琴」が好き。

<ζΙζΙ>

 いや、まぁ、さすがにそこからってのは暇な時にでもって言うレベルじゃなかったので、比較的独立してる所の人間主義を礼賛している話を紹介しようと思ったのです。
 それに、僕も先日太田さんに衝撃を与えた「異人たちの夏」を観たんだけど、両親が居なく、親戚に育てられ孤独的な主人公と、異人との交流という点で「夏目友人帳」と設定がどこか似てると思った。
 そして「異人たちの夏」のラストに、僕もやられてしまった。
 (亡き両親との暖かい交流と別れの後、少しばかりの感傷に浸っていた所、ラスト三分でなんとも言えない気持ちになった。)
 だからこそ、一貫して異人とのあたたかい交流を描いているところの「夏目友人帳」を紹介しようと、思ったんだな。

<太田>(ツイッターより)

 ・・・<ζΙζΙ、ζζΙΙ両君>オススメのアニメの『夏目友人帳』の見たら、面白くって、小コラム<(後出)>書いちゃったよ。
 日本じゃ、妖(あやかし)(妖怪)=自然霎鎖西祿下圈△辰討海函

<太田>

 ゲッ! ζζΙΙクン、ロシア語(キリル文字)の動画サイトでロシア語の字幕が出んのね。
 ζΙζΙクン紹介のは英語の字幕が出るしな。
 それだけ、世界的に流行ってるってことなんだろうが・・。
 ζΙζΙクン紹介のやつとその次のやつ、ζζΙΙクン紹介のやつだけ拝見したよ。
 いや、ぶったまげたぞ。
 まさに、主人公は、役所を飛び出してからの私そのものじゃん。
 周りが実はあやかし(妖怪)(注1)(精神障害者ないしはその予備軍(注2))だらけであることに気付き、彼らに多大の迷惑をかけられ、苦笑しつつも、愛すべき彼らに(少なくとも主観的には)優しく接してきた私ってこと。

 (注1)「妖怪(ようかい)は、・・・人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的な存在のこと。妖(あやかし)または物の怪(もののけ)、魔物(まもの)とも呼ばれる。・・・
 妖怪は祟りや恐怖だけの存在ではなく、時として幸福を授けてくれる存在であ<るが、>・・・これらは、自然崇拝に見られる特徴であり、自然の一部である天気や気候においても、適度な晴れや雨は実りや慈雨であるが、過ぎれば日照りや水害になることと共通する。・・・また、幸をもたらす効果として、より美しくする装いを「化粧」というが、妖怪やお化けをあらわす「化生」が語源ともいわれる。・・・」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%96%E6%80%AA
 (注2)「精神障害者靈轍」観が日本人の潜在意識の中にあるように思われる。ちょっとネットにあたっただけでも、以下のような記述が見いだせた。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%96%E6%80%AA
 「精神障害者に対する恐怖が根底にある口裂け女など、妖怪や都市伝説というのは差別意識との関係が深い」
http://homepage3.nifty.com/hirorin/youma01.htm
 「知人の女性が、大学時代に精神分裂病(人格統合失調症)にかかり、以後、病棟暮らしとなっていた。・・・それは、ただ生きているだけの、廃人、あるいは、なにか妖怪のようにも感じられるのだ。」
http://yaplog.jp/enigko581/archive/3
 「精神病は何かに取り付かれているようです僕は妖怪とかこの世のものではないものに取り付かれているとそう取っています」
http://www.wel.ne.jp/bbs/article/76191.html

 興味が湧いて、『夏目友人帳』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E5...
はもちろん、原作者の緑川ゆき(1976年〜)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E5%B7%9D%E3...
についても調べちゃったよ。

 さて、ここで、「人間主義日本における精神障害」について、私なりの解説をしておきましょう。(これ以降、突然丁寧言葉に変わります。)

 「人口比(生涯有病率)で見てみると日本は年間有病率でイタリアに次ぐ低さ(人口比8.8%)であり、生涯有病率では最低水準(18.0%)である。・・・
 メンタルヘルスの状況から判断すると日本は相対的にストレスの少ない社会であると断言することも可能であるし、日本人はノー天気な国民と決めつけることも不可能ではない。・・・
  重度患者の受診率についてはデータのない国もあるので、中度の患者の受診率で各国を比較すると、ベルギーの受診率が50.0%と最も高く、日本は16.7%で最低である。心の病気に関しては日本の場合は病院に行かない割合が非常に高いのである。日本の場合は、メンタルヘルス疾患の患者が多いのが問題なのではなくて、むしろ、病気にかかっても医者に見てもらわない、見てもらいにくいのが問題なのである。
 なお、ここで比較対象となっている国は10カ国であり、年間有病率の低い順に、イタリア、日本、ドイツ、スペイン、ベルギー、メキシコ、オランダ、フランス、ニュージーランド、米国である。・・・
 国際的な疫学調査を行うと、東アジア諸国(中国、韓国、台湾、日本)は欧米に比べて、いつもうつ病患者の罹患率が低い。...米国で人種別のうつ病調査を行っても、アジア系は、白人や黒人に比べてうつ病の罹患率が低い。」
A:http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2140.html

 つまり、日本人の精神障害者数の割合は世界有数の低さであり、発病しても医者にかからない者の割合はどうやら世界一らしいけれど、これは、日本には精神障害発症を防止し、発症した者の面倒を見るシステムが社会の中に組み込まれているからだと思われます。
 私の言葉に置き換えれば、日本は妖怪ならぬ精神障害者をなだめすかしながら、彼らを優しくケアする人間主義社会である、ということです。

 支那人(漢人)の発症率が海外において低く、また本国においてもかつては低かったのは、一族で支え合う社会システム・・儒教がそれにイデオロギー的粉飾を施していた・・があるからでしょう。
 では、台湾と韓国における発症率の低さは?
 支那人と同じ理由がまずあり、それに日本統治時代に浸透した人間主義が加わり、戦後は、経済発展に伴い、一族で支え合う社会システムこそ崩壊したけれど、人間主義は相当程度残り、韓国の場合、これに更にキリスト教原理主義による信者の相互支援が加わったことが発症率を低く抑えている、というのがとりあえずの私の仮説です。

 さて、中国共産党が統治するところとなった支那で、つい最近まで脱儒教政策が推進され、そこへこのところの経済発展により、一族で支え合う社会システムが崩壊しつつあることにより、支那は、米国的な裸の個人主義社会にどんどん接近しつつあります。

 「・・・中国の精神障害者は2009年時点で1億人以上に上り、・・・単純計算では100人中13人が精神障害者であることにな<る。>・・・」
B:http://sankei.jp.msn.com/world/news/110804/chn1108...

 このデータ↑を踏まえれば、日本人の精神障害年間有病率は8.8%(A)であるのに対し、Bの13%というのは瞬間風速値なので、支那人の年間有病率は更に高いとすると、支那人の精神障害発症率が、既に、日本人のそれより顕著に高い値になっているであろうことが、そのことを端的に示しています。

 ついでですが、若年者を中心に米国の精神障害者の入院率が長期上昇趨勢にあります。
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/201...

 これは、発症率そのものの上昇を意味していると考えられ、その背後には、米国におけるキリスト教原理主義の後退があるのではないでしょうか。
 だとすると、米国人のストレスは高まる一方であるはずであり、米国の精神障害発症率世界一の座は、引き続き見通しうる将来にかけて維持される、と見た方がよさそうです。



#4913(2011.8.6)

 キリスト教原理主義とアイン・ランドは互いに相容れない、という指摘がなされていた。
 言われてみれば、確かにそうであり、今後米国の右派は分裂が必至だ、ということなのかもしれないな。↓
 In the wake of the debt-ceiling debate, young voters might find it hard to believe that just ten years ago, “compassionate conservative” was a mantle worn with a straight face by many GOP leaders. In fact, you could argue that George W. Bush split the independent vote with Al Gore in 2000 because of his image as a compassionate conservative. Now, of course, in the era of the kick-ass-and-kill-programs Tea Party, few Republicans who value their careers would run as a touchy-feely politician. ・・・
 Now they・・・are・・・Social Darwinist/Ayn Rand・・・.・・・
 Rand “peddles a starkly anti-Christian philosophy.・・・
 ・・・<her> individualism <and>・・・un-compassionate・・・philosophy of atheistic self-interes・・・
http://swampland.time.com/2011/08/05/articles-of-f...



#4925(2011.8.12)

 無宗教者の方が、倫理的で死刑、戦争、差別に反対で、外国人、同性愛者、オラルセックス、ハシーシに寛大だと。↓
 ・・・secularists tend to be more ethical than religious people. On average, they are more commonly opposed to the death penalty, war and discrimination. And they also have fewer objections to foreigners, homosexuals, oral sex and hashish.
 <それどころか、宗教について、信徒達より詳しいとさ。↓>
 The most surprising insight revealed by the new wave of secular research so far is that atheists know more about the God they don't believe in than the believers themselves. ・・・
 <唯一神の存在を否定する者は、南カロライナとアーカンサス州では公職に就けないんだって。↓>
 ・・・In the states of South Carolina and Arkansas, those who deny the existence of a supreme being are not even permitted to hold public office.・・・
http://www.spiegel.de/international/spiegel/0,1518...

 米国における黒人差別問題の根の深さを訴えた本が出た。↓
 <これまで、黒人の上院議員は3人、知事は2人しか出ていない。↓>
 ・・・in all of its history, America has elected only three black senators and two black governors.・・・
 <オバマが私淑していたライト師の黒人差別への怒りは当たり前だと。↓>
 Recalling some of the criticisms of America’s past made by Mr. Obama’s former pastor・・・Reverend Wright・・・, (著者の)Mr. Kennedy writes with feeling about his own father, who put each of his three of his children through Princeton but who “never forgave American society for its racist mistreatment of him and those whom he most loved.”
 His father distrusted the police, who had frequently called him “boy,” and rejected patriotism. Mr. Kennedy’s father “relished Muhammad Ali’s quip that the Vietcong had never called him ‘nigger.’ ” The author places his father, and Mr. Wright, in sympathetic historical light.
 <黒人が愛国主義的でないのは当たり前だとも。↓>
 “Many Americans suspect that, in general, African-Americans are less patriotic than whites,” Mr. Kennedy observes. He suggests that African-Americans have never been especially fond of the Fourth of July, for example, partly because the framers of the Declaration of Independence tolerated slavery and partly because the day could be menacing. Whites sometimes “took offense at the sight of blacks celebrating,” he says, “as if they were members of the American political family.”・・・
http://www.nytimes.com/2011/08/12/books/the-persis...

 女性の方が(私の言葉に置き換えれば)男性より人間主義的だから、これからは、指導者に女性を就けるべきだとよ。そうだそうだ、そのとおりだ。↓
 ・・・ new business realities usher in the need for a new leadership model, one that replaces command and control with transparency and inclusion. This will increasingly highlight the value of a more feminine approach.・・・
 ・・・stress seemed to increase the capacity for empathy in women while reducing it in males.・・・
 ・・・women (from fifth grade to adulthood) had superior scores in accurately judging messages communicated by facial expressions, body movement and voice quality.
 And not only are women more adept at identifying nonverbal cues, they are better at expressing them―employing more animation, gesture, vocal variety and emotion in their communication behavior.・・・
http://www.washingtonpost.com/national/on-leadersh...



#4953(2011.8.26)

 エストニアが、世界で最も世俗的な国なんだって。
 定義によるな。
 ボクは日本が世界で最も世俗的な国だと思うがね。(日本で、結婚式ないし葬式を無宗教で行う人、プラス結婚式は神式で葬式は仏式で行う人、の割合だけでも8割なんてもんじゃないだろう。)↓
 ・・・When Estonians were recently asked whether religion played an important part in their life, only 20% said yes. It suggests the Baltic country is, statistically, the least religious country in the world.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-14635021



#4959(2011.8.29)

 我々の遺伝子は、基本的に狩猟採集時代の時のままだ、という話を何度もしてきているところだが、その系のような話だ。↓
 <「敵」たる猛獣や寄生虫やバクテリアから「解放」されたことで、糖尿病、自閉症、アレルギー、不安障害、自己免疫疾患(注1)、子癇(注2)、歯・顎・目の不全、心疾患、がもたらされたとさ。↓>
 ・・・In The Wild Life of Our Bodies, Rob Dunn extends that perspective beyond the farmyard to a host of other critters. It is not only our familiar furry friends whose company we have evolved to need, he argues, but even parasitic worms and bacteria. In this respect, our success in eliminating such organisms over the past century is not the unalloyed blessing it might seem.・・・
 As evidence he points to the diseases of modernity: “diabetes; autism; allergies; many anxiety disorders; autoimmune diseases; preeclampsia; tooth, jaw, and vision problems; and even heart disease”. The anxiety disorders he puts down to the removal of the original objects of our angst: big scary predators. Many of the other problems he believes are the result of an immune system which is out of kilter as it has evolved to live with a menagerie of now absent invaders.・・・
 
 (注1)「異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を来す疾患の総称。・・・女性に多い。・・・全身にわたり影響が及ぶ全身性自己免疫疾患と、特定の臓器だけが影響を受ける臓器特異的疾患の2種類に分けることができる。・・・膠原病は、全身性自己免疫疾患である。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5... 
 (注2)しかん。「周産期に妊婦または褥婦が異常な高血圧と共に痙攣または意識喪失、視野障害を起こした状態である。分娩前にも分娩中にも産褥期にも起こりうる。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E7%99%87 
 
 <自然に接しなくなったことが、身体的・心理的健康を阻害しているとも。↓>
 Richard Louv, author of The Nature Principle: Human Restoration and the End of Nature-Deficit Disorder ・・・draws on research showing that even small-scale exposure to nature -- a view of trees, a walk in the park -- can make a difference to our physical and psychological well-being. ・・・
 ・・・digital nature is better than nothing but not as good as the real thing.・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/2/47e19728-cd99-11e0-...

 後者の方は、人間主義的に生きることで克服できそうだが、前者の方はどうしたらよかんべ。
 前者中の、自閉症と不安障害については、「患者」に人間主義的に接してあげることは、問題の顕在化を妨げ、早期治療の機会を逸することにもつながりかねないから、日本人は心しなくっちゃね。



#4969(2011.9.3)

<太田>(ツイッターより)

 うって変わって、今日は紹介すべき記事が目白押しで、その中に重ったーい英文記事も少なくない。
 なお、コピペするほどではないが、印象深い邦訳記事がこれだ。
 「<中国人が見た日本>敬服!菅直人氏辞任の背景に「恥の文化」、中国人も恥を知れ」
http://news.livedoor.com/article/detail/5832945/ 
 言うまでもなく、日本人の人間主義を称賛したもの。



#5023(2011.9.30)

 共感は道徳的行為の原動力としては弱いとよ。↓
 ・・・ we are living in the middle of an “empathy craze.” There are shelfloads of books about it: “The Age of Empathy,” “The Empathy Gap,” “The Empathic Civilization,” “Teaching Empathy.” There’s even a brain theory that we have mirror neurons in our heads that enable us to feel what’s in other people’s heads and that these neurons lead to sympathetic care and moral action.・・・
 <道徳的行為にコストがかかる場合は特にそうだって。↓>
 <However,> empathy is not a major player when it comes to moral motivation. Its contribution is negligible in children, modest in adults, and nonexistent when costs are significant.・・・
 <道徳的行為に結びついたとしても、依怙贔屓が起きやすいって。↓>
 Moreover・・・empathy often leads people astray. It influences people to care more about cute victims than ugly victims. It leads to nepotism. ・・・
 <内面的規範を持っておれば、それは強くかつ適切な道徳的行為の原動力になるってさ。↓>
 Empathy is a sideshow. If you want to make the world a better place, help people debate, understand, reform, revere and enact their・・・ some religious, military, social or philosophic ・・・codes. ・・・
http://www.nytimes.com/2011/09/30/opinion/brooks-t...

 どうも↑、ルース・ベネディクトの、欧米の罪の文化と日本の恥の文化との対置論をちょっと思い出しちゃうな。
 これじゃ、人間主義が否定されてしまうのでは?
 この話は、機会があったらまた取り上げなくっちゃね。



#5031(2011.10.4)

 コラム#5025で、「考えさせられる数字が列挙されている」として一つの記事を紹介したが、それは実は書評であり、本日、同じ本の書評がまた出ており、やはり「考えさせられる数字が列挙されている」ので、再度、紹介する。
 どうして、この本の肝心の主張を紹介しないかと言うと、著者・・ハーヴァード大ピンカー(Steven Pinker)教授(心理学)が、人間は元来粗暴だったけれど、次第に温和になってきている、という見解だからだ。
 この見解を認めると、狩猟採集時代の人間は温和だったという、私の人間主義論の根底がぐらついてしまうもんね。↓
 <いわゆる殺人率の低下、国家による殺人(処刑(含む拷問死)、奴隷虐待)率の低下↓>
 ・・・Modern homicide rates in Europe―one of the few regions where records are trustworthy enough to permit such comparisons--are 10 to 50 times lower than in the Middle Ages. Murder rates fell by two orders of magnitude in the northeast United States between 1625 and 1900. The past few centuries have also seen precipitous drops in state-sanctioned violence. That includes corporal punishment (from cutting off the hands of thieves to whipping students) and capital punishment, especially combined with torture (drawing and quartering, burning at the stake). Slavery and despotism (which allows tyrants to kill and torture on a whim) prevail only on the margins; 800 years ago they were the rule.
 <戦争による死者の総人口比の低下。↓>
 As for war, Pinker presents evidence that it killed on average about 20 percent of the population of pre-state societies in the Old and New Worlds, a casualty rate higher than that of the most war-torn modern states.・・・
  Annual war deaths have fallen over the past 60 years by more than an order of magnitude, from about 500,000 to 30,000 per year, according to one estimate. As for terrorism, you are more likely to be killed by lightning than by a terrorist.・・・
 <以上は、民主主義の普及と関係しているとさ。↓>
 ・・・over the past century the percentage of humanity living under democratic regimes has surged from 12 to over 60 percent. ・・・
 <また、女性の避妊権の確保とも、また貿易の拡大による国家間依存関係の深まりやマスメディアの出現や識字率の向上に伴う他者への共感の深まりとも関係しているとさ。↓>
 ・・・when women gain access to birth control violence tends to subside along with population growth. The rise of international trade, which makes nations increasingly dependent on each other, has helped, too. So have mass media and the spread of literacy, which promote empathy for others beyond our family, tribe, nation, and even species.・・・
http://www.slate.com/articles/Arts/books/2011/10/s...



#5039(2011.10.8)

 ピンカーの新著の書評(コラム#5031)が新たに2つ出ていた。↓
 <↓どうやら、狩猟採集時代ないし縄文時代は、人口比で(戦争等による)殺人が今より多かったというのが通説になりつつあるようですが、べじたんさん、そうではない、と私が書いた過去の事例を教えていただけませんか。>
 ・・・Some studies are based on skeletons found at archaeological sites; averaging their results suggests that 15 percent of prehistoric humans met a violent death at the hands of another person. Research into contemporary or recent hunter-gatherer societies yields a remarkably similarly average, while another cluster of studies of pre-state societies that include some horticulture has an even higher rate of violent death. In contrast, among state societies, the most violent appears to have been Aztec Mexico, in which 5 percent of people were killed by others. In Europe, even during the bloodiest periods ― the 17th century and the first half of the 20th -- deaths in war were around 3 percent. The data vindicates Hobbes’s basic insight, that without a state, life is likely to be “nasty, brutish and short.”・・・
 <どんどん人間のIQは高くなってきてるんだって。↓>
 ・・・the “Flynn effect” -- the remarkable finding by the philosopher James Flynn that ever since I.Q. tests were first administered, the scores achieved by those taking the test have been rising. ・・・
 <米大統領のIQが高いほど、米国がらみの戦争での死者は少ないんだって。↓>
 ・・・since 1946, there has been a negative correlation between an American president’s I.Q. and the number of battle deaths in wars involving the United States.・・・
 <気温が高いと殺人率が高くなるんだって。↓>
 ・・・in tropical regions, the risk of a new civil conflict doubles during El Nino years (when temperatures are hotter than usual and there is less rainfall). If that finding is correct, then a warming world could mean the end of the relatively peaceful era in which we are now living.・・・
http://www.nytimes.com/2011/10/09/books/review/the...
 <一番殺人率の高かった歴史上の出来事は、唐の時の安史の乱(=安禄山の乱。755〜763年。唐の節度使・安禄山とその部下の史思明及びその子供達によって引き起こされた大規模な反乱。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%8F%B2%E3...)、二番目が13世紀のモンゴルによる征服戦争だとさ。↓>
 ・・・The worst of all・・・was the eighth-century An Lushan revolt and civil war that killed 36m in and around China (equivalent to 429m deaths in the mid-20th century). Second worst was the 13th-century Mongol conquests (40m deaths, equivalent to 278m in the mid-20th century).・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/2/910d787a-eb91-11e0-...



#5041(2011.10.9)

 ピンカーの新著の書評(コラム#5031、5039)がまたまた出てた。
 「米大統領のIQが高いほど、米国がらみの戦争での死者は少ない」(コラム#5039)に激しく噛みついてる部分だけ引用しとくよ。↓
 ・・・<Pinker> measures the IQ of presidents (don’t ask how) and concludes that “for every presidential IQ point, 13,440 fewer people die in battle, though it is more accurate to say that the three smartest postwar presidents, Kennedy, Carter, and Clinton, kept the country out of destructive wars.” (At that point, violence overcame me ― I threw this book across the room.) Kennedy (most serious historians agree) took America into the quagmire of Vietnam, a very destructive war. And what of Eisenhower, the least bellicose of postwar presidents? Was he intelligent or just lucky? ・・・
http://www.washingtonpost.com/entertainment/books/...



#5055(2011.10.16)

 ピンカーの例の新著の書評(対談付き)がまた載っていたが、残虐行為のトップ20の表は必見。
 12位の下掲は色々考えさせられものがある。
 なお、支那で起こったものが5つ出てくるが、支那も関わった第二次世界大戦を含めれば、トップ20中支那が三分の一弱を占める。(このほか、モンゴルやティムールによる残虐行為がある。)
 ・・・British India (mostly preventable famine) 19th<century> 17m <(死者数) 35m(20世紀換算死者数) 12<位>・・・
http://www.guardian.co.uk/science/2011/oct/15/stev...



#5061(2011.10.19)

 中身がほとんどないが、不思議に読ませるコラム二つ。↓

 「世界一を生んだ秘訣は、なんと「ワイガヤ」・・・」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/2011...
 「「中国を変えるのは革命しかない」iPhone握り孫文の再来を夢想する・・・」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20111...

→後の方のコラム↑については、下の2つの記事↓を参照。(太田)

 車に轢かれた幼児に見て見ぬふりを続けた中共の市民達に対するに、自殺するために入水した中共の女性を助けて名前も明かさずに立ち去った米国人女性、という二つの挿話をどう理解すべきか、という記事だ。↓
 Last Thursday, a van navigating the narrow streets of a hardware market in Foshan, in the southern province of Guangdong, struck and ran over a 2-year-old girl. The driver paused, then drove away. A surveillance camera showed that the toddler lay grievously injured for seven minutes, ignored by at least 18 passers-by, while a second vehicle ran over the child and drove on. A 57-year-old rag collector finally went to her aid.
 The next day an apparently suicidal woman jumped into a lake in Hangzhou, a city southwest of Shanghai, and began flailing helplessly. A woman widely reported to be an American threw off her coat, swam the 65 feet to the drowning woman and expertly hauled her to shore. And then, seeing she was safe, the rescuer left without giving her name. ・・・
 <よく、中国共産党によって支那社会の伝統的価値が廃棄され、残ったものは物質的飢餓感<(拝金主義(太田))>だけだから、と説明される。↓>
 All the traditional values of Chinese society were thrown out the window to make way for Mao and the rest of the party leadership. But that died long ago, and there was nothing to replace it except a materialistic hunger.・・・
 <しかし、既に1894年に、米国人宣教師が、支那人にはsympathy(同情心)が欠落している、と書いている。↓>
 In 1894, an American missionary, Arthur H. Smith, wrote an influential book, “Chinese Characteristics,” in which a chapter, “The Absence of Sympathy,” raised similar questions.
“Unwillingness to give help to others, unless there is some special reason for doing so, is a trait that runs through Chinese social relations in multifold manifestations,” he wrote. ・・・
 <もっとも、人間なら誰しも他人に対する共感能力(empathy)を持っている。ところが、欧米では、個人の良い行いが世界を変えるということが強調されるのに対し、支那では、家族や親しい友人を守る義務に、より焦点があてられるのだ。↓>
  In truth, everyone has empathy for his fellow citizens・・・whereas a Westerner might stress an individual’s ability to change the world with one good deed, the Chinese worldview might center more on the duty to protect family members and close friends. ・・・
http://www.nytimes.com/2011/10/19/world/asia/toddl...
→「日本文明とアングロサクソン文明」以外の地(含む、できそこないアングロサクソン文明の米国)では、人間に本来備わっている共感能力(=人間主義)が抑圧されてしまっている。
 すなわち、共感能力は、このような地においては、欧米では、主として個人対個人のレベルでしか顕現せず、また、支那では、主として個人対「一族(疑似一族を含む)(一族に属する自分以外の個人を含む)」のレベルでしか顕現しない、と解したらどうだろう。
 かつまた、共感能力は、日本文明の地(すなわち日本)においては、個人対「日本を含むあらゆる社会」のレベルでも顕現するの対し、アングロサクソン文明の地においては、個人対「アングロサクソン文明の地」のレベルでの顕現までにとどまる、と解したらどうだろう。(太田)

 盲目の人権弁護士、陳光誠
http://en.wikipedia.org/wiki/Chen_Guangcheng
は出獄以来、事実上の軟禁状態に置かれているところ、このところ、彼に会う活動が中共内で活発化しているってさ。↓
 ・・・In the year since the blind lawyer Chen Guangcheng was released from jail and promptly imprisoned at home, a trickle of foolhardy souls has been thus rebuffed after attempting to penetrate the cordon of paid thugs who repel visitors from his village in eastern Shandong Province. ・・・
 But during the past two weeks, the trickle of would-be visitors has become a campaign, with dozens of admirers and activists from across the country embarking on the journey・・・
http://www.nytimes.com/2011/10/19/world/asia/despi...



#5063(2011.10.20)

<TA>

 コラム#5061の、「すなわち、共感能力は、このような地においては、欧米では、」の意味が分かりません。

<jaguar321>(ツイッターより)

 日本とアングロサクソン文明(米国以外)に存在する人間主義について RT @ohtanobumasa 過去・現在・未来(続x25) : 防衛省OB太田述正の日本はアメリカの属国だ
http://blog.ohtan.net/archives/52105140.html

<太田>

 私の書き方にも難があるのかもしれないけど、この人のように、ちゃんと分かっていそうな読者もいるようなので、お赦しを。



#5065(2011.10.21)

 エート、話は全く変わるが、TAさんやjaguar321(コラム#5063)のためにも、世界各地における人間主義の発現形態について、私の抱いているイメージを再整理して提示しておこう。
 過激なエスノセントリズムだとぶったたかれそうだが、異論あらば、どしどしどうぞ。

・日本(=人間主義社会)
 :対個人の人間主義→全動植物の個体が対象。
 :対社会の人間主義→世界各地のすべての社 会及び自然環境が対象。
                    
・アングロサクソン(=人間主義的社会)
 :対個人の人間主義→全人類が対象。
 :対社会の人間主義→世界各地のアングロサクソン社会のみが対象。

・米国と欧州(=非人間主義社会)
 :対個人の人間主義→全人類が対象。(ただし、つい最近まで、自分の社会の支配的人種ないし支配的階級に属す個人のみが対象)
 :対社会の人間主義→自分の社会のみが対象 (ただし、つい最近まで、自分の社会の支配的人種ないし支配的階級のみが対象)

・支那等(=反人間主義社会)
 :対個人の人間主義→自分の一族(疑似的一族を含む)に属す個人のみが対象。
 :対社会の人間主義→自分の一族(同上)のみが対象。



#5067(2011.10.22)

<TA>

 コラム#5065の「世界各地における人間主義の発現形態」の説明での、「非人間主義社会」(米国と欧州)と「反人間主義社会」(支那等)との違いとは、「程度」の多寡によるものなのでしょうか。
 それとも質的な違いによるものなのでしょうか。また、「反人間主義」を直接に表現する語彙はないものでしょうか。

<太田>

 ご質問については、下掲の記事を参照。

 大英帝国の暴虐性にについては、英国でもかなり主張がなされるようになった。
 (先の大戦の際の英国のチャーチルの大愚行についてもそうなるのはいつのことやら。)↓
 ・・・tens of millions were exposed, for instance, to famine and early death in India and Ireland when the British turned them into laboratories for experiments in unfettered free trade.
 <英領インドでのインド人の大量死は、ナチスのそれに相当する人道に対する罪だってよ。↓>
 These were not “genocides” or “holocausts”, as some leftwing critics of empire allege. But, perpetrated by British free traders, they were certainly the first of the modern era’s uniquely ideological crimes, for which the central planners of communist regimes are more commonly blamed. ・・・
 ・・・the rulers of the British empire will one day be perceived to rank with the dictators of the 20th century as the authors of crimes against humanity on an infamous scale・・・
 <ネールは、1936年に既に英帝国主義をナチズムの双子の兄弟だ、と形容していたらしいね。↓>
 Nehru’s inveterate Anglophilia did not water down his analysis in 1936 that British imperialism was the “twin brother” of Nazism, with the “variation” that the former “functioned abroad in colonies and dependencies” while the latter presumed to function the same way in Europe.・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/2/3b56dac0-f992-11e0-...

 米国のアラバマ州では、いまだに黒人はほとんど陪審員になることができない。↓
 Black people are being systematically and intentionally excluded from jury service in parts of Alabama almost 140 years after the practice was outlawed in the US, a lawsuit lodged with the federal courts alleges.・・・
 Racial discrimination in jury selection was banned under the 1875 Civil Rights Act, but prosecutors in many southern states continued to achieve all-white juries through the use of pre-emptive ruses that excluded black people through the application of seemingly non-racial criteria.
 ・・・racial discrimination was still rampant in courtrooms across Alabama, Arkansas, Florida, Georgia, Louisiana, Mississippi, South Carolina and Tennessee.・・・
 ・・・though 24% of the population in the two Alabama counties was black, only 5% of the jurors sitting on death penalty cases prosecuted by Valeska and his team in those areas was African American.
 It further alleges that the prosecutors intentionally struck off 82% of the eligible black jurors in death penalty cases between 2006 and 2010, leading to juries that were all white or had only a single black juror.・・・
http://www.guardian.co.uk/world/2011/oct/21/race-d...

 ロシアは文字通りのマフィア国家であり、プーチン支持者達は、ナショナリズムの虜であるとともに、私益のために国家資産の略奪を続けている。↓
 Mafia State・・・
 ・・・the Putinistas have two main motives. One is grudge-bearing nationalism, allied to a deep conviction that other countries operate in the same way, even if their rulers suborn courts and elections more neatly. As he notes, those nationalistic instincts don't stop some senior apparatchiks stashing their assets and in some cases their families in London.
 The other, more important motive is personal enrichment. On the face of it, this is a paradox: why pillage a country that you want to flourish? Though Harding doesn't explore it, the reasoning of the ruling class seems to go like this. In theory, and eventually, Russia must be great (ie, feared by others; the welfare of its citizens is not a big consideration). But this particular Russia, the one we have inherited, is a contemptible mess -- and if we don't plunder it, someone else will.・・・
 <ロシアには政治もビジネスもない。あるのは犯罪だけだ。↓>
 ・・・ in Russia, there are no politics or business stories: "There are only crime stories."・・・
http://www.guardian.co.uk/books/2011/oct/21/mafia-...



#5069(2011.10.23)

<太田>

 昨日に引き続き、非人間主義社会の実態をご紹介しよう。↓
 <米国で黒人がむっちゃくちゃに投獄されている。↓>
 ・・・An estimated 50 percent of all extended black and Hispanic families in the United States have had a member incarcerated in the past 35 years. For the poorest in both groups, the figure approaches 100 percent. Drucker points out that black males between 21 and 44 are 40 times more likely to be incarcerated for drug offenses than white males of the same age group. In light of numerous studies showing that people of all races are about equally likely to use and sell illegal drugs, this is a telling statistic, to say the least.・・・
 ・・・an epidemic that first broke out as slavery and later as Jim Crow, and now has mutated, resurfacing in a new form. ・・・
http://www.washingtonpost.com/entertainment/books/...
 <依然として黒人の子供の40%は、ほとんど黒人だけの学校に通っている。↓>
 ・・・40 percent of African American kids still attended schools that were almost completely segregated. ・・・
http://www.washingtonpost.com/entertainment/books/...
 <イルカは高知能であるが故に特別に保護されなければならない、という恐るべき偏見を吐き続けている米国人。↓>
 ・・・“Dolphins are among the smartest creatures on the planet ― fully conscious, creative, and highly communicative, with an intelligence rare in nature,” writes Diana Reiss in “The Dolphin in the Mirror.” Now Director of Dolphin Research at Baltimore’s National Aquarium・・・
 Reiss, who served as an adviser on the Oscar-winning 2009 film “The Cove,” which documented bloody dolphin hunts in Tajii, Japan, writes passionately about the need to protect these sentient creatures who she believes are capable of empathy. ・・・
http://www.washingtonpost.com/entertainment/books/...

<べじたん>

≫どうやら、狩猟採集時代ないし縄文時代は、人口比で(戦争等による)殺人が今より多かったというのが通説になりつつあるようですが、べじたんさん、そうではない、と私が書いた過去の事例を教えていただけませんか。≪(コラム#5039。太田)

 きちんと書かれたことはなさそうで、見つからない感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#1336(2006.7.8)<言語と人種の歴史(その1)>
・・・英ネーチャー誌や米サイエンス誌の編集者や記者を経てニューヨークタイムスの科学記者をしているウェード(Nicholas
Wade)が、このたび上梓した’Before the Dawn : Recovering the Lost History of Our
Ancestors’は、古生物学・考古学・人類学・言語学・歴史学等の研究成果を、最新の遺伝子学の観点から批判的に総合し、人類史に新しい光を当てたとして話題になっています。
 そのほんのさわりをご紹介しましょう。・・・

2 言語の歴史

 (1)狩猟採集経済と言語

 狩猟採集経済下の人類の三分の二は恒常的な戦争状態にあり、彼らは毎年人口の0.5%を戦争で失っていた(注2)。

 (注2)この率でいくと、20世紀には20億人の(広義の)戦死者が出る計算にあるが、20世紀の戦争や共産主義・ファシズムによる殺戮を全部併せても、その10分の1程度に過ぎない。

 戦争による死亡率がかくも高かったのは、敵対勢力は絶滅させるのが習いだったからだ。
 未開時代には人々は平和に暮らしていたが、文明が戦争をもたらした、という観念が依然根強いが、むしろその逆が正しい(注3)。

 (注3)私の日本ないし日本史観は、縄文時代の平和が弥生時代に破られた、という前提に立ち、縄文モードと弥生モードが交替する形で日本史が展開していく、というものだが、ウェードの指摘が正しいとすると、この前提たる私の認識は誤りだということになるのか、それとも、縄文人は、恒常的な戦争状態にはない三分の一に属するのか。(太田)

 59,000年前に東北アフリカで誕生した人類(modern Homo sapiens)の内の150人程度が、
50,000年前に紅海南端のバブエルマンデブ海峡をわたってアフリカからユーラシア大陸に移住して行った。その時点では全員同じ言葉を使っていたのに、その後急速に言葉が分化したのは、上述したような恒常的な戦争状態の下で、よそ者を見分け排除する必要性に迫られたためだと考えられる(注4)。

 (注4)文字通り恒常的な戦争状態が続いてきたニューギニアには現存する世界の6,000の言語中1,200が存在しているが、ニューギニアの言語は、四分の一ずつ、これまでの各世紀ごとに失われてきた、と考えられている。
http://blog.ohtan.net/archives/50954497.html

#3591(2009.10.18)<ウェードの本をめぐって(その3)>
http://blog.ohtan.net/archives/51425195.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#2266(2007.12.29)<昔の文明論コラム2篇>
 ・・・コラム#2253に引き続き、自衛隊専門新聞「朝雲」に1990-1993年の間、隔週74回にわたって連載された私のエッセーの中から、拙著『防衛庁再生宣言』に収録されなかった二篇(文明論的なもの)をご披露しましょう。・・・

 ・・・そもそも日本の社会環境は、世界でも希なほど平和で安全なものであった。
 戦争は生産物に余剰の生じた農業社会の到来とともに始まったらしいが、日本は、他の先進国やかっての先進地域と比べて、一番農業社会の到来が遅かった(稲作の伝播によって弥生時代が始まったのは、わずか2300年前)ため、それまでの長期にわたる平和な狩猟採集社会の時代の記憶が残ったとの指摘がある。
 しかも、農業社会が到来してから、最も短期間(数百年)の内に統一国家が形成された。爾来現在に至るまで一度も外敵の侵略を受けず、また室町期及びその前後を除いて内乱が長期間続いたこともない。かくも平和で安全であったため、日本の都市には、世界の都市にかってつきものであった城壁が設けられたことがない。
 いつもこれに引き続いて、これまた特異な、全く牧畜を伴わない日本の稲作農業文化について一くさり語った上で、相手が関心がありそうなら、おもむろに筆者得意の憲法第9条や防衛政策の話に入って行くことにしている。
http://blog.ohtan.net/archives/51233702.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#3140(2009.3.8)<人間主義の起源>
 ・・・米国の人類学者にして類人猿学者であるサラ・ブラッファー・ハルディ(Sarah Blaffer Hrdy。1946年〜) の“Mothers and Others: The Evolutionary Origins of Mutual Understanding,”です。
 さっそく、その内容の一端をご紹介しましょう。・・・

3 感想

 何せまだ出版されていない本なので、これ以上のことは分からないのですが、これは極めて画期的な本だと思います。
 人間は、本来的に個人主義的な存在なのではなく、人間(じんかん)主義的な存在なのである、という指摘が、アングロサクソン世界の中で、学問的に打ち出されたからです。
 イギリス人や、特に米国人の物の見方がいかに個人主義イデオロギーによってゆがめられているかは、「・・・人類学者達は、子供達が娯楽的価値を持っているという驚くべきことを発見した。テレビやインターネットがない数多の伝統的文化において、へまをやらかす赤ん坊は町の最上の見せ物なのだ。」というくだりからも明らかです。
 それこそ、人間主義文明たる日本文明の申し子である皆さんは、そんなことに「驚く」アングロサクソンに「驚く」ほかない、という印象を抱かれたことでしょう。(コラム#89で引用した英国アン王女の発言も参照されたい。)
 もう一つ重要なのは、ここでもまた、狩猟採集時代における人類は平和に生きていた、という推測がなされていることです。
 人類は本来的に人間主義的で共感能力が高い存在であるとすれば、互いに相争ったり、いわんや殺戮し合うようなことはしないはずである、ということがその根拠になっているわけです。
 これは、私がかねてから主張しているところの、縄文時代という狩猟採集社会・・ただし定住生活と部分的農業を伴っていた・・の時の縄文モードを基底としている、日本文明の平和・鎖国回帰性、という説を補強する話でもあります。
 ここでも、残念でならないのは、こういう研究成果が、日本ではなく、米国人の手によって米国でなされたことです。しかも、女性の手で。
http://blog.ohtan.net/archives/51403818.html

<太田>

 大変ありがとうございました。

 そもそも、「どうやら、狩猟採集時代ないし縄文時代は、人口比で(戦争等による)殺人が今より多かったというのが通説になりつつあるようですが、べじたんさん、そうではない、と私が書いた過去の事例を教えていただけませんか。」という私の問題提起は、「どうやら、狩猟採集時代は、人口比で(戦争等による)殺人が今より多かったというのが通説になりつつあるようですが、べじたんさん、狩猟採集時代ないしは(定着的狩猟採集時代たる)縄文時代はそうではない、と私が書いた過去の事例を教えていただけませんか。」であるべきでした。

 しかしながら、いずれにせよ、お示しいただいた私の過去コラムにおいては、私は、狩猟採集時代については、殺人が今より多かったという感じで記している一方、縄文時代については、判断を留保している、という感じで記していることから、結論的には「見つからない感じです」(べじたん)ということでよさそうですね。



#5071(2011.10.24)

 差別撤廃と平等実現とは二律背反関係にあるって米国のノーベル経済学賞受賞者のベッカーシカゴ大学教授が言ってるが、嘘っぱちだろ。日本の例を見ろ。↓
 <米国は黒人等への差別を撤廃した結果、経済的不平等度が増大するとともに経済階層が固定化したってさ。↓>
  IT’S a puzzle: one dispossessed group after another -- blacks, women, Hispanics and gays -- has been gradually accepted in the United States, granted equal rights and brought into the mainstream.
 At the same time, in economic terms, the United States has gone from being a comparatively egalitarian society to one of the most unequal democracies in the world.
 The two shifts are each huge and hugely important: one shows a steady march toward democratic inclusion, the other toward a tolerance of economic stratification that would have been unthinkable a generation ago. ・・・
 <欧州じゃ経済的平等が維持されているが、マイノリティーに対する差別が残っているとよ。↓>
 Other nations seem to face the same challenge: either inclusive, or economically just. Europe has maintained much more economic equality but is struggling greatly with inclusiveness and discrimination, and is far less open to minorities than is the United States. ・・・
 “I do think there is a trade-off between inclusion and equality,” said Gary Becker, a professor of economics at the University of Chicago and a Nobel laureate. ・・・
 <地理的意味での欧州の中で、英国だけは米国と状況が似ている。↓>
  Of the European countries, Britain’s politics of inequality and inclusion most resemble those of the United States. Even as inequality has grown considerably, the British sense of economic class has diminished. As recently as 1988, some 67 percent of British citizens proudly identified themselves as working class. Now only 24 percent do. Almost everybody below the Queen and above the poverty line considers himself or herself “middle class.”
 <ドイツじゃ、10歳の時に大学進学組と職業訓練校行きとに分別される。↓>
 Germany still has robust protections for its workers and one of the healthiest economies in Europe. Children at age 10 are placed on different tracks, some leading to university and others to vocational school -- a closing off of opportunity that Americans would find intolerable. But it is uncontroversial because those attending vocational school often earn as much as those who attend university. ・・・
 <米国の経済不平等度は、大恐慌直前のレベルに回帰しつつある。↓>
  From the 1930s to the 1960s, the income of the less affluent Americans grew more quickly than that of their wealthier neighbors, and the richest 1 percent saw its share of the national income shrink to 8.9 percent in the mid-1970s, from 23.9 percent in 1928. That share is now back up to more than 20 percent, its level before the Depression.
 <機会の平等志向で条件の平等志向じゃない米国において、いまや、経済階層間移動がなくなりつつある。↓>
 Inequality has traditionally been acceptable to Americans if accompanied by mobility. But most recent studies of economic mobility indicate that it is getting even harder for people to jump from one economic class to another in the United States, harder to join the elite. While Americans are used to considering equal opportunity and equality of condition as separate issues, they may need to reconsider.・・・
http://www.nytimes.com/2011/10/23/opinion/sunday/s...

<太田>(ツイッターより)

 縄文時代が「平和」であったか否か、最新の研究状況をご存じの人はご教示ください。
 さあてと、これから、夕食を食いながら、NHK-Hで大河ドラマと塚原卜伝を続けて見ようっと。



#5075(2011.10.26)

<ζΤΤζ>(「たった一人の反乱」より)

 【縄文時代は平和ではなかった派】小林達雄
※対話形式のモノを通常の文章に直している。
 
 縄文時代にムラが団結して外敵にあたったという<(弥生時代のようにムラの周りに環濠を巡らせたり、高い山頂につくる高地性集落といった戦争を推測させる)>考古学的な証拠はありません。
 <しかし、「縄文時代に戦争はなかった」という説には同意できない。>
 戦争を「集団どうしの武力衝突」と定義すれば、縄文時代から戦争はあったと私は思います。
 争いの発端は自らの領域の侵犯、あるいは食料や石器の材料など資源をめぐるトラブルだったり、女性をめぐるもめごともあったのでしょう。
 ・・・骨盤にシカの骨で作った槍が刺さったまま即死したとみられる壮年男性の人骨があったし、・・・石鏃(石のやじり)が刺さった人骨も見つかっています。
 千葉県松戸市子和清水貝塚では、首を切られた人骨まであり、その他いくつかの遺跡で頭骨を集めた例などさえあります。
 それにしても、弥生時代になると戦闘の機会が格段に増えた事は間違いありません。
(金関恕 『遺跡は語る――真実の縄文、弥生、古墳、飛鳥』 角川Oneテーマ21 2001年pp48-54)

 【縄文時代は平和だった派】石部正志
 縄文人も、われわれと同じ人間ですから、個人と個人のもめごと、つまりケンカで相手を傷つけたり、集団で狩りをしているとき、誤って仲間を殺傷してしまう、といった悲劇は時たまありましたが、戦争とは集団と集団との戦いです。
 考古学は、戦争があったか、なかったかを的確に判断できる学問です。
 第一に戦争をするようになると、物を作り出す道具である利器から、殺人専用の道具である武器が分化して発達しだします。
 第二に、その武器から身を守るための道具、ヨロイやカブトや盾が出現します。
 第三は、環濠た城柵をめぐらした防御集落、城や砦の出現です。
 第四は、殺傷痕のある遺体数の増大です。
 縄文人は殺人専用の武器も、武器から身を守る防具も持たず、ムラのまわりには堀も 柵も造っていません。
 縄文人骨数千体みつかっていますが、殺傷痕のあるものはごくわずかです。
 ところが、弥生時代になると、日用の工具や農具とははっきり区別される武器が現れ、道具の中にヨロイや盾が加わり、地域の中核をなした大きなムラは周囲を二重、三重の環濠や乱杙(逆茂木)で囲うようになります。
 これまでに発掘された弥生人骨は数百体と、縄文人骨よりうっと少ないのですが、総数の一割前後には殺傷痕が認められ、実際に矢や槍や剣先が体内にうちこまれた状態のものもたくさん発見されています。
 骨までは達しない傷を負った人の数は、これに数倍するでしょう。
(石部正志 『考古学万華鏡』 新日本出版社 2004年 p72)
 縄文人、意外と長生き 65歳以上が3割 聖マリアンナ医科大
 平均寿命が30歳前後とされ、「過酷な生活環境のため、早死にする人が多かった」と考えられてきた縄文時代の人たち。
 しかし、出土人骨の年齢推定に関する最新の研究で、実は65歳以上とみられる個体が全体の3割以上を占める――という結論がこのほど提示された。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY20101...

<ττΖΖ>

 骨の分析から縄文人はかなり炭水化物・糖質を食べていた
http://low-carbo-diet.com/low_carbo_food/to_dr/con...
 縄文時代の植生と栗林もしくはトチノキ林に手を入れていたのではないかとする説
http://www.kodainomori.jp/HB-Abstract2008.pdf
 栗を栽培していたのではないかとする説
http://hisbot.jp/zassi/12-1/12-1_p13-14_suzuki.pdf

 いずれにしても、縄文人は”秋の収穫”に食料の多くを依存していたので、狩猟採集民と言うより準農耕民と考えたほうがいいのかもしれません。

<τΖτΖ>

 概ね同意なんだけれど、縄文人が準“農耕”民だったというのは語弊があるんじゃない。
 理由は小林達雄の指摘をみて欲しい。

 【縄文人の食生活】
 <縄文人の>一番の主食は、獣肉や魚介類ではなく、木の実と、根菜類でした。木の実の代表はドングリ類ですが、クリ・トチ・クルミもその仲間です。
 ヤマイモなどの根菜類は、すぐに分解し、現代まで残ることはありませんから、何をどれだけ食べていたのかわかりませんが、石皿や磨石といった調理道具は、住居跡やその周辺からたくさん見つかります。
 ・・・木の実は秋になると、ふんだんに採集でき、一年くらいは保存がきき、栄養価も穀物類と同等ないし、それ以上で、主食として、まさに最適です。
 ただし、生で食べられるのはシイ類だけです。<クリやクルミが美味しい事は私たちもよく知っているが、> ドングリ類の大半は渋いタンニンを大量に含んでいるので・・・アク抜きをしな ければ食べられません。
 一番厄介なのはトチの実です。
 これは灰をまぶして水にさらし、灰汁にいれて煮沸しないと、アクが抜けません。
 ・・・<いずれにせよアク抜きには製粉するのが一番だが、>製粉技術が開発されたのは、縄文時代に入って、もうかなり経過した約六千年前頃でした。
 製粉が可能になると・・・水や油を加えて練り、団子状、パン状、クッキー状にして、煮たり、焼いたり、蒸して賞味していたようです。
 山形県の押出遺跡からは、型を押しつけて装飾模様までほどこした、今で言えばクッキーの実物が発見されています。
 獣のあぶらなどさまざまな食材が練り合わされており、栄養価は満点だったろうといわれています。
 縄文人は、かなり手間をかけて、採集した木の実や草の根を加工して 賞味していたようです。
(石部正志 『考古学万華鏡』 新日本出版社 2004年 pp32-36)
(以下の話し手→小林達雄)
 
 おもしろいのは、縄文人に虫歯が多いということです。千葉県市川市の姥山貝塚の縄文人は、なんと57.1%に虫歯がありました。
 虫歯は狩猟採集民に少なく、農耕民に多いという特徴があるんですが、世界的にいってもこの数値は高い。
 こうした点からも、縄文人の食生活、つまりいかに植物性の食料を多量に摂取していたかということがわかります。(p37)
 
 「縄文は貧しい」というのは、現代人の頭が考えた思い込みです。
 貝塚などの遺跡から発見される獣や魚の骨とか植物を調べると、種類が豊富で栄養のバランスも取れている。
 シカやイノシシなど哺乳動物は60種以上、貝類350種以上、魚類70種以上、クリやクヌギ、トチなどの植物性食料は55種類以上が知られています。
 植物については土中では残りにくいので、実際はその五倍以上を軽く超えた多さとみてよいでしょう。
 ・・・<また、仮説として「縄文農耕論」を主張する研究者すら居るが、>でも「栽培」と「農耕」はまったく違う。
 農耕と言うのは、ごく少数の特定の作物に時間と人手をかけて増収を図るものです。・・・縄文人たちの<目的は>多種多様の植物性食料の利用だった。
 <特定の品目にかたよらないという点は、食料資源の枯渇を防いだ面もあり、縄文人は>さらに生態系を守り、自然と共生しながら栽培やアク抜きを行った。
 一方ではシカ、イノシシの捕獲数を適当に抑えており、私はこれを「自然の人口化」とか「柵のない牧場」と呼んでいます。
(金関恕編 『遺跡は語る――真実の縄文、弥生、古墳、飛鳥』 角川Oneテーマ21 2001年pp39-41)

<ττΖΖ>

 縄文人が「狩猟採集の中の平和的な3分の1」に属したというのを証明するのはほぼ不可能でしょ。
 けれど、「狩猟採集の中の恒常的に戦争をしていた3分の2」に属さないということを証明するには、縄文人がそもそも単なる狩猟採集でないと言うことを言えばいい。
 そこで、縄文人が単なる狩猟採集民ではなかったのではないかという説を紹介したわけです。けれど、あくまで検証中の説なので”準農耕民”とでもしておいて、判断保留するしかないのかも、と言うことを言いたかったのです。
 誤解を与えたのなら”準農耕民”という言葉は取り下げます。

 個人的には縄文人が一年の一定の時期(秋)に大量の保存の利く食物を入手できたと言うことがこの問題にとって重要なのではないかなと思っているのですが、典拠付での議論は私の力には余ります。

<τΖτΖ>

 縄文人がそもそも単なる狩猟採集民でないと言うことは、おそらく考古学者の中でも認識されていると思うけど、ただ、準であれ農耕というのは実態論から言っても疑問符が付くし、平和であった事を示すのに農耕という属性を強調する事にも違和感があるんだな。
 少なくともそう冠するなら弥生時代(農耕+戦争)との差異をどう考えて居るのか明らかにしなきゃと思った。

<τΖΖτ>

 縄文時代が恒常的に戦争状態であったと証明することは無理っぽい。

 縄文時代には、戦争があったとする説となかったとする説の両方があります。
 石のやじりが刺さった人骨が発見されていますが、戦争で傷をおったのか、殺人事件だったのかは区別がつきません。
 弥生時代になると、戦争をしていたという証拠がいくつか出てくるので、弥生時代に戦争をしていたことはほぼ間違いないと思われます。
http://www.maibun.or.jp/qa/a32.html

 縄文時代には戦争がなかったと言う説とあったという説があります。
 たしかに、縄文時代のはじめのころ(草創期)の愛媛県上黒岩洞窟からは、骨製先の尖った道具が刺さった男性の腰の骨が出土しています。
 そして、以後、縄文時代の各時期に矢尻が刺さった人骨が見つかっています。
 しかし、縄文人骨の全体からは、極少数であり、これを争いとするか、事故と考えるかは研究者によって違いがあります。
 つまり、戦争と考えるほどの証拠は不十分なのが縄文時代です。
http://www.maibun.or.jp/qa/a24.html

 「農業のはじまりによって戦争が起こる。」という学説があります。・・・
 しかし、最近では「農業を始めなくても戦争は起こる。」という学説が出てきました。・・・
 では、日本ではどうでしょうか。縄文時代は、農業を本格的に始めておらず、自然界から食物を得ていました。
 定住をし、食料をたくわえており、豊かな生活を送っていたことが判っています。戦争をやっていてもおかしくありません。
 しかし、縄文時代に戦争をした証拠は見つかっていません。
 人骨に石のやじりが刺さったものが発見されていますが、これは全体の人骨の中ではごくわずかなもので、「殺人事件」とも考えられます。
 縄文時代に戦争があったかどうかは、まだよくわかっていません。
 次の弥生時代は、本格的に農業を始めます。
 弥生時代には、戦争をした証拠があります。
 獣をとるためのやじりより大形のやじりを作ったり、敵の攻撃に備えて堀をめぐらせたムラの跡がみつかったりしています。
 答えが長くなりましたが、結論を短くまとめると、次のようになります。
 戦争は、定住や農業を始めたことによって、財産の多い少ないの差が生まれ、そうした財産を奪い合ったりするために、起こったということです。
http://www.maibun.or.jp/qa/a28.html

 狩猟、漁撈、植物採集のほか、縄文時代に農業があったのではないかという学説があります。
 賛成、反対とそれぞれの学説があるのですが、縄文時代の遺跡から出土した植物の中に、日本にはもともと自生(じせい)しない栽培植物(リョクトウ、ヒョウタン、シソ、エゴマなど)があります。
 農業といわないまでも、簡単な植物栽培をしていたことがわかっています。
http://www.maibun.or.jp/qa/a33.html

<太田>

 諸君、ご貢献、ありがとさん。



#5077(2011.10.27)

<ττΖΖ>

 <τΖτΖクン(コラム#5075)、>繰り返しになりますが、私、「縄文」=「平和」を示そうとしたのではなく、「縄文」≠「狩猟採集民にありがちな恒常的戦争状態」を示そうと試みただけです。この点は理解してください。

A:「一年の一定の時期に高い確率で保存の効く食料を大量に確保できる」
 これって縄文と農耕に共通する特徴だと思いませんか?農耕民のような(農耕民ほどには)労力をかけずに農耕民と同じような利益を享受していた縄文人を平均的な狩猟採集民と同列に扱う必要はない(のではないか)、ということが言いたかっただけです。
 実態として農耕をやっていたかどうかと同じくらいに、実態として農耕的利益(A)を享受していたということも重要なのではないかと思うのです。
 でも、Aが重要だと言う典拠は示せません。

<ΖΖττ>

 言いたい事はわかったんだけど、迂遠に感じる訳で、もう一歩踏み込んで(縄文=平和という)仮説をたてても良いんじゃ。
 ようするに、考古資料をみれば(戦争の有無はともかく)「恒常的な戦争状態」になかった事は一目瞭然な訳です。
 更に最近の古人口学の研究により縄文人の平均寿命は高かったという結果が発表され、別の研究では食料事情も良かった事が示されている訳です。
 あなたが示している事は、考古学研究おいて十分裏付けられているように感じます。
 だから、あえてそのような説明(仮説)をする必要性は無いと感じる訳です。
 「農耕民のような(農耕民ほどには)労力をかけずに農耕民と同じような利益を享受していた」
 これが重要な意味を持つという典拠は必要ないけど、どうしてこれが重要なのかあなたの主張の中では十分に意義付けられていないと感じます。

<太田>

 若干のひいき目もあるんだけど、そういう理解でいいんじゃないか。

 何せ、「縄文時代=平和」仮説が否定されると、僕の縄文モード/弥生モード循環論の根本的前提が崩れかねないもんな。
 ちなみに、「縄文時代=平和」仮説が否定されたとしても、「縄文時代=人間主義文明の誕生」仮説そのものが否定されるわけじゃ必ずしもない。なぜなら、人間主義を守るための戦争ってのがありうるからだ。先の大戦を日本が戦った理由がほぼそれだ、と僕は考えている。

 この際、平安時代と江戸時代が、それぞれ、平和な縄文モードへの意識的回帰だっちゅう僕の考えを裏付ける事実を開陳しておこう。
 
 平安時代の祖、桓武天皇による平安京という新都の命名。↓

 「平安京は後世においては音読みの「へいあんきょう」と読むが、当初は「たいらのみやこ」と訓読みした。普通、京の名前は地名を冠するのが一般的であるため本来なら「葛野京」(かどののみやこ)としても良かった。しかし長岡京での騒動が原因のひとつとして、再び遷都された理由により新京では悪いことが起こらず、「平らかで安らかな都」、「平安」(訓読みは「たいら」)であって欲しいという意味が込められている。」(注)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E4...

(注)支那の歴代王朝の首都には、「平」を用いたものはない。「安」を用いたものは「長安」だけだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3...
 その長安だが、「日本の平安京とは異なり、長安城内では、各坊の四囲にも高い牆壁が取り囲んでおり、それら門は夜間は閉門され坊外との通行は禁止された。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%AE%89

 江戸時代の祖、徳川家康による厭離穢土欣求浄土と記した幟の採用。↓

 「「<家康>公大に異しむ時に<大樹寺の登誉>師白布を以って旗を製し之に題して厭離穢土欣求浄土と 是に於て師公に問ふて曰く」「君弱冠より戦場に向ふ其心唯だ敵を殺害するに在るか」あなたは若い時から戦場に向かっておるけれども、その心はただ敵を殺すだけにあるのかと。「公の曰く武人の心実に唯然り」元康は武人の心はただその通りであると。
 「師曰く殺害なんの爲ぞ 曰く是れ他に非ず勇を振ひ功を樹て城を抜き國を奪はんとなり何ぞ」殺害を何の為にするのかという事ですね。これは他にあらずと、自分で勇気を振い起こして、功をたてて、城を落として、国を奪わんとすると。どうしてそれをするんだと。「止だ其をしも云んや尚を竟に天下を領せん者なり 曰く竟に天下を領して是れ亦た何んするものぞ」最後は天下を領せんという事が目的である。遂に天下を取ってこれまたどうするんだという問答が続くわけですね。「武權を執るが如きは 則門葉を興隆し子孫を榮耀し名を後世に挙げて父母を顕さん而己」要するに自分の家を興隆して子孫を繁栄させて名を後世に挙げて父母の名を表さんと。登誉上人は「天に得ざるの國を劫奪するは之れ奸盜之所爲なり」天に得ざるの国を強奪するというのは、これ盗人の所為ではないかという事ですね。「たとひ運を啓き一たび天下を領すとも非道にして得ば則ち何ぞ子孫に傳ふる事を得ん 己れ獨り榮華に傲るとも猶を一陽の春夢の如し命終の後には必ず地獄楚毒の苦みを受けて何の益か之れあらん」例え運があってひとたび天下を取ったといっても非道にしてそれを取れば即ち子孫に伝わることを、これひとり栄華に傲るともなお一陽の夢の如しと。命終の後には必ず地獄に落ちるんだぞという事。こういう事を懇々と説くわけです。
 最終的には万民のために天下の父母となって万民の苦しみを無くするというような事をしていかなければいけないという事を説くわけでございます。そういうことを懇々と諭されて、時の元康自身は、その大慈大悲の心というもの、仏教の心というものを初めて悟る訳であります。そうして将来安定した日本の国を作るためにはどうあるべきかという事を悟ったわけですね。元康は大いにそこで感激して悟って・・・家康公はその後の戦陣には必ず「厭離穢土 欣求浄土」の旗指物を使っておられます。」
http://www.okazakicci.or.jp/konwakai/18okazakigaku...



#5079(2011.10.28)

<ττζζ>(「たった一人の反乱」より)

≫「縄文時代=平和」仮説が否定されると、僕の縄文モード/弥生モード循環論の根本的前提が崩れかねないもんな。≪(コラム#5077。太田)

 どうして縄文という言葉にこだわるんです?たんに平和でいいんじゃないでしょうか。
 平和モードと乱世モードが循環するという法則があるというだけでは何が不満なんでしょう。
 何千年以上も続いた古代の縄文時代と、それと比べれば短期的に循環している「縄文モード」を無理やり結びつける必要があるのかどうか。

<ττΖΖ>(同上)

 <ΖΖττクン(コラム#5077)>了解しました。出直してきます。

 太田さんへ。
 "人間主義を守るための戦争ってのがありうるからだ”
 この言葉が聴けてよかったです。
 太田さんを”縄文ユートピア論者”と勘違いしていました。

 お詫びに、縄文=普通の平和の傍証でよければ、いくつか示せるので紹介させてください。
 (そんなの知ってるよという方もちょっと我慢を)

・交易性を示すもの(交易→遠くの人も家族の一員という考えね。(コラム#3595))
 黒曜石(石器の材料)、ヒスイの原産地は国内では限られているのに、原産地から離れた遺跡でも発見される。
黒曜石:http://www.tiny.jp/~arugacom/suwakou/kokuyose.html
翡翠:http://asuka.mukade.jp/kitanokodaisi/kitanokodaisi...
入内湖遺跡(内陸部)でマグロの骨(↓4ページ目)
http://www.pref.shiga.jp/edu/katei/bunkazai/maibun...

・複数の集落の共同作業
 イルカ漁
 「出土したイルカの量は一つの集落ではとても消費できる量ではありません。」
http://mawakiisekijoumonkan.soycms.net/about/iruka
 三内丸山遺跡とかの巨大モニュメント(典拠省略)

おまけ
 殺傷人骨(複数)の出土例(かなりえぐい殺され方のようです。下記から要ダウンロードです。)
http://repository.nabunken.go.jp/modules/xoonips/d...
 (縄文晩期、しかも四国なので縄文=平和には影響ないと思います。)

 縄文時代は双系制
http://book.asahi.com/review/TKY200804290048.html
 「縄文社会のように人口の絶対量が少なく、生活基盤の不安定な社会では、双系と単系をあわせたような複系原理がとられたと考えられる。」(父系も資産を受け継がせるためではなかったようです。)
http://isikari.genin.jp/kitanokodaisi/kitanokodais...

<太田>

 おお、サンキュー。



#5083(2011.10.30)

 アラブの春は、これまでのところ、それを指導する思想、思想家抜きで行われてきたってさ。
 そりゃそうだろ。
 アングロサクソン化・・アングロサクソン・ウェイ・オブ・ライフの追求・・がモチーフだから、「思想」、「思想家」なんていらないのよ。
 ホントは、日本人が、彼らに、人間主義という「科学的」「思想」を提供すべきなんだけどね。↓
 ・・・More than 10 months after it started with the suicide of a Tunisian fruit vendor, the great wave of insurrection across the Arab world has toppled three autocrats and led last week in Tunisia to an election that many hailed as the dawn of a new era. It has not yielded any clear political or economic project, or any intellectual standard-bearers of the kind who shaped almost every modern revolution from 1776 onward. In those revolts, thinkers or ideologues -- from Thomas Paine to Lenin to Mao to Vaclav Havel -- helped provide a unifying vision or became symbols of a people’s aspirations.・・・
http://www.nytimes.com/2011/10/30/sunday-review/th...



#5121(2011.11.18)

 人間(じんかん)主義的な人陬キシトシン感受性が高い人=特定の遺伝子を持っている人、ということが分かったらしい。↓
 ・・・The genetic variation affects the receptor for oxytocin, often referred to as the "love hormone" or "cuddle chemical" because it plays a role in social bonding, trust, empathy and generosity. Levels of oxytocin increase during orgasm and childbirth, and it helps the formation of bonds between friends, lovers, and parents and children.・・・
 ・・・people with two G variants of the gene are more empathetic and "prosocial," showing more compassion, cooperation and positive emotion. In contrast, those with the at least one A version of the gene tend to be less empathetic, may have worse mental health and are more likely to be autistic.・・・
 <ただし、遺伝は人間の特徴の約半分しか規定しないことをお忘れなくとよ。↓>
 Our biological makeup only accounts for less than half of our traits, and this one genetic variation interacts with many other genes, experiences, societal structure, etc."・・・
http://healthland.time.com/2011/11/17/telltale-sig...



#5123(2011.11.19)

 妖怪(妖し)は、人間主義、とりわけ日本におけるそれ、を理解する鍵である、と言えるのではなかろうか。人民網のなかなか秀逸な記事だ。↓
 ・・・多くの国では、妖怪を「神話に登場する、姿形が奇怪で恐ろしく、妖術を操り、人間に害を及ぼす化け物」と定義づけている。このような解釈とは異なり、日本人にとって、妖怪という語句が持つ意味合いは、良くも悪くもなく「中性的」だ。・・・
 日本の妖怪は、善良で可愛らしい面を持つ一方、恨み辛みに溢れた邪悪な面も持ち合わせている。日本の民俗学者・柳田国男氏は、「日本の妖怪の最大の特徴は、その二面性にある。善と悪が簡単に入れ替わるのだ」との見方を示す。・・・
 日本人研究者の分析考察によると、日本の妖怪史は大きく分けて3段階に分かれるという。初期の妖怪は、河童や天狗など、自然界や動物に対する人間の畏敬の念から生まれた。その後、人工製品の登場に伴い、人々はそれらの製品にも魂があると感じ、道具類から生まれた妖怪が誕生した。有名な「百鬼夜行絵巻」には、さまざまな廃品が妖怪になり、不満な顔をして街頭を練り歩く様子が描かれている。第3段階になると、日本社会はいっそう成熟し、人間関係が日常生活の重要要素となり、人間から変化した妖怪が主流となった。・・・
http://j.people.com.cn/94475/7649472.html



#5167(2011.12.11)

 「人間主義・唯一神・人権」(コラム#488048824884)シリーズやコラム#4885で私が主張したことを真っ向から否定するコラムが出てたな。↓
 <冗談じゃない。↓>
 Individualism <is> a basic human right・・・
 <何で戦前の日本の「ナショナリズム」が共産主義やナチズムやイスラム原理主義と並置されるんだよ?↓>
 We have seen enough terror and crimes against individuals in the name of anti-individual identities, committed in the name of communal (communism in all forms), national (Japan’s imperialism), religious (Sept. 11, 2001, attacks), cultural (female genital mutilation) or ethnic identity (Nazi Germany).
 <そうだよ。だから戦前の日本を並置させちゃいけないんだ。↓>
 Individuals have the right to live according to their ideas and governments have the duty to secure the possibility of this. The state itself, however, must remain neutral with regard to the life choices of individuals.・・・
 <中共等の唱える「アジア的諸価値」なんちゅうのはむろんインチキだ。↓>
 This approach has been always contested. More recent criticism comes from countries still immersed in “thick” traditions, insisting on the communal nature (or definition) of human beings, which, subsequently, would require a cultural reformulation of human rights that secures greater influence of the state or the community on the individual’s way of life. China’s propagation of so-called “Asian values” is such an example.
 <現在もまた、日本が台湾、中共、そしてマイケル・サンデル大先生(コラム#3622362436264862)と並置されている。中共は脇に置いとくとして、その通りだよ。↓>
 US political philosopher Michael Sandel’s “encumbered self” is another one and it is no coincidence his book, Justice, has become so popular in countries with “thick” cultures, such as Taiwan, China and Japan.・・・
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archive...



#5171(2011.12.13)

 日本の大卒男女差別のひどい現状を見よ。
 大卒女性を活用すれば、GDPは15%上昇するとさ。↓
 ・・・Japanese women constitute nearly half (48%) of university graduates. Yet this tranche of talent is woefully underutilized: Only 67% of college-educated women are currently employed, and many of them either languish in low-paid, part-time jobs or are shunted into dead-end “office-lady” roles serving tea for male managers and dusting their desks at the end of the day.・・・
 ・・・better using its educated women would be an innovation that・・・would add 8.2 million brains to the workforce and boost the economy by 15%. ・・・
http://ideas.time.com/2011/12/11/japans-working-wo...

 野田首相、男女差別撤廃をぶちあげたらいいのになあ。↓
 ・・・野田内閣の支持率が9月の発足直後の65%から3か月で42%へと下落した・・・
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111212-OY...



#5179(2011.12.17)

 これ、支那における儒教と日本における儒教の一番大きく違う点なんだけど、忠臣蔵が題材になってるところが面白いね。↓
 ・・・敵討ちはその殆(ほとん)どが親兄弟の無念を晴らすためであり、主君の敵を討つなどという事例はあり得なかった。そういう点で、<忠臣蔵は、>まったく新しい思想的な事件でもあったのである。
 その証左を討ち入る際に掲げられた「浅野内匠頭家来口上」に窺(うかが)うことが出来る。事の経緯と主君の無念を思う心境を吐露した後、結びに注目すべき一文を書き付けていた。−−「君父の讐(あだ)は倶(とも)に天を戴(いただ)かざるの儀、黙止し難く、今日上野介殿御宅へ推参仕り候」と。・・・
 口上の原案を見た時、義士の一人、堀部安兵衛はこの箇所に疑念を抱いた。なにゆえか。それは典拠とした中国古典の『礼記』には「父の讐は与に共に天を戴かず」とあり、「君父」なる言葉はどこにも見当たらなかったからだ。
 そこで堀部は、かつての剣術の同門で儒者の細井広沢をひそかに訪ね、意見を求めた。細井はこの場合は必ずしも出典の文言にこだわる必要はないと回答。これを聞いて堀部は安堵(あんど)して帰って行ったという。
 以上のごとく『礼記』を拠り所としながらも、敢えて「父」を「君父」と言い換えることで、<内蔵助は>独自の行動哲学を創造した<のだ、>・・・
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111217/art11121...



#5189(2011.12.22)

 ダライ・ラマがその新著で、私とほとんど同じことを言ってるよ。
 要するに、宗教なんてどうでもいいのであって、同情心(compassion)こそ不可欠だとさ。
 この本は人間主義のススメだな。↓
 ・・・Dalai Lama・・・argues in his new book that what is more important is "an approach to ethics which makes no recourse to religion and can be equally accessible to those with faith and those without; a secular ethics."
A metaphor the Dalai Lama likes to use goes like this: The difference between ethics and religion is like the difference between water and tea. Ethics without religious content is water, a critical requirement for health and survival. Ethics grounded in religion is tea, a nutritious and aromatic blend of water, tea leaves, spices, sugar and, in Tibet, a pinch of salt.
 "But however the tea is prepared, the primary ingredient is always water," he says. "While we can live without tea, we can't live without water. Likewise, we are born free of religion, but we are not born free of the need for compassion."・・・
 <仏教は、鈴木大拙等の尽力で米国に普及し始めた、と書いてくれてるね。↓>
 Buddhism, which has a history of adapting to changing times and cultures, was founded by Siddhartha Gautama in India about the 6th century BC and then spread to China, Japan, Korea, Tibet and Vietnam. It arrived in the United States in the 19th century and was popularized in the 1950s and 1960s by the likes of Buddhist missionary D.T. Suzuki, author Alan Watts and beat poet Allen Ginsberg. Today a new American hybrid of Buddhism is blossoming, fed by a large representation of Jewish practitioners.・・・
http://www.latimes.com/entertainment/news/la-et-bo...



#5193(2011.12.24)

 米国じゃ、宗教活動を一生懸命やってる者ほど、人間主義的だってさ。↓
 ・・・some 40 percent of Americans engage in some form of religious activity, whether going to a mosque, a synagogue, or a church. And in turn, they feel better all around about their place in the larger civic community.
 ・・・these individuals are more trusting of others, are more optimistic about their impact on their community, think more highly of their community, are more involved in more organizations of all kinds, and devote more time to the groups to which they are active, in comparison to those who do not engage in religious activities.・・・
http://www.csmonitor.com/USA/Society/2011/1223/Rel...



#5201(2011.12.28)

 ネアンデルタール人は人間主義者だったのね。(古人類学者、見てきたようなウソをつき?)↓
 <計画は苦手だったけど、工作能力は高かったってさ。↓>
 ・・・Neanderthals, they posit, were empathetic; possessed at least some language; were companionable; strongly attached to family; able but not skillful at planning ahead; and demonstrated impressive mechanical skills.
 <排外主義的で、住居の移動を嫌い、革新的でなかったとよ。↓>
 On the negative side, they were xenophobic, occupying a small territory from which they rarely strayed. They were not innovative. They may also occasionally have eaten one another, probably when they were hungry enough. Some humans have been known to do the same.
 <ネアンデルタール人は槍の穂先を発明したのだ。↓>
 As evidence of Neanderthal mechanical savvy, the authors cite the creation of the spearhead. The early Neanderthals simply chipped away at a rock with a harder rock to create a sharp edge, copying something that usefully appeared in nature. This chipping technique, known as knapping, is simple.
 <ちなみに、初期のネアンデルタール人と同様、チンパンジーだってオランウータンだって岩をより固い岩に打ち付けて鋭い破片をつくることくらいはできる。↓>
 “Chimpanzees and orangutans (and college students) have been taught to do it,” ・・・.
 <しかし、その後、ネアンデルタール人は、岩に槍の穂先のような加工を施すことができるようになった。↓>
 But the Neanderthals refined the art of knapping to create the Levallois spear head, an intricately faceted point that could effectively maim or kill an animal as large as a mammoth.
 <更にその後、ネアンデルタールは、それを槍の穂先にくっつけられるようになったのだ。↓>
 After figuring out the spear point, they had to determine a method for attaching it to the wooden shaft.・・・
 <その方法だが、瀝青でくっつけた上、(多分)ひもでくくったと思われる。↓>
 The Neanderthal solution, involving bitumen(瀝青) and perhaps the intricate lashing(ひも)together of the two pieces (the lashings do not survive), represents the high point of known Neanderthal innovation.・・・
 <しかし、それよりも高度な人類の槍と出会った時、それをネアンデルタール人は導入しようとしなかった。その結果、彼らは全滅した。↓>
 They were loath to break from routine, however. Even after they were exposed to the far more effective spears of contemporary Homo sapiens 40,000 to 30,000 years ago, they failed to incorporate that more sophisticated technology into their own. This contributed to their eventual demise.・・・
http://www.nytimes.com/2011/12/28/books/how-to-thi...



#5221(2012.1.7)

 日本の失われた10年というのは神話だってさ。
 英語できる人は絶対に全文を読んで損をしないコラムだよ。↓
 <その間も、しっかり延びた平均余命。↓>
 ・・・Japan’s average life expectancy at birth grew by 4.2 years -- to 83 years from 78.8 years -- between 1989 and 2009.・・・
 <インターネット社会化はすさまじい。↓>
 ・・・of the 50 cities in the world with the fastest Internet service, 38 were in Japan, compared to only 3 in the United States.
 <円はドルにもポンドにも、そしてスイスフランにさえ強くなった。↓>
・ Measured from the end of 1989, the yen has risen 87 percent against the U.S. dollar and 94 percent against the British pound. It has even risen against that traditional icon of monetary rectitude, the Swiss franc.
 <依然として飛び切り低い失業率。↓>
・ The unemployment rate is 4.2 percent, about half of that in the United States. ・・・
 <高層建築が建つ数は、東京がニューヨークやロサンゼルスを凌駕。↓>
 ・・・81 high-rise buildings taller than 500 feet have been constructed in Tokyo since the “lost decades” began. That compares with 64 in New York, 48 in Chicago, and 7 in Los Angeles.
 <経常収支の黒字は増えるばかり。↓>
・ Japan’s current account surplus -- the widest measure of its trade -- totaled $196 billion in 2010, up more than threefold since 1989. By comparison, America’s current account deficit ballooned to $471 billion from $99 billion in that time. ・・・
 <中共への輸出は14倍に、しかも対中共収支はおおむねプラマイゼロ。↓>
 ・・・Japan has increased its exports to China more than 14-fold since 1989 and Chinese-Japanese bilateral trade remains in broad balance. ・・・
 <米国のGDPの数値は嘘っぽい。実際には日本の成長率の方が高かった可能性がある。↓>
 On the calculations of John Williams of Shadowstats.com, a Web site that tracks flaws in United States economic data, America’s growth in recent decades has been overstated by as much as 2 percentage points a year. If he is even close to the truth, this factor alone may put the United States behind Japan in per-capita performance. ・・・
 <ミシュランの最高級レストランの数は東京がパリをはるかに引き離してダントツのトップ。↓>
 Tokyo, according to the Michelin Guide, boasts 16 of the world’s top-ranked restaurants, versus a mere 10 for the runner-up, Paris. Similarly Japan as a whole beats France in the Michelin ratings.・・・
 <(ここでは引用しなかったが、いわば産業のコメをたくさんつくっている)日本は、ドイツ、韓国、台湾、そして中共に伍して貿易黒字を押し上げてきた。↓>
  Japan’s achievement is all the more impressive for the fact that its major competitors -- Germany, South Korea, Taiwan and, of course, China -- have hardly been standing still. The world has gone through a rapid industrial revolution in the last two decades thanks to the “targeting” of manufacturing by many East Asian nations. Yet Japan’s trade surpluses have risen. ・・・
http://www.nytimes.com/2012/01/08/opinion/sunday/t...



#5265(2012.1.28)

 人間主義が人にとって本来の姿であることを指摘している書評だ。↓
 ・・・Sennett reminds us that humans are naturally wired to get along and that our capacity for cooperation far exceeds the institutions that attempt to limit us. He cites psychologist Erik Erikson’s work with young children, for example, as evidence of how “we learn how to be together before we learn how to stand apart.” ・・・
http://www.washingtonpost.com/entertainment/books/...



#5267(2012.1.29)

 ネズミも、その大部分は人間主義的だ、という実験結果が出た。
 となると、「人間(じんかん)」主義的、という言葉は再検討する必要があるのかねえ。
 逆に言うと、動物も人間も、人間主義的じゃない奴が、少数ながら常に一定の割合でいるってわけだから、そいつらが、非人間主義的な「悪いこと」を仕出かした場合、人間主義的に爾後ふるまうように措置することが、(たとえ、同意の下であれ)許されるか、という問題が、『時計じかけのオレンジ』(5136、38、40、42、44)を引用しつつ、提起されている。↓
 ・・・<Concerning a> recent experiment (about which we have some ethical reservations) at the University of Chicago・・・<r>esearchers there took two rats who shared a cage and trapped one of them in a tube that could be opened only from the outside. The free rat usually tried to open the door, eventually succeeding. Even when the free rats could eat up all of a quantity of chocolate before freeing the trapped rat, they mostly preferred to free their cage-mate. The experimenters interpret their findings as demonstrating empathy in rats. But if that is the case, they have also demonstrated that individual rats vary, for only 23 of 30 rats freed their trapped companions.・・・
 Are We Ready for a ‘Morality Pill’・・・<suggested in> “A Clockwork Orange,”・・・
http://opinionator.blogs.nytimes.com/2012/01/28/ar...



#5275(2012.2.2)

 女性に投与した場合だが、彼女を、テストステロンは非人間主義的に、オキシトシンは人間主義的にするってさ。↓
 Testosterone can skew one’s judgement, creating the impression that decisions are best taken alone even in situations that call for collaboration, according to a study released yesterday.・・・
 ・・・oxytocin, promotes the urge to work side-by-side.・・・
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/201...



#5295(2012.2.12)

 情報革命と民主主義化によって、今や女性が指導的地位に就くべき時代となりつつあるってさ。
 縄文モードを世界に普及すべき時代になりつつあるってことだ。↓
 ・・・In the past, when women fought their way to the top of organizations, they often had to adopt a “masculine style,” violating the broader social norm of female “niceness.” Now, however, with the information revolution and democratization demanding more participatory leadership, the “feminine style” is becoming a path to more effective leadership.・・・
 <対テロや対叛乱においても女性的アプローチが最適だとよ。↓>
 Military success against terrorists and counterinsurgents requires soldiers to win hearts and minds, not just break buildings and bodies.・・・
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archive...



#5299(2012.2.14)

 またまた、人民網が日本の人間主義文明を称賛する記事を載せた。↓
 ・・・「ドラえもん」や「名探偵コナン」、「千と千尋の神隠し」など日本を代表するアニメ作品には、チームワークやたゆまず努力する精神、自己鍛錬、環境保護、秩序を重んじる姿勢など、日本人の特性が込められている。
 また日本の同産業の商品は時空や思考を超越した多次元の世界を描写することで、現代と過去の融合を見事に果たしている。・・・
http://j.people.com.cn/94475/7727771.html



#5313(2012.2.21)

 人間には生まれ落ちた時に既に公平の観念が身についているって話、前にも紹介したねえ。これこそ人間主義のベースでもあるんだな。↓
 ・・・19- and 21-month-old infants have a general expectation of fairness, and they can apply it appropriately to different situations・・・
 “We think children are born with a skeleton of general expectations about fairness,” Sloane said, “and these principles and concepts get shaped in different ways depending on the culture and the environment they’re brought up in.”・・・
 <犬も猿もこの点じゃ人間と同じだってんで、果たして「人間主義」という単語を使い続けていていいのかってハナシにもなる。これも前に紹介したことあるなあ。↓>
 Such findings aren’t limited to humans. Dogs have been shown to become less responsive to commands when they see another dog get a greater reward for doing the same trick・・・
 Capuchin monkeys behave similarly.・・・
 <社会的不平等度の高いところじゃ、人々の幸福度は低く、平均寿命も短いってさ。(これも復習だな。)↓>
 ・・・countries that have less social inequality have greater levels of happiness and longer life expectancies than societies in which there is a greater gap between rich and poor.・・・
http://healthland.time.com/2012/02/20/even-babies-...



#5315(2012.2.22)

<ねこ魔人>

 --人間主義の理解の混乱--

 どうも、今回人間主義についてのコラムをみて、大変面白いと思いました。
 しかし、よくわからないことがでてきました。
 人間主義とは個人主義と関係あるのでしょうか。

 人間主義とは、人は社会との関係性によって人として存在できる、という人間関係の在り方ですよね。

 なので、他者のことを強く意識する。
 すると、人間本来の共感能力が働き、他者のために利他的に働こうとする。
 ここまでは分かります。

 他者のために働こうとすると、自身の為の行動は抑制しなければならない。
 自身の目的のために行動することは、他者に役立つ行為ではないじゃないかと。
 となると、人間主義は複数人の強調を重んずる集団主義とも言える。
 ここまでもまあ納得できました。

 けれど、なぜこのような人の在り方が、村上春樹的な自立した個人と関連があるのでしょうか?
 いまいちその辺が掴めておりません。
 お教え願いたいです。

<太田>

 「村上春樹的な自立した個人」がいかなるものか詳らかにしませんが、人間主義は集団主義的ではあるものの、決して利他主義ではないのであり、従って、人間主義は個人主義的でもある、ということをご説明すればよさそうですね。
 何度も当コラムで申し上げていることですが、「情けは人のためならず」という格言・・本来の意味の方ですよ・・ということを意識的・無意識的に自覚しつつ人間主義社会の個々人は他人との関係を律している、ということです。
 人間主義社会の個々人は、他人の気持ちを忖度してその他人のために言動を行うことが回りまわっていつか自分自身を裨益することが大いにありうる、ということを意識的・無意識的に自覚している、ということです。
 特段これはむつかしいことではなく、日本のような人間主義社会では、基本的に妨げられることなく、個々人が自分の本能・・昨日記したことを繰り返しますが、犬や猿並みの本能・・に従って言動を行う、というだけのことです。
 逆に、非人間主義社会では、個々人が自分の本能に従うことを意図的に抑えて利己的な言動を行わざるをえない、というわけです。
 鶏(社会)が先か卵(個人)が先かみたいなハナシですが・・。

 それでは、その他の記事の紹介です。

 人間主義本能を持ってても、人間主義社会になったり非人間主義社会になったりするのは、人間がこんな風に猿等より「高級」だからだと思うな。↓
 チンパンジーと違って人間の乳児は、他者の顔色を見ながら人の行為を理解し、物事を学んでいく・・・
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/20120221010019...



#5317(2012.2.23)

<ねこ魔人>

 ありがとうございました。人間主義という考え方における、個人主義の位置づけが理解できました。

 ただ、こちらの都合ながら、もう一つ疑問が湧いてきました。
 それについても稿を改めて記しておくので、ぜひお答えいただけたらうれしいです。
 ・・・

 <コラム#5315で>のご説明のおかげで、人間主義的な社会において、個人主義が発現する仕組みを理解することができました。

 ただ、人間主義についてまた別の疑問が出てまいりました。それは、中国や韓国は集団主義社会であるにも関わらず、なぜ他人に関して無関心であるのかということです。
 バラエティーコリアに掲載された記事では、中国人や韓国人は集団的であるとされています。
 一方で、中国では、通行人が倒れている児童を無視したことは記憶に新しいです。

 アメリカは個人主義社会です。
 人々に他者に対する思いやりがないです。
 カトリーナが上陸した町では略奪が起きました。

 中韓とアメリカにおける人間関係の在り方は、集団主義と個人主義という対極に位置しています。
 にも関わらず、両者ともに他者を見捨てます。
 このように、中韓の人々は集団主義であるが、個人主義社会における人間の在り方のように、他者に思いやりがありません。なぜでしょうか。

 たびたびの質問申し訳ございませんが、お答えいただけたら嬉しいです。

<太田>

 米国の方から行きますと、太田コラムの読者ならご存知かと思いますが、米国はできそこないのアングロサクソンであり、まともなアングロサクソンに比べると個人主義を対抗的に補完する人間主義が希薄であり、その欠陥がカトリーナ災害の際のニューオーリンズのように無政府状態になると露呈する場合がある、ということでしょう。

 他方、支那や朝鮮半島においては、過去の政府がもっぱら被治者を収奪する存在であったこともあり、利己主義が蔓延していた、というのが私の認識です。
 人間主義的本能が壊れてしまった利己主義的な阿Q的人物(コラム#234)だらけであったのは支那だけではなく、朝鮮半島も同様であったろう、ということです。
 (アラブ世界もそうだったでしょうし、インド亜大陸もロシアもそうだったことでしょう。)
 このような社会では、人間主義的なふるまいは、親族や疑似親族内においてしかみられなかったはずです。
 このような支那や朝鮮半島・・ただし北部・・で、戦後集団主義的イデオロギーを掲げた政府が樹立されたわけですが、被治者側から見れば、再び収奪的な、ただしより徹底的に収奪的な政府が樹立されたというだけであった上に、集団主義的イデオロギーの注入等に伴って親族や疑似親族が解体されて行ったことから、被治者の大部分において、利己主義がより昂進してしまっている、と考えられます。

 最後に朝鮮半島南部・・韓国・・についてです。
 北朝鮮同様、韓国も日本の統治を受けたことで、日本の人間主義に触れ、啓発されたはずであるところ、北朝鮮とは違って、自由民主主義圏にとどまったことから、戦後、親族や疑似親族内の人間主義が地域内、更には国レベルの人間主義へと拡大する形で、緩慢ながら人間主義的社会への道を歩んでいる、と私は見ています。
 そのことを我々に気付かせてくれたのが、新大久保駅乗客転落事故で助けようとして死亡した韓国人青年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%A4%A7%E4...
です。



#5319(2012.2.24)

<ΓΓΑΓΑ>(同上)

 外国人「日本のフーリガンおかしいだろ、礼儀正しすぎる…」
http://labaq.com/archives/51723744.html
 ↑
 人間主義ってこういうのでしょう。公徳心というか。

<太田>

 人間主義社会における、相互にクライアントでありエージェントである人間同士の関係は全人間的な関係になりがちです。
 つまり、仕事の場における人間関係も、遊び等を含めた友人関係的なものなりがちである、ということです。
 ですから、サービス残業も、心理的強制に基づくものもあるでしょうが、互いに遊び心で残る、あるいは、友人が残業しているから自分も友人として付き合う、といったケースも多々あるのではないでしょうか。
 これを人間主義の欠点と言うべきかどうかは微妙だと思います。



#5321(2012.2.25)

<ねこ魔人>

 お忙しい中、私の質問に2つもお答えくださりありがとうございました。
 ご丁寧な回答で、頭の中で浮かんだ疑問2つも氷塊しました。

<ΓΓΓΑΑ>

≫人間主義社会における、相互にクライアントでありエージェントである人間同士の関係は全人間的な関係になりがちです。つまり、仕事の場における人間関係も、遊び等を含めた友人関係的なものなりがちである≪(コラム#5319。太田)

 上記の太田さんの指摘をふまえれば、外国人が日本の社会や会社の中の人間関係を見れば、家族的に見えたり、集団主義的に見えてもおかしくないわけですね。



#5323(2012.2.26)

<ΑΓΑΓΑ>

≫人間主義は集団主義的ではあるものの、決して利他主義ではない・・・人間主義社会の個々人は、他人の気持ちを忖度してその他人のために言動を行うことが回りまわっていつか自分自身を裨益することが大いにありうる、ということを意識的・無意識的に自覚している、といことです。≪(コラム#5315。太田)

 とすれば下のリンクのように赤の他人のために自分の命を投げ出すことを善しとするような、 自分への見返りが期待出来ない自己犠牲の精神は人間主義とはあまり関係のない主義なのでしょうか?

 新大久保駅乗客転落事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%A4%A7%E4...
 銀河鉄道の夜「蠍の火」
http://www.youtube.com/watch?v=ZXAsh4z2RuU#t=42s

<太田>

 新大久保駅の話(コラム#5317)は、転落した人を助けようとした韓国人も日本人も、どちらも、自分達自身も助かると思って飛び降りたけど、結果的に命を落としてしまったということであり、「自分の命を投げ出」したわけではないよ。
 つまり、彼らのは人間主義の発露だ。
 他方、「蠍の火」は、熱心な法華宗信徒であった宮沢賢治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E8...
が釈迦の本生譚における捨身飼虎の説話
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3...
の釈迦の前世をサソリに、虎をいたちに置き換えたものであるとボクは解しているところ、文字通り「自分の命を投げ出」した利他主義の物語なんだな。



#5333(2012.3.2)

 やっぱ、言葉の本来の意味で人間主義的なのは、動物の中では人間だけみたいだね。(コラム#5313、5315参照。)
 なお、人間主義が利他主義ではないってことが改めて分かるよな。↓
 ・・・他の動物とは違って、人間は「累積的(cumulative)文化」を持っているので、知識共有と相互学習によって、より大きくてよりマシでより強力な道具類をつくることができる。」・・・
 「人間の子供達は、互いに教え合い互いに動機づけ合う」とこの研究の主宰者・・・は述べた。
 「我々は、子供達が他の子供達に自分がもらった<ご褒美の>ステッカー(sticker)を与えるという、文字通り数百にのぼるケースを見ている」と。
 しかし、これとは対照的に、<子供の>チンパンジーとカブーチン猿(capuchin)においては、「我々は<ご褒美の果物を>分かち合う事例を一つも見なかった」と彼は述べた。
 この科学者達は、大人のチンパンジーと猿が自分の子供が学習するのを助けるかどうかについても調べた。
 「しかし、実際には、我々は<連中が人間の場合とは>全く正反対であることを発見した。
 親達は自分達の子供の食物を盗むのだ」と・・・。・・・
http://www.nytimes.com/2012/03/06/science/planet-o...



#5339(2012.3.5)

<ΓΓΓΓΓ>

 昆虫をペットとして飼うのは世界的には珍しいことだったのね。
 フェラーリに乗る昆虫業者は儲かってるんだろうな。
 これは、縄文文化の賜物と解釈してよいのでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/itadaku_eigo/archives/5474...

<太田>

 そうです。縄文文化/人間主義の賜物です。



#5341(2012.3.6)

<ααααα>

 英在住の日本人女性が書いた本によれば(タイトルは失念)、英国人男性と結婚した外国人女性の間でしばしば話題となるのですが、英国人男性は休日は、庭いじりをしたりしてすごすことが多く、友人と出かけることがまったくないのだとか。
 パブでの飲酒も友人と飲んでいるわけではないので、普段から孤独な状態なのだとか。
 太田さんは、常々、イギリスは人間主義<的>社会であると主張されていますが、日本の人間主義的人間関係とはこんなわけで違いがあると思われますが、イギリスの人間関係における人間主義的側面は具体的にどんなものがあるのでしょうか?

<太田>

 「理論」の考察については、ヒュームとスミスという、二人の、イギリス人以上にイギリス人的であったスコットランド人について論じたコラム#41744176を、まず読んでみてください。
 べじたんさんでもどなたでもよろしいが、他にも適当なコラムがあったですかねえ。
 また、現実の考察については、イギリスにおける「早熟」な公的慈善の歴史的事例をしばしば挙げてきたところ、こちらについても、べじたんさん等、コラム番号を教えていただければありがたい。



#5351(2012.3.11)

<文十郎>

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51778270.h...
 この記事にある後醍醐天皇は、太田さんが言われるところの「弥生人」的なものと言っていいのでしょうか?

<太田>

 私は、(後醍醐天皇を含む)貴族も(貴種=貴族を棟梁とする)武士も弥生人の末裔と見ているところです。(コラム#省略)
 ですから、後醍醐天皇と足利尊氏の対立とは、「純弥生」と「縄文と妥協した弥生」との対立だったと受け止めています。
 ところで、上記中の、池田の「人類は歴史の99.5%において狩猟採集生活を送ってきたのだから、その遺伝子に組み込まれているのは、農民ではなく自由を求め・・・暴力への衝動<を内に秘める>・・・るノマドの感情なのだ。」という言には大いに異論がありますね。
 「日本人は歴史の3分の2・・紀元前300年位からの弥生優位の時代とそれまでの約1万年の縄文オンリーの時代であったということが前提・・において定住的狩猟採集生活を送ってきたのだから、その遺伝子に組み込まれているのは、<稲作を中心とする本格的な>農民ではなく自由を求め<平和的な>・・る縄文人の感情なのだ。」というのが私の見解です。



#5353(2012.3.12)

<太田>

 話はがらりと変わって、ONE PIECE展
http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY201203060205...
の特別内覧会(3月17日)の招待状が当たったので、当日行ってくる予定です。
 ONE PIECEについての日英のウィキペディアや作者の日本語ウィキペディアは読んだけど、インターネット上で実際のマンガかアニメの一部を見ることができるのなら、教えてください。
 その他、面白そうな関連情報を提供していただければありがたいです。
 英語ウィキペディアを読んで、初めて舞台が地球じゃないことを知ったなあ。

 例の、人間以外の動物における人間主義的行為の例だ。↓
 類人猿ボノボにも「絆」、傷ついた仲間を捜索・・・
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120310-OYT...



#5355(2012.3.13)

<Snake>

 いつも楽しく拝見させて頂いております。

http://www.anime44.com/category/one_piece
 ワンピースの件。
 こちらなんかいかがでしょうか。

<太田>

 エピソード1は、重くて、ダウンロードしなきゃ、まともに鑑賞できなかったし、エピソード2以下は、何だかインターフェースが良く分かんなかったので、すぐ鑑賞するの止めちゃった。
 まあ、タダ(違法?)だから文句言えんが・・。
 おかげさまで、イメージはかなり掴めました。

<βΓΓΓΓ>

≫ONE PIECEについて・・・インターネット上で実際のマンガかアニメの一部を見ることができるのなら、教えてください。≪(コラム#5353。太田)

 こんなの↓はどうでしょう?
http://www.soku.com/detail/show/XMjM1MTMy

 時間帯によってはめっちゃ重いです。
 でも、不特定多数の人に配信するのは止めといたほうが良いような。。。

<太田>

 「配信」しちゃった。
 これ、中共の「有志」の提供のようだが、インターフェースはこっちの方がいいね。
 タイトルは『海賊王』か。これも分かり易いねえ。

<ΓβΓΓΓ>

 <マンガの>ワンピース購入者の9割が大人と言うことなので、日本人に幅広く受け入れられている作品と言って良いんじゃないかな。
(50歳以上13%、49-30歳32%、29-19歳43%、18-1歳12%)
http://japancool.sblo.jp/article/43353235.html
 以前、日本語の「仲間」という言葉の意味を考える外国人の反応を紹介する書き込みをした事があるけど、その「仲間」というモノをストーリーの中心に置く典型的な日本の少年漫画と思って良いんじゃないかな。
http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51356901...
 Gyaoで一部無料視聴できますけど、雰囲気しかわからないと思うので、併せて<NHKの>クローズアップ現代<(2011年)>でやっていたワンピース特集の動画を張っておきます。

http://v.youku.com/v_show/id_XMjQyODY5MzI4.html
http://v.youku.com/v_show/id_XMjQyODY5NDIw.html
 Gyao
http://gyao.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%AF%E3%83%B...

<太田>

 NHKの番組のインターネット上での映像、これも中共の「有志」の提供のようだが、ご教示、ありがとう。
 黒沢明の『七人の侍』がベースになってるのかあ。
 ところで、Gyaoのアニメは、正規版らしく、ほんの一部(飛び飛び)しか提供されてないんだね。

<ΓΓβΓΓ>

 ワンピースは太田さんにはわからないでしょ。
 私もわかりません・・
 日本漫画は日本漫画村で制作されているため欠点が無視されがち。

 昔でいうと明日のジョーが矢鱈と防御無視でパンチドランカーになる過程も理解できず。
 フォロワーのがんばれ元気も不必要なくらい頭部に打撃を受けていて理解でない。

 ドラゴンボールはよくできた漫画ですが、あそこまで死者が復活するストーリーは妄想でしかない。

<太田>

 ワンピースって、何ちゅうことない、人間主義マンガ/アニメの典型、と考えればよさそうだから、ボクには完璧に分かりそうだぜ。



#5357(2012.3.14)

<ΓΓΓΓβ>

ワンピースの1話
http://www.youtube.com/watch?v=6oFvhK8mbnQ&feature...
ワンピースの2話
http://www.youtube.com/watch?v=IusQL6dRTdo&feature...

 取り合えず5話くらいまで見れば大まかな世界観は掴める・・・かなぁ。
 仲間の1人の「チョッパー」が参入するのですら80話とかなんで味方キャラの把握ですら無理だろうし。



#5359(2012.3.15)

 吉澤章(1911〜2005年)に敬意を表しつつ、日本の平安時代に発祥した折り紙がハイテク、ローテクの様々な分野で応用されるに至っていることを教えてくれる記事だ。↓
 <吉澤、折り紙の祖父と呼ばれてるんだね。↓>
 As noted on Google's home page, Wednesday marks the 101st birthday of Akira Yoshizawa, who is widely considered the grandfather of origami. He did not invent the practice -- origami emerged as a pastime during Japan's Heian period (794-1185). But in his lifetime, Yoshizawa did more than anyone else to elevate it into an art form. Equally important, Yoshizawa created a wordless notation consisting of lines, dashes, arrows, and diagrams that allowed people all over the world, regardless of their native language, to learn origami. ・・・
 <折り紙の本質は単純さと深さのコンビネーションだと。日本文明そのものの本質だーね。↓>
 The combination of simplicity and depth is part of the essence of origami, and is key to Yoshizawa's work and legacy."
http://www.csmonitor.com/Innovation/Horizons/2012/...



#5361(2012.3.16)

 『セイラームーン』でもって米国の少女達が日本の少女マンガ・アニメに目覚め、ブームになったんだね。
 『ONE PIECE』が日本における人間主義の再普及に貢献しているとして、『セイラームーン』は恐らく日本における女性のスポーツの世界における活躍に貢献しているに違いない。
 しかし、どうして『セイラームーン』は日本女性のスポーツ以外の世界での活躍に貢献してないんだ?↓
 ・・・It is a story that encourages young people to stand up for themselves, be independent, and fight for what is right. Sailor Moon’s journey is one of friendship, determination, magic and love.・・・
http://herocomplex.latimes.com/2012/03/08/sailor-m...



#5363(2012.3.17)

<べじたん>

≫太田さんは、常々、イギリスは人間主義<的>社会であると主張されていますが、日本の人間主義的人間関係とはこんなわけで違いがあると思われますが、イギリスの人間関係における人間主義的側面は具体的にどんなものがあるのでしょうか?≪(コラム#5341。ααααα)
≫「理論」の考察については、ヒュームとスミスという、二人の、イギリス人以上にイギリス人的であったスコットランド人について論じたコラム#4174と4176を、まず読んでみてください。
 べじたんさんでもどなたでもよろしいが、他にも適当なコラムがあったですかねえ。
 また、現実の考察については、イギリスにおける「早熟」な公的慈善の歴史的事例をしばしば挙げてきたところ、こちらについても、べじたんさん等、コラム番号を教えていただければありがたい。≪(同上。太田)

 個人主義のエピソードですよね。一方で、リンゼーさんのような人もいるという。

 「また、リンゼーさん自身、very gregarious な女性でした。(彼女の高校の元校長の言)(同上)
 gregariousとは、一般に、「集団を好む」、あるいは「社交的な」と訳されますが、私言わせれば、人間主義的である、ということです。
 私には、イギリス人の中で際立って人間主義者であった彼女が、人間主義社会である日本が大好きで、日本にやってきた気持ちがよく分かります。)」(コラム#4884)
http://blog.ohtan.net/archives/52104106.html

 *ゲルマン人は個人主義
 #2764(2008.9.1)<読者によるコラム:太田アングロサクソン論(その1)>
 http://blog.ohtan.net/archives/51258673.html
 #2766(2008.9.2)<読者によるコラム:太田アングロサクソン論(その2)>
 http://blog.ohtan.net/archives/51259184.html
 *アングロサクソン人はゲルマン系の言語・文化を継受したバスク人
 #1687(2007.3.10)<アングロサクソンの起源>
 http://blog.ohtan.net/archives/50954197.html


 太田さんは次のように書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 #5065(2011.10.21)<皆さんとディスカッション(続x1356)>
「・日本(=人間主義社会)
 :対個人の人間主義→全動植物の個体が対象。
 :対社会の人間主義→世界各地のすべての社会及び自然環境が対象。
                    
 ・アングロサクソン(=人間主義的社会)
 :対個人の人間主義→全人類が対象。
 :対社会の人間主義→世界各地のアングロサクソン社会のみが対象。

 ・米国と欧州(=非人間主義社会)
 :対個人の人間主義→全人類が対象。(ただし、つい最近まで、自分の社会の支配的人種ないし支配的階級に属す個人のみが対象)
 :対社会の人間主義→自分の社会のみが対象 (ただし、つい最近まで、自分の社会の支配的人種ないし支配的階級のみが対象)

 ・支那等(=反人間主義社会)
 :対個人の人間主義→自分の一族(疑似的一族を含む)に属す個人のみが対象。
 :対社会の人間主義→自分の一族(同上)のみが対象。」
http://blog.ohtan.net/archives/52105421.html

 #3491(2009.8.29)<人間主義の普遍性(続)>
 「要するに、アングロサクソン社会(=本来的資本主義社会)では、とりわけ、その社会が時に陥ることがある、裸の個人主義や、資本主義の病理形態たる市場原理主義の下では、人間の本性たる人間主義が抑圧されてしまっている、ということです。
 この抑圧が、災害時には取り払われて、人間の本性が回復する、というわけです。
 日本のような本来的人間主義社会においても、災害時には、人々の人間主義的傾向が一層強まります。
 ただし、その場合、いかなる「人」を人間主義の対象たる「人」と人々が意識するかが問題になってきます。
 災害時には、エリートのみならず、大衆もまた、「少数民族と移民」を「人」とは意識しなくなりなりがちであり、関東大震災の時にエリートと大衆の「協力」の下で朝鮮人虐殺が行われたのはその典型例です。
 戦争もまた、災害の一種、というか災害の最たるものであり、だからこそ、人々は、戦場体験を「驚くべき感謝の念をもって・・・思い出すの」です。
 その戦場において、「人」とは意識されないところの、外国人たる一般住民が虐殺され、強姦されることは何ら不思議ではありません。」
http://blog.ohtan.net/archives/51409240.html

 #3512(2009.9.9)<皆さんとディスカッション(続x593)>
「一、人間以外の動物とは違って、人間には、近親者以外に対しても利他的(=人間主義的)性向がある:縄文時代はかかる性向が発現した個人からなる社会だった。日本は、つい2000数百年前まで、人間主義的社会だったということ。
二、それが、一定程度以上に豊かな社会になると、平時においては、人間は利己的(=個人主義的)になりがちである。:日本においてさえ、弥生時代にはそのような傾向があった。
三、しかし、そのような社会でも、有事(災害時、戦争時)においては例外的に利他的(=人間主義的)性向が発現する。:日本は、その後も、縄文モードの時代においては、世界的には極めて珍しいことだが、平時においても利他的(=人間主義的)性向が発現した個人からなる社会だった。」
http://blog.ohtan.net/archives/51404208.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 以上を合わせると、
 ・日本=平時から人間主義社会(*1)、有事ではさらに強化された人間主義社会
 ・アングロサクソン=平時では個人主義社会(*2)、有事では利他的社会(=人間主義的)(*3)
となります。

(*1)太田さんの言う人間主義とは
 「人間に本来備わっている共感能力(=人間主義)」(#5061)
 http://blog.ohtan.net/archives/52105140.html
 「人間主義とは、個人個人の価値観が異なっている・・より正確に言えば、効用関数とリスク選好が異なっている・・、ことを前提にして、いや、異なっているからこそ、他人の気持ちを慮ったり、人間関係の中長期的ネットワークを形成したりすることは容易ではないけれど大きな意義がある、という考え方なんだよ。
 もっとも、これは、私自身の人間主義であって、果たして和辻の人間主義がそうなのか、さらにはマクマレーの考え方が和辻の人間主義と本当にほぼ同じと言えるのか、はなお精査する必要があるけどね。」(#4739)
 http://blog.ohtan.net/archives/52079249.html
 「イギリスや日本のような人間(じんかん)主義的な社会では、人々は、特定の宗教団体(イデオロギー団体を含む)に入らなくても人的ネットワークをつくることができ、幸せになれるのに対し、欧州、中東といった非人間主義的な社会ではそうは問屋がおろさないってこと。
 ・・・
 悩ましいのは、欧州や中東の人々が、特定の宗教団体に入って人的ネットワークを形成し、幸せになったとしても、その宗教団体が原理主義的なものであった場合、政治的・社会的問題を国(地域)内外で引き起こし、それに構成員も巻き込まれ、(迫害したり殺したりして他者を不幸にしたり、他者から)自分が迫害を受けたり殺されたりして不幸になったりする場合があるってこと
 イギリス人や日本人は、そういうけったいな不幸を味わわせたり味わったりすることを、基本的に免れているわけだ。」(#4433)
 http://blog.ohtan.net/archives/52046626.html

(*2)個人主義が徹底されると(rugged individualism。太田さんは「裸の個人主義」と訳している)、社会が不安定になりがちだが、コモンロー、および、コモンローを補完するエクイティー(信託や慈善)によって、イギリス社会は安定してきた。

 *コモンロー(法の支配。「法治主義」だけではだめで、これに「人権」と「手続き的正義」の保障が加わったもの)と信託に関して
 #2764(2008.9.1)<読者によるコラム:太田アングロサクソン論(その1)>
 http://blog.ohtan.net/archives/51258673.html

 *慈善活動と法律に関して
 #5241(2012.1.17)<皆さんとディスカッション(続x1436)>
 http://blog.ohtan.net/archives/52117333.html
 #1577(2006.12.19)<米国慈善事情(特別篇)>
 http://blog.ohtan.net/archives/50954256.html

 *2011年英国暴動事件の原因
 「私のとりあえずの仮説を述べておこう。
 「同情心」の源泉であったところの、イギリスのエリートが備えていた、「中世」における「騎士」性、「近代」以降における「紳士」性・・シリーズ「イギリスと騎士道」参照・・、が失われたためじゃないかな。
 そして、それがどうして失われたのかだけど、エリートが、「騎士/紳士」性を発揮する見返りとして、昔はフランスから有形無形の収奪をするという、また、百年戦争敗退後は植民地から有形無形の収奪をするという、見返りが期待できたところ、戦後、大英帝国が瓦解したために、もはや見返りが期待できなくなったことが、エリートの堕落、劣化・・騎士/紳士性の放擲・・をもたらした、ってことじゃないかな。
 そうだとすると、エリートの「同情心」をあてにできなくなったところの、非エリートもまた堕落、劣化するのは必然だ、ということにもなる。
 イギリスは、裸の個人主義社会、すなわち、非人間主義社会へと暗転的変貌を遂げてしまった、というわけだ。」(#4933)
 http://blog.ohtan.net/archives/52095583.html

 *「騎士/紳士」性に関して
 #3050(2009.1.22)<日米中英走馬燈>
 http://blog.ohtan.net/archives/51342065.html
 #5253(2012.1.22)<皆さんとディスカッション(続x1441)>
 http://blog.ohtan.net/archives/52117989.html
 #4926(2011.8.12)<イギリスと騎士道(その9)>
 http://blog.ohtan.net/archives/52107083.html

(*3)「戦争・・・が生業である以上、合理的な経済計算に基づき、物的コストや自らの人的被害が最小になるような形で実行されたであろう、ということです。」(#2764)
 http://blog.ohtan.net/archives/51258673.html
 「アングロサクソンの生業が戦争、すなわち戦利品等の獲得、であった・・・というのが私の持論です。戦争というハイリスクハイリターンの集団的な営みが生業であったのですから、コストエフェクティブな戦い方をしなければならない(=経験論的合理主義)、戦争時の指導者は能力本意で選ばなければならない(=議会制)、人間いつも緊張はしておられないので「平時」には、戦争のための訓練を行う時を除き、指導者にはお引き取りいただき(=自由主義・立憲主義)、徹底的に怠惰に(=反産業主義)しかもバラバラに(=個人主義)過ごしてバランスをとらなければならない、等々ということになります。」(#81)
 http://blog.ohtan.net/archives/50955752.html

 ということで、エリートが設計した社会に人間主義(社会民主主義)的側面があるのであって、個人間の人間主義的側面は日本と比べれば薄い、ということになるのでしょうか。

 「イギリスがキリスト教原理主義化しないのは、イギリスは、そのイデオロギーこそ個人主義であるものの、イギリス社会は、実は一貫して人間主義(的)社会であったからです。」(コラム#4884)
http://blog.ohtan.net/archives/52104106.html



#5365(2012.3.18)

<太田>(ツイッターより)

 <昨日、>TWO PIECE展内覧会に行ってきた。
 平素殆ど遠出しないので、雑踏の中で何度も迷子になりそうになった。
 展については、まだ完結していない大長編を紹介することの制約、困難さを感じた。
 それでも、せめて舞台たる惑星(英語ウィキペディア参照)儀のようなものくらいは展示して欲しかったなあ。

<γγΒγγ>(「たった一人の反乱」より)

>TWO PIECE展内覧会に行ってきた。

 ハイセンスなギャグか?

<γγγΒγ>(同上)

 許してやれよ。
 60過ぎてONE PIECEの展覧会に行くフットワークの軽さだけでも十分賞賛に値する行為だよ。
 こういう常に新しいモノを吸収しようとする姿勢は俺も見習いたい。

<γγγγΒ>(同上)

 ツーピースww。
 まぁワンピースという作品自体はどうでもいいんだろうな。
 それが日本でウケてる理由とか作品を分析して見えてくる社会とかが太田さんにとっては興味のあるところなんであって。

<太田>

 ブヒッ!
 何でONEをTWOと書いちゃったのかなあ。
 さてと、エピソード15まで鑑た上で同展に行ってきた。
 教えてもらったNHKの番組が言ってたように、(読者、従って来訪者の)9割方は大人だったし、年配の人も少なくなかったぞ。
 このONE PIECE、太田コラムの推奨マンガ・アニメに指定するよ。
 そのテーマは、一人一人が自分自身の(互いに異なった)自己実現のために互いに命をかけて助け合う、というもんだけど、これぞ人間主義の本質であって、楽しみながらその何たるかを体得できるんだもんね。



#5391(2012.3.31)

<太田>(ツイッターより)

 またまた中共サマに言いたい放題言われちゃってるぞ。

 「…日本の男尊女卑の思想は深刻で、男性は社会において主導的な地位を占め続けている。女性に媚びる<男性>ホストたちは、日本の伝統的価値観からは全く受け入れられない存在だ。…」
http://j.people.com.cn/94476/7772548.html



#5391(2012.3.31)

 自然に触れない生活が普通になった人類は、様々な症候群を呈しつつあるとさ。
 そういう意味でも、人間主義の復権が必要なのさ。↓
 ・・・in less than a generation’s time, millions of people completely decoupled themselves from nature.
 There’s a term for the consequences of this divorce between human and habitat — nature deficit disorder・・・
 Kids who do play outside are less likely to get sick, to be stressed or become aggressive, and are more adaptable to life’s unpredictable turns・・・
http://opinionator.blogs.nytimes.com/2012/03/29/na...

 芥川賞作家の中村文則の初英訳本が刊行され、その書評が出てた。
 書評子が頭を抱えている様子がうかがえる。↓
http://www.washingtonpost.com/entertainment/books/...



#5393(2012.4.1)

<ねこ魔人>

 仮面ライダー電王という作品をごぞんじですか?
 この作品は平成仮面ライダーの作品の中でも飛びぬけて人気があります。
 現在でも新作が作られているほどです。
 私は、この作品の人気があるのも、ワンピースと同様の理由からだと思っていますが、どうでしょうか?

<元・S>

 <コラム#2090>「銀河英雄伝説:消印所沢通信20」<を読み>ました。
銀河英雄伝説はアメリカでは嫌われています。
驚くことに10年連続で子どもに読ませたくない本第一位にランクインしています。

<太田>

 どっちもチラ見をしてみたいな。
 適当なアクセス先を誰か教えてくれないかなあ、と思いつつ、自分で探してみた。

 前の作品(TVシリーズ) 仮面ライダー電王
 回を追う毎に主人公と味方怪人・イマジンとの絆もクローズアップされ、終盤では物語の骨子ともなる。 ・・・<従来のラーダーものに比べて>ライダー同士の戦いがあまり描かれないのも特徴の一つである。 敵怪人による殺人描写も少なく、過去で殺された一般人も「現代にいる誰かが覚えている場合は怪人を倒せば生き返る」という手法を取っており、歴代仮面ライダーシリーズと比べて死者の人数が極端に少ない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3...
は、ここからチラ見ができそうだが、
http://videosearch.seesaa.jp/channel/watch/35556
http://videosearch.seesaa.jp/channel/watch/35556
 どっちも途中で止まっちゃうんだね。
 いずれにせよ、よー分からん。

 後の作品 銀河英雄伝説
 人類は、専制政治を敷く銀河帝国と、民主共和制を唱える自由惑星同盟、および商業を中心とした<銀河帝国内>フェザーン自治領の3つの勢力に分かれ、フェザーンがその経済力と政治工作により勢力を拡張する中、帝国−同盟間では慢性的な戦争状態が150年にわたって続いていた。この長く不毛な戦いが永遠に続くかに思われていた宇宙暦700年代末、2人の英雄が出現し、人類の歴史は大きく展開し始める。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8...
のアニメ版は、ここからチラ見ができそうだ。
http://www.youtube.com/watch?v=3lKIsaDMuak&feature...

 これ↑は最後まで見られたよ。
 オモシロそうじゃん。
 何で、米国でそんなに目の敵にされるのかなあ。(典拠が付いてないから、「読ませたくない本第一位」がホントかどうか知らないが・・。)

 ところで、『ワンピース』は、昨日までで、エピソード32まで鑑賞したぞ。
 タダでのチラ見だから不満言っちゃいけないけど、最近のエピソード、英語吹き替え版しかないのが残念だ。
 とぶつくさ言ってたら、エピソード33で吹き替えなしで字幕でアラビア語を表示しているものがあるのを発見。
http://www.youtube.com/watch?v=PGuPi9Z_1eE&feature...
 世界中でものすごーい人気だってことがよくよく分かるってもんだ。
 何度でも言うが、『ワンピース』、太田コラムの推奨する人間主義マンガ/アニメだからね。

 それでは、記事の紹介です。

 いつものことながら、褒めてくれてありがとさん。↓
 日本人は仕事、私生活にかかわらずきめ細かい。危機意識があり、秩序を重んじる。物事を行う際のこうした規則正しさが日本を発展に導いた。日本人のきめ細やかさは、仕事のほか、ガーデニング装飾や観光地の料理、温泉施設、観光サービスなどさまざまな面にみられる。こうした特徴により、日本は世界に誇る技術や産業、管理を全面的に開花させたといえる
http://j.people.com.cn/94473/7775479.html



#5395(2012.4.2)

<TA>

≫銀河英雄伝説はアメリカでは嫌われています。驚くことに10年連続で子どもに読ませたくない本第一位にランクインしています。≪(コラム#5393。元・S)

 英訳版が出ているという話は聞かないため、勘違いではないでしょうか。↓

 銀河英雄伝説:外国語版
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E8...

 ちなみに中国では人気があるようです。↓

 人民日報も認める『銀英伝』。中国で「愛される理由」は
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20060...

 『銀河英雄伝説』について、私はアニメ版しか知りませんが、政治などの描写についても、「ファンタジー作品」の域を出るものではないという感想です。
 太田さんが言う欧州的な演繹的思考そのものといったところでしょうか。
 作品全体が何か、机上の空論的と言うか、思考実験的と言うか、あまりにリアリティーがないのです。
 製作者側もそれについての自覚があるのか、斧を持っての肉弾戦のグロ描写等を挿入することで視覚的にリアリティーを出そうとしている風なのですが、それが逆に不自然さを際立たせる結果になっています(敵兵の姿を直接見ることがないのが現代戦以降の「リアル」でしょう)。
 ケチをつけるようなことを言いましたが、作品自体は面白いものです。

<太田>

 にゃるほど、三国志演義や水滸伝の影響を受けてて、善玉の方のヒーローの名前も支那風(日経ビジネス上掲)ってわけね。

<TA>

 そうそう。『銀河英雄伝説』と好対照なのが、『太陽の牙 ダグラム』というアニメ作品です。↓

 「・・・1981年(昭和56年)・・・から・・・全75話が放送された・・・SFアニメ(ロボットアニメ)。・・・子どもたちだけでなく、その父親層までも視聴者に取り込むことを目的とし、単なる勧善懲悪ではなく実際にあり得るのと同じ独立戦争をテーマとし、その発端から終結までを描いている。 登場人物たちはそれぞれの政治的使命や信念に基づいて行動し、単純な悪役が存在しないリアルなストーリーを追求している。そのため、少年向けアニメには珍しく複雑な社会構造を背景とした重厚な政治ドラマや戦略的駆け引きが展開される。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3...

 制作・放送年代から、戦後の「属国」日本のメンタリティを考える材料とすることも出来るため、太田さんに観てもらって感想をお聞きしたいとは思うのですが、「全75話」という有り得ない長編作品のため、推薦出来ずにいます。

<太田>

 そのうち、チラ見をしてみましょう。

<ねこ魔人>

 --仮面ライダー電王--

 具体的なシーンは上げることができませんでした、すいません。その代り、つべに上がっている動画を紹介させていただきたいと思います。

動画1:主人公に憑依する個性あふれるイマジンたち
http://www.youtube.com/watch?v=IGmuQTUir-0&feature...

→「仮面ライダー電王 イマジンあにめ」とはこれいかに?(太田)

動画2:1はややふざけてるので、opをうたっているイマジンたち
http://www.youtube.com/watch?v=u7JrpNlkRgo&feature...

画像1:電王の各フォーム。上記のイマジンたちは、電車の定期券のような外見をしたライダーパスを媒介にして、主人公に憑依します。憑依するイマジンが変わることに伴って、電王の形態も変化します。
http://eigadvdlove.seesaa.net/upload/detail/image/...

→フムフム。(太田)

 私は、電王という作品は、人間主義を表した作品が人気が出ることの表れだと思っております。

 本来、仮面ライダーという作品は、個人主義的な作品です。
 たった一人で悪の組織と立ち向かうという作品なのですから。

 しかし、電王は異色です。
 この作品では、悪の組織と戦う人物自体は主人公1人なのですが、イマジンと呼ばれる、個性あふれる味方の怪人たちが主人公に憑依することで、協調しながら敵を倒していくからです。

 この作品は、人間主義的なものといえるのではないでしょうか?
 各イマジンたちは、悪を倒すという共通の目的のために協力しているけれど、強烈な個性を持っているからです。

 この作品は人気がずば抜けています。
 事実、平成仮面ライダーの人気投票では、2位を2倍以上引き離して圧倒的な首位当選を果たしています。
http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-1317.html

 他の例としては、仮面ライダー電王は、テレビ放送が当の昔に終了したにもかかわらず、いまだに映画で続編が作成され続けています。

 仮面ライダー電王という作品は、本来は個人の孤独な戦いを描く仮面ライダーという作品の中では異色の、複数の仲間と強調して敵と戦う作品です。
 この仲間たちは個性も持っているので、この作品では、人間主義が描かれていると思います。
 しかもこの作品は人気があります。
 太田さんは、人間主義的な作品が人気が出るとおっしゃっています。
 電王は、さきほど述べたとおり、人間主義的な作品で、しかも人気があります。
 よって、電王は、太田さんの上記説の1例と呼べるのではないでしょうか?
 孤独な個人が敵と戦うことを描く仮面ライダーですら、一番人気が出るのは、個性をもった仲間と強調して戦う作品である電王なのですから、皮肉な気もしますが。

<太田>

 おっしゃりたいことはよく分かりました。
 恐らくその通りなんでしょうね。

 とにかく、頭に叩き込むべきことは、人間(じんかん)主義は、断じて集団主義ではないことです。(もちろん、個人主義でもないけどね。)



#5397(2012.4.3)

<ΒΒβΒΒ>

 銀河英雄伝説ならまずこれを見るべきでしょ?

【LoGH DVD.ver】My Conquest is the Sea of Stars 1/6
http://www.youtube.com/watch?v=i38WA41OOH8
【LoGH DVD.ver】My Conquest is the Sea of Stars 2/6
http://www.youtube.com/watch?v=DQ6WjZ7tNKA
【LoGH DVD.ver】My Conquest is the Sea of Stars 3/6
http://www.youtube.com/watch?v=z63nMNq6ecM
【LoGH DVD.ver】My Conquest is the Sea of Stars 4/6
http://www.youtube.com/watch?v=R47RLJJBG7U
【LoGH DVD.ver】My Conquest is the Sea of Stars 5/6
http://www.youtube.com/watch?v=oLweLnrmRoU
【LoGH DVD.ver】My Conquest is the Sea of Stars 6/6
http://www.youtube.com/watch?v=wJPIJpyqtvc

↑『わが征くは星の大海』(劇場用映画・60分)1988年2月
今見ると色々ツッコミどころの多い作品ですが、四半世紀前でこのクオリティは素晴らしいの一言。

<太田>

 情報提供、深謝。
 今んところ、『ワンピース』鑑賞だけでアップアップだけど・・。(昨夜も寝不足に!)

<ΒΒΒβΒ>

 韓国の教育情報化に驚いた。
http://blogos.com/article/35604/

 デジタル化すれば、すべて良いというわけではないが、韓国の実行スピードには日本はもう完敗だし、羨ましいのだが、一方でまたまた起源を捏造しているからうんざりしてしまう。
 なんとかならんものなのかね。(笑)
 なぜなんだ?
http://news.livedoor.com/article/detail/6430990/

 『革命的飲酒主義宣言 ノンストップ時評50選!』(坪内 祐三・福田和也対談)を最近読んだ。
 福田曰く
 「朝鮮半島は朱子学のせいで、理や気といった概念が発達して物事を正邪で見るくせがあり、それがキリスト教にうまくはまってしまった。日本では、伊藤仁斎が「人外無道」を唱え、抽象的概念を排除した。」

 と言っていた。
 「人外無道」とは、元々は論語の言葉であり、人の外に道なく、道の外に人なし、ということのようだ。
 この言葉はまさに人間主義そのもののようなので驚いた。
http://ir.library.osaka-u.ac.jp/metadb/up/LIBKIYOK...
 この<子安宣邦の論考の>100/200ページに「人外無道」に関する考察がある。

 コラム#1648「昭和日本のイデオロギー(その6)>」
http://blog.ohtan.net/archives/51000503.html

 これを読み返して妙に納得しました。

<太田>

 紹介してくれた子安宣邦の論考、斜め読みを始めたけど、長いし、小むつかしいので、「人外無道」に行きつくまでの四0頁あたりで読むの止めた。

 伊藤仁斎(注i)(コラム#1648のQ&A)の言に「惟<=おもふに>孝弟<(注ii)は>忠信を言て足れり」があり、「仁斎の思想とは、人々の日常の交わりに尽きるともいいうる人道を根幹として、人間の世界をとらえきろうとしたものということができる。」(五頁)というわけか。

(注i)1627〜1705年。「<そ>の学問手法は、当時支配的だった朱子学的経典解釈を廃し、直接テクストを検討するというものである。朱子学は・・・、その成立過程に流入した禅学や老荘思想といった非儒教的な思想のために経書の解釈において偏りがあった。仁斎はそのような要素を儒学にとって不純なものとみなし、いわば実証主義的な方法・・・<である>古義学・・・を用いた。このような傾向は同時代の儒学研究に共通にみられるものである。・・・<彼は、>日常生活のなかからあるべき倫理と人間像を探求して提示した。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E4...
(注ii)孝弟とは、「父母に孝行をつくし、兄など年長者によくつかえること。」
http://www.weblio.jp/content/%E5%AD%9D%E5%BC%9F

 伊藤仁斎も今まで取り上げたことがないなあ。
 確かに、彼、江戸時代における、荻生徂徠、安藤昌益、本居宣長らと並ぶイデオロギー排斥論者であったことに加えて、日本で人間主義を唱えた最初の人物、とみなすことができるのかもしれないね。
 そのうち、改めてコラムで取り上げようかな。



#5409(2012.4.9)

<Βββββ>
 自力で生活できない人を政府が助ける必要はない」が約4割
 
 1つは、日本では「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」と考える人が世界中で最も多くなっている点である(出典:「What the World Thinks in 2007」The Pew Global Attitudes Project)。
 「助けてあげる必要はない」と答えた人の割合は日本が38%で、世界中で断トツである。
 第2位はアメリカで28%。アメリカは毎年多数の移民が流入する多民族、多文化の国家であり、自由と自己責任の原則を社会運営の基軸に置いている。この比率が高くなるのは自然なことだ。
 そのアメリカよりも、日本は10%も高いのである。
 
 日米以外の国におけるこの値は、どこも8%〜10%くらいである。イギリスでもフランスでもドイツでも、中国でもインドでもブラジルでも同様で、洋の東西、南北を問わない。
 経済水準が高かろうが低かろうが、文化や宗教や政治体制がいかようであろうが、大きな差はない。
 つまり“人”が社会を営む中で、自分の力だけでは生活することすらできない人を見捨てるべきではない、助けてあげなければならないと感じる人が9割くらいいるのが“人間社会の相場”なのである。
 
 にもかかわらず日本では、助けてあげる必要はないと判断する人の割合が約4割にも達している。
 日本は、“人の心”か“社会の仕組み”かのどちらかが明らかに健全/正常ではないと言わざるを得ない。
 この場合、政治の制度や仕組みと比べて人の心はずっと普遍的であるはずなので、問題は日本の政治の仕組みや政策にあると考えるのが妥当である。
 言い換えるなら、人の心をここまで荒んだものにしてしまうほどに、現行の日本の政策や制度は正しくないということになる。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/2011...

 戦後日本はむしろ人間主義が崩壊しつつあるんじゃないかと勘ぐりたくなる。

<太田>

 たまたま気が付いたけど、人間主義に近い言葉に、間接的互恵的利他主義(indirect reciprocal altruism)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%92%E6%81%B5%E7...
ってのがあるんだね。

 さて、統計ってのは、社会的背景の下で解釈されなければならない。
 「所得が生活保護支給基準以下となるケースの内、実際に受給している割合を示す「捕捉率」は、イギリスでは87%、ドイツは85-90%なのに対し、日本は約10-20%となっている」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4...
が示しているのは、日本では、助けてもらってしかるべき人々の方も、助けてもらいたくない、助けてもらう必要はない、と考えている人が大部分だってことだ。
 となると、これらの統計的事実をもって「日本は、“人の心”か“社会の仕組み”かのどちらかが明らかに健全/正常ではないと言わざるを得ない」と断じる上記コラムニストは早とちりだってことになりそうだ。
 ボクの仮説だけど、日本は人間主義社会だから、助けてもらいたい人、助けてもらう必要のある人の大部分は、現に他人達から助けてもらっているからこそ、それを超えて、政府に助けてもらいたい人、助けてもらう必要がある人は少ないってことであり、一般の人々もこのことを何となくだけど分かってる、ってことなんじゃないかな。



#5439(2012.4.24)

<太田>(ツイッターより)

 「中国化する日本(…文藝春秋)」<の著者の>…愛知大学助教授の…與那覇氏は「日本のいわゆる西洋化は、実は東アジアに古くから存在していた『中国化』を実現したものだ…」<と指摘している。>
http://j.people.com.cn/94475/7795124.html

 面白そうじゃん。
 読んだ人は感想を聞かせて!



#5441(2012.4.25)

<薬の理屈の追究者>

≫中国化する日本(…文藝春秋)」<の著者の>…愛知大学助教授の…與那覇氏は「日本のいわゆる西洋化は、実は東アジアに古くから存在していた『中国化』を実現したものだ…」<と指摘している。>・・・面白そうじゃん。読んだ人は感想を聞かせて!≪(コラム#5439。太田)

 著者(與那覇潤氏)の「中国化」とは、<日本社会のあり方が、宋時代に始まった中国社会のあり方(貴族制の廃止、政治権力の皇帝専制、科挙制、完全な自由主義経済など)に似てくること>を指しています。対立概念として「再江戸時代化(身分制、地方分権、土地に固定された民衆と経済活動の制など)」という言葉も使っています。
 太田さんの縄文化霖者の「再江戸時代化」、弥生化霖者の「中国化」と、それぞれを読みかえると、”太田ファン”にはほぼなじみの論展開と主張です。ポップな語りでとてものりがよいです。

 「おわりに ポスト「3.11」の歴史観へ;変わらなかった課題と変えてゆく未来」から以下に引用します。

 「中国が進んでるなんてあり得ない」「ましてや日本が追い抜かれるはずも無い」「待っていれば景気は良くなるから日本は大丈夫」「政権を変えれば政治も良くなるから日本はよみがえる。」……教え始めた当初はまだまだ多かった、脱亜入欧の幻想が信じられていた時代の「古い歴史観」に固執する学生さんたちは、その後の時代の流れによって自ずと淘汰され、いまではむしろある種の緊張感を持って、「新しい歴史観」に足を踏み入れる姿が目立つようになりました。
(略)
 本書が、しばしば一部のオタク向けのマニアックな雑学、ないしは平常時のお遊びであって危機の時代の有用性に乏しい虚学と勘違いされがちな歴史研究が、本当はこれからの国家国民の再建にとっていかに必要な学問であるかを、少しは証明することにつながってくれればと願っています。(p298)

<太田>

 こういう人なんですね。↓

 「與那覇 潤(よなは じゅん、1979年〜)は、・・・2002年東京大学教養学部超域文化学科卒、07年同大学院<にて>「翻訳の政治学 近代日本成立期における人種・血統・民族の言説分析」で、博士<号>・・・著書:翻訳の政治学 近代東アジア世界の形成と日琉関係の変容 岩波書店 2009.12、帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史 NTT出版 2011.1、中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史 文藝春秋 2011」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%87%E9%82%A3%E8...

 願うらくは、もっと素直に日本のよさ、日本の独自性を認めて欲しいところですね。



#5453(2012.5.1)

 スウェーデンの昔の狩猟採集人と農業人の骨の遺伝子分析から、後者の方が南欧系の要素が強いことが判明した。
 つまり、欧州でも、日本と同じように、農業技術を持った人々が移住してくることによって、農業が普及して行った、ということだ。↓
 ・・・The hunter-gatherers, from the island of Gotland, bore a distinct genetic resemblance to people alive today in Europe's extreme north, said Jakobsson, who reported his findings in Friday's edition of the journal Science. The farmer, excavated from a large stone burial structure in the mainland parish of Gokhem, about 250 miles away, had DNA more like that of modern people in southern Europe.・・・
http://www.latimes.com/news/science/la-sci-dna-eur...



#5477(2012.5.13)

<太田>(ツイッターより)

 日本がドイツを抜き、世界の人々から一番好感を抱かれている国になった。
 スゴーイじゃん!
http://www.bbc.co.uk/news/world-18038304
 その理由も明らかにされている。要するに人間主義だな。ただし、日本が一番評判が悪い点は外交政策だってのは傑作だねえ。
http://www.globescan.com/images/images/pressreleas...



#5538(2012.6.15)

 G-20諸国の国際比較で、日本の女性の地位がイタリアより上だという結果が出た。
 喜ぶべきことかもしれないが、チート意外だね。
 (加、独、英、豪、仏、米、日、伊、アルゼンチン、韓、ブラジル、土、露、中共、墨、南ア、インドネシア、サウディアラビア、印、の順。)↓
 
 The best and worst countries for women
http://www.washingtonpost.com/world/the-best-and-w...

 調査方法が下掲に出ているが、日本の場合、女性の平均寿命が長いのが効いたのかなあ。↓
http://www.trust.org/documents/womens-rights/resou...

 その女性は、男性に比べてより人間主義的であることが改めて分かった。
 つまり、女性は、利他的で共感能力が高いだけでなく、環境に優しいことも分かったんだね。↓
 ・・・Women consistently rank values strongly linked to environmental concern ― things such as altruism, personal responsibility and empathy ― as more important than men do. They also say they see environmentalism as important to protecting themselves and their families.・・・
http://www.latimes.com/news/opinion/commentary/la-...



#5599(2012.7.15)

 お釈迦様は正しかったってさ。
 一体何度実験心理学で検証したら気が済むのかね。↓
 <同情心(compassion)をもって(=人間主義的に)他人に接すれば、その他人もまた同情心をもって他人に接するようになる。↓>
 ・・・ does the experience of compassion toward one person measurably affect our actions and attitudes toward other people? If so, are there practical steps we can take to further cultivate this feeling? Recently, my colleagues and I conducted experiments that answered yes to both questions. ・・・
 <そのきっかけは、とにかく、取るに足らないことでもいいから、何かに着目して、他人を仲間だと思うことから始まるって。↓>
  Increased compassion for one’s neighbor, for instance, can come from something as easy as encouraging yourself to think of him as (say) a fan of the same local restaurant instead of as a member of a different ethnicity. ・・・
http://www.nytimes.com/2012/07/15/opinion/sunday/t...



#5621(2012.7.26)

 日本における民主主義の起源の一つであると同時に、日本社会の人間主義性を裏付ける話でもあるね。↓
 嘉吉元年の一四四一年八月に、京都で「土民数万人」(『建仁記』九月三日)という大規模な大衆叛乱が発生した。・・・嘉吉の土一揆・・・
 この一揆では、「私徳政」ではなく、幕府の正式な徳政を要求した。しかも自分たちの利益を守ることではなく、すべての人々の借金を棒引きにすることを求めたのである。民衆は、真に困窮しているのが自分たちだけではなく、他の人々も同じであることを主張した。民衆は土倉に大金を借りるほどの余裕はないし、質物となるものもない。だから自分たちの小額の負債が免除されるのではなく、土倉に借金をして真の意味で困窮している公家や武家の負債の帳消しを求めたのである。ここには階級を超えて連帯しようとする強い姿勢がみられるのである。
 これはたとえば正長の一揆との大きな違いである。播磨の国で正長二年に起きた一揆では、「国中の侍をすべて攻撃し」、守護を初めとしてすべての武士の軍隊を打破したのだった。そして「国中に侍を置くべからず」と宣言したのだった・・・
 また・・・、一揆側は粛々と秩序を維持して、土倉や幕府との話し合いを目指した・・・。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/201207...



#5627(2012.7.29)

 人間は、狩猟採集時代に最も適合的な遺伝子群を備えている、ということが、性差についての以下の説明からもよく分かります。↓

 「ホモサピエンスが進化的に誕生した舞台と考えられている「サバンナ様の生息地の中での狩猟採集を中心とした生活環境」・・・<の中で、>女性が、居住地の周辺での植物の採集や幼児の世話を担い、男性が居住地から離れた土地での動物の狩猟を担うという分業が成立していた・・・。・・・
 こういった環境への脳の適応としてしばしば紹介されるのが、得意な課題に関する性差である。心理学におけるこれまでの実験から明らかになっている、女性が男性より特異な課題として、「図形や物の配置に関する認知や記憶」、言語の流暢さや単語の思い出し」、「四則計算」、「手先作業の速さや的確さ」、「表情や心理の読み取り」などがあげられる。一方、男性が女性より得意な課題として「長距離のルートの把握や検出」、「物体の回転や移動などの空間的把握」、「標的に物を当てる能力」などがあげられる。これらの認知能力の違い・・・が、狩猟採集生活(における男女の分業)への適応と考えると容易に説明できる。
 男性の脳には、獲物に武器を当てて仕留め、居住地から離れた場所から(仕留めた動物が腐らないうちに)最短距離で戻る能力に淘汰が働いた。女性には、居住地近くで、位置が固定した植物を探し、子どもの世話をしながら触れあい、衣類などを作るといった能力に淘汰が働いた。・・・ちなみに、このような認知特性の性差は、男性ホルモンや女性ホルモンが、成長中の子どもの脳に作用した結果であることを支持する研究結果も発表されている。」(『學士会会報 No.895』17〜18頁)

 ところが、そこに農業革命(、後には産業「革命」、)が起こり、人間は、農業社会(、後には工業社会、)の中で、持ち合わせている遺伝子群が規定しているところの狩猟採集社会に適合的なクセ、に反した不自然な生活を強いられることとなり、現在に至っているわけです。
 下掲の文中に登場する、地中海南岸における女性の隔離やヴェール装着はかかる背景の下での人間の適応障害の現れである、と見ることができるでしょう。
 なお、ティヨンという学者は、いかにも欧州人らしい小むつかしい言い方をしているが、『義兄弟たちの共和国」は単に「母系社会」、「イトコたちの共和国」は単に「父系社会」という一般用語を用いるべきでした。
 その上で、どうして、「父系社会」中、地中海南岸社会においてのみ、イトコ婚が中心となったのか、を説明すべきだったのではないでしょうか。↓

 「ジェルメーヌ・ティヨンという2008年に100歳で亡くなった、フランス<の>・・・民族学者はその著書『イトコたちの共和国』(・・・みすず書房・・・)の中で、・・・人類は非常に長い間、狩猟・採集生活を送ってきま<けれど>、その社会では、食糧の限界に応じて、人口が増えすぎないように、単婚で独自の産児制限を行い、外婚制により女性を交換して周辺の集団と連帯して争いを避け、「ゼロ成長」を保ちつつ、生存を確保してき<たとし、>・・・この外婚制によって義兄弟たちが連帯する社会を、「義兄弟たちの共和国」(いわゆる未開社会)と名付けました。
 ところが、食糧生産<(=農業)>革命以降、子供を沢山持っても食べさせることができたので、一夫多妻も行われ、他集団を征服し、男性を捕虜にして奴隷として使用したり、女性を捕えて子供を産ませたりするという、非常に征服的、拡大主義的社会が出来上がっていったとティヨンは考えました。人口が増えれば、生産力も軍事力も高まります。この<農業>革命と技術革新に基づく、新石器革命にはじまり、肥沃な三日月地帯(メソポタミア)を中心に旧世界にまで拡がった社会、すなわち地中海社会の特徴は、近親相姦も辞さないほどの強い内婚志向を持つ社会、アラブ社会でよく知られる父系のイトコ同志(ママ)の優先的なイトコ婚によってイトコたちが連帯する社会であり、この第二の社会をティヨンは、「イトコたちの共和国」と名付けました。この内婚志向と父系親族の強い身内意識は、地中海南岸だけに限られるわけではなく、地中海北岸のキリスト教地域でも比較的最近まで見られました。・・・ヴェンデッタ<の起源はここに求められます。>・・・自らの集団の高貴さの根拠として、血統の純粋さを求めるために娘たちの処女性にこだわり、妻たちの不貞にはとりわけ厳しくあたります。・・・娘たちを幽閉<(隔離?)>したり、ヴェールを被せたりしてきたのです。・・・これらの風習は、イスラームが誕生するはるか以前から、地中海社会の特徴の一つであったと、ティヨンは考えています。しかもこれらの風習は、とくによそ者と接触する機会の多い、都市の風習でもあります。
 その後に現れるのが、市民たちが連帯する第三の社会、「市民たちの共和国」です。」(上掲41〜42頁)

 ところが、日本文明だけは、1万年にもおよぶ定着的狩猟採集社会(縄文社会)を経験したために、本来的に定着的であるところの農業社会に移行してからも、狩猟採集社会下のクセを維持しようとするベクトルが強く働き、適応障害を起こす弥生モードと適応障害を起こさない縄文モードを交互に繰り返すことになった、というのが、かねてから申し上げているところの、私の仮説です。
 さて、以上を踏まえて、現在の日本における、少子化と、その背景にある男女関係の、他の先進諸国と比較した特異性は、日本が現在縄文モード下にあることで説明できるような気がしてきました。
 すなわち、日本の縄文モード化が、母系社会化、ひいては産児制限の行き過ぎ・・縄文時代の産児制限意識と産児制限技術の進歩の組み合わせ・・をもたらした、と説明するわけです。
 
 「2010年の調査によると、20代から40代までの結婚比率は日本が64%、アメリカが46%、スウェーデンが41%、フランスが38%・・・<だ>が、非婚比率は日本が30%であるのに、各国は29%、28%、26%・・・である。その秘密は同棲比率が日本は1%強でしかないのに、フランスの29%を筆頭に、スウェーデンが26%、アメリカが12%となっているからである。その結果、婚外子の比率は日本では2%でしかないのに、スウェーデンは55%、フランスは53%、アメリカは41%となっている。・・・合計特殊出生率を比較してみると、いずれも1980年代は1.75程度であったが、最近では、アメリカ2.01、フランス2.00、スウェーデン1.91と上昇しているのに、日本は1.39と長期低迷している。」(『無限大 No.131』日本アイ・ビー・エム株式会社 40頁)

 ところで、イギリスだけは、最初から、母系社会でもなく父系社会でもない、「市民たちの共和国」的な個人主義社会であり、日本とはまた違った意味で例外的な存在です。
 そこのところをどう考えたらよいかは、もう少し検討してみたいと思います。



#5743(2012.9.25)

 我々ホモ・サピエンスの先祖のホモ・ハビリス等は、これまで考えられてきたような、40万年前からではなく、200万年前から狩りをしていたことが分かった。↓
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archive...



#5749(2012.9.28)

 日本で家庭内で財布を主婦が握ってるのが珍しいからこそ、こんな記事が出るんだろな。
 そう。日本は一貫して縄文的社会=母系社会なんであるぞよ。↓
 ・・・74% of Japanese household budgets are controlled by women ・・・
 ・・・the average monthly pocket money was 39,600 yen last year.・・・<which> compares with 76,000 yen in 1991 when people thought that Japan's economy was at its peak. ・・・
http://www.bbc.co.uk/news/business-19674306



#5815(2012.10.31)

 人間主義を人間だけに「見出した」アダム・スミスは間違っていたが、全生物に「見出した」クロポトキンも間違っていた。
 ただし、原理主義的人間主義のクロポトキンが無政府主義者であったことは当然だ。(アダム・スミスは、市場原理主義、ひいては無政府主義にストレートには結び付かない。)
 ボクが、江戸時代の日本は一種の無政府主義の社会だった、と指摘した(コラム#省略)ことを思い出して欲しい。↓
 ・・・Kropotkin wrote. “The idea of good and evil has thus nothing to do with religion or a mystic conscience. It is a natural need of animal races. And when founders of religions, philosophers, and moralists tell us of divine or metaphysical entities, they are only recasting what each ant, each sparrow practices in its little society.”・・・
 Adam Smith restricted his discussion of empathy and mutual aid to humans. ・・・
http://www.slate.com/articles/health_and_science/h...



#6364(2013.8.2)

<太田>(ツイッターより)

 「べっ視が消えるのを夢見て 日本人ボランティア、中国での10年…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8349185.html

 エエ話やないか。
 支那に人間主義を根付かせるためには、現地でこういった地道な人間主義的活動にもっともっとたくさんの日本人が身を投じるしかないのかもな。



#6392(2013.8.16)

 宮崎駿の『風立ちぬ』が米国の2主要メディアで紹介されてるが、どちらも好意的だな。
 アメちゃんは、後掲の村上春樹に対する評価もそうだが、宮崎や村上の作品に登場する人間・自然を戦前の日本人も愛でていた、つまりは、日本の戦前と戦後は一繋がりなのだ、ということに気付かないおバカさんばかりだとみえる。↓
 The New Miyazaki Movie Looks Haunting・・・
http://www.slate.com/blogs/browbeat/2013/08/15/the...
 <この作品は、安倍首相が憲法改正を目指している現在と密接に繋がり合っているとさ。↓>
 ・・・The movie's subject dovetails with an issue currently under heated debate in Japan: the new prime minister's plan to amend the country's constitution to allow for the building of a full-fledged military, boosting the limited self-defense forces put in place after the war.
 <その上で、宮崎がこの動きに反対していること、それに対し「右」が反発していることが紹介されている。↓>
 Miyazaki, a venerated cultural figure in Japan, published an essay last month objecting to Prime Minister Shinzo Abe’s plan, in the process raising the ire of some Japanese conservatives, who on Internet message boards labeled him "anti-Japanese" and a "traitor."
 <宮崎は、平和主義者であって、現在と同じ問題・・大地震と経済的停滞・・に直面していた当時の日本を描いているって。↓>
 Miyazaki's movie, which is seeking U.S. distribution, reflects his pacifist stance.・・・he depicts Japan in the years leading up to WWII, when it faced some of the same problems that have plagued the country in recent years, including a devastating earthquake and economic stagnation.・・・
http://www.latimes.com/entertainment/movies/movies...

 村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の好意的書評が出てた。↓
http://www.latimes.com/features/books/jacketcopy/l...



#6404(2013.8.22)

 「…芥川は『周囲は醜い。自己も醜い。そしてそれを目の当たりに見て生きるのは苦しい』と感じ…<て>自殺<し>…た。振り返って中国の作家を想うと、彼らは周りの醜さだけを見て、己は活き活きと暮らしている。…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8371579.html

「芥川」は人間主義的な日本人、「中国の作家」は利己主義的な中国人、就中中共当局、ということかな。
見事な韜晦ぶりであり、見上げた批判精神だ。
人民網あっぱれ。



#6406(2013.8.23)

<太田>(ツイッターより)

 「「湿気」が生み出した独特の日本文化…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8373912.html

 これも谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」(コラム#6399(未公開))の焼き直しではあるがうならせる記事だ。
 結果として天皇制まで褒め称えちゃってる。
 朝鮮日報の記者諸君、人民網日本語版を愛読しなさい。

 「【社説】日本国民の意識変化が心配だ…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...

 人民網の人間主義礼賛記事を読まないからこんな社説を書いちゃうんだよ。
 春秋の筆法で韓国民の日本観を窘めているのではなく、本心、そう記者達は思ってるとしか考えられない。
 いいかい、日本人が変わったんじゃなく、彼らの中で、誤解や曲解を生んだだけだとこれまでの韓国向けの人間主義的配慮がバカバカしくなっちゃって、そんな配慮を止める者が急速に増えつつあるだけなんだぜ。
 反省すべきは韓国民側なのであって、それを指摘するのが一流紙の役割だろが。
 とにかく、人民網日本語版を毎日読みなさい!



#6428(2013.9.3)>

<太田>(ツイッターより)

 「永遠に感動を与え続ける宮崎監督のアニメ映画…」
http://j.peopledaily.com.cn/206603/8386657.html

 中共の人々は、余暇は、仲間と宮崎駿等の日本のアニメを楽しみ、一人で蒼井そら等の日本のAVを愛でる。
 彼らが反日に現を抜かす心理的時間的余地など急速になくなりつつあると信じたい。

 それでは、日本のアニメ・AV関係の記事群です。

 まず、アニメ関係から。
 宮崎駿オマージュ・コラムの第一は、できが悪すぎたので、反論投稿しといたよ。
 この前のスレートへの投稿と併せ、しばらく経ったら、どなたか、ボクの投稿に対する反響をダウンロードしてみんなに提供して欲しいな。よろしく。↓
 <ひどい不況の頃、日本はナチスドイツから大量に武器を買ったんだと。↓>
 ・・・Here is the Depression that wracked Japan while its government spent millions buying weapons from Nazi Germany.・・・
 <ゼロ戦は1930年代末に支那で活躍したんだと。↓>
 Mitsubishi A6M “Zero” fighter planes that crushed the Chinese resistance to Imperial Japan in the late 1930s and, on Dec. 7 in the year of Miyazaki’s birth, dropped the bombs on Pearl Harbor.・・・
 <専制的な日本が全世界を征服しようとしたんだと。↓>
 It was a beautiful machine that helped tyrannical Japan dream of conquering the world, and that brought death faster to its enemies.・・・
http://entertainment.time.com/2013/09/02/is-hayao-...
 <上出の3点に反論するボクの投稿。↓>
 
Corrections:
 
・・・Japan
 
Replace Japan by Nationalist China.
 
・・・Mitsubishi A6M “Zero” fighter planes that crushed the Chinese resistance in the late 1930s・・・・
 
Incorrect. Zero was introduced in 1940.
 
・・・that helped tyrannical Japan dream of conquering the world・・・
 
→that helped resist white/Christian supremacist America's intervention on Japan's deterrence stragegy against Soviet Russia.

 宮崎駿オマージュ・コラムの第二はできがいいねえ。
 日本の中で、宮崎の政治的発言を捉えて彼の作品まで全否定しようとするむきもあるが、ナンセンスだ。(太田)↓
 <宮崎の作品には、戦争の無意味さをテーマとするものが多い。物事は様々な視点が可能であり話し合いで紛争を解決すべきだとしている。(人間主義の平和志向性)↓>
 ・・・Many of Miyazaki’s films explore the futility of war. His films often lack villains--and instead present opposing interests looking for resolutions.・・・
 <ディズニーのアニメとは違って、女性が主人公になる場合が多く、しかも男性顔負けの活躍をする。(人間主義における女性優位)↓>
 While Disney movies typically feature female protagonists only when they are princesses, and only a single Pixar movie, “Brave,” has had a female hero in the lead, Miyazaki’s movies routinely celebrate girls in central roles. “Kiki’s Delivery Service” was about a young witch’s coming of age; and in “Spirited Away” a young girl saves her family.・・・
 While none of Miyazaki’s films was a huge hit in the U.S., his influence on animation was global.
 <環境の保護も重要なテーマ。(人間主義の自然調和志向)↓>
 Protecting the environment is a major theme in Miyazaki’s works・・・
I stayed with a family friend, who told me that Miyazaki was “our Walt Disney.”
 <宮崎はディズニーを超えた。↓>
 I’ve since learned that he was much more than that.
http://blogs.wsj.com/speakeasy/2013/09/02/hayao-mi...

 今度は、日本のAV関係の記事だ。(ちょっと前のだが・・。)↓
 ・・・<中共の人々は、>日本人はAV女優を職業としてちゃんと認めているのか? とか、普通の人はAV女優をどういう目で見ているのか?(差別されないのか?)ということにも関心があるみたいですよ」
 反応に困って絶句していると、彼は言葉を継いだ。
 
 「そうそう、AVの影響だと思いますが、日本人の男はみんな変態なんでしょ? ということも聞かれて僕は返答に困りましたが(笑)。・・・
 
→筆者は女性記者だが、「職業として認めている」、「差別されない」って即答しなきゃあ。カマトトめ。(太田)
 
 「・・・日本の表のイメージは桜とか富士山ですが、裏のイメージは確実にAVですよ。だって、私が知る限り、中国人はみんな日本中にAVがあふれ返っていると思っているんですから。私は聞かれたら否定していますが、でも、友だちはそんな私の回答を疑っています(笑)。・・・」・・・
 
→「あふれ返っている」の定義次第であり、必ずしもこのイメージは間違っていない!(太田)
 
 以前「日本のアニメは好きだけど、日本のことは嫌い」といっていた若者がいたが、「日本のAVは大好きだけど、日本は嫌い」という若者も実はけっこう多いのかもしれない。・・・
 
→その通り。もっとこの点を掘り下げた取材をして記事にしなくっちゃあ。(太田)
 
 もちろん、中国はAVやポルノは禁止だ。従って、違法ダウンロードしてこっそり見る、という行為が必要になり、余計興味をそそられるのだろう。 ・・・
 
→中共当局が、日本のインターネットAVを遮断してないってことは、むしろ「こっそり見る」ことを奨励していると考えていいだろう。当然、それは、一人っ子政策に伴う女性不足で欲求不満にあえぐ若い男性達対策の部分もあると思われるところ、その結果は人々の間で潜在的な日本シンパを増やすことにつながっている、と見なくっちゃ。(太田)
 
 「日本人の女性は(AVで見るように)あんなに優しくて、男性に何でもしてくれるのか?」
 「日本の女性は昼間は清楚に見えるけれど、夜になるとAV女優みたいに変身するって本当か?」
 「日本女性はあんなに性に奔放なのか?」・・・
 
→これらの質問にもこの記者は当惑して(見せて)いるが、日本女性に限らず女性は本来的(潜在的)には男性よりも性に奔放であるってことをこの記者はまだ知らない?
 日本のアニメもAVも日本社会の現実そのままではもちろんないけれど、日本社会の人間(じんかん)主義性・・人間の本来あるべき姿・・を反映している、という説明を(太田コラムを参考に)やってやらにゃ。(太田)
 
 中国人男性は普段、中国人女性から激しい攻撃やプレッシャーにさらされているだけに、「一度でいいから日本のAV女優のような人とそういう関係になってみたい」と妄想するらしい。そして、AV=現実の世界であって欲しい、と錯覚してしまうのだ。 ・・・
 
→繰り返しになるが、日本のアニメもAVも、多くの場合理想化されているとはいえ、「現実の世界」を反映したものなんだわよ。(太田)
 
 中国での日本人男性のイメージは、日本人女性に比べて芳しくない。抗日ドラマなどの影響もあって「男尊女卑」という固定観念があるし、AVは当然のことながら、男性目線で男性の都合のいいように演出・構成されているので、「日本の男性は女性に対してやりたい放題」だと思われている。「日本の男性は結婚しても妻以外の女性ともいつもあんなことをしているのか?」と知り合いの日本人は聞かれて苦笑した、と話していた。・・・
 映像のイメージが強く、それを現実のことだと中国人が錯覚してしまうことは、以前書いたコラムでも指摘したように、アニメの世界でもしばしば見られる。・・・
 アニメでさえそんなふうに誤解をされてしまうのだから、生身の人間が出演するAVならなおさらだ。まるでAVがドキュメンタリーであるかのように見られて、日本人にとって日常茶飯事の出来事だと中国人から思われているとしたら……?
 
→だからこそ、太田コラム的なきちんとした説明をしてやることが必要なのさ。(太田)
 
 領土問題だ、歴史認識だという前に、日本=AV天国だという認識は、ただAVの量産国というだけではなく、かなりこっぱずかしいイメージを世界にアピールしているような気がしてくるのだが、考え過ぎだろうか。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/201...
→「こっぱずかしい」と思ってる(フリをしてる)のはこの記者だけ。
 世界最大の人口の中共の人々が、日本のアニメ、AVによって人間主義性に目を啓かされつつあることをテコに、人間主義についてきちんと説明することによって、彼らを日本の真のシンパへと導かなくっちゃ。(太田)

 なお、人間主義関連でこんな記事もあったよ。↓
 米国人は、子供の時は人間主義者だが、だんだんそうじゃなくなり、しかも、米国人はどんどん非人間主義化しつつあるんだと。↓>
 At the core of each child is a capacity for empathy. But according to one study, children become less generous toward others as they grow older・・・
 Research suggests that there is such a deficit and that it is rising.・・・
 <オバマは、かつて、米国人の共感(人間主義性)不足に警鐘を鳴らした。↓>
 nobody seems to be talking about reforms addressing what President Obama, in a 2006 speech, called an "empathy deficit."
http://www.latimes.com/opinion/commentary/la-oe-ho...



#6430(2013.9.4)>

<太田>(ツイッターより)

 「…米国へ行く人の多くはエリートで、中国国内で重視されているため、米国へ行った後は挫折感を味わいやすい。しかし日本へ行く人の多くは中国国内で抑圧されていることが多いため、彼らは日本を手本、真理とする傾向が強く、「聖典」としがちで、中国批判に向かうのも自然である…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8379879.html

 大衆が日本シンパに埋め尽くされつつある現状に危機感を持った中共当局が、もう少し「バランスのとれた」紙面構成にしろ、と人民網に命じたくさいな。
 それにしても人民網もニクイねえ。
 こんな説得力のない文章しかかけない女性を探し出すとは。

 「日本の炭素繊維技術が突出しているのはなぜか…」
http://j.peopledaily.com.cn/94476/8388247.html

 日本の、政府、業界団体(中間組織)、個別企業の緊密な連携を紹介するところの、日本型経済体制礼賛記事だ。
 中共の政府も大衆も日本の人間主義にメロメロだという私の指摘分かってね。



#6432(2013.9.5)

<太田>(ツイッターより)

 「中国系作家がSFの最高賞を受賞…作品のアイデアは…「もののあわれ」の文化を表現した日本のマンガ「横浜買い出し紀行」に啓発されたもの…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8388988.html

 日本の人間主義(コラム#6034参照)は、着実に、深くかつ広範に中共の人々の心を捕えつつある。

<太田>

 関連の人民網記事だ。↓

 「見るのは海賊版だけど…宮崎監督、中国でも絶賛・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/201309...
http://j.peopledaily.com.cn/206603/8388952.html



#6434(2013.9.6)

<太田>(ツイッターより)

 「…教育の一環として絵本の読み聞かせが浸透している日本とは異なり、中国で絵本という概念が定着しはじめたのはここ最近のことだ。…2012年の0-17歳の未成年の書籍読書率は77%で、前年比1.6%の減少となり、2012年の未成年の一人平均の読書量は5.49冊だった。…<そこで>絵本による情緒教育が重視され始めている。とはいっても、今はまだ目立った現象にまでは成長していない。…フランスなど欧州の絵本に比べて、日本の絵本はやはり同じアジア人として近い文化を共有するせいか人気が高い…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8390676.html

 今日も日本礼賛でした。

 「日本の伝統と現代を融合させた「宮崎駿」という巨匠…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8390369.html

 凄まじいばかりの日本へのラブコールが連日中共から届いている。
 (お笑いの訳者注つき。)
 それにしても、僕以外に誰もこのことに注目する人がいないのはどうしてなんかね。
 キミの意見は?



#6440(2013.9.9)

 米国で、(ボクにいわせりゃ)人間主義化を訴える(女性による)コラムだ。↓
 ・・・my vision, as I prepare to reengage in Washington’s policy marketplace, is of a renewed America that cares about and for our people.
 <米国は自利と競争の国。↓>
 We are a nation that thrives on competition, from sports teams to small businesses. We define success by who wins, typically through talent, luck and working harder than anyone else. If everyone pursues their self-interest, all of society benefits.
 <しかし、競争は人間主義(care)と手を携えて進まなければならないってさ。↓>
 But winning is not everything, much less the only thing. Competition must go hand in hand with care. As Bill Gates has put it, “There are two great forces of human nature: self-interest and caring for others.”
 <人間は、一人では生きられないのであって、そもそも社会的動物だってよ。(だけど、社会を、血族や氏族ないしはコミュニティや会社、と捉えてる点に彼女の限界があるな。日本を範例にすりゃいいんだよ。)↓>
 Care starts from the premise that humans cannot survive alone. Our progress flows from our identity as social animals, connected through love, kinship and clanship. Success should be defined not as individual victory but as group advancement, whether the group is a family, a community or a company. Satisfaction comes less from beating others than from bolstering them, enabling them to reach their full potential. ・・・
http://www.washingtonpost.com/opinions/anne-marie-...



#6458(2013.9.18)

<太田>(ツイッターより)

 「…作品中の堀越二郎は…暗い夜に父母の帰りを待つ子どもに、自分で買ったケーキをあげようともする…堀越の前では、菜穂子は常に笑みを保ち、その最期も、影のない風のように堀越から静かに去っていく。…30年代の日本の田園風景…透き通る小川と青い空、白い雲の景色…『風立ちぬ』は、正義や戦争に対してはっきりとした回答を出して<いない。>…宮崎は、主題をはっきりとさせることを避け、多くのばらばらなエピソードの積み重ねによって、“生”と“死”、個人と巨大な国家の機械、夢想と現実の関係といった哲学的問題に対する自らの答えを探そうとしたのかもしれない。だが宮崎駿はその回答を見つけたとは言えないだろう。主人公堀越二郎は愛する妻をなくし、全力を注いで作り上げた零式戦闘機もなくした。…」
http://j.peopledaily.com.cn/206603/8402757.html

 この筆者にはその回答が分かっている!
 人間主義者の日本人達が追求した夢を実現しなければならないのは自分達だと。



#6466(2013.9.22)

<太田>(ツイッターより)

 「…韓国の学校教育では他人に対する思いやりや我慢する心、感情をコントロールする方法などを「理論」でしか教えない…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...

 文明(人間主義)の壁にぶちあたっている韓国。
 プライドを堪え、日本の初等中等教育を改めて学び、再導入するしかないよ。



#6468(2013.9.23)

<太田>(ツイッターより)

 「…東日本大震災が発生した平成23年、明治維新以降、約140年ぶりに天台宗の高僧が石清水祭に加わった。…神仏はもともと表裏一体のもの…」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/13092...

 日本への仏教伝来は人間主義同士の邂逅という世界史的奇跡、と僕が気付いたのはつい最近だったな。



#6476(2013.9.27)

 英雄的行為と寛大な行為はしばしば重なり合うってさ。
 (要するに、根っこにあるのは人間主義であり、また、女性の方が男性よりも人間主義的だってことよ。(太田))↓
 <利他主義者/社会奉仕家は英雄になりうるし、その逆も真だと。↓>
 ・・・heroism and generosity often overlap・・・: Altruists like committed volunteers are more likely to be heroes, and conversely, heroes are more likely to take part in social service. While heroes may take unusual risks that altruists do not, the core motivation to improve other people’s prospects is the same, which is why・・・practicing everyday selfless acts may prepare us for heroic intervention later on.・・・
 <女性の方が、はなばなしくはないけれど、男性に比べて、より英雄的行為を行いがちなんだと。↓>
 ・・・women overall actually tend to perform more heroic acts than their male counterparts,・・・
http://ideas.time.com/2013/09/26/the-real-source-o...



#6478(2013.9.28)

 日本でだけエロ芸術が主流だったのはなぜかを追求した好コラムだ。↓
 ・・・Japan is the only country in which erotic art -- 'shunga' -- has been mainstream.・・・
 These were not minor works contrived for the secret pleasure of a few like-minded libertines. Women enjoyed them as well as men. Thousands of books were published with erotic prints.・・・
 <家父長制諸宗教であるキリスト教、儒教、そして仏教でさえ(「でさえ」は評価するが、仏教は違うな(太田))それまでの豊穣カルトを殺したが日本の神道は生き残ったから。↓>
 Whereas in many cultures, later patriarchal traditions -- Christian, Confucian, or even Buddhist -- buried older fertility cults, Japanese nature-worship never really disappeared.・・・
 <日本ではエロと笑いは相通じていた。↓>
 Another term for erotic images was warai-e, literally "pictures for laughter". There is a rich tradition of satire and comedy in Japanese erotic art.・・・
 <明治政府は対欧米の見てくれを重視し、エロ芸術を封印しようとした。↓>
 Part of th<e> effort <of the Meiji Government> was an official obsession with respectability. Old, "primitive" ribald Japan had to be cleaned up. Public nudity, mixed bathing, wild kabuki plays were all now disapproved of. So there was no way that shunga could remain in the mainstream.・・・
http://www.theguardian.com/artanddesign/2013/sep/2...



#6480(2013.9.29)

 で、この際、人間主義小特集だよー。

 毛づくろいする猿はストレスホルモン分泌が減り、毛づくろいされる猿は増えるんだと。↓
 ・・・ Monkeys who were groomed a lot didn't have low stress hormone levels. Monkeys that groomed others a lot did.・・・
 <もっとも、因果関係は逆なのかもしれないって。(いや、やっぱ、人間主義的な猿は幸せなんだよ。これも何度も言ってるように、毛づくろいされた猿、失礼、朝鮮人が自らを不幸せに感じ、毛づくろいしてくれた猿、失礼、日本人を恨むのは当然ってこと。)↓>
 Maybe monkeys with low levels are relaxed enough to be charitable groomers. In other words, more research is needed.・・・
http://online.wsj.com/article/SB100014240527023042...

 “Buddhist Biology: Ancient Eastern Wisdom Meets Modern Western Science.”という本を近く出すDavid P. Barash(ワシントン大の進化生物学者にして心理学者)が、狩猟採集時代の人間は戦争ばかりしていたというこれまでの説に反旗を翻した。
 (私の、縄文人に係る、例外的平和愛好狩猟採集社会人説を、本来的平和愛好狩猟採集社会人説に改訂しなくっちゃ。)↓
 <チンパンジーもボノボも人間との近さは同じくらいだが、前者は争いを好み後者は平和(とセックス)を好む。↓>
 ・・・Chimpanzees, we now know, engage in something distressingly akin to human warfare, but bonobos, whose evolutionary lineage makes them no more distant from us than chimps, are justly renowned for making love instead. For many anthropologists, “man the hunter” remains a potent trope, yet at the same time, other anthropologists embrace “woman the gatherer,” not to mention the cooperator, peacemaker and child rearer. ・・・
 <現存する狩猟採集社会を観察すると、その大部分は平和愛好的。↓>
 Yet peacemaking is, if anything, more pronounced and widely distributed, especially among groups of nomadic foragers who are probably closest in ecological circumstance to our hominin ancestors.・・・
http://www.nytimes.com/2013/09/29/opinion/sunday/a...

 お釈迦様が、男性とは違って弟子に加えるのを躊躇した理由であると私が想像しているところの、女性の性への貪欲さを裏付ける新たな発見がなされた。男性じゃまずムリだが、多くの女性は、性的行為を想像するだけでオーガスムに達しうるんだって。
 女性は触感を通じてしかオーガスムに達せないとのこれまでの俗説は完全な誤りだったってワケ。「性なる者、汝の名は女」だったというのに、女はみんな天才的ウソつきだな。↓
 ・・・Women who simply thought about the stimulation of their breasts and genitals, the scans revealed, lit up the brain’s corresponding sensory areas. ・・・
http://www.nytimes.com/2013/09/29/sunday-review/il...

 イルカ(ひいてはクジラ)が高度の知性を有するってウソだという説が米国で少しずつ受け入れられ始めているみたいよ。
 ザマみろ。↓
 ・・・the claims that dolphins have a particularly complex brain, use a sophisticated language, are self-aware and can use tools are nonsense.
 In some cases・・・dolphins -- which are small whales -- are even outdone by goldfish. When goldfish are placed in a bowl・・・they at least try to escape by boldly jumping out, whereas dolphins that have been captured in nets won't even think of jumping to freedom. ・・・
http://www.spiegel.de/international/world/scientis... 
http://www.spiegel.de/fotostrecke/photo-gallery-do...



#6484(2013.10.1)

 宮沢賢治は、文学的才能に恵まれた、しかし、人間主義的であるところの日本人の一典型に過ぎない。↓
 ・・・「あなたが幸せになれないとわたしは幸せになれない。一人ひとりの幸せと悲しみが大切」と賢治は考える。・・・
 また、「人間は森羅万象の一つに過ぎず、動物や木や森や山や川と同じ。これらを大切にしないと滅びるのは人間だよ」とのメッセージは、現代人にこそ多くのことを伝えている。賢治は19世紀に生まれた21世紀の作家だ。・・・
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38821

 人間主義的日本人など、日本に遍在していることを裏付ける一証左だ。↓
 ・・・終戦翌年に新潟県の佐渡島に英軍機が不時着し、住民が再飛行を手助けした実話が映画化・・・
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131001/trd13100...



#6486(2013.10.2)

 コラム#6478で紹介した、日本のエロ芸術論は、ロンドンで開かれている春画展を紹介したものだったけど、また、紹介記事が出てた。
 (この筆者、ほぼ、ボクの弥生/縄文モード論に立ってるね。)↓
 <オモテの儒教/武士道徳とウラの春画世界の二重構造が江戸時代だったとさ。↓>
 ・・・Shunga was the underground art of samurai Japan. While official culture praised Chinese Confucian values of strict morality, authority and hierarchy, shunga prints laugh at all that and turn the official worldview upside down.・・・
 <セックスは平和と調和をもたらすと考えられてたとも。↓>
 ・・・beyond jokes and titillation, there is in fact an ideal that blazes through these images: peace and concord are born out of sexual bliss.・・・
http://www.theguardian.com/artanddesign/2013/oct/0...



#6488(2013.10.3)

 日本文明とイギリス文明は世界で最も似た二文明だってのこんなところからも分かるな。↓
 イグ・ノーベル賞<は>・・・日本人の受賞は7年連続。なんでこんなに強いのでしょう?
 継続的に受賞者を出しているのは英国と日本です。二つの国は共通する点があります。多くの国が奇人・変人を蔑視するなかで、英国と日本には誇りにする風潮があります。 ・・・
http://digital.asahi.com/articles/TKY201310020356....

 日本人の一市民の人間主義に献花しよう!↓
 勇気の現場 絶えぬ花 悲劇の踏切に献花台・・・
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/20131003901004...

 英国人等にも人間主義を訓練で叩きこむことができるってんだけど、その効果が長続きするかどうかは疑問だ。↓
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24363845

 日本人による外国人の人間主義訓練ってこんな感じで行われてるんだね。
 日本社会がスゴイのは、こんな意識的訓練なしで日本人を人間主義者(のまま)にしていることだ。↓
 <中国の専門学校の>・・・学生に聞いてみると、日系企業について、経営が安定しており、一度入社するとそう簡単にはクビにならないといった印象を、多くの人が抱いています。
 最近はそれに加えて、中国人でも幹部になる道が開けてきたという評価もよく聞きます。・・・
 私が教授として日本企業の文化やしきたりを教えています。
 授業の中で最も大切にしているのは、道徳を重んじるということに尽きます。企業や同僚、上司、取引先に対する義理や恩を忘れるな、ということです。・・・
 例えば、当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、時間厳守、定期的な掃除、顧客第一主義の考え方などです。一度働き始めたら、生涯その会社に尽くすくらいの意気込みでやりなさいとも教えています。・・・
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/2...

 人間主義的であるのとないのとではこんだけ差がつく。
 なお、日本が10位ちゅうのは低すぎらあ。↓
 韓国67位、日本10位=「高齢者が暮らしやすい国」ランキング・・・
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...

 日本の人間主義の政治経済体制への反映が日本型政治経済体制だが、その一属性たるケイレツ(系列)の形成が、米国の主要IT企業で、今、大流行りなんだって。↓
 ・・・It is becoming increasingly common to hear companies and investors in Silicon Valley talk about “keiretsu” – the loose alliances of companies that have long been a feature of the Japanese business world. Networks of informal personal and business links between tech start-ups, and between start-ups and big companies, are not new – but they are hardening as the biggest platform players seek to extend their influence. ・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/b06882b4-2b72-11e3-...

 日本の政治の自由民主主義の成熟度は、既に戦前から米英を抜き去っていて、その差は大きくなるばかりだってこと。
 後は、「独立」さえすればいいのさ。↓
 決められない政治「日米逆転」政府停止で米紙・・・
 米国で政府機能が一部停止に追い込まれた1日、日本で安倍首相が消費税率の引き上げを決断した・・・
 また、米国での激しい党派対立とは対照的に、日本では消費税率の引き上げが3党(自民、公明、民主)合意で決まり、政権交代後も継続した・・・
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131003-OYT1T...



#6496(2013.10.7)

 映画「風立ちぬ」の映画評がまた出てた。↓
・・・この作品は二つの要素から成り立っている。
 ひとつは、飛行機に対する憧れを抱いたひとりの少年が、大学の航空学科へ進み、飛行機を製作している会社に入り、工夫を重ね、「零戦」という名戦闘機を生み出す、という要素。
 もうひとつは、その主人公の二郎が、関東大震災のときに深窓の令嬢・菜穂子と遭遇し、やがて夏の軽井沢で再会すると恋に落ちる。菜穂子は肺病におかされているが、恋を貫き通し、二郎との短い新婚生活を送ろうとする、という要素。
 だが、この二つの要素は、映画の中で、有機的な融合がされていない。問題は、主人公が昇るべき「物語の階段」が存在していないというところにあったと思われる。・・・
 二郎は、憧れの飛行機に関しては、ほぼ自分の望みどおりに生き、ほぼ望みどおりの仕事をする。菜穂子との恋も、最初に過去を思い出すのは菜穂子の方であり、恋を成就させようと決断するのも菜穂子である。「物語の階段」を持たない二郎は、外貌が変化するだけで本質的な「成長」を遂げることがない。・・・
http://www.asahi.com/and_M/interest/theater/TKY201...
⇒私はまだ鑑賞してないんだけど、これまでのこの映画の概要の紹介や映画評を読んだ限りじゃ、日本人が戦前戦後を通じて変わっていないことを指摘するのが、宮崎監督の潜在意識下にあるこの映画のテーマであり、そうである以上、「物語の階段」がないのは当然だよ。
 また、「第一の要素」は日本人の人間主義が日常の私的生活の中で貫徹していることを示そうとしており、「第二の要素」は、かかる人間主義が日本人の公的生活の中で発露されているからこそ日本の経済・社会が高度かつ魅力あるものとなっていることを示そうとしている、と解することができるのであって、そうだとすれば、「この二つの要素は・・・有機的な融合がなされてい」る、と言っていいんじゃないか。
 鑑賞していないのに断定するのは早計かもしれないが、以上を踏まえれば、この映画は、その世界に与えるメッセージ性は強烈であり、(これまで、一貫して執拗に日本人/日本社会の人間主義性を描き続けてきた)宮崎監督がそのキャリアを終えるにふさわしい作品なんだな。



#6498(2013.10.8)

<太田>

 韓国・北朝鮮の人々の心情を人間主義的に忖度してあげる必要はあるけれど、こんな具合に人間主義的に対応することは、誤解を募らせ、韓国・北朝鮮との関係をこじらせるだけだ。↓
 <事実だとすれば、野田政権の最大の失策ということになろう。(太田)↓>
 ・・・日本政府は野田首相や斎藤勁官房副長官が外務省幹部と検討を重ね、昨年3月、佐々江賢一郎・外務次官を訪韓させた。
 ・・・次官は(1)政府代表としての駐韓日本大使による元慰安婦へのおわび(2)野田首相が李明博大統領と会談し、人道的措置を説明(3)償い金などの人道的措置への100%政府資金による支出――の3点を提案した。・・・
http://digital.asahi.com/articles/TKY201310070533....
 <日本の裁判官一般の質を考えれば呆れても仕方ないけど、街宣での発言内容には全く問題ない。(私自身は、金王朝に忠誠を尽くす教育を行っている朝鮮学校なんてものの存在自体が公序良俗違反だと思っている。)京都地裁は、単に騒音で学校運営を阻害した点だけを捉え、不法行為による(より少額の)損害賠償を淡々と命ずべきだった。)↓>
 朝鮮学校への街宣は「人種差別」 在特会側に賠償命じる 京都地裁・・・
 在特会側は公園の無許可占用への反対活動で「表現の自由」と反論していた。
 この街宣活動をめぐっては、在特会のメンバーら4人が威力業務妨害罪などに問われ、有罪判決が確定。学校の元校長も京都市が管理する公園を無許可で占用したとして、都市公園法違反の罪で罰金10万円が確定している。・・・
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131007/trl13... (下掲[]内も)
 ・・・判決は、2009年12月〜10年3月、在特会メンバーらが京都朝鮮第一初級学校(当時。現在は京都朝鮮初級学校=京都市伏見区=に移転)に[・・・平成21年12月〜22年3月、3回にわたり押しかけ、・・・]「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「何が子どもじゃ、スパイの子やんけ」などと拡声機で怒号を浴びせた演説について、憲法が保障する「表現の自由」の範囲内かどうかなどについて検討した。・・・
http://mainichi.jp/select/news/20131007k0000e04015...

 このアホ裁判長のアホ判決のせいで、日本には(戦前から)ひどい朝鮮人差別があるっていう誤ったイメージを、改めて世界中にばらまかれてしまった。↓
 ・・・There are hundreds of thousands of ethnic Koreans in Japan.
 <在日朝鮮人の多くが戦前、強制的に日本に連れてこられた人々の子孫だとよ。↓>
 Many are descendants of those forcibly brought to Japan during its 1910-1945 colonial rule of Korea.
 Korean residents - who make up Japan's largest minority group - still face discrimination in the country.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24427921



#6500(2013.10.9)

<太田>(ツイッターより)

 「日本の雑貨店 様々なアイデア商品…」
http://j.peopledaily.com.cn/94638/205938/8418526.h...
 人民網、頑張ってるけど、日本ヨイショも種切れチックになってきたなあ。

 「国際成人力調査:日本、読解力と数的思考力で首位…」
http://mainichi.jp/select/news/20131009k0000m04002...
 この話、強烈な反響を各国で呼んでいる。韓国じゃ日本を無視。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...
 英国は自国成績の悪さは国際的醜聞だと。(後はコラムで)

<太田>

 調査結果が一目で分かるのがこれ。
 日本はスゴイである。↓
http://online.wsj.com/article/SB100014240527023041...
 <本件でダントツの日本の教育に対して(暗記重視と理論偏重により独創力形成を阻害していると)ケチをつけるとは、ホント、英国/ガーディアンも落ちぶれたと思うよ。
 (少なくとも英語教育に関してはこの批判、一見当たってるようだが、根本的には日本の成人にとって英語なんて必要ないもんだから身につかないってことに尽きる。)
 また、一握りの上澄みにおける創造性の有無は、教育とは基本的に関係ないさ。↓>
 ・・・Japan's state education system is often criticised for quashing original thought among pupils in favour of rote learning, and for placing an emphasis on theory rather than practical skills・・・
http://www.theguardian.com/world/2013/oct/08/why-d...
 <英国の現在の学力判定試験の数学と英語が真の力の水準を検出するものとなっていない+(日本での)高卒の時期の2年も前に数学と英語の教育を止めてしまっている、という二つの問題点が指摘されている。↓>
 ・・・I have been arguing for some time that GCSE maths and English at grades A* to C do not give any assurance that a young person is numerate or literate. Indeed, there is ample statistical evidence of students with these higher grades failing the basic numeracy test.・・・
 ・・・by 2015, the education-leaving age will be 18, we should move now to make mathematics-numeracy and English-communication compulsory up to that age, as is the case in so many other countries. ・・・
http://www.theguardian.com/education/2013/oct/08/e...
 <英国人は、実に、読解力で24か国中22位、数的能力で21位。↓>
 ・・・Young people in England, those aged between 16 and 24, also scored 22nd for literacy and 21st for numeracy out of 24 of the world's developed countries・・・
 <英国の成人の4分の1は10歳児並の数理能力しか持っていない。↓>
 ・・・a quarter of adults in England have maths skills no better than a 10-year・・・
 <同じく、年配の人の方が若者よりも読解力も数的能力も高い。↓>
 ・・・older adults in England score higher in literacy and numeracy than the average among their peers, while younger adults show some of the lowest scores for their age group.・・・
 <スコットランドとウェールズは、カネがかかりすぎるとこの調査に参加しなかった。(だから、イギリスと北アイルランドだけが参加した。)↓>
 The OECD survey did not include people from Scotland or Wales, which declined to take part on cost grounds.・・・
http://www.theguardian.com/business/2013/oct/08/uk...
 <読解力/数的能力と生産性向上度との相関度は高いことを銘記すべきだ。↓>
 ・・・there is a definite correlation between the OECD's narrow educational metrics and productivity growth・・・
 <ちなみに、英国における両親の学歴と子供の読解力/数的能力との相関度は他国に比べて2倍も高い。↓>
 ・・・the link between less-educated homes and pupil's educational problems was almost twice as strong in England as in some other countries. ・・・
http://www.theguardian.com/commentisfree/2013/oct/...
 <この問題は今始まったものではなく、150年にわたって英国は大衆教育に失敗してきた。↓>
 It's the classic problem that this country has not solved over 150 years: how do you educate the masses?・・・
 <英国の企業等は職員に何の教育訓練も施していないので、若者は社会に出てから読解力/数的能力を向上させる機会が少ない。↓>
 With a third of employers in the UK not offering any training to their staff, the result is that young adults in employment are unable to catch up or maintain their skills through workplace training.・・・
 <米国の成績は英国よりもっと悪い。かつて米国は世界の高熟練成人の42%を占めていたが現在ではわずか28%にまで落ちた。↓>
 The survey showed an even weaker performance from the US, which ranked bottom for numeracy for 16 to 24-year-olds, and in the lower half of the tables overall, below England and Northern Ireland. Where the US once boasted 42% of the world's highest-skilled adults, according to the OECD, it now has just 28%.
http://www.theguardian.com/education/2013/oct/08/o...
 <にもかかわらず、米国の主要メディアで本件を報じたのはWSJくらいであ(り、危機意識が欠如してい)る。
 韓国の成績は余り振るわなかったが、若い人になるほど成績は高く・・日本の若い人に続いて24カ国中2番目・・、状況は急速に改善されつつある。↓>
 ・・・ Koreans aged 55 to 65 ranked in the bottom three against their peers in other countries. But Koreans aged 16-24 were second only to the Japanese.
 <米国は、戦後のベビーブーム時代の層の成績資産を食いつぶしてしまったと言える。↓>
 The results show that the U.S. has lost the edge it held over the rest of the industrial world over the course of baby boomers' work lives・・・
 <米教育省は、この調査結果を踏まえ、二つ報告書を書いたが、政府機関閉鎖のあおりをくらって、いまだにその公表ができていない。↓>
 The U.S. Department of Education wrote two reports in response to the OECD finding, but neither has been released due to the government shutdown・・・
http://online.wsj.com/article/SB100014240527023034...
 <WSJは、成績が最も悪かったスペインとイタリアをあげつらうことは熱心だ。↓>
 Workers in Spain and Italy are the least skilled among 24 developed countries ・・・
 <両国とも昨年GDPはマイナス成長だった。(これは米英の近い将来を暗示している。)↓>
 The economies of Italy and Spain both contracted last year, and are forecast by the European Commission to shrink again this year・・・
 <ただし、米英両国は、勤務者達の能力を最もよく活用していることは確か。↓>
 ・・・both the U.S. and the U.K. are exceptionally good at ensuring that workers' skills are fully exploited, ensuring that their respective skills deficits don't translate into a growth gap with other leading economies.・・・
 <日本は、対照的に活用度が十分でない。だから、労働市場の硬直性を打破することで、日本には成長余地がある。↓>
 ・・・the relative inflexibility of Japan's job markets. It does suggest that if Japan were able to fully use its workers' skills, it could generate higher rates of economic growth, having long stagnated.・・・
http://online.wsj.com/article/SB100014240527023041...

<TA>

≫ <在特会メンバーらによる京都朝鮮第一初級学校に対する>街宣での発言内容には全く問題ない。≪(コラム#6498。太田)

 「問題ない」とは、法的に、といった類の意味でしょうか。損害賠償額の妥当性や威力業務妨害罪の構成要件などといった法律論は知りませんし興味もありませんが、私の常識では、「街宣での発言内容」は極めて問題であると思っています。↓

 「約束というものは人間同士がするものなんですよ。人間と朝鮮人では約束は成立しません。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6...

 ↑朝鮮人は人間ではない、と主張しています。法律上「全く問題ない」のか知りませんが、極めて不快です。
 この在特会とやらについて詳しくもありませんし興味もありませんが、公園の不法占拠だかを問題視するのであれば、然るべき機関に、然るべき処置を依頼すればよいことで、現に都市公園法違反とやらで罰金10万円の有罪判決を言い渡されています(上記ウィキペディアより)。なぜ街宣で違法行為を正そう・質そうとしたのか理解できません。
 スパイ云々についても全く共感しません。スパイ防止法もないことを第一に問題視すべきでしょうし、エシュロンによる「スパイ」活動に比べれば、かわいいものでしょう。
 「金王朝に忠誠を尽くす教育を行っている朝鮮学校なんてものの存在自体が公序良俗違反」(コラム#6498。太田)はその通りだと思いますし大いに共感しますが、それを糾弾する類の言に終始し、自由や民主主義の素晴らしさを説くことを疎かにするのでは、朝鮮学校の児童の心を揺さぶることができるとは思えません(児童に対する街宣ではないのかも知りませんが・・)。
 なお、「くっだらねー活動をしてる在特会なんてのが最近人気あるんだとはねえ。」(コラム#4221。太田)とおっしゃる太田さんが、在特会にシンパシーを持っているなどとは思いません。

<太田>

 私は、この判決に関する主要紙の電子版が、おおむね共通して引用していた「「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「何が子どもじゃ、スパイの子やんけ」」を在特会の街宣内容の最も過激な部分である、と解した上で、コラムで問題ない、と書いたのであって、あなたが引用した「京都朝鮮学校公園占用抗議事件」に関するウィキペディアを読むと、街宣内容として、「約束というものは人間同士がするものなんですよ。人間と朝鮮人では約束は成立しません。」のほか、「ゴキブリ朝鮮人、ウジ虫朝鮮人は朝鮮半島へ帰れ」、「朝鮮人は保健所で処分しろ」などもあったというのですから、「ゴキブリ・・・」については、「ゴキブリ「的」朝鮮人、ウジ虫「的」朝鮮人・・・」の趣旨と解することもできるので除外できるとしても、残りの二つは侮辱による不法行為にはあたるので、その分、理論的には学校運営阻害(と器物損壊)の損害賠償額にその分を加算しなければならないでしょうね。
 しかし、文書ではなく、話している時には、とりわけ、喧嘩腰で話している時には、人間、おうおうにして不用意な言葉づかいをしてしまうものです。
 「約束というものは・・・」についても、「人間とゴキブリ的朝鮮人では約束は成立しません」と言っておれば、また、「朝鮮人は保健所・・・」についても、「ゴキブリ的朝鮮人は保健所で・・・」と言っておれば、刑法上も民法上も侮辱に問えなかった可能性が高いでしょう。
 いずれにせよ、本件、人種差別事案には該当しませんよ。
 なお、在日朝鮮人が拉致事件に関与してきた経緯(典拠省略)に照らせば、北朝鮮系在日朝鮮人の一部の活動が「エシュロンによる「スパイ」活動に比べれば、かわいいもの」であるとは、私は全く思いません。
 (韓国系を除く)現在の在日朝鮮人の大部分は朝鮮学校で教育を受けた人々であり、その朝鮮学校は、実質的には北朝鮮の国家機関であって、(日本人拉致を行ってきただけでなく、国民を餓死させその少なからぬ部分を強制収容所に送りこんでいる)金王朝に忠誠を尽くす教育を行っているのですから、そもそも、朝鮮総連ともども、破壊活動防止法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E6...
に基づいて解散させてしかるべきだと私は考えています。
 もう一つ、上記ウィキペディアに記されている経緯を見ると、公園占用の中止も、校長への有罪判決をもたらすこととなったところの警察による捜査も、在特会の街宣や告発が契機になったことが窺えます。
 換言すれば、まことに残念なことではあるけれど、こういうことでもしなければ、戦後の在日朝鮮人に対する逆差別の残滓の撤廃は容易ではない、ということでしょう。
 結局のところ、国が、そしてその背景としての世論が煮えきらないものだから、在特会のような「くっだらねー」団体が「活躍」する余地が出てきちゃうってことです。

 産経までが、こんなことを言ってますが、じゃ、中共や韓国の「街宣」も日本人に対する人種差別ってワケね、と混ぜっ返したくなりますし、何よりも、連中の「街宣」は基本的に事実に即していないのに対し、本件における在特会の街宣は基本的に事実に即している、という根本的違いがあります。
 私は、産経を始めとする日本の「右」のアタマの構造がどうなっているのか、全く理解できません。↓
 ・・・中国や韓国の反日デモでは、多くの日の丸が焼かれた。侮蔑的な言動もあったが、その多くは放置された。日本と日本人は国内で、あらゆる国や民族へのそうした行為を許さない。そういう存在でありたい。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131009/trl13...

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 朝日による報道の後追い記事だ。↓
 <韓国がそんなもんで受け入れるワケないと思わなかった点でも野田政権の判断は甘かったと言わざるをえない(太田)。↓>
 慰安婦:「李明博政権が日本に特使派遣」 元官房副長官が証言・・・
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...
 <産経が客観報道に徹しているのが、またもや不思議でならない。↓>
 野田前政権、慰安婦問題で解決案提示 昨年4月、おわびなど柱・・・
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131009/plc1...



#6502(2013.10.10)

 話は変わるが、朝鮮総連/朝鮮学校について私が昨日の述べたことを補強すると言えそうな、フォーリンポリシー主管者によるコラムからの一節だ。
 筆者は、米国がリビアから勝手にテロ犯罪容疑者を拉致したことを批判し、そんなことしてたら世界中が戦争になると言ってるわけだが、北朝鮮は日本から犯罪容疑者どころかフツーの市民達を拉致して行ったんだから、日本は北朝鮮に宣戦布告すべきだし、それが憲法上の制約等でできないというのなら、せめて、日本国内にある北朝鮮系諸機関は閉鎖させてしかるべきさ。↓
 ・・・If countries feel they can swoop in and snatch up bad guys anywhere, whenever, and however it suited them, the world would quickly fall into a state of permanent war. ・・・
http://www.foreignpolicy.com/articles/2013/10/09/t...

 人間主義社会、日本!↓
 ・・・日露戦争の終結後、1909年に日本を訪れて旅行滞在記を書いた<帝政ロシアからの亡命者の>イブラヒムは、世界のイスラム教徒に日本をありのままに愛情をもって紹介したタタール人である。
 イブラヒムの描く日本は清潔そのものであり、日本人は職業や身分に関係なく新聞や本を読む。「なんと立派な人間性よ!」と感嘆させた日本の美風は、人々が何かを手伝うのにもチップを要求<するなんてことはない。>・・・
 また、日本人は身分の低い者まで日本の将来を政治や経済の観点から考えるが、宗教に熱心でないと看破している。それでも、良心の自由が完全に浸透している・・・
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_21541...



#6504(2013.10.11)

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(ツイッターより)

 <在特会の件ですが、>売り言葉に買い言葉にせよ、侮辱したら差別案件になるのではないのですか?
 差別案件というのは、有形力の行使を必須とするものなのですな?

<太田>(同上)

 「差別案件というのは・・・?」の意味が分かりません。

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

 在特会の言動が人種差別事案に該当しないというところへの疑問です。

<太田>(同上)

 特定の個人や集団の違法行為を批判したり告発したりすることは差別じゃありません。
 違法行為を何もしていないのに、生まれでもって特定の個人や集団を蔑視する言動を行うことが差別です。

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

 そのとおりと考えておりますが、ゴキブリ 「的」 朝鮮人とか ウジ虫 「的」 朝鮮人という言動は、後者の生まれでの蔑視に当たるのではないのですか?

<太田>(同上)

 相手が、北朝鮮籍なので「朝鮮人」だし、違法行為を行ったりそれに加担したりそれを支持したりしている者を修辞的に「ゴキブリ的」「ウジ虫的」と呼ぶことは許されるでしょう。
 ゴキブリやウジ虫には失礼かもしれませんが・・。

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

 デモの状況を考えると、朝鮮人全般をゴキブリ的、ウジ虫的と称していない事。
 それらの言葉を投げかけている対象への根拠が、朝鮮人である事ではなく、法令違反である事。
 この二つを以て差別ではないという事でしょうか?

<太田>

 そうです。但し、侮辱に当たる部分はある、ということです。
 なお、朝鮮学校は、日本人の拉致や(日本がらみの)大韓航空機爆破事件等の違法行為を行った北朝鮮の支配下にあることから、存在そのものが違法であり、朝鮮総連共々解散させた上で、その財産を没収し、拉致被害者やその家族への慰謝料支払い等に充てるべきだ、と私が思っていることを付け加えておきます。

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

 なるほど合点がいきました。
 それと話がズレますが、朝鮮総連を解散してしまうと、監視が難しくなり、警備上好ましくない事態になるということはないのでしょうか?
 公安調査庁が本部ビル売却を妨害したのは、この辺の思惑があったからと、勝手に思っていたのですが。

<太田>

 まあ、オウム真理教に対してすら破防法適用がなされませんでしたからねえ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E6...
 朝鮮総連への破防法適用の捜査・調査が遅々として進んでいない
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7...
のは、そもそも破防法の適用には慎重であることに加えて、北朝鮮とのパイプを断ち切るのは得策ではないという、歴代政府の政治的思惑もあるからでしょう。

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

>北朝鮮とのパイプを断ち切るのは

 こういう理由が根拠であるなら、総連は解散させない方が良いという事にはなりませんか?
 拉致事件の解決の為にも、窓口は必要ではないでしょうか?
 テロリストとは交渉しないという原理原則に基づけば不要なものですが。

<太田>(同上)

 何も交渉窓口が日本にある必要はないでしょう。
 「公式」ルートだって、北朝鮮には国連代表部もあるし、日本大使館と北朝鮮大使館の両方がある場所も少なくないし、このほか、「非公式」ないし「個人的」ルートだって多々ありますからねえ。

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

 それもそうですよね。
 納得できました。

<太田>

 関連だが、日本人は朝鮮学校に甘すぎるのであって、下出の横浜市長がその典型例だ。
 これは、ある意味、人間主義の病理だと言ってもいい。
 本件で「人種差別撤廃条約」を持ち出すなんて言語道断であり、条約を持ち出すのならむしろ「児童の権利に関する条約」であって、同条約締結国として、政府や地方公共団体は、「児童の最善の利益」の精神に則り、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5%E3...
子供を朝鮮学校に通わせる親は児童虐待であり、朝鮮学校の閉鎖や児童の(親からの切り離し/)施設への収容を図ってしかるべきである、という厳しい認識を、日本の「右」も「左」も持つべきだろう。↓
 朝鮮学校へ補助金「非常に難しい」 横浜市長・・・
http://digital.asahi.com/articles/TKY201310100263....

 在特会は、人種差別/ヘイトスピーチ部分に関しては、最高裁まで争うつもりで戦って欲しい。↓
 ヘイトスピーチ禁止判決、在特会が控訴へ・・・
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131010-OY...

 それでは、その他の記事の紹介です。

 近東から欧州に農耕民がやってきた約7,500年前から2,000年間にわたって、先住狩猟採集民と共存しつつ、両者は通婚しなかったことが分かった。
 (これは、2,500年前の日本における、弥生人の渡来に伴う縄文人との急速な通婚
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6...
とは対照的だ(太田)。)↓
 ・・・When farmers showed up from the Near East about 7,500 years ago, eager to grow their grains in the soil of Central Europe, they were met by indigenous hunters and gatherers. ・・・
 ・・・for some 2,000 years, these distinct groups refused to mesh and would rarely cross their cultural boundaries to find a mate. ・・・
http://www.washingtonpost.com/national/health-scie...



#6508(2013.10.13)

<gkJUSz0g>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 昭和初期に作られた日本のアニメが物凄い。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entr...

 当時の作品は作りが丁寧だなぁ。

<太田>

 フムフム。
 ガイジン達、日本語が読めないのに、よくあんだけ感想が言えるなあ。



#6510(2013.10.14)

<Uk9mkiYw>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 戦時中に制作された日本のアニメが驚くほど平和的だって、外人が驚いてるモノもあるな。
 こういうの挙げると日本人は戦前から変わってないっちゅう太田さんの主張、説得力が増す気がす。
 (海軍省の国策アニメ「桃太郎 海の神兵」1944年)
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entr...
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E5%A4%AA%...

 また、ググったら出てくるけど、比較してアメリカのプロパガンダ作品は、日本人に対して人種主義的攻撃的表現に満ちてて品が無い。
 ディズニーなどの例
http://animeyoubi.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
 アメコミの例
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51811770.htm...

 そこに住んで人々の感性ってモノがわかるわな。

<太田>

 名前だけは知っていた「桃太郎 海の神兵」を、この機会に全編視聴させてもらった。
 「当時の日本政府の大義であった「八紘一宇」と「アジア解放」を主題にし」
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E5%A4%AA%...
たなと思ったが、いや、それは、単に作戦地域の背景として挿入された場面に過ぎない、とも言える。
 しかし、この映画だけを見た人は前者だと受け止めるだろうな。
 それはともかく、「子供たちに夢や希望を与えるような作品にしようとした」ことと、「平和への願いを作品中に暗示させた」こと(典拠同じ)は素晴らしいね。
 なお、この映画へのガイジン視聴者の書き込みは、邦訳されたところの前向きのものばかりじゃないはずだってことも頭に入れておいた方がいいよ。
 ああそうだ、アメちゃんの方のは視聴しなかったからな。

 それでは、その他の記事の紹介です。

 戦争、飢饉といった非常時には利他性が発揮されるが、米国人は、慈善の強い伝統がある上に、今回の政府閉鎖のような場合には、いざとなったら政府の代わりに自分が貢献すればいい、という独特の考え方があるとさ。
 でも、非常時にしか利他性が発揮されないという欧米での思い込みは、彼らの人間主義が壊れてる証拠だし、米国における慈善の強い伝統なるものはキリスト教の愛の教義がもたらした双極性障害の症状だし、「政府の代わりに」云々もまた、キリスト教の敵味方峻別/極端の論理に由来する病理なんだぜ。↓
 ・・・People all around the world act more altruistically for the common good in times of emergency,・・・in circumstances that range from something like this to war and famine. But philanthropy has a strong tradition in the US and there's something distinctly American about the idea that individuals can take over the functions of government.
 "Like the guy mowing the lawn in Washington, the idea that somehow people can step in and you don't really need government, you can do it by charity," he says.
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24468340

 他人のことにもっと時間をかけ、注意を払っておれば、人間主義的になっていくらしいよ。
 壊れてたって人間主義を恢復させることができるってことだ。↓
・・・ The more time and attention they could devote to thinking empathically, the more sensitive they became. ・・・
http://science.time.com/2013/10/13/bunnies-stinkbu...



#6512(2013.10.15)

 「売春に走る日本の高齢者 原因は家計と孤独…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8424794.html

 人民網がめずらしくバッシング記事かと思ったら、「性の開放度が高く、日本の風俗文化は世界的にも有名だ。」とちゃんと分かってるし、最後の一文でやはり中共当局批判が読み取れたので、ほくそ笑んだ。



#6514(2013.10.16)

 「…日本のデザイナーはパリのファッションウィークで特異な存在だ。彼らは独自のオリエンタルビューティー、奇妙で厳格な裁断、そして変わっているといわずにいられない突拍子もない着想で知られる。日本のデザイナーは未来から来たのかもしれない。彼らの見たこともないような着付けは今やアパレルを「衣服」本来の意味から超越させた。全世界は1世紀かかっても彼らの歩みに追い付けない。」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8425990.html

 これは宗教的畏敬の表明とも形容すべき賛辞だ。
 ぶったまげたのなんのって・・。
 日中の今後の関係は、一体どうなって行くんだろうかねえ。



#6516(2013.10.17)

 「水道水が日本基準に達する 蘇州…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8427109.html

 今日はこれかよ。
 中共じゃあ、あらゆる分野で日本が仰ぎ見られ、目標とされている。我々日本人としても、師として、一層精進し、研鑽に努めなくっちゃ、なーんて気にさせられるである。



#6518(2013.10.18)

 「日米がGDP新基準…技術、知識、知力、イノベーション能力といった無形資産を資本としてとらえる点が最大の特徴…。日本…では…国民総所得(GNI)<も用いよう>・・・とする傾向がある。…GNIとは、実質GDPをベースにその国の海外での生産や投資で得た利益を加算するものだ。…」
http://j.peopledaily.com.cn/94476/8427671.html

 日経電子版あたりには載ってる話なんだろうが、前段については知らなかったよ。
 こういった勉強にもなる人民網。



#6524(2013.10.21)

 セックスレス社会日本についての長文記事だが、私の縄文モード論を教えてやりたいよ。
 避妊技術の進歩が加わった縄文モード化が少子化をもたらしてるって点が、避妊技術の進歩だけがもたらしているところの、他の先進諸国での少子化と違ってるってことをね。↓
http://www.theguardian.com/world/2013/oct/20/young...



#6526(2013.10.22)

 「非常に多くの人にとって、東京は「アバンギャルド」「ファッショナブル」、このような形容詞と密接につながっており、無限の魅力に満ちた誘惑の都市に映る。現代の東京は依然、日進月歩の驚異的スピードで変化を続けている。…<他方、>、「古き良き日本」の味わいを留める場所<も>ある。…」
http://j.peopledaily.com.cn/206603/8431444.html

 これほど熱烈な東京へのオマージュ記事に私は遭遇したことがない。
 中共当局に献杯!
 (一日も早く、中国共産党の死を「悼んで」献杯をしたいという気持ちも込めて「乾杯」じゃなく、「献杯」としたんよ。)
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/70647/m0u/

---

#6528(2013.10.23)

 「 「犬の散歩に袋」「召使雇わない」…中東が日本の美徳に注目…」
http://news.livedoor.com/article/detail/8180047/
 この記事、偏らずに書き込みを集めたのかどうか心許ないけど、日本社会の人間主義性が静かに広く知られつつあることは確かだろうな。
 無宗教でも道徳的な日本を直視して欲しい。

 日本人のセックスレス化についてのガーディアン記事を受けての記事が米スレート誌に出てた。↓
 <これは、世界の先進地域共通の問題だが、日本は独特な様相を帯びてる、と原記事は指摘しているとし、その上で・・。↓>
 ・・・The article tries to put Japan in a larger context: “Across urban Asia, Europe and America,” Haworth writes, “people are marrying later or not at all, birth rates are falling, single-occupant households are on the rise.” But the sense of romantic futility and disillusionment in Japan feels distinct.・・・
 <しかしながら、その独特な様相は、実は、世界の今後の趨勢を先取りしたもんじゃないかってさ。(そう、世界は、今後、縄文モード化/人間主義化の道を歩むのだ。(太田))↓>
 But perhaps that’s just how we are predisposed to see it and write about it? Maybe Japanese young people are pioneering a deeply satisfying lifestyle in which love and sex have receded into the background--and the trade-off makes them perfectly happy.・・・
 <本筋からはハズレるが、米日の精神病罹患率は日本と同じく、全人口の4分の1だってんだけど、米国の方がはるかに高いというボクの認識は間違ってたのかな。誰か教えて!↓>
  Rates of psychological illness in Japan and the United States are comparable: 24 percent of Japanese adults and 25 percent of American adults・・・
http://www.slate.com/blogs/xx_factor/2013/10/22/ce...



#6530(2013.10.24)

 和食がユネスコの無形文化遺産登録の運びとなったが、文化庁の売り込み文句は、まさに、和食が、(私の言う、)人間主義を体現しているって趣旨なんだね。↓
 ・・・According to the・・・Japan’s Agency for Cultural Affairs・・・, Japan’s cuisine is characterized by its artistic presentation and its use of distinctive ingredients. Deeply rooted in its respect for nature, the cuisine also has ceremonial aspects to mark seasonal traditions such as New Year’s celebrations, rice-planting and harvest festivals throughout the year, and plays an important role in strengthening relationships within family and local communities.・・・
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/10/24/japa...



#6532(2013.10.25)

<太田>(ツイッターより)

 セックスレス化した日本人について連続で英米で記事が出てるね。
 今度は、ネット上のヴァーチャル恋人にはまってる男性達の紹介が軸だ。
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-24614830
 前にも言ったけど、これが人間の本来の姿であって自分達もやがてそうなる、と連中はなかなか思い至らないようだね。

<太田>

 補足すると、人間主義社会では、人は、性の相手方のことを慮って性欲望の顕在化に慎重だし、そもそも、自分の各種欲望をコントロールすることにも長けているから、男女とも中性化し、セックスレス化するってこと。
 つまり、日本じゃ、人の多くは、(仏教の明示的関与なくして)「悟」った状態にあるってわけだ。
 現代における人間主義社会の抱える唯一最大の問題は、避妊技術の向上やヴァーチャルセックスの容易化により、少子化がとめどなく進展することだ。
 この少子化問題に対処するには、子育ての社会化・・かっての日本はそうだった・・とその経費の公的負担、更には子供がいる人への逆差別、等を組み合わせた施策の断行と、移民の大幅受け入れ、しかあるまい。
 と、ここまで書いたら、「自分達もやがてそうなる、と・・・思い至」ってる記事を目にした。↓
 <日本は少子化で世界に先行。↓>
 ・・・Japan is a leading indicator of a trend rather than an outlier. Birth rates are falling almost everywhere in the world except for sub-Saharan Africa. This includes the United States, where the vast majority of population growth (82 percent) in coming years will be due to immigration, an option Japan has steadfastly refused to consider.・・・
 <セックスレスにおいても同様。↓>
 ・・・if decreased sexual desire were really the reason for Japan’s falling population, we’d be seeing versions of this trend story (perhaps to a slightly lesser extent) in every other developed country on the planet.・・・
http://www.slate.com/blogs/the_world_/2013/10/23/a...



#6544(2013.10.31)

こりゃ面白い。
 (ただし、日本の初等中等教育の世界一の強みは、基礎学力の習得のみならず、人間主義の注入にあるんよ。(太田))↓
 ・・・OECD(経済協力開発機構)が、このたび初めて、いつもの子供の学力テストではなく、大人の学力テストを行った。24カ国の産業国の16歳から65歳が対象だ。・・・
 それによると、ドイツ人の大人の学力が全くトップクラスではなく、読解力においても、簡単な計算においても、ごく中庸であることが判明した。・・・
 ドイツは戦前までの長い間、アカデミックな層と職人の層が確固たる2本の屋台骨となって、しっかりと社会を支えてきた国だった。学問を究めた者はもちろん尊敬されたが、職人で修業を積んでマイスターの称号を得た者も、社会でそれなりの地位を確保し、人々の尊敬を集めることができた。
 この両者の棲み分けと、互いの立場の尊重こそが、ドイツのよき伝統であり、発展の要だったことは疑うべくもない。・・・
 職人の行く基幹学校には、当然のことながら、良き職人を目指す志の高い生徒がいたのである。ところが、今、ドイツの職業地図は様変わりし、昔のような職人の世界は消滅しつつある。職人がコツコツと身につけた技は、今ではコンピューター制御の機械がやってくれる。
 なのに、学校制度だけが残っている。ドイツでは、今でも多くの州では、小学校4年生が終わった時点で進路を3本に分けている。しかも、4年生のときの、国語と算数の成績だけで分けているのだ。
 その結果、何が起こったかというと、基幹学校の崩壊だ。・・・
 今回の大人の学力テストで、大変面白かったもう1つの現象は、旧西独の人の学力が、旧東独にくらべて、軒並み低かったことだ。これは、東西ドイツで、教育の方法が明らかに異なっていたことを示す。
 戦後の西ドイツでは、権威主義を嫌い、教師が教壇の上から生徒に教えることさえ疑問視し、自主的授業やグループ授業を優先した。・・・
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39021



#6552(2013.11.4)

 最後の一文は、私の、日本の初等中等教育と人間主義との関わり(コラム#6544)という指摘に照らして理解して欲しいね。↓
 ・・・「読解力」も「数的思考力」も、成績が中くらいか上のほうの人の割合が参加国で最も多い▽下のほうの人の割合が参加国で唯一、10%未満▽上のほうと下のほうの人の平均点の差が参加国で最も小さい――などだ。つまり、「成績の悪い人が少なく、『平均より少し上』の人が多い」という全体的な能力の高さを示した。
 また、最終学歴(さいしゅうがくれき)が中学卒業の日本人の成績は、ほかの国よりも良かった。「最終学歴が高いほど成績も良い」というのは各国とも同じだが、たとえば読解力の成績は、日本の中卒者の方がアメリカやドイツ、フランスの高卒者より上だった。・・・
 ただし、16〜24歳に限(かぎ)ると、日本は読解力は1位だが、数的思考力は3位。・・・
 「・・・日本が好成績だったのは、学校教育ではなく、それぞれの人が卒業後に学んだ成果(せいか)とみるべきだ」と話す専門家もいる。
http://www.asahi.com/articles/TKY201311020066.html...



#6560(2013.11.8)

<太田>(ツイッターより)

 「…日本<では>…どの場所においても、フレンドリーで、他人への相互信頼が見て取れた。…私の中でおもわず日本人という民族に対する敬意の念が沸いてきた。…しかし、それならばなぜ日本人は中国を侵略し、さらには東アジアを侵略する際に、他国に迷惑をかけることを恐れなかったのか?…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8449612.html

 この記事は、戦前の日本の対支那政策が人間主義に基づいて行われたのであって、それは「侵略」ではなかったことを読者に気付かせようとしている!



#6564(2013.11.10)

<dnFyADcI0>(「たった一人の反乱」より)

 <コラム>#6562につきまして、以前「蠍の火」の話題がでたときに太田さんは

 利他主義と人間主義は性質が異なる
 仏教は利他主義である
 ゆえに仏教は人間主義ではない

というような論理の流れで仏教と人間主義が別物であることを語っておられたと思いますが、最近は仏教は人間主義の宗教なのだという方向に考えを変えられたのでしょうか?

<54efqfey0>(同上)

>以前「蠍の火」の話題がでたとき

 コラム#5323だね。太田さんは、
「・・・「蠍の火」は、熱心な法華宗信徒であった宮沢賢治・・・が釈迦の本生譚における捨身飼虎の説話・・・の釈迦の前世をサソリに、虎をいたちに置き換えたものであるとボクは解しているところ、文字通り「自分の命を投げ出」した利他主義の物語なんだな。」
と言ってるよ。
 「捨身飼虎」だかについては、コラム#6305を読んでみそ。



#6566(2013.11.11)

<dnFyADcI0>(「たった一人の反乱」より)

 <54efqfey0サン、>#6305を読み返しました。
 つまり仏教は通常運転時には人間主義だが、緊急事態においては利他主義も否定しない、というくらいのニュアンスですかね。

<54efqfey0>(同上)

 考えるな、感じるんだ!↓

 「とにかく、ジャータカ(本生譚)もまた、後で出てくる、「方便」・・ただし、弟子達による・・の一種さ。・・・ジャータカは、「方便」を駆使しつつ、全体として人間主義をススメてる、と思ったらいいだろう。個々の説話の字義を追うんじゃなく、個々の説話を貫く、全体としての精神を掴みとらにゃ。」(コラム#6305)

<太田>

 釈迦だけじゃなく、日本人を含む現代人も、人間主義の概念を知らない人が大部分なので、人間主義について、結果的に「方便」で語ってることに注意が必要だよ。↓
 <山本参院議員の「事件」が日本で問題になってるのは、天皇の政治への関与を最小限に抑えてあげることが、天皇の負担を軽くすると同時に、天皇制の永続にもつながる、という、天皇への人間主義的な配慮が日本人の多数にあるからだ。↓>
 ・・・みずほインターナショナルの竹下誠二郎<は、>・・・「物事には『やり方』というものがあるが、今回の件は、明らかにこれを外れている。非常に不適切だ。全く無意味。人を驚かせるだけだ。(山本氏の行動を支持することは)ほとんどテロリストの行動を支援するようなものだ」と主張した。・・・
 AP通信<は、>・・・天皇に許可無く話しかけたり、触れたり、物を渡してはいけないことになっている。携帯電話で皇族の写真を撮ることも不適切だとみなされている」などと背景を伝えている。・・・
http://news.livedoor.com/article/detail/8238743/
 <人間主義を基調とするという点では、日本社会に変化はないんだよ。↓>
 ・・・上司の命令には絶対服従という企業文化や、相手に対する思いやりを美徳としてきた日本社会が、長期不況や東日本大地震などの困難を経て相手に怒りを爆発させる方向へと構造変化している・・・
 日本社会は思いやりがあり親切な人々とかかわりを持つのが面倒だと考えるようになった・・・
 <戦前のそれは、日本人の人間主義的コンセンサスってやつなのよ。↓>
 「群集心理」は日本を再興させるプラスのエネルギーとして作用する可能性があります。ですがその一方で、第二次世界大戦時にそうだったように、隣国はもちろん、自国さえ危険に陥れる破壊的集団狂気につながりかねず、そうした狂気が爆発することもあるのでは、という気もします。・・・
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...

 全く異なった文脈の下だが、人間主義の訳語として、(この記事に登場していた)'Cooperative Individualism'ってのもありだな、と思ったね。↓
http://www.nytimes.com/2013/11/11/books/amsterdam-...



#6568(2013.11.12)

 「海洋経済の発展は日本を参考にできる…」
http://j.peopledaily.com.cn/94476/8453292.html
「…朝鮮戦争中には「特殊慰安隊」と称された、韓国軍に管理された「慰安婦」が存在していた…朴正煕政権では…韓国人女性9935人を在韓米軍向けの「慰安婦」として組織していた…」
http://news.livedoor.com/article/detail/8241943/
 ありとあらゆるものについて日本をマネしている中韓。
 それを半ば公然と認める中共、認めないばかりか日本を攻撃する韓国。
 日本のまっことオモロイ2隣国だねえ。



#6572(2013.11.14)

<太田>(ツイッターより)

 「日本を見る目、世界が馬鹿なのか…韓国が日本帝国主義によって受けた被害が他国よりはるかに大きいのは事実だが、国際社会は韓国を状況次第で国際的な約束まで覆す国として捉えているようだ。」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...
 その調子だが、最後の一文の前半の否定に踏みこまにゃ。

<太田>

 読売サンもこのコラム↑に注目しとるね。↓

 「韓国紙の論調変化、反日に自省促すコラムも・・・」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131114-OYT1T...

<wh3YxB8W0>(「たった一人の反乱」より)

 対馬島で開かれた対馬島取り戻すセミナー話題
http://kininatta2chmatome.doorblog.jp/archives/740...

 中国には、政府の御用学者がいるが、韓国の場合、ナチュラルにおかしいという印象がある。
 なぜ、こんなにおかしいのかさっぱり分からん。
 これではまともな学問なんか成立せんやろ。

<太田>

 何度も言ってるように、反米が親米に切り替わって既に何年も経つので、反日が親日に切り替わるのもそう遠くないさ。
 ちゅうか、既に切り替わりつつあると思うね。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 イラクで戦った元米兵が、山本常朝の『葉隠』の英訳本を糧にして当時過ごしたことを回顧している。
 (太平の江戸中期に、こういう人物になるほどと思わせる本を書けた山本は、ある意味、大したもんだね。(太田))↓
 <「朝毎に懈怠なく死して置くべし」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89%E9%9A%A0 
ってところに、この元兵士、痛く感銘を受けてたみたいね。↓>
 ・・・I found my way forward through an 18th-century Samurai manual, Yamamoto Tsunetomo’s “Hagakure,” which commanded: “Meditation on inevitable death should be performed daily.” Instead of fearing my end, I owned it.・・・
 <ここは、「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」に言及している。↓>
 Then, before we rolled out through the gate, I’d tell myself that I didn’t need to worry, because I was already dead. The only thing that mattered was that I did my best to make sure everyone else came back alive. “If by setting one’s heart right every morning and evening, one is able to live as though his body were already dead,” wrote Tsunetomo, “he gains freedom in the Way.”・・・
http://opinionator.blogs.nytimes.com/2013/11/10/le...



#6584(2013.11.20)

<太田>(ツイッターより)

 「 「新聞大国」の日本…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8459994.html
 中身の濃い日本ヨイショ記事であり勉強になった。

 「蒼井そら「中国人と結婚したい」…」
http://j.peopledaily.com.cn/206603/8460074.html
 日本に心を寄せる中共に、一人でお返しをしてくれてる蒼井。



#6586(2013.11.21)

<太田>(ツイッターより)

 「 中国メディアが注目!世界を変えた日本の発明…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8461614.html
 まことにオーソドックスな日本ヨイショ記事であることよ。
 次は家事ロボットだろうって期待してるんだけど、少子化社会には必須である一方、一層少子化を加速化する惧れもあるからなあ。

 「日本製品、なぜ日本人に好まれるのか?…」
http://j.peopledaily.com.cn/94476/8461894.html
 いつもながらの人民網的日本ヨイショ記事だが、ちょっぴり「自国」製品自慢もしているところがいじましい。



#6592(2013.11.24)

 「…日本企業は世界各地の美術館・博物館をこのように支援し続けてきた。韓国で日本は「文化財略奪国」という扱いだが、国際社会で日本は「文化支援国」という待遇を受けている。…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...

 期待通り、朝鮮日報、表現を苦心しつつ頑張ってくれてるね。



#6614(2013.12.5)

 「中国メディアが見た日本 相続税で格差縮小…」
http://j.peopledaily.com.cn/94476/8473872.html
 「車検時の不正行為、日本はどう根絶したか…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8474279.html

 中共で日本のありとあらゆる制度が日々研究され、参考にされたり導入されたりしてる!



#6620(2013.12.8)

 朝鮮日報が直截的に日本ヨイショを始めたでー!
 そのけなげさに感動の涙が出るわ。⇒
 …なぜ韓・中はアジアの「仲間外れ」になったのか… 世界第3位の経済大国の外交を、中堅国の韓国がまねることはできない。
 日本に比べ東南アジア外交が遅れている、と自責する必要もない。
 しかし、大統領選の「延長戦」で1年もの歳月を無駄にしている韓国の政界や指導者が、日本のように30−40年先まで見据えた戦略的判断力を備えているのかと考えると、本当に心配になる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...
 …最近、米日の政治家たちが「集団的自衛権は韓国のためのもの」と発言している。
 この発言からは、北朝鮮の34倍にもなる多額の軍事費を毎年つぎ込みながら「単独では(北朝鮮に)負ける」と語る韓国軍への「侮り」が感じられる。…
 北東アジアの激変する情勢など見向きもせず政争に明け暮れている韓国政界の姿を見ていると、ため息が出る。…
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...



#6638(2013.12.17)

 本日はこれかね。

 「…世界屈指の経済発展国である日本の政府と全社会は近年、本国の文化遺産の保護に意欲的で、大規模な人力・物資・財力を注ぎ、大きな成果を得ている。文化遺産の独特な価値を認識・重視し始めた中国にとって、隣国の日本の文化遺産保護に関する取り組みは参考の価値がある。…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8486145.html
 「ドイツ人「日本の侵略美化傾向が激化…」
http://j.peopledaily.com.cn/94474/8486639.html

 なんて記事も併せて載ってるけど、ドイツ人の口を借りたり、及び腰であるところがカワユイである。



#6640(2013.12.18)

 「「韓国は信頼できない」72%、日本人の反韓感情が最悪に…「中国を信頼できない」と回答した日本人は88%に達し<た。>…「軍事的な脅威になる国」は、中国(78%)、北朝鮮(74%)、韓国(45%)、ロシア(40%)の順となった。…」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...

 出所は読売だが、見落としていたので掲げておく。
 ムッチャクチャでござりますがな。
 自分で言うのもなんだが、日本人には、ぜひとも太田コラムを読んで正気を取り戻して欲しいねえ。
 中共は日本の熱烈なファン、韓国は対日コンプレックスの塊だっちゅうのに。
 抱くのなら反米感情であるべきなんだからね。



#6658(2013.12.27)

<太田>(ツイッターより)

 「…東京は英紙「ガーディアン」から「世界第2の健康都市」と讃えられた。平均寿命84.19歳は世界最高水準。これは主に都庁の公共衛生行政が奏功したためだ。また日本社会には根強い家庭団らんの考えがあるほか、健康に注意を払い、新鮮さを重視する日本の伝統的飲食習慣も挙げられる。日本は1961年に早くも国民皆保険を実現、同時に乳児死亡率、伝染病の急速なまん延率が大幅に低下した。アベノミクス、2020年夏季五輪・パラリンピック誘致成功により、東京の不動産価格はこの1年、上昇を続けている…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8496136.html
 靖国参拝の翌日だぜ。降参!



#6660(2013.12.28)

 人間主義は赤ん坊に本来的に備わっているってまた出てたぞ。↓
 ・・・researchers have witnessed empathy, compassion, fairness and a sense of justice in babies, toddlers and older children. ・・・
 ・・・certain moral foundations are not acquired through learning. They do not come from the mother’s knee, or from school or church; they are instead the products of biological evolution.・・・altruism, despite evidence to the contrary, is inborn, the result of evolution・・・
http://www.washingtonpost.com/opinions/just-babies...



#6666(2013.12.31)

<太田>(ツイッターより)

 昼の話が人民網に載ってたがこれが滅法面白い。
 「習近平総書記が北京視察 列に並んで昼食に包子を注文…ここは衛生的ですね…と述べ、…食品の原料はどこのものですか?安全は確保されていますか?…と質問。…食品の安全は最も大切です。大衆が安心して食べられることを、私は最も重視しています<と>…語った。…」
http://j.peopledaily.com.cn/94474/8499167.html
 第一に習の肩書が総書記であって国家主席ではないこと。
 (別の所で市民が習をどう呼べばいいのか考える場面が出てくる。)
 第二に北京市内ですら店内の衛生状態の心配をしなければならないこと。
 日本化は大変だわ。

 「日本の金持ち、成金から控えめな貴族に…」
http://j.peopledaily.com.cn/home.html
 「日本の金持ち」はもともと「控えめな貴族」だったというオチ付だが、今年の日本ヨイショ、もとい、中共人民啓蒙活動の掉尾を飾るにふさわしい記事だ。
 日本に生まれた幸せと誇り噛み締める師走かな。

<chihilo> (同上)

 そう言えば、中国では儒教「ブーム」だそうですが、以前NHKで日本人以上に深々とお辞儀をしている映像がド迫力でした。
 父母の足を洗ったりもしておりました。
 そんな中国人が激増した日には、やはり世界情勢も変わって来るのでしょうか。

<太田>(同上)

 儒教の復権は、支那人民の人間主義化の地ならしとして・・日本は儒教の強い影響を受けているからその日本から学ぼうという話に持って行くため・・江沢民が始めたのであり、その上で、胡錦濤時代に、正面から日本の人間主義導入をやり始めたわけです。(コラム#5654、6200)

<chihilo>(同上)

 なるほど。しかし「道程は遠い」ってわけでしょうか。

<太田>

 そうです。
 しかも、その道程は「厳しい」からこそ、中共当局は、その間に、(オバマが去った後の)アホの米国からの、ウィグル人・チベット人弾圧とか人権とか民主主義といったことをあげつらった介入を避けるために、日本を庇護者に仕立て上げ、米国を牽制してもらおうと必死なのです。



#6672(2014.1.3)

 「縦横無尽の東京地下鉄網…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8501926.html
 新年の中共人民啓発のための東京地下鉄絶賛記事だが、どうして中共の対日政策を私のように分析する人が内外共に皆無なんだろう。
 彼らは人民日報/人民網を読んでいないのだろうか。
 誰か理由思いつく人いない?



#6674(2014.1.4)

<太田>(ツイッターより)

 「日本人は…約束を守り、とりわけニューイヤーコンサートという大切なイベントには、早くから会場入りしていた。・・・入口のクローク<では>…入場者のほとんどがコートやバッグを預けていた<が、>手際よいスタッフが30秒で一人分をスピーディーに運んでいた。100人以上が並んでいたが、まったく静かだった。…観客はほぼ前もって入場しており、遅れた人は見なかった。…近くに座った人達は終始席を変えることはなく、自分の持ち物さえ空席に置くことはなかった。日本人は「他人の権利を侵すべきでない」と考えているからだ。さらに敬服したのは、場内で20数人がマスクを付け続けていたことだった。…軽い病気のせきにより、他人のコンサート鑑賞を邪魔しないために自主的にマスクをしている<のだ>…。ホール内には子ども連れの客はみられなかった。コンサート会場は静まりかえっていた。…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8502703.html 
 凄まじい国家の意思を感じるで!

 それでは、その他の記事の紹介です。

 支那の指導層は既に人間主義志向になった。
 むしろやっかいなのは、インドの指導層を人間主義志向にすることだろう。
 さしずめ、アングロサクソン文明の人間主義との親和性を訴えることか。
 仏教を持ち出すのはそれからでいいだろう。
 こうすることで、ようやく、再び、アジアは一つになれる。↓
 ・・・七福神は日本、中国、インドの神々の連合体だ・・・この中で日本出身は恵比寿さまただ1人。・・・
 なぜこれだけ外国の神さまが多いのか。・・・理由の一つは古代からの漂着物信仰だ。日本人にとって海のかなたは福と富を運んできてくれるものだった。
 もう一つは室町時代に発展した貨幣経済だろう。商業が盛んになるにつれ天照大神のような日本神話の神さまや貴族階級の氏神さまではなく、商工業者の信仰の対象が必要になったのだろう。・・・
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK27028_X21C13...

 これも、間接的な日本についての啓蒙記事だろうな。↓
 ・・・米国の<この>5年間の年間科学研究経費は、1310億ドルから1190億ドルに減少した(実際の購買力に基づく)。同期の日本の科学研究費は90億ドル、中国は64億ドル増加した。全体的に見ると、米国は依然として世界一の科学研究大国であるが、アジアが世界の科学研究費に占める比率は18%から24%に上昇した。欧州は安定を維持し、約29%となった。
 バイオ医学の研究を例とすると、米国の2007年時点の経費は世界の51%に達していたが、2012年には45%に低下した。・・・
http://j.peopledaily.com.cn/95952/8503030.html



#6676(2014.1.5)

 「日本の食の安全は世界的に讃えられている。政府による厳しい監督管理、食品生産者による法遵守のほか、消費者団体の功も挙げられる。…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8502589.html
 中共当局のご立派な思惑には敬意を表するが、連日の逆洗脳を目にしてるといささかげんなりしてくるね。
 休めー。



#6678(2014.1.6)

 今年の大河にちなんだ産経のシリーズ、人間主義者、黒田官兵衛を描いて面白い。↓
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...



#6684(2014.1.9)http://blog.ohtan.net/archives/52192195.html

 今年の大河にちなんだ産経のシリーズ、人間主義者、黒田官兵衛を描いて面白い。↓
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/14010...



#6684(2014.1.9)

「武士道とウルトラマン 日本の国防文化構築の手法…」
http://j.peopledaily.com.cn/94473/8506575.html
 さすがの僕でもちょっとついてゆけんわ。
 自衛隊は人民解放軍の友軍どころか、まばゆいばかりの仰ぎ見る大師範になっちまってるだー!
 ちとやり過ぎでねーの習近平サン。
 強硬路線期待。



#6696(2014.1.15)

 日本の犯罪率の低さが紹介されている。
 しかも、粗暴犯がどんどん減っている。
 人口の高齢化もあるのだろうが、人間主義社会であるのー。↓
 ・・・under 1.4% of people had been victims of assault in the preceding 12 months, well below the OECD average of 4.0%.・・・
 ・・・the National Police Agency said the number of murders across the country declined 8.8% to 939 in 2013, below 1,000 for the first time since World War II. That is also a profound drop from the peak of 3,081 in 1954 in the war’s aftermath.
 <窃盗もどんどん減っとるよ。↓>
 Specifically, the police said the number of reported thefts dropped 5.2% to 986,309 in 2013, below the 1 million mark for the first time in four decades.・・・
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/01/15/japa...



#6704(2014.1.19)

 人間は生来的に暴力的か、を論じたコラムだ。↓
 <人間には、他集団構成員に対して致死的暴力をふるう性向がある点について科学者の見解は一致しつつある。↓>
 ・・・ Over the last few years, scientists have converged on something of a consensus: The human propensity for lethal violence against "out-group" members has deep evolutionary roots.・・・
 <ボノボが違うのは、人間とチンパンジーは資源の希少性に直面していたから。(説得力ない(太田)。)↓>
 Although our peaceful cousins the bonobos are sometimes trumpeted as an example of an alternative evolutionary lineage,・・・<b>iologists believe that early humans as well as chimpanzees faced resource competition, whereas bonobos had less resource scarcity, which allowed a species-specific capacity for peaceful intergroup relations to evolve.・・・
 <この暴力的性向は、定住・階統制社会になるにつれ、(互いに遠ざかるという手段がなくなったので、)ひどくなった。(やっぱ、狩猟採集社会より農業/遊牧社会の方が暴力的じゃん。(太田))↓>
 Although violent conflict seems to have been common in pre-history, it appears likely that as societies became more sedentary and hierarchal, there was a sharp increase in warfare as groups lost the capacity to move away from each other in times of conflict.・・・
 <もっとも、人間には(ボクの言葉で言うところの)人間主義的性向も元から備わっている。(それみろ。(太田))↓>
 But fortunately, the story does not stop there. Warfare is only one part of our evolutionary legacy. The other is that humans evolved to be highly cooperative and responsive to cultural norms, including those that promote peaceful relationships.・・・
 <暴力的性向より人間主義的性向の方が人間の生存と成功のためにはより重要だった。(これでオワ。(太田))↓>
 The capacity for peaceful and cooperative relationships was surely more essential for the survival and success of the species than bellicosity.・・・
http://www.latimes.com/opinion/commentary/la-oe-gl...

 FTのピリングがまともなルポを書いた。↓
 <とはいえ、この部分はペケ。高齢者を大事にするのは、日本が支那、韓国同様儒教的伝統による? 人間主義だーよ。↓>
 ・・・Unlike in Japan -- as well as China and South Korea -- where older people command a respect born of Confucian tradition, in much of the west old age is mostly associated with sickness, senility and death. Older people tend to be marginalised and treated as unproductive members of society.・・・
 <日本のデイケアセンターは世界一充実。↓>
 Japan has the highest provision of day centres for the elderly in the world. ・・・
 <高齢者人口の大きさにも関わらず、一人当たり医療費は先進国中最低の国の一つ。
 それは、生活様式と医療のおかげ。↓>
 Spending on healthcare per capita, however, is among the lowest of advanced nations, though outcomes are among the best. That is partly down to lifestyle. Most Japanese eat a healthy, fish-based diet and consume less processed food and sugary drinks than westerners. Obesity is far less common. So are violence and drug abuse. But even taking into account such factors, Japan gets a big bang for its healthcare buck. ・・・
 <プライマリーケア中心の医療のおかげで、日本人は医者にはよくかかるが外科手術は少ない。↓>
  Primary care is given priority over specialist treatment: the Japanese visit the doctor far more often than Americans but receive far fewer surgical interventions. ・・・
 <2000年の調査では、健康生活年齢の平均は英米に比べて極めて高い。↓>
 A World Health Organisation study in 2000 found that Japanese people enjoyed an average of 74.5 years of healthy life, compared with 71.7 in the UK and just 70 in the US.
 <日本では高齢者は尊敬され、上席が与えられる。年功序列制も高齢者尊重の表れ。↓>
 Another factor is that older people tend to be treated as important members of society. On social occasions, they are offered the seats reserved for those due most respect. In many companies, hierarchies are still governed largely by age.・・・
http://www.ft.com/intl/cms/s/2/07d4c8a8-7e45-11e3-...



#6706(2014.1.20)

<太田>(ツイッターより)

 「「追い込み漁は非人道的」 ケネディ米大使が…イルカ漁に反対…」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140119/amr1401...
 「現職再選で普天間固定化を「支持」 安保・経済で孤立の道…」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140120/plc1...

 産経、媚米・媚自民党をいつまで続ける?

<太田>

 ケネディ大使の信任状奉呈の際に街頭に群がったお目出度い日本人達よ。

<ねこ魔人>

 --在特会の扇動活動が人種差別に該当するかについて--

 ・・・本日、在特会の抗議集会に東大生が突っ込んだ事件が発生しました。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140118/crm14...
 心情的にはこの東大生の気持ちもわかりますが、それはさておき。

→いわば、少数派がテロ行動に出た、という図式じゃないですか。
 あなた、こんな青年の「気持ち<が>わか」るんですか?(太田)

 太田さんは、以前、在特会の朝鮮学校に対する抗議活動は事実に基づくので人種差別で<はない>とおっしゃいました。
 たしかに、朝鮮学校という教育機関は、朝鮮総連自身が、「・・朝鮮中級学校卒業生の高級学校への進学率は、最近年間99.8パーセントの水準に達している。
 高級学校の卒業生が、もっとも多く進学する高等教育機関は朝鮮大学校である。・・そのほかの卒業生は、朝鮮総聯をはじめとする各組織、事業体、同胞企業、日本企業などに就職する。・・朝鮮大学校の卒業生は、総聯をはじめとする同胞団体や機関、教育機関、出版報道機関、民族金融機関、貿易商社、旅行社、または同胞企業や日本企業、外資系企業に就職する。」としているように、明らかにテロ活動を行ってきた朝鮮総連の幹部養成機関です。
http://www.chongryon.com/j/edu/index4.html
 そのような朝鮮学校の運営者である教員やそこに子どもを通わせている両親に対し、「スパイ養成機関」というような発言を行っても、事実に基づく以上、沖縄県民をさんざんレイプしてきた在日米軍基地に「レイプ魔」と発言することと同様、人種差別撤廃条約の定める[人種差別]には当たらないと思います。

→「レイプ魔」については、人種差別云々とは関係ないとしても、事実に反している・・沖縄県民にもレイプ魔はいても沖縄県民をレイプ魔呼ばわりするのと同じ・・ので極めて不適切な表現です。(太田)

 しかし、朝鮮学校にはそこで学ぶ生徒がいます。(たとえ将来的にはひょっとすると朝鮮総連に就職して不法行為を働く可能性があろうとも)、現段階では当然ながら無実なのであり、そのような生徒に対してまで、「朝鮮人はスパイの子」のような発言を行うことは、「事実に基づ」かない以上、「人種差別」で<ある>ように思うのですが。

<太田>

 同じ間違いを2か所、私が<>で直しておきましたが、こんなクセ・・逆の表現を書いてしまう・・は直ちに直しましょうね。
 さて、「朝鮮人はスパイの子」と実際に悪罵が投げつけられたかどうかは知りませんが、これ、文章としておかしいですよね。
 ひょっとしてあなたの写し違いじゃありませんか?
 仮に、「朝鮮学校の生徒はスパイの子」という悪罵だったとして、「<朝鮮学校は>スパイ養成機関」という悪罵が人種差別に該当しないとすれば、やはり、ギリギリ人種差別には該当しないのでは、と思いますが、在特会は、生徒達に対し、親や教師に(前から私が言っているように)「児童」虐待を受けている被害者として臨むべきですね。



#6708(2014.1.21)

<太田>

 日本でのイルカ漁についての記事がガーディアンに出て、
http://www.theguardian.com/world/2014/jan/20/japan...
この記事への投稿が大勢は罵倒で、日本人と思しき人による投稿も明後日の方向を向いてたので、参戦しておいた。(<>内は私による全訳。)↓
 <支那じゃ犬を食うが今の日本じゃ決して食わない。↓>
Dogs are eaten in China, but definitely not in contemporary Japan.
 <だけど、日本人はそんなことで支那人を非難したりはしない。↓>
However, the Japanese people never accuse the Chinese people for it.
 <そもそも、日本人は(主としてキリスト教に由来するところの)欧米人の人間中心的世界観からは自由であり、犬やイルカを人間に準じて扱うことはないし、(欧米人達がひととき、絶滅寸前にまで追い込んだところの)鯨の地位を特別なものへと高めたりもしない。↓>
In fact, the Japanese people are free from Westerners’anthropocentric worldview, which originates chiefly from Christianity, so neither dogs nor dolphins are treated as Semi-humans in Japan, neither did they elevate the status of the whales to something special, which the Westerners once hunted them to near extinction.
 <日本でのイルカの殺し方が野蛮だって?↓>
The way the dolphins are killed in Japan is barbarous?
 <確かに、どんな哺乳類の狩りをする時と同じ位野蛮だわな。↓>
Yes it is as barbarous as hunting any mammals.
 <で、それがどうかしたのかい?↓>
So what?
 <頼むからもうちっと謙虚に、そして文明化してくれや。↓>
Please be a little bit more humble and civilized.
 <それまでの間は、日本人はもはやその必要がなくてもイルカや鯨の狩りを続けるだろう。その唯一の目的は、欧米人達をその無知と傲慢さから解放するためさ。↓>
Until then, Japanese people will hunt both dolphins and whales even if they don’t need to, for the single purpose of emancipating the Westerners from their ignorance and arrogance.

 米大使のフェースブック記事が話のきっかけになったためか、というより毎度のことだが、駐英大使の林君以下の在英日本外交官連中は何昼寝しとんのかね。
 中共大使に対しては反論するのに、日本の外務省は、宗主国サマのおっしゃることに対しては、ひたすら恭順を決め込む方針なんだろな。



#6708(2014.1.21)

 分かってない日本人その1。
 この映画はもちろん戦争を否定していないが、そのテーマは人間主義だよ。
 それが分からないようなら映画監督やめろってんだ。↓
 「・・・井筒監督は「観たことを記憶ゼロにしたい」と、特攻を美談にする・・・『永遠の0』・・・へ疑問を呈する。・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8450607/

 分かってない日本人・・現在何国籍なのかは知らないが・・その2。
 『永遠の0』を見ないで、或いは見てもそれが戦争を否定しておらず、しかも人間主義をテーマにしていることが分からないでその短評を書くような人間(コラム#6663。未公開)が、社会問題について、しかも日本人を代表しているような口ぶりで、語るなってんだ。↓
 「オノ・ヨーコさん、イルカの追い込み漁に訴え・・・」
http://news.livedoor.com/article/detail/8450756/



#6710(2014.1.22)

<太田>

 昨日のガーディアンの投稿に対するコメントは2件だけだったね。(<>内は全訳)
  [orbit48]
 
21 January 2014 3:16am
Recommend 10
 
>Until then, Japanese people will hunt both dolphins and whales even if they don’t need to, for the single purpose of emancipating the Westerners from their ignorance and arrogance
 
 <それこそ、傲慢な言明じゃないか。>
A rather arrogant statement
 [xeylegs]
 
21 January 2014 3:48am
Recommend 8
 
>Dogs are eaten in China,
 
 <犬を食うのは支那の一部だし、たまのことだ。第一うまくない。自分の主張を裏付けるためのもうちとマシなプロパガンダはないのかい。↓>
In some parts, but not very often. And the meat's not very good. If you need propaganda to support your case, you really don't have much of a case.
 
>In fact, the Japanese people are free from Westerners’anthropocentric worldview, which originates chiefly from Christianity, so neither dogs nor dolphins are treated as Semi-humans in Japan, neither did they elevate the status of the whales to something special, which the Westerners once hunted them to near extinction.
 
 <お釈迦さんは全ての命を大切にせよという考えだったろが。↓>
There I was thinking that Buddha called for compassion towards ALL life!
⇒僕のパンチがきいて、まともな反論すらできなかった、と受け止めたいところだね。(太田)

 媚米の諸君、まだ目が覚めないかね?↓
 米国務省のハーフ副報道官は21日の電話記者会見で、日本でのイルカ漁に関し「生物資源の持続可能性と道義性の両面で懸念している」と表明した。・・・
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/20140122010011...

 駐日英大使と豪大使もイルカ漁を批判。(何で、日本の主要マスコミの電子版やニュースバラエティで、このことを報じないんだ?)↓
 ・・・British Ambassador to Japan Tim Hitchens and Australia's Environment Minister Greg Hunt also criticized the hunt.・・・
http://www.latimes.com/world/worldnow/la-fg-wn-jap...

 本件に関する和歌山知事の言の前段は、連中が人間中心的世界観を持っているので、そんなこと言っても何ら連中の心には響かず逆効果だよ。↓
 和歌山県の仁坂吉伸知事は・・・「我々は牛や豚などの命を奪って生きている。食肉処理場には目をつぶって、イルカや鯨を殺しているところだけ残虐というのは論理的ではない」と反論した。
 <以下、後段は大変結構。↓>
 仁坂知事は「食文化はみんな違う。世界的に資源がなくなるのでなければ、相手の立場を認めるのがよろしいのではないか」と述べ、「日本人は数少ない資源を大事にしてきたという自負がある。乱獲で資源がなくなるような捕り方はしておらず、自然の恵みに感謝する文化をずっと続けている。そういった全体をよく理解してもらいたい」と強調した。・・・
http://t.topics.jp.msn.com/t/news/politics/%e3%80%... 
 
 <太地の役人の言の前段も、イルカ漁だけしか食う手段がないなんて説明はよろしくない。↓>
 ・・・a local Japanese fisheries official said・・・“This is a very small town in the countryside. We have no other major industries,・・・I want her to come and visit so that she can understand how we make a living from it. Many fishermen make a living from the hunting, and many others also earn their living by working at food processing factories,・・・
 <イルカ殺害方法を改善して血が流れないようにした、というのは言っても構わないが、むしろ、そんな迎合的な「改善」なんてして欲しくなかったな。↓>
We have switched to a more humane way of butchering them,・・・We cut the spinal cord so that they don’t bleed. We don’t butcher them like before.”
http://www.taipeitimes.com/News/world/archives/201...



#6710(2014.1.22)

 韓国の少なからざる老人の状況は悲惨なようだ。↓

 <アジアにおける儒教文化にもかかわらずって言ってるが、日本は基本的に儒教の影響は受けてないけど今でも老人は大事にされてるのに対し、韓国は儒教の影響を強く受けてるけど今では老人が大事にされてない、ってことは、本件と儒教なんて関係ないんだよ。要するに韓国人は非人間主義的な人々なのさ。(太田)↓>
 ・・・In much of Asia, a powerful Confucian social contract has for centuries dictated that children care for their aging parents. But that filial piety is weakening as younger generations migrate to cities.
 <韓国じゃ、とりわけ競争が激烈だからってのも何の理由にもなっとらんよ。(太田)↓>
 The change is particularly noteworthy in South Korea, because it has accumulated wealth so quickly and its society is so notoriously cutthroat, with ruthless competition for the best test scores and more prestigious jobs. ・・・
 Over the past 15 years, the percentage of children who think they should look after their parents has shrunk from 90 percent to 37 percent・・・
 <退職者の三分の一しか年金をもらってないし、額もわずかだ。↓>
 Meanwhile, South Korea’s government has been slow to provide a safety net. Only a third of retirees have pensions, and the payouts are relatively paltry・・・
 <高齢者の自殺率は2000年から現在までに3倍になった。↓>
 South Korea’s elderly suicide rate has more than tripled since 2000・・・
 <年金制度が導入されたのは何と1988年。↓>
 South Korea established its pension system in 1988,・・・
 <生活保護制度もあるが、子供等が扶養しない、ないしできないことを証明しなければならないので、請求を躊躇う者が多い。↓>
 There is a welfare system, too, but its laws are antiquated. Those with children are ineligible, unless they prove that their offspring are unwilling or incapable of providing support. Many elderly people don’t pursue that exemption because they are embarrassed about their situation.・・・
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/f...



#6712(2014.1.23)

<chihilo>(同上)

 私は西洋好きですが、クジラの季節(?)が来る度に国交断絶したくなります。
 クジラカルトにアメリカ的アンチダーウィニズムなど狂気の沙汰です。
 つまりは馬鹿です。
 「国際化」って馬鹿になれってことなんでしょうか。
 ところで鎖国って可能なのでしょうか?
 米・野菜・肉を瞬時に発生させる装置を作り、原発をフル稼働させ、その他エネルギーも自前できれば可能な気がします。
 食料発生装置が怪しいところですが、なんとかならないものでしょうか。
 人工肉なんてのも出てきてますし。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35035597.html

<太田>(同上)

 日本がこれまでため込んでいるプルトニウムを使ってプルサーマル発電をするにしても、ウランも依然必要で、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3...
ウランは輸入しなきゃならないから鎖国はできそうにもありませんねえ。
 核融合で発電できるようにでもなれば話は別ですが・・。

<chihilo>(同上)

 核融合炉。2019年に運転開始とも言われているそうですが、行けそうでしょうか。
http://military38.com/archives/35762247.html

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>(同上)

≫連中が人間中心的世界観を持っているので(コラム#6710)
≫犬やイルカを人間に準じて扱うことはないし(コラム#6708)

 これは、どういうことなんですか?
 人間中心主義であるなら犬やイルカは人の道具で人間の益するイルカの殺害を認めそうなものですが。

<太田>(同上)

 神によって牛や豚は人間に食べられるためつくられたのだから殺していいが、犬やイルカは人間のペット(友?)になるためにつくられたのだから殺してはならない、というのが人間中心主義です。
 鯨は人間に鯨油を与えるためにつくられたはずが、いつしか人間のペットになるためにつくられた、に変わるなんてことが起こるのも、神の意志すら恣に変更するところの、人間中心主義ならではです。

<globalyst>

≫昨日のガーディアンの投稿に対するコメントは2件だけだったね。≪(コラム#6710。太田)

 コメント、全部で9件ありましたよ。

 最後の人だけ、日本にいるのか或いはいたことがあるのか、他のコメントと異なりイルカ漁そのものよりも、その殺し方を問題にしているように読めました(イルカは友達だとか、知性的だとか言っていない)。
 もしかして「日本にいると人間主義化する」のかな?と感じました。
 [Blobbins OhtaNobumasa]22 January 2014 5:12am
 
 Nobumasa-san, I think you are a little wide of the mark. People in Japan are no less silly about animals than people elsewhere, they are just silly in slightly different ways.
 
 There are media crazes about axolotls and frilled lizards. Dogs in Harajuku wear waistcoats and sunglasses and besotted old ladies talk to them just like in the West.
 All stupidity aside, East and West aside, what is wrong with the notion that animals have rights? Doesn't Buddhism teach that we should respect all living things?
 If we are going to eat animals, don't we owe them at least a stress-free life and a quiet pain-free death?
 There is a certain amount of Japan bashing going on but you don't help by going on about killing marine mammals to teach the West a lesson in humility.
 
 「述正さん、少し勘違いしていると思います。日本人は、動物に関しては他国の人と同じぐらい愚かだけど少し違っています。
 オオサンショウウオやエリマキトカゲがメディアに盛んに登場します。
 原宿では、西欧諸国と同様に、犬にウェストコーチを着せたりサングラスを付けさせたり、老婦人が愛犬に話しかけています。
 こうした愚行はさておき、また洋の東西を問わず、動物に権利を認める意見に何か不都合がありますか?
 仏教は、生きとし生けるものを尊重すべきであると教えるのではありませんか?
 我々が動物を食するのなら、動物たちに少なくともストレスのない生活と痛みのない死を与える責任があるのではないでしょうか?
 日本に対して多くのバッシングがありますが、海洋動物を殺すことは西側諸国に謙遜を教示する助けにはならないと思います。」

<太田>

 翻訳までしていただいた・・そのままでよさそうです・・けれど、ポイントの対象にはしなくていいですね?
 以下、私のコメントです。

 「仏教は・・・・までの部分は、本題と何の関係もありません。
 「仏教は・・・」の箇所は投稿子の知識の不十分さを示すものです。
 釈迦本人はもちろん、南伝、北伝双方において、もともとは肉食の禁止など謳ったことはない、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%89%E9%A3%9F
ということをまずおさえておきましょう。
 さて、(恐らく釈迦自身の考えなのでしょうが、)仏教では「不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。」という戒を守るべきものとされている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%88%92
ところ、これは、キリスト教等のアブラハム系宗教に共通する、モーゼの十戒中の「汝、殺す無かれ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3...
と同じで、不必要な殺生ないし殺人をしてはならない、という趣旨に受け止めるべきであり、むしろここで、仏教が禁止の対象としているのが、人間だけでなく生き物全体であることに注目すべきなのです。
 すなわち、仏教は、キリスト教等と比べて、人間中心主義ではないという点で、より普遍性があるのです。
 結局、「動物たちに少なくともストレスのない生活と痛みのない死を与える責任がある」という投稿子の主張だけが議論に値します。
 とはいえ、動物一般を対象にしたら、こんな主張が成り立たないことは明らかですよね。
 (「痛み」を与えているに違いない)魚を釣ることも(全く身動きできずストレスを与えているに違いない)ブロイラーの飼育もできなくなってしまいます。
 で、哺乳類に限定することとして やはり、ストレスを与えているに違いないところの、豚や乳牛の一般的な飼育・・極めて狭くかつ汚れた環境で飼育されます・・ができなくなってしまいます。
 これらの豚や牛について、たとえ安楽死させたとしても、生きている間に彼らに与えたストレスの償いには全くなりません。
 この伝で行けば、最後の数日以外はストレスのない生活を送ってきたイルカに最後の数日間ストレスを与えたり、痛みのある死を与えたっていいじゃありませんか。
 ま、こんなこと、太田コラムの読者に言う必要はありませんがね・・。

 さて、せっかく教えていただいたので、その他の投稿も紹介しておきましょう。(<>はいつも通りです。)
 [TamLin orbit48]21 January 2014 4:29am
 
 <本件で外国からの干渉に抵抗している気になっている日本人の一人だな。↓>
Mr. Ohta sounds more like a nationalist than a hunter. But despite the sarcasm, his statement has a ring of truth to it. There are many Japanese people - including people at high levels in politics and government - who believe they are fighting a war against foreign interference.
 <確かに捕鯨を続けてるのもそのためだろう。↓>
For such people, infected with this peculiarly Japanese strain of nationalism, continuing to slaughter whales is synonymous with continuing to exert national sovereignty. In their minds, giving in on this issue would be as unthinkable as for a little Englander to accept an EU directive that pub beer should only be served in litres or half-litres.
 <しかし、何で捕鯨なんてものを日の丸、桜、着物、盆栽、ブドウ、数独と同格にしちまったんだ。↓>
There are a thousand ways in which one could construct a national identity and many of them are purely symbolic. It's a great shame that so many people in Japan have decided to swallow "whaling" as a national symbol and are content to place the harpoon up on the altar of national pride right next to the Hinomaru, cherry blossoms, kimono, bonsai, marital arts and sudoku.
 [Chunkyrice] 21 January 2014 6:48am
 
>"Dogs are eaten in China, but definitely not in contemporary Japan. However, the Japanese people never accuse the Chinese people for it."
 
 <犬の話を持ち出したのは朝鮮人や支那人に対する偏見があるからだろ。↓>
Oh yes they do, the Japanese are always talking about Korea and China, and how they will eat any kind of meat.
The average person in Japan loves Chinese food, but believes any malicious rumours spread about food quality of Chinese imports.
 <欧米の世界観がキリスト教由来だっての日本の知識人がよく言うことだが、もともとは色んな宗教があったし、欧米じゃ今や米国を除きキリスト教は廃れている。↓>
Another typical falsehood you propagate is that the western worldview derives from Christianity - this is a view often used by Japanese intellectuals to "explain" the difference between the west and Japan. Unfortunately, it ignore the fact of thousands of years of paganism and pagan culture, before the recent arrival of Christianity - a religion of failing popularity in Europe these days, if not in the US.
 <イルカの殺し方が残虐だと言ってるんだよ。↓>
Finally, you fail to address the main issue here - not that we all eat meat, but that the way these dolphins are killed is barbaric and cruel, far crueler than what happens in an abbatoir (if what we are told is true).
Does anyone actually eat this dolphin meat, or is it just thrown away?
 <とにかく、イルカ漁を弁護すればするほど日本の国際的評判は落ちてくぞ。↓>
I know you are angry to see people attacking Japan, but you have to accept that this is indefensible. It does Japan's international reputuation no favours at all.
 [OxfordBiker] 21 January 2014 9:23am
 
 <まだ、英国には先の大戦で日本軍の捕虜になってひどい目にあった人がいるんだぞ。 とにかく、全動物はもっと憐みの念をもって扱われるべきだ。↓>
I am afraid there are English people still alive who experienced Japanese barbarism during WW2 while prisoners of war. There is some problem with emotional development. This is not about anthromorphism, it's about developing empathy and compassion and recognising that we are ALL animals and that we should treat each other and other animals accordingly. When will people ever learn to act with gentleness. Probably never and it makes me feel despairing.
 [Greenshoots Chunkyrice]21 January 2014 10:33am
 
>Unfortunately, it ignore the fact of thousands of years of paganism and pagan culture, before the recent arrival of Christianity - a religion of failing popularity in Europe these days, if not in the US.
 
 <キリスト教について語ってた奴がいたが、ウソもほどほどにしろ。キリスト教が欧米で支配的であり続けた、に決まってんだろ。↓>
So Christianity being "recent" - a mere 2000 years, 80 generations - means it is not one of the primary influences on western thought. Its "failing popularity", a far more recent phenomenon, allows you to discount it though apparently the earlier "failing popularity" of paganism doesn't affect it's supposed influence.
I note your lumping together of a whole shed load of different religions and cultures in order to come up with your longer heritage. There was in fact no single "pagan culture" or religion which dominated Europe in anything like the way Christianity has.
 [orbit48 TamLin]21 January 2014 1:15pm

 <(太田に?)同意。何たる恥だ。↓>
 Agreed. A great shame
 [kirk1]22 January 2014 12:22am
 
> "Anthropocentric".
 
 <人間中心主義や擬人観を持ち出すのはおかしい。↓>
Ah, there we go. I was wondering when that old canard would show up. I was also waiting for the "anthropomorphic" and "cute and cuddly" arguments and was not disappointed. Ditto the "but what about cows and pigs" sleight of hand.
 <そもそも、動物と「文化」とは関係がない。(意味不明(太田))↓>
The thing is, animals have not elected to be included in ANY human culture. They are completely outside human culture, tradition and law so to use the pain and suffering of ANY animal as some sort of national "cultural" issue is absurd.
 
>Please be a little bit more humble and civilized.
 
 <何で日本は捕鯨を豪州近海くんだりまで出かけてやってのけてんだ?
 ナショナリズムのためだあ? それが「謙虚で文明化」した奴のやることか。↓>
Is this a joke? The Japanese whaling fleet sails halfway around the world to a protected international marine sanctuary to hunt whales for nationalistic reasons - and we're not being "humble and civilized"??
This atrocity takes place in Australian Antarctic waters - despite Australia's efforts over decades to help increase whale numbers - and it's none of our business?
Is this "humble" on the part of Japan??
 <銛を打ち込み爆発物で鯨を殺すってのはどういう料簡なんだ。↓>
Is "civilized" what you call harpooning sentient animals with explosives and dragging their bodies onto ships in waters NO WHERE NEAR Japan for the purpose of showing to the world what a big and important nation Japan is?
Please. This is about a macho pissing contest - nothing more.
⇒誰一人、高度の知性論を持ち出してないですね。
 全般的にはいい傾向です。(太田)

<ねこ魔人>

  --在特会の扇動活動が人種差別に該当するかについて--

 まず、本件のような行動をした東大生の気持ちが分かると述べさせていただいたのは、彼が自転車によるデモ隊への衝突をした背後には、朝鮮半島の人々への愛着とそれを侵害されたことによる憤りという面が若干なりとも存在するとは思えたからです。

 在特会による本件デモは文京区白山という朝鮮総連のすぐ近くにあり、朝鮮総連の関係者に対する抗議という性格が強いとはいえ、朝鮮半島に対しての侮辱という面も在特会の発言中には含まれていいたであろうから、それに対する憤りという感情については、なおも肯定されるべきではないかということです。
 不法集団の朝鮮総連への在特会による罵倒に対してこの東大生が憤りの感情を覚えたとするならば、その思いついてはまったく共感できません。

 言葉の使い方の間違いを指摘していただいてありがとうございます。
 きちんとした言葉遣いができるように精進していきます。

 「朝鮮人はスパイの子」という発言については、私が自分の頭の中の在特会の発言のイメージをそのまま記してしまったものです。
 申し訳ございません。
 正確には、「日本から出て行け。何が子供じゃ、こんなもん、お前、スパイの子供やないか。」でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/京都朝鮮学校公園占用抗議事件#.E6.B3.95.E7.9A.84.E8.B2.AC.E4.BB.BB.E3.81.AE.E8.BF.BD.E5.8F.8A

 京都地裁判決において、在特会側の煽動が人種差別であるかどうかについてですが、私は太田さんと同様、産経新聞をはじめとする保守派までもが、本件判決を妥当なものと評価している点を非難するという立場を支持いたします。
 朝鮮総連は明らかに不法集団であり、在特会による朝鮮総連への発言は全体的に見て、事実に基づいているからです。

 しかしながら、私はまだ法学を学んでほんの数年しか経っておらず、ましてや、ある発言がどのような性質を持つかを評価し、それを規範に当てはめるという能力は未熟であるといわざるをえず、申し訳ございませんが、本件が人種差別に該当するか否かは、グレーゾーンであり、分からないという立場を取らせていただきたいです。

 本件について、丁寧な対応ありがとうございました。



#6714(2014.1.24)

<神聖キュウシュタニア帝國皇帝>

≫人間中心主義≪(コラム#6712。太田)

 そういうのは信者の間だけで完結させておいてほしいですね。
 本来なら鱗のある海産物と反芻する偶蹄目の動物しか食えないみたいだけど、ここの所を華麗にスルーするのが、前に言われた世俗化していないリベラルなアメリカ人ってやつですね。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。

 韓国における人間主義の欠如を指摘しているわけだが、かつて朝鮮半島に人間主義の伝統があったかのような教授の言はにわかに信じ難い。↓
 「韓国の共同体意識は完全に崩壊」 ソウル大学のキム・ソンボク碩座教授が韓国社会に苦言・・・わが国にもかつては相手を大切に思い、尊敬し、権威を尊重する『徳治』の伝統があったが、最近はこのような美徳も完全に消え去った・・・
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/201...



#6718(2014.1.26)

<HZZRLfvs>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 非人間主義者達の子育てはこんなものらしい?
 韓国でも中国と似たり寄ったりらしい↓

 日本のママに賛辞、中国人の民度が低い理由を理解
http://blog.searchina.net/node/3421

 前から疑問だったのだが、仏教国のタイやスリランカは人間主義の国なのだろうか?
 もし、違うようなら、仏教の効用も疑問符が付くし、仏教と人間主義の関連に言及した太田さんの説にも疑いが出てくると思うのだが、どうなんでしょう?

→「日本こそが、イギリスや仏教国/旧仏教国が、まず人間主義社会へと成熟し、次いでその他の諸国がそうなるのを待ち望んでいるのです。」(コラム#6463、6716)と書いてあるでしょ。仏教国/旧仏教国はイギリス並の人間主義「的」な国であって人間主義の国じゃあないのよ。(太田)

<5OgS43Os>(同上)

 仏教は中国でも儒教道教と並んでの3大宗教の一つだし、ベトナムでも最大の宗教だね。

<VA2VYby2>

 人間主義を定義すると以心伝心の相互譲歩主義と言えないだろうか。
 これと対極にあるのが言語による利益追求優先主義。
 これと対峙すると人間主義は追い込まれるような気がする。
 なぜなら、自らの危機の際にも人間主義を発動してしまうから。
 真珠湾攻撃の際の日本政府の心情は人間主義で説明できないだろうか。
 以心伝心によるアメリカの譲歩を期待していたと。

<太田>

 言語を使おうが使うまいが、どんな言語を使おうが、米国は譲歩しなかっただろう。
 クジラ、イルカに係る現状と同じだよ。
 それでも、どんな場合でも、「適切」な「言語を使」っておいた方がベターではある。
 後々、あんときそう言っただろって相手をやり込められるからね。



#6720(2014.1.27)

<太田>(ツイッターより)

 「…イルカによって引き起こされたイデオロギー闘争は、第2次「黒船来航」となるのだろうか?…」
http://j.people.com.cn/94473/8523061.html

 中立的態度を装いつつも、米側に批判的な姿勢をにじませ、日米が「イデオロギー」的に相容れるはずがないことを訴えている記事だ。

<AQj1i8es>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

≫神によって牛や豚は人間に食べられるためつくられたのだから殺していいが、犬やイルカは人間のペット(友?)になるためにつくられたのだから殺してはならない、というのが人間中心主義です。」≪(コラム#6712。太田)
≫日本のイルカ漁がアメリカなどから非難されているそうですが、アメリカ人の感覚では、これはアリなんですね・・。≪(コラム#6718。TA)

 動物愛護を推進している層とスポーツハンティングを容認する層とを人間中心主義のアメリカ人というくくりの同一人格として扱っておられますがその両者はむしろ反目し合っている層ということはないですか?
 動物は人間の役に立つために存在しているというキリスト教の設定ゆえにキリスト教保守層は動物愛護活動にはタッチしていないと以前アメリカ在住の映画評論家が語っていました。

<太田>

 イギリスには自然宗教・・コラム#6712での私の投稿へのコメント子達の用語ではpaganism・・の強い伝統があることから、イギリス人はキリスト教(カトリシズム)に対しては一貫して違和感を覚え続けてきたんだな。
 とはいえ、彼らだってキリスト教の論理・・例えば、人間中心主義・・に無意識的に影響を受けている。
 だから、イギリス人は、できそこないのアングロサクソンたる米国人中のリベラルキリスト教徒と表見的には似てる部分がある。
 もっとも、イギリス人の場合は、比較的最近までボロが出なかったんだが、語弊を恐れずに言えば、イギリス人中の最下層の連中がつくったオーストラリア人からアングロサクソンの「劣化」が顕在化し始め、戦後、大英帝国が崩壊し、(拡大英国以外の)植民地を失った頃から、本国のイギリス人も「劣化」が始まり、こちらでも、潜在意識下のキリスト教の論理が顕在化してきた、その結果が、クジラ/イルカ問題でのアングロサクソン米国・対日「同盟」の成立であった、と僕は見てるんだわさ。

<DGd6yXUo>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 IFAW(国際動物福祉基金)という組織(人間中心主義)のサイトから引用

 カナダのアザラシ猟
 毎年春になると、カナダの東海岸沖では猟師たちが限られた時間の中でできるだけ多くの赤ちゃんアザラシを捕殺しようと、危険水域まで船を進め、流氷の上を急ぎ足でアザラシめがけて突進します。赤ちゃんアザラシは、そのほとんどが幼すぎて逃げることもできないまま、銃で撃たれるか、ハカピクと呼ばれる先のとがった棍棒で殴られます。
日本じゃ子供イルカ捕らない。アメリカよこれ等はいいのか?

<d6dIZM4Q>(同上)

http://news.google.com/news/search?q=horse+slaught...
 イルカの次は、きっと馬を殺すなってくるぞ。



#6722(2014.1.28)

<はま>

 『--日本の世界史的使命/「アーロン収容所」再読(その15)--』の配信ありがとうございました。
 太田さんのコラムを長年読んできて、考え方が変わってきてるとは感じていましたが、忙しい時には全く読めない日々もありますし、明確に軌跡をたどれていたわけではなかったので、大変助かりました。
 太田さん自身も、そうとは意識していなかった時期もあるというのも納得でした。

 太田さんのエスノセントリズム的人間主義礼賛に対する欧米からの批判としては、「他人の好意をあてにするような人間関係は幼稚だ」というものが考えられます。
 また相手の事情を察して適当なところで妥協するなんてことは大の男のすることではなく、コンフォーミストだと非難、軽蔑されるかと思います。
 他人(や動物)を自分と同等に扱うなどというのは、恥だとさえ思っているのではないでしょうか。
 弱者(クジラとかチベット人とか)救済というエリート意識は大いに発揮しても。

 こういった個人主義に反撃するには、日本が勝ち続ける以外なかったように思いますが、第二次大戦で鬼畜米英に負けてしまいました。まさに相手が鬼畜であり、人種差別主義者で原爆も平気で落とすようなメンタリティだったから負けました。
 負けが確定したあと、どのように負けるかということで、アメリカに降伏する方がソ連よりましという選択はかろうじてでき、天皇制(国体)はなんとか守ることができたのでしょう。

 だから太田さんのおっしゃる人間主義礼賛には私も大賛成するものですが、日本が戦争に負けたからには、それはエスノセントリズムでしかないという扱いを受けても、むべなるかなという、そういう状況ではないでしょうか。

<太田>

 一つは、先の大戦で、戦争目的に照らせば、英国は敗北、米国とは引き分けであるということを連中に理解させることも、第三者に米英の参戦のせいで数千万人の死という大惨禍を戦後引き起こしたとことを連中に理解させることも可能である、と私は思うのです。
 これが、彼らの相対的劣位の文明(日>英>米)の歪みがもたらしたものである、という自覚への第一歩になることでしょう。
 もう一つは、支那が(欧米文明ではなく)日本文明の至上性を認め、日本文明の総体を継受しようとしていることです。これが凄まじい決定打になることでしょう。
 中共当局自身がそれを実質的に認めるまでにそれほど時間はかからない可能性もある、と私は希望的観測を交えて予想しています。
 (人民網を読んでおれば、実質的に既に認めてるのに等しい、と太田コラム読者には言われるかもしれませんがね。)
 しかし、こちらの方は、その過程で、ヘタをすると大変な副作用を起こす恐れがあることを心すべきでしょう。
 「提携」した日中に対する黄禍論の復活です。
 しかも、かつてのドイツ中心のものではなくて米英中心の黄禍論です。
 もっとも、このことも、私は中共当局は織り込み済みだと踏んでいます。
 中共当局が、政治的には・・正確には政治においてのみ・・日中対立を演出していることは、日本の再軍備/「独立」までの間に時期尚早的に米英で黄禍論が噴出することの回避にもつながっているわけです。

 ついでに、『アーロン収容所』についての補足です。
 会田が、ルールを守ることがどんな蛮行を可能にするかを同書で描いたことは、アングロサクソン文明への痛烈な批判になっています。
 それと、個別具体的対応を旨とする日本文明とのどちらが上位の文明なのか、ということを皆さんにお考えいただきたいのです。

 さて、本件がらみの本日の記事をまとめておきます。

 NHK会長の発言を捉えて、慰安婦問題と安倍首相の靖国参拝の両方を改めて非難したコラムだ。(どちらも、まさに同じ次元で全面的反論が可能。)↓
 Sorry We're Not Sorry: Japan TV Exec Revives Comfort Women Debate・・・
http://blog.foreignpolicy.com/posts/2014/01/27/sor...

 日中対立を全球的リスク要因と捉えるコラム2つだ。
 (そもそも対立なんかしてないわけであり、高みに立って日中両者をこき下ろすことがいかに噴飯ものかって改めて思うね。)↓
 ・・・Hardly any country in the world wants to take sides in the Sino-Japanese battle of national egos. Instead of harping on history, China and Japan should tackle concrete issues to reconcile their differences - and there aren’t that many.・・・
http://www.nytimes.com/2014/01/28/opinion/insults-...
 Anxiety Rising Over Relations Between Japan and China・・・
http://dealbook.nytimes.com/2014/01/27/anxiety-ris...



#6728(2014.1.31)

 20世紀における最大の革命はロシア革命じゃなく中共の成立だと。
 (べらぼうめ。19世紀の明治維新こそ、人類史上最大の「革命」だわさ。だって中共が今や日本化しつつあるんだぜ。)↓
 ・・・Within 10 years, the Chinese communist revolution will have exceeded the 74-year lifespan of its Soviet older brother. China's leaders feel a jittery pride at this prospect: the causes of the Soviet collapse in 1991 remain a subject of horrified fascination to past and present members of the politburo. If the CCP survives much beyond this point, historians may come to see October 1949, rather than October 1917, as the game-changing revolution of the 20th century.・・・
http://www.theguardian.com/books/2014/jan/30/oxfor...



#6734(2014.2.3)

<PJuE3NDd>

 日本の警察官が現地警察とともにブラジルに人間主義のたねをまきましたよ。

 『少年更生「ブラジルに学べ!」 JICA帰り名物警部が“逆輸入”』
 「現地警察の幹部らは当初、「防犯と何の関係があるのか」と反発したが、説得してやり出してみると、多くの子供たちが参加。敵対心に満ちた表情が、交流を通して徐々に笑顔に変わる姿を目の当たりにした。
 その後、住民の犯罪に関する情報提供が増え、地域の殺人の発生率は減少。丸山さんはその効果に驚くと同時に「地域の安全のためにも、子供を更生させることは重要」と確信した」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-0000012...

 『交番:京都府西京警察署丸山短期専門家の派遣 - JICA』
http://www.jica.go.jp/brazil/office/information/ne...



#6738(2014.2.5)

<d96KDTpQ>(「たった一人の反乱(避難所)」より)

 韓国の空港で起きている現代版“姥捨て山”
http://japanese.joins.com/article/048/181048.html?...§code=400

 韓国人の非人間主義はあきれるばかりなんですが、中国には親子間ではこのような話は聞かないように思います。
 韓国と中国とは非人間主義でも中身が違うということなんでしょうか?

<太田>

 もっと、こういった↓、よりできのいい記事を引用しよう!
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39416

 彼らの同胞の北朝鮮の世界のスターリン主義国最悪の状況を見るにつけ、私も同じような印象を抱いているが、単に、人間主義度の違いじゃないのかな。
 ちなみに、下掲を見ると、上段は人間主義の希薄さ、下段は、エージェンシー関係の重層構造をその特徴とする日本型政治経済制度が韓国には全く根付いていないこと、がそれぞれ分かる。↓
 「韓国は儒教思想を基本としており、家族内での介護責任を優先している。これに比し日本は共同連帯の理念から社会全体が国民一人ひとりを支えていく仕組みを採っている。・・・
 韓国の場合、日本のような地方分権の発想がなく、市区町村での介護保険事業計画等が実施されていないため、老人療養施設の建設は地価の安い場所に施設建設が集中されてしまう現状である。・・・」
http://www.shitennoji.ac.jp/ibu/toshokan/images/in...

 慌て者のために一言。
 欧米に比べりゃ日本の高齢者の自殺率は高いが、これは、日本には広義のキリスト教圏とは違って自殺への禁忌がないからだからね。



#6742(2014.2.7)

<d96KDTpQ>(同上)

 返事が遅れましたが、<d96KDTpQ(コラム#6738)>です。
 皆さんとディスカッション(続x2165)<(コラム#6738)での太田さんの回答を読みましたが、>日本の老人介護には、人間主義だけでなく、「エージェンシー関係の重層構造をその特徴とする日本型政治経済制度」も関係しているのですね。
 良くわかりました。ありがとうございます。

<太田>

 日本型政治経済制度なんてものが構築されうるのは、日本が人間主義社会だからこそであることをお忘れなく。



#6746(2014.2.9)

 儒教とユダヤ教には共通性がある、と中共の某教授が主張してる。↓
 ・・・Confucian and Jewish culture have much in common. ・・・
 The core of Confucianism and Judaism is ethical ・・・
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-26067154
 どちらも、(私見じゃあ人間主義の回復を目指して)枢軸の時代に生まれた思想である以上、似通った部分があるのは当然。
 ただし、キリスト教ほどじゃないが、両者とも、後世に与えた悪影響は良い影響をあるかに上回る、と私は思うな。



日本(人間主義)記事 2へつづく
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

文字サイズ

大きく | 小さく

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます