「右」の諸君、米国が、戦前、日本、ひいては東アジアに対して犯した犯罪と戦後日本がその占領下にあることに憤れ。「左」の諸君、米帝国主義への憤りを忘れたのか、その米帝の植民地となっている現状に甘んじ続けるのか。日本独立に向けて決起を!〜作成中

2011年英国暴動事件 - Wikipedia
2011 England riots - Wikipedia



#4917(2011.8.8)

<太田>(ツイッターより)

 木曜に警官が一人の男性を射殺したことがきっかけで、土曜にロンドンで暴動が起こり、数棟の建物と二階建てバス1台が放火された。
http://www.cnn.com/2011/WORLD/europe/08/07/uk.riot...
 最近、サッカーで英国のフーリガンが暴れ回る話をあんまし聞かなくなっていたが、相変わらず、英国庶民、血の気多いねえ。



#4919(2011.8.9)

 英米の主要メディアまで、いまだにイギリスでの今次大暴動の背景分析でまともなものを紹介できないでいるのは、一体どういうわけだ。↓
 ・・・The violence first erupted Saturday night in Tottenham, a gritty north London neighborhood, after the fatal shooting of a black resident by police investigating gun crimes. Those riots triggered a ripple effect among disenfranchised youths in other parts of the city Sunday, and the unrest increased in size and intensity Monday.・・・
 Officials said they had detained 215 people and charged 25.・・・
 A group of rioters attacked a cluster of shops in Birmingham, Britain’s second-largest city. ・・・
http://www.washingtonpost.com/world/europe/looting...



#4921(2011.8.10)

<太田>(ツイッターより)

 イギリスでの大暴動の原因は、サッチャリズムの後遺症としての貧富の差の拡大なのか、イスラム移民問題なのか、過激な財政再建による警察力の弱体化ないし弱者へのしわよせなのか、それともイギリスの若者のフーリガン的体質の表れなのか、はたまたその組み合わせなのか、誰か早く教えてくれー。

<May_Roma>(同上)

 全部。

<OsakaTaiyohome>(同上)

 私もこれはそこに挙がったことが絡み合ってこうなったと思います。

<ΚΖΚΖ>(「たった一人の反乱」より)

 ・・・ロンドン暴動は2chでは移民が原因という空気があるんですけど、
この理解正しいんですかね。

<太田>

 ざっと、原因論に関連する部分を抜き出してみたよ。(順不同)↓
 <貧富の格差。↓>
 ・・・The problem is that in this country we live in extremes of rich and poor. We need to live in the middle, like they do in Scandinavia.・・・
 <親や警察を蔑にする風潮。↓>
 You have a generation of kids now that don't respect their parents or the police・・・
 <大学の授業料等教育費の高騰の一方で失業率の高さ。↓>
 There's nothing to do at all. University fees have gone up, education costs money. And there's no jobs. ・・・
 ・・・mixture of alienation, anger at the police, boredom and mischief・・・They just want to be heard,・・・
 <コミュニティ対策経費の削減。↓>
 Were cuts in services a factor? "Course they are. They cut our youth project by 75%. We used to work with gangs, run a workshop that brought police and young people together. Gone.・・・
 <理由なんかない。騒いで掠奪する機会ができたってだけ。↓>
 I can understand why people would riot in Tottenham but here? I just thought it was a chance for them to cause havoc. It's just an excuse・・・
 <警察が若者たちに高圧的に接してきたことへの復讐。↓>
 ・・・a lot of young boys, they are constantly harassed and stop and searched. The people, not just young people, they don't like the police. They don't get along with the police. They say the police are no good. They feel like they don't help them. So what was happening, they were just trying to give the police the runaround. Just to piss them off.・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/09/london-ri...
 <あらゆる人種集団の「持たざる」若者が関与している。↓>
 ・・・In the broadest sense, most of those involved have been young men from poor areas. But the generalisation cannot go much further than that. It can't be said that they are largely from one racial group. ・・・
 In some senses the rioting has been unifying a cross-section of deprived young men who identify with each other・・・.
 <むしろ、従来絶対に接触しなかった異人種の若者達が共同行動に出ている。↓>
 ・・・territorial markers which would usually delineate young people's residential areas -- known as 'endz', 'bits' and 'gates' -- appear to have melted away.
 "On a normal day it wouldn't be allowed -- going in to someone else's area. A lot of them, on a normal day, wouldn't know each other and they might be fighting," ・・・
 "Now they can go wherever they want. They're recognising themselves from the people they see on the TV [rioting]. This is bringing them together."・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/09/london-ri...
 <警察経費の削減が警察の対応のにぶさを生んでいる。↓>
 ・・・deficit reduction which actually threatens police numbers・・・
http://www.guardian.co.uk/politics/wintour-and-wat...
 <絶対的に警官の数が不足しているので、財産よりも(市民と警官の)人命を重視する対応をとらざるをえなかった。↓>
 ・・・With police numbers stretched beyond anything experienced in living memory, another source said commanders had to make tough choices. "Sometimes you will let offences take place because you can't afford to lose two to three officers for every arrest. The priority is not to protect property but to protect life. There will be no order to be soft."・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/09/london-ri...
 <弱者の蜂起なら、どうして、少数人種や労働者階級が攻撃の対象になっているのか?↓>
 ・・・ if this is the Amadou Diallo moment for Blighty, then why are minorities and the working class the principal victims of "socially excluded" aggression?
 <それが証拠に、イスラム系の人種が自警団を組織している。↓>
 In North London, Kurdish and Turkish shopkeepers have teamed up to form "local protection units" to patrol the streets and prevent the violence and looting that have plainly overwhelmed the authorities.・・・
 <掠奪している連中は、主として、(警察が逆探知できない)ブラックベリーを使って連絡を取り合いつつ掠奪をしている。きっかけはともあれ、アラブの春と比べてあまりにも次元が低い。↓>
 Socially excluded these rioters may be, but that hardly justifies a BlackBerry-coordinated assault on commercial and residential property. Take it from Egyptian protestor Mosa'ab Elshamy: "Egyptians and Tunisians took revenge for Khaled Said and Bouazizi by peacefully toppling their murdering regimes, not stealing DVD players."
http://www.slate.com/id/2301217/
 <要するにサッカーのフーリガンと同じで、面白半分にやっているのだ。↓>
 ・・・there is a similarity between this week's looting and the football violence・・・It's an excitement. You can't take away that thrill - the roar of the crowd. That sense of a group of men, something's happening.・・・
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14463452
 <北アイルランドを除き、英国では、治安維持に、放水車、プラスティック弾、戒厳令、軍の出動、を用いたことがない。そこを突かれた。↓>
 ・・・British policing traditionally did not rely on・・・water cannon・・・CS gas・・・baton rounds - colloquially known as plastic or rubber bullets・・・Curfew・・・The Army・・・
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14459127
 <人種問題ではないが、貧富の差の問題だ。↓>
 ・・・ It’s not all about race. But it is about rich and poor.”
 <予算削減が原因だと言われているが、予算削減措置の大部分はまだ実行に移されていないのでウソだ。やっぱ、警察の最近におけるにぶい対応と家族価値の崩壊が問題。↓>
 Yet most of the austerity measures -- which the government would now be challenged to complete -- have yet to come into effect, leading some to question whether they truly played a role. And just as many voices blamed a weak police response and a breakdown of family values years in the making for giving rise to a class of directionless youths.
 <とにかく、相互にITで連絡をとりあう若者たちの暴動、という新しい現象が起こったということだ。↓>
 Whatever the reason, the riots have exposed a desperate youth culture buried inside British society, with people linked to one another as never before through text messaging and social networking sites. ・・・
 <深刻な経済問題を背景にした昨今のギリシャやスペインでの暴動とは違って、今次暴動は非政治的かつ利己的だ。↓>
 The violence in Britain has differed from the kind of politically charged protests seen recently in Greece and Spain in response to hard economic times. In Britain, the rage has appeared blind, apolitical and profoundly selfish. Looters set alight a historic department store, a Sony distribution center and tiny, family-owned groceries. They have burned the bikes of poor residents and the cars of richer ones. One gang of masked thugs burst into a fashionable Notting Hill eatery to rob diners, clashing with restaurant workers wielding rolling pins. Others rioters simply fought one another.・・・
 <すなわち、何年にもわたって醸成されてきた、若者たちの犯罪性の顕現だ。↓>
  It’s the kind of disturbing criminality that seemed to be bubbling for years.・・・
http://www.washingtonpost.com/world/cameron-deploy...
 <だけど、このすさまじい貧富の差と階層間移動の停滞を見よ。↓>
 ・・・the richest 10% are now 100 times better off than the poorest, where consumerism predicated on personal debt has been pushed for years as the solution to a faltering economy, and where, according to the OECD, social mobility is worse than any other developed country.・・・
http://www.washingtonpost.com/blogs/post-partisan/...
 <英国の貧者に対する社会福祉は依然として充実している。それに依存し、何もやろうともせずに退屈している若者が溢れていることこそ問題。↓>
 ・・・There is a notion that the criminality is the product of poverty or government spending cuts. That's false. The British government is spending as much as it ever has in history, and the poor in Britain have access to a social safety net that is remarkably generous by any standard. Then, too, the sort of people who torch cars and smash plate-glass windows to get at the jewelry and televisions inside are not, we suspect, highly correlated with those most put out by the reduced hours at the local library.・・・
http://online.wsj.com/article/SB100014240531119040...



#4923(2011.8.11)

<ΖΚΖΚ>

 ・・・イギリスの暴動の原因、自分自身であれだけたくさん思い当たるフシのリストをあげながら、なぜかまだわからんという太田さんがわからん。
 あんな酷い状態で、これまで暴動がなかった方が不思議。
 そっちの方が太田さんに説明してほしいよ。

<太田>(ツイッターより)

 ロンドン大空襲の時と同じく、ロンドンっ子達が、今次大暴動で被害を受けた地域の清掃等に自発的に立ち上がった。
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14475741
 大災害の時の一般市民の人間主義的行動の一事例ではあるが、今回のは<自らが起こした>人災だからなあ。
 声援は送りたいが、英国の劣化をつくづく感じるねえ。

<太田>

 ここで、最新の、英国での今次大暴動関係記事を紹介しておこう。

 すぐ上のつぶやきをした後で、下掲↓の記事読んでニヤリ。
 ・・・At least hope was found in the heartening acts of volunteers who went out in the daylight and cleaned up. This prompted comments about the spirit of London, an ideal that was famously exemplified during the Blitz when the city stuck together despite adversity and attack. Sadly, an ideal of unity is harder to maintain when attack comes from within.・・・
http://www.slate.com/id/2301296/pagenum/all/#p2

 そして、この大暴動に対する、イラン、リビア、バーレーン、シリア、リンバブエ、中共の反応を特集した下の記事を読んで爆笑。↓
http://www.foreignpolicy.com/articles/2011/08/10/r...

 大暴動の原因について、百家争鳴状況であることを皮肉りつつ、イギリスには大昔からフーリガン的「伝統」のあることを指摘したコラム(ワシントンポストにも同じものが出ていた)。↓
 ・・・nobody really knows why.
 Scan the comment pages of the British press, and you will find a wide range of explanations. ・・・
 And yet it is their lack of politics that most clearly defines them.・・・
 ・・・there is a time-honored tradition of smashing things for fun in Britain, and the groups that enjoy it have been around for a long time.・・・
 ・・・there was looting in London following the Great Fire of 1666, and, despite the mythology, there was looting in London during the wartime Blitz. Go back and read Dickens: Criminals, both immigrant and "native" British, have taken advantage of opportunities to loot in London during more peaceful times, too. ・・・
 We don't know whether we have just witnessed a "new" phenomenon, or a more mobile and technically adept version of a very old one.・・・
http://www.slate.com/id/2301233/

 大暴動の原因について、自信ありげに、一つの「理論」・・ロンドンや、各地における失業率や貧困度と暴動発生の因果関係(チャートを見よ)・・を提示しているのがFTだ。↓
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/9537393c-c29b-11e0-...

 しかし、以下の事実↓は、このような「理論」を否定するものであるかのように見える。
 ・・・some commentators saw it that the root causes of the disorders lay in social deprivation and despair. But・・・One surprise was the presence among the riot suspects lined up in police wagons outside courthouses in London and other cities of young men and women with regular jobs. ・・・
http://www.nytimes.com/2011/08/11/world/europe/11b...

 FTのドイツ版(?)のFinancial Times Deutschlandの論評は、もう一つの「理論」・・英国におけるモラルの崩壊・・を提示している。↓
 ・・・The British elite has systematically compromised itself in recent years. They claimed to be a role model, or at least trustworthy. In the economic crisis the financial establishment declared bankruptcy, and British politicians became mired in the expenses scandal of 2009. Then this year the media and politicians have been damaged by the Murdoch scandal. When the country's elites don't take the law seriously, why should we? No question is more dangerous for a society.・・・
http://www.spiegel.de/international/europe/0,1518,...

 ガーディアンは、今次大暴動の勃発については、上記FT「理論」を、その拡大については、上記FTドイツ版「理論」を援用しているように見える。↓
 <30年前の英国大暴動が始まった理由と基本的には同じだとする。↓>
 ・・・It was the same when riots erupted in London and Liverpool 30 years ago, also triggered by confrontation between the police and black community, when another Conservative government was driving through cuts during a recession. The people of Brixton and Toxteth were denounced as criminals and thugs, but within weeks Michael Heseltine was writing a private memo to the cabinet, beginning with "it took a riot", and setting out the urgent necessity to take action over urban deprivation.
 This time, the multi-ethnic unrest has spread far further and faster. It's been less politicised and there's been far more looting, to the point where in many areas grabbing "free stuff" has been the main action. But there's no mystery as to where the upheaval came from. It was triggered by the police killing a young black man in a country where black people are 26 times more likely to be stopped and searched by police than their white counterparts. The riot that exploded in Tottenham in response at the weekend took place in an area with the highest unemployment in London, whose youth clubs have been closed to meet a 75% cut in its youth services budget.
 <ロンドン全体に広がった理由も、始まった理由と基本的に同じだとする。↓>
 It then erupted across what is now by some measures the most unequal city<(=London)> in the developed world, where the wealth of the richest 10% has risen to 273 times that of the poorest,・・・
 <そして、もう一つの理由が、(リーマンショックで明るみに出た)金融界の堕落(、手当の私的流用で信用を無くした政治家、マードック系タブロイド紙の盗聴に象徴されるメディアの堕落)だとする。↓>
 Politicians and media talking heads counter that none of that has anything to do with sociopathic teenagers smashing shop windows to walk off with plasma TVs and trainers. But where exactly did the rioters get the idea that there is no higher value than acquiring individual wealth, or that branded goods are the route to identity and self-respect?
 While bankers have publicly looted the country's wealth and got away with it, it's not hard to see why those who are locked out of the gravy train might think they were entitled to help themselves to a mobile phon. Some of the rioters make the connection explicitly. "The politicians say that we loot and rob, they are the original gangsters," one told a reporter. Another explained to the BBC: "We're showing the rich people we can do what we want."・・・
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/aug/1...

 関連する話題だが、英国のソフトな警察の銃不携行政策がとりあげられていた。↓
 ・・・Britain has long been well known for having an unarmed police force. Is that still the case?
 Yes, but there are an increasing number of exceptions. ・・・
 Between 1900 and 2006, only 67 British police officers were killed by firearms, excluding Northern Ireland. ・・・
 In 2009, the CO19 began the unprecedented practice of conducting armed patrols in the Brixton, Haringey, and Tottenham neighborhoods, in response to an increase in violent crime in those areas.・・・
 The program was controversial ever since it was announced -- including within the police department. And, with Duggan have been shot during one of these patrols, the act that triggered the ongoing riots, it's likely to become even more so.
http://www.foreignpolicy.com/articles/2011/08/10/w...



#4925(2011.8.12)

<ζζΚΚ>

 イギリスっぽくゴルフクラブかクリケットの棒でも使えば良いのに。↓

 英Amazonで武器がバカ売れ バットの売上が65倍に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1653491.h...

 これを契機に野球人口が増えるといいね。↓

 イギリスで、野球とソフトボールの競技人口が劇的に増加中
http://ameblo.jp/systemr1851/entry-10835947434.htm...

<太田>

 昨日、こんなコラムがあったぜ。↓
 Why Are They Using Baseball Bats Instead of Cricket Bats in the U.K. Riots?・・・
 <英国の人々は、映画、TV番組、ビデオゲームの影響で、野球のバットと暴力を結びつけて連想するんだとさ。↓>
 Many people in the U.K. seem to associate baseball bats with violence, perhaps on account of the long association between the two in American films (like The Warriors), television shows (like The Sopranos), and video games (like Grand Theft Auto).・・・
 <野球の金属バットは、クリケットのバットより4割も軽くて振り回しやすいとも。↓>
 Aluminum baseball bats are typically around 40 percent lighter than cricket bats, and are therefore easier to wield. ・・・
http://www.slate.com/id/2301314/

 今次暴動における野球のバットの攻防での使用についての記事をまとめておこう。↓ 
 <昨日の記事は以下のとおり。↓>
 ・・・Other fearful residents evidently bought baseball bats.・・・
http://www.slate.com/id/2301296/pagenum/all/#p2 
 ・・・While elderly community leaders were among them, a number of others stood at temple doors holding baseball bats.・・・
 We have seen groups of people with baseball bats and cricket bats. That's not the society I want to live in."
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/10/uk-riots-... 
 <本日の記事は以下のとおり。↓>
 ・・・When looters rampaged through Hackney last weekend, there were few police officers to stop them and residents had to chase them off with butcher knives, truncheons and baseball bats.・・・
http://www.nytimes.com/2011/08/11/opinion/when-bud...

 それでは、その他の記事の紹介です。

 英国での大暴動の原因についての10の「理論」が列挙されている。↓
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14483149

 今次大暴動の何が新しいか、2点が指摘されている。↓
 <消費主義的かつ物質主義的性格が一つ。↓>
 ・・・The consumerist and materialist nature of it is new,・・・
 <ITの利用がもう一つ。↓>
 The methods are new, too: using instant-messaging technology to assemble a crowd; diverting police to one place by, say, burning a car; and then, once law enforcement is safely distracted, starting looting in another. The fact that police officers cannot be everywhere at once has proved their Achilles heel, making them all but powerless. ・・・
http://www.washingtonpost.com/opinions/what-isnt-b...

 このITの利用を問題視し、英国政府は規制を考え始めたとさ。↓
 ・・・Prime Minister David Cameron・・・said in an emergency session of Parliament on Thursday, during which he announced that officials were working with the intelligence services and police to look at how and whether to “stop people communicating via these Web sites and services ・・・including BlackBerry Messenger and Twitter・・・when we know they are plotting violence, disorder and criminality.”・・・
http://www.washingtonpost.com/world/europe/britain...



#4927(2011.8.13)

<太田>(ツイッターより)

 コラムの騎士道のシリーズの関係で、今夜はアーサー王物語の世界に分け入っている。
 少しずつ、カイロ時代に読んだ挿話の記憶が蘇ってくる。
 ボクのアングロサクソン探求の旅も、ようやく峠を越す時期が近づきつつあるような気がしてきたなあ。
 しかし、日本探求の旅の行方は、いまだに五里霧中だ。

<κκζζ>

≫アングロサクソンは西欧文明(人)を含め、自分達以外の文明(人々)を等しく野蛮と見なしてきた≪(コラム#1157。太田)

 今回の暴動を見てると、イギリスの方が余程野蛮に見えてくるんだが。

<κζκζ>

 白人、特にアングロサクソンは過度に攻撃的だと思うよ。
 東アジア人と比べればね。
 ハリウッド映画の攻撃性は大人が見ても過剰すぎる。

 知能指数では、東アジア人(日本・中国)>白人>黒人 らしいが、白人=黒人の肉体を持ち、東アジア人の知能を持つとか。

 太田さんはアングロサクソン礼賛だけど、おれは白人崇拝はないね。
 大航海時代を始めとして、西洋文明は残虐すぎる。
 彼らの批判精神は尊重するがね。

<κζζκ>

 太田さんは日本文明礼賛者でもあり、アングロサクソン文明礼賛者でもあるわな。
 二つは両立するのであり、白人崇拝じゃないだろう。
 <κκζζクンの言>に引っ掛けて言えば、少なくとも太田さんは野蛮度(非人間主義度?)で、日本文明≧アングロサクソン文明>>越えられない壁>>西洋、支那、イスラム...etc ぐらいに思ってるんじゃないか。

<太田>

 それでは、記事の紹介です。
 英国の大暴動関連から。
 パンとサーカス、とりわけサーカスが若者達には不足していた、とさ。↓
 ・・・Neither left nor right will get anywhere unless they seriously ponder what to do with our army of bored, restless young men --for whom the toxic mix of glamorous violence and disdain for authority is an intransigent part of the subculture.・・・
  A modern, meaningful equivalent of bread and circuses needs to be found.・・・
http://www.foreignpolicy.com/articles/2011/08/12/b...

 英国の警察にはどうやら「統帥権の独立」があるらしい。
 誰か少し調べて教えてくれないかなあ。
 いずれにせよ、依然としてかかる警察への英国民の信頼は維持されているようだ。↓
 ・・・the changes in tactics and police numbers were due to commanders, not politicians.・・・
 The police service will make the tactical decisions and quite rightly <they> must and should be held to account.・・・
 ・・・an ICM poll for the Guardian showed that the public sided with the police and not the politicians over the handling of the riots. The poll conducted this week shows that less than a third of voters think the prime minister or the London mayor, Boris Johnson, have performed well.・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/aug/12/police-re... 
http://www.guardian.co.uk/news/datablog/2011/aug/0...



#4929(2011.8.14)

<太田>(ツイッターより)

 黒人と黒人文化に染まった白人が今次大暴動を英国で起こした、という趣旨のことを語って問題になったコメンテーター。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-14513517
 彼は、恵まれない家庭で育って奨学金でケンブリッジを卒業した、テューダー朝に詳しい歴史学者でTV/ラジオで活躍する同性愛者だ。
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Starkey

 イギリス人が密かに抱いている、欧州は野蛮であるという観念が、日本人を含む、非イギリス人には見えないのは、イギリス人があからさまにはそんなことを口にしないからだ、とかねてから私は指摘してきた。
 騎士道はイギリスにしかなかったということに、私がつい最近まで気付かなかったのもそのためだ。

<omnivalence>

 もともと本場はフランスでしょう?

<太田>

 ボクは、西欧封建社会全般にあった・・逆に言うとイギリスじゃ希薄だった・・と思い込んでたんだけど、キミのその思い込みはどっから来てるんだろうね。
 悔い改めたボクの現在の考えは、公開後に、「イギリスと騎士道」シリーズ(コラム#4910、4912、4914、4916、4918、4920、4922、4924、4926、4928、4930(予定))を読んで確かめてくれたまえ。

<ζκζκ>

 イギリスは階級によって話す英語が違うってきくが、そんなの他の先進国ではありえないと思うんだが・・・。
 なんで学校でちゃんとした英語を話せるようにしないんだろう。
 全然、人間主義的じゃないよな?

<ζζκκ>

 階級だか階層だか知らんが、日本人にとっては完全に「?」なんだよな。
 日本の部落差別が、これに近いのかね?

<太田>

 本日公開したコラム#4766で、私自身が誤解させるような表現を用いてたな、と反省しきり。
 BBCだって基本的に上流階級の英語(米国の上流階級の英語とはまた違うよ)をアナウンサーにしゃべらせているけど、いつまで経っても上中流階級と庶民の英語が同じにならないのは、イギリス人の個人主義のせいだ。
 人は全部違っていて当然だ、だから他人(他階級)の真似なんか真っ平御免、という観念さ。



#4931(2011.8.15)

<ζκκζ>(「たった一人の反乱」より)

 部落差別とは全然ちがうだろう。関西人だから結構身近だったけど、部落っていっても言葉も同じだし教育も同じ。
 本人が普通にしっかりしてればちゃんとした就職もできる。部落から引っ越すのも問題ない。
 ただ親や兄妹が部落に残ってたら、結婚の時とかに困るかもな。
 でも暴動とか略奪とかに走るような荒んだ生活とは無縁だろう。大抵、普通に働いて普通に暮らしてるし。

 イギリスの場合は、階級が固定してて、解消しようとする努力が見えないんじゃないか。
 一部の優秀な人は上昇できるんだろうけど、普通の人が普通になっていかないとだめだろう。

 教育は本人の望むことをさせるんではなくて、将来にとって良いことを押し付けるものだから、やっぱり下層階級が嫌がっても、上中流のちゃんとした英語を押し付けるのが、人間主義というものだろう。
 戦前の日本が台湾や韓国でやったのはそれなんだろうし。

<ΛΛΖΖ>(同上)

>本人が普通にしっかりしてればちゃんとした就職もできる。部落から引っ越すのも問題ない。

 H県のA崎市出身なんで関西でも特に身近な話だったけど、普通以上に頑張っても就職出来なかった同和系(在日系)の奴なんて腐る程いたぞ?
 俺が就職活動してた10年くらい前の話だけど、成績や素行の面で俺なんかよりも圧倒的に優秀な奴が何故か落とされたなんてのも珍しくなかった。
 確か戸籍からじゃ解からないハズなのに見事に同和系の連中だけ弾き飛ばされてたんだよなぁ。

>ただ親や兄妹が部落に残ってたら、結婚の時とかに困るかもな。

って言葉が示すように未だに根強く差別は続いてる訳で

>暴動とか略奪とかに走るような荒んだ生活とは無縁だろう。大抵、普通に働いて普通に暮らしてるし。

ってのは表面からだけじゃ解からないんじゃねえの?

 もちろん同和系の連中を一方的な被害者だとは思ってないけど。
 同和団体に追い詰められてA崎市に住めなくなった奴とか逆差別受けて追い出された人とかも知ってるし。

<ΛΖΛΖ>(同上)

≫人は全部違っていて当然だ、だから他人(他階級)の真似なんか真っ平御免、という観念さ。≪(コラム#4929。太田)

 イギリスの階級は、「対立」であって「差別」ではないってこと?
 政府としては階級を無くそうとしてんの?教えてエロい人!

<ΛΖΖΛ>(同上)

 階級対立があろうがなかろうが、BBC(公共放送)で流す言葉が広く一般化するのが自然な流れだろう。
 斯かるところ、イギリス英語は大多数が使う標準語にあたる言葉が実質的には形成されていない。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%...
 これをどう解釈するかだろうけど、太田さんは個人主義の唯我独尊性の顕れだろって言ってる。(たぶん)
 (ようするにイギリスに階層間で対立ないしは差別があるから、今も階層間で言葉が違うっていう理解は根本的に誤りだって事じゃね。)

<太田>

 ボクのイギリス「階級」論は、コラム#92を参照のこと。

<ΖΛΖΛ>(「たった一人の反乱」より)

 太田さんのアングロサクソン理解で最も欠損が生じてるのがスポーツ分野。
 彼らは海賊の末裔で攻撃的民族なんだから、スポーツに対する視点も有効だと思う。

 メジャーリーグが日本のプロ野球より上級だという認識が多いと思うが果たしてそうなのか。

 メージャーリーグの残酷な走塁。
 これは日本人ならやらない。 2.40のところ。
http://www.youtube.com/watch?v=hKeaDm_RmFc

<ΖΖΛΛ>(同上)

 スポーツの他に、レジャーも重要らしい。

 「英国スポーツ・レジャー大百科〜19世紀文献復刻集成〜(全5巻+別冊日本語解説)
 英国におけるスポーツ、レジャーの歴史は古く、キツネ狩りや乗馬など代表される上流階級のものだけでなく、庶民の間でも熊いじめや闘鶏などが、広く人々の楽しみとして親しまれてきたことが知られています。
また今日のサッカーやテニス、ゴルフの原型も古くから競技されていました。
 こういったレジャーやスポーツにおいても、近代化は英国にていち早くあらわれ、19世紀後半になると、フットボール(サッカー)、ラグビー、テニス、クリケット等の協会が組織化され、各競技のルールが定められ、近代的なスポーツとして確立してゆきます。
 これらは中産階級の拡大とともに社会に広く受け入れられ、また、徐々に人々の娯楽としてだけでなく、身体教育の手段としても英国社会・文化を形成する重要な要素となってゆきます。」
http://www.aplink.co.jp/ep/4-902454-61-1.html

<太田>

 イギリスとレジャーについては、コラム#84で、一瞬だけど言及してるよ。

<ΖΛΛΖ>(「たった一人の反乱」より)

 <ΖΛΖΛクン、>スポーツに関するアングロサクソン論<も>あるよ。(例えばこれ↓)
http://blog.ohtan.net/archives/51306557.html <(コラム#2974)>

 疑問に対する答えにもなってると思うから、見てみるといいよ。

 蛇足だけど、『巨人の星』のスクリュースピンスライディング思い出したっす。
http://www.youtube.com/watch?v=NGHoIa224zo&sns=em

<λλΖΖ>(同上)

 いや、こういう文章があるのは知ってるけど。
 あまりにも量が少なすぎる。
 太田さん自身がスポーツに関心がないんだろうけど、アングロサクソンとスポーツの結びつきは、最重要テーマにあげてもいいと思うけどね。
 サッカーはイギリス発祥であり、明らかに戦争の代替物。
 アメリカ人はサッカーを女子のスポーツと見なし、自らが作ったアメリカンフットボールに熱狂する。
 これはプロテクターを付けて敵に突進する世界でも稀有の荒々しいスポーツだ。

<太田>

 それでは、その他の記事の紹介です。
 まず、英国大暴動関連から。

 小さい政府志向者も大きい政府志向者も、暴動参加者非難で一致。↓
 ・・・In situations such as these, the gulf between self-professed civil libertarians and authoritarians is narrowed.・・・
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/aug/1...

 文化(人種)じゃなくって階級の問題、という認識へ収斂。↓
 ・・・the epicentre of Britain's moral panic moved from culture to class. ・・・
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/aug/1...

 イギリス人の若者の失業率が高いのに、外国人移民がのさばっているのはどうしてかが説明されている。↓
 ・・・You can travel up and down the country and you can be sure that all the decent hotels and restaurants will be manned overwhelmingly by young foreigners; not a young Briton in sight (thank God).
 <東欧から移民は、イギリス人の若者に比べ、到着後半年で話し方がよりまともになり、よりイギリス人らしくなるとさ。↓>
 The reason for this is clear: The young unemployed Britons not only have the wrong attitude to work, for example regarding fixed hours as a form of oppression, but they are also dramatically badly educated. Within six months of arrival in the country, the average young Pole speaks better, more cultivated English than they do.
 <雇用に伴う諸経費や最低賃金の高さが、上述のように相対的に劣るイギリスの若者の雇用を妨げていると。↓>
 The icing on the cake, as it were, is that social charges on labor and the minimum wage are so high that no employer can possibly extract from the young unemployed Briton anything like the value of what it costs to employ him.・・・
http://online.wsj.com/article/SB100014240531119039...

 米国人専門家のお知恵拝借と首相が言い出したことに、イギリスの警察関係者から非難の嵐。↓
 ・・・"To micromanage, or get so-called experts in, instead of listening to their own police chiefs and their own experienced officers in the Met [Metropolitan Police] is a slap in the face for British policing. No disrespect to the Americans, or to Mr. Bratton," he said, "but they're a completely different culture, different ways of policing.... Either [Cameron is] not prepared to listen or he has no faith in them."・・・
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-f...



#4933(2011.8.16)

<ΛΛζζ>(「たった一人の反乱」より)

≫ようするにイギリスに階層間で対立ないしは差別があるから、今も階層間で言葉が違うっていう理解は根本的に誤りだって事じゃね。≪(コラム#4931。ΛΖΖΛ)

 どういうこと?イギリスには階層もなければ差別も対立もないってことか?とするとその国はイギリスではないだろ?
 生まれによって固定化された階層はないけど、経済力の差によって階層分けは厳然とされてるんだろ?
 金持ちの子のいく学校と、貧乏人のいく学校が違うから、のちのち言葉遣いの違いで差別されるってことだろ?

 <ΛΛΖΖクン(コラム#4931)、>部落差別がないなんて、関西人としてそんなことが言えないのはわかってる。
 部落の人達の就職については、エリートの話をしたわけではなく、小さい会社の事務仕事とか、土方とか、自営業で焼き鳥屋とか、靴屋とか、仕事はいろいろあるだろうよ。
 いろんな仕事をしてまともに暮らしてるっていいたかっただけだよ。

<ΛζΛζ>(同上)

>部落の人達の就職については、エリートの話をしたわけではなく、小さい会社の事務仕事とか、土方とか、自営業で焼き鳥屋とか、靴屋とか、仕事はいろいろあるだろうよ。いろんな仕事をしてまともに暮らしてるっていいたかっただけだよ。

 職業選ばされてる時点で普通じゃねえだろ。

<ΛζζΛ>(同上)

 何か噛み合ってない気がするんだけど、もともと、太田さんは根本的なところのイギリスの「階級」論にまでは立ち入ってないでしょ。
 だからこそ、昨日のディスカッションの該当議論の最後にコメントを付け加えて、「ボクのイギリス「階級」論は、コラム#92を参照のこと。」と言ってるんだと思ったんだけど・・・・・・。

>金持ちの子のいく学校と、貧乏人のいく学校が違うから、のちのち言葉遣いの違いで差別されるってことだろ? <(ΛΛζζ)

 こう主張するには演繹的に推定するだけじゃなく、何らかの典拠が必要だと思う。
 まぁ、何はともあれ、コラム#92と>>80の考えは相反するモノだから批判は下記コラムに対して頼むよ。
 『非階級社会(アングロサクソン論10)』
http://blog.ohtan.net/archives/50955741.html

 ・・・
 あぁ、改めて読んだら自分も>>80を誤読してトンチンカンな事を言ってる事に気付いた。
 取り敢えず>>69はイギリスには「階層もなければ差別も対立もない」という主張は含まれてないよ。
 あなたの主張も太田さんのコラムと相反している訳では無いね・・・・・・。

<太田>(ツイッターより)

 (コラム#4770に関し)「イギリスでは、所得、資産に応じて、微妙に生活様式、発音等の異なる階層は存在<する>」(コラム#92)が、日本では、「所得、資産に応じて」の「微妙」な「生活様式、発音等の異なる階層」すら存在しないってこと。

<太田>

 今回の英国の大暴動は、10代の若者達、というか、子供達が主役だった。
 彼らは、学校が夏休みで、或いは失業中で、或いは就職できなくて、何もすることがなったのだ。↓
 ・・・The marauding bands that set London alight and shut down town centers across Britain were made up, unprecedentedly, of often very young teenagers. This has not been an uprising of the dispossessed, the unemployed, or particular ethnic groups, but a violent convulsion of kids on holiday from high school. According to the Metropolitan Police, just under two thirds of those arrested on the second day of the London disturbances were teenagers. Many were 13, 14, 15 years of age.・・・
 <だから、これは、いかなる意味においても、抗議行動ではなかった。↓>
 This has not been, in any conscious sense, a protest・・・
 <保守党を中心とする連立政権の予算削減は、大部分がまだ実行に移されていない。↓>
 Since its election 15 months ago, the Conservative government has announced cuts in services and benefits that will have drastically negative effects on young people・・・
 <しかし、夏休みの、或いは失業中の、或いは就職先を探している、若者達の時間をつぶしてやる経費の削減だけは実行済みだった。↓>
 But few of these changes have yet taken effect, let alone had time for their impact to really hurt. The exception is youth services. Youth clubs have already closed, youth workers have been sacked, and programs that in previous years have occupied urban youngsters in the long summer break are not running. As a result, many young people have “nothing to do.”
 <彼らは怒っていないし、疎外とアノミーにもだえてもいない。彼らは退屈していただけだ。だから、階級対立が原因のフランス革命でも人種差別が原因のワッツ暴動でもなかった。『蠅の王』的な出来事だったのだ。↓>
 They are not furious, not writhing with alienation and anomie. They are bored. It is neither the French Revolution nor the Watts riots<(注1)>. It is more like Lord of the Flies<(注2)>.・・・
http://www.thedailybeast.com/newsweek/2011/08/14/s... 
 
 (注1)1965年にロサンゼルスで起こった黒人暴動。
http://en.wikipedia.org/wiki/Watts_Riots 
 (注2)『蝿の王』。「1954年出版の<イギリス人>ウィリアム・ゴールディングの小説。・・・未来の大戦中、疎開地へ向かう飛行機が墜落し、乗員である少年たちは南太平洋の無人島に置き去りにされる。当初は法螺貝を中心に規則を作り、協力し合っていた彼らであったが、次第に内面の獣性が目覚め、些細なことで対立を繰り返してゆく。やがて闇に潜む「獣」に脅え、狂気にとらわれた少年たちは、ついに自らの仲間である少年を集団で手にかけるまでに至る。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%BF%E3%81%AE%E7...

 『蠅の王』的なだけでなく、『時計じかけのオレンジ』的な様相があった。↓
 ・・・there were also Clockwork Orange<(注3)> dimensions (Alex and his “droogs”) alongside Lord of the Flies aspects (Jack Merridew’s murderous boy tribe) to all these events. ・・・
 
 (注3)『時計じかけのオレンジ』。「イギリスの小説家アンソニー・バージェスによるディストピア小説。1962年発表。又は、アンソニー・バージェスの原作からスタンリー・キューブリックにより映画化されたアメリカ映画。1971年公開。・・・暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的作品。・・・主人公である不良少年の一人称の物語であり、ロシア語と英語のスラングで組み合わされた「ナッドサット言葉」が使用されている。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E8%A8%88%E3... 
 
 <これは、イギリスの社会規範の薄さが露呈した、ということだ。↓>
 Anthony Burgess’ and William Golding’s warnings about the thinness of our social norms have proved ominously prescient.・・・
 <21の先進国中、英国における子供達の扱いは最低だ。(この点は、昔からそうだろ(太田)。)↓>
 The UNICEF report that in 2007 placed Britain at the bottom of 21 industrialized countries in the way it treated its children・・・
 <階層間移動率はどんどん低下している。↓>
 ・・・The wellbeing of the top and middle depends on the relative wellbeing and opportunities of those at the bottom. Societies cohere or they perish. England on this score fares astonishingly badly. Our social housing estates are, in Lynsey Hanley’s words, vast people lockers. Once in, very few move out. A third of the bottom 10 percent of wage earners in 2001 to 2002 were still there in 2008 to 2009,・・・
http://www.taipeitimes.com/News/editorials/archive...

 私は、コラム#4770で、「私は、かねてより、イギリス社会の凝集性(安定性)はその大昔から受け継がれてきた、コモンローの存在によって担保されていると指摘してきたところ、比較的最近、これに加えて、イギリス人の間における同情(sympathy)心の遍在性も指摘するようになっているわけですが、この同情心が、どのような場でどのようにイギリス人に注入されるのかを、今後究明する必要がありそうです。」と記したところだが、私がこれを究明しきる前に、イギリス人の「同情心」が薄れ、社会の凝集性(安定性)が損なわれるに至っちゃった・・「階層」が「階級」化しつつある・・、ということのようだね。

 私のとりあえずの仮説を述べておこう。
 「同情心」の源泉であったところの、イギリスのエリートが備えていた、「中世」における「騎士」性、「近代」以降における「紳士」性・・シリーズ「イギリスと騎士道」(未公開)参照・・、が失われたためじゃないかな。
 そして、それがどうして失われたのかだけど、エリートが、「騎士/紳士」性を発揮する見返りとして、昔はフランスから有形無形の収奪をするという、また、百年戦争敗退後は植民地から有形無形の収奪をするという、見返りが期待できたところ、戦後、大英帝国が瓦解したために、もはや見返りが期待できなくなったこと、が、エリートの堕落、劣化・・騎士/紳士性の放擲・・をもたらした、ってことじゃないかな。
 そうだとすると、エリートの「同情心」をあてにできなくなったところの、非エリートもまた堕落、劣化するのは必然だ、ということにもなる。
 イギリスは、裸の個人主義社会、すなわち、非人間主義社会へと暗転的変貌を遂げてしまった、というわけだ。
 ゴールディングやバージェスらのイギリス人の気鋭の小説家は、戦後まだそれほど時間が経っていない時に、既に、イギリスがこうなることを予見していた、ということになるのかもしれない。
 こう考えてくると、イギリス・・英国じゃ、必ずしもないよ・・は、出口なしの未曾有の深刻な状況に直面している、と思った方がよさそうだ。
 『蠅の王』も映画化されているが日本では未公開であるのに対し、『時計じかけのオレンジ』の映画は公開されているので、一つ、鑑賞してみるかな。
 ところで、そうは言っても、英国は腐っても鯛だね。
 有事には、徹底的に有事的対応ができるんだもんね。↓

 裁判所は24時間仕事をし、今次大暴動での逮捕者の拘置率は、これまでの逮捕者のそれに比べて6倍の60%!↓
 ・・・ round-the-clock courts that have been in session in London and other cities, sending 60 percent of the 2,500 people arrested in the riots to jail pending trial. The national average for those jailed while awaiting trial for criminal offenses was 10 percent before the riots.
 <しかも、ムッチャ重い刑を宣告し続けている。↓>
 The courts have also handed down harsh jail terms even to the lesser offenders, including a five-month sentence in London to a 22-year-old single mother of two who was given a pair of shorts by a friend who had looted a local store. ・・・
http://www.nytimes.com/2011/08/16/world/europe/16b...



#4935(2011.8.17)

<太田>(ツイッターより)

 何とか、ボクなりに英国の大暴動の原因解明ができて一安心。
 今後、究明すべきは、イギリス・エリート層の「騎士/紳士」性・・この層が身に着けたアングロサクソン倫理・・の形成へのブリトン文化とアングロサクソン文化、それぞれの貢献度と貢献内容だ。
 材料を持ち合わせている方は、ご教示を!

<太田>

 英国大暴動についてのドイツのシュピーゲル誌の分析は、昨日紹介した、英国でのガーディアン等によるそれとほぼ同じ結論だね。↓
 <『時計仕掛けのオレンジ』がここでも登場。↓>
 ・・・ The events which unfolded on the streets of London and other English cities last week were brutal and full of an enthusiasm to inflict the greatest possible damage, even on mere passers-by who had the bad luck to get in the way. It was as if the gang from Stanley Kubrick's classic film "A Clockwork Orange" had left the screen and become real, only this time armed with BlackBerrys.・・・
 <ニートの仕業だってわけ。その彼ら、今や飼い殺し状況なんだねえ。↓>
 ・・・in the UK・・・"NEETs" <which> stands for "not in education, employment or training", and there are about 1.2 million people who fit the description. ・・・
 James, 19, lives in North London. The state pays his rent, and he gets 77 pounds jobless benefit every two weeks. He has given up looking for work, he left school at 15・・・ "They give me just enough money so that I can eat and watch TV all day."・・・
 <しかし、根本原因をマードックとサッチャーにもっぱら押し付けるのは、どんなものかな。ボクとしちゃ、太田説を推奨するぜ。↓>
 Murdoch and Margaret Thatcher together broke the power of the trade unions in the 1980s and forged ahead with the liberalization of the markets.・・・
http://www.spiegel.de/international/europe/0,1518,...

 それに比べ、米国の主要メディアの英国大暴動の分析は、デキの悪さが目立つね。↓
http://www.thedailybeast.com/newsweek/2011/08/14/w...

 もっとも、NYタイムスが、英国の捜査機関と裁判所の本件でのハッスルぶりを皮肉っている・・指導層の不祥事の時には甘かったのにってさ・・のはオモロイ。↓
 ・・・While judges and the police say those stiff sentences send an unmistakable message of deterrence, critics said they reeked of a double standard. Some compared them cynically to the more lenient punishments handed out in the 2009 expense account scandal involving members of Parliament, or the conspicuous absence of prosecutions over irresponsible banking practices that helped lead to the world financial crisis. ・・・
http://www.nytimes.com/2011/08/17/world/europe/17b...



#4937(2011.8.18)

<太田>(ツイッターより)

 大英帝国崩壊後の、エリート層、ひいては非エリート層の堕落・劣化にもかかわらず、イギリスが表見的には破綻を免れて今日にまで至ることができたのは、帝国時代の遺産(在外資産/シティー/国際情勢ノウハウ/移民、等)とEU加盟のおかげ。
 だけど、ついに遺産を食いつぶし、それにEU経済も・・。

<21century_po>(ツイッターより)

 これは。。。太田述正氏、アングロサクソン信仰を脱却か。
 アングロサクソン信仰といえば岡崎久彦氏ですが、今後は後継者なく途絶える方向なのか。
 それともやっぱりアングロサクソン教こそ日本の国教?

<太田>

 イギリスはともかく、(イギリスを除く)英国は「健在」だし、元首が同じだから同じ国と言ってもよいカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、その他は絶好調だ。
 (カナダに関しては、先だって、アメフトで米国チームに地元チームが負けて騒乱状態にバンクーバーがなったけど(コラム#4815、4827)、これは旧来のサッカー・フーリガン現象の延長線上の話だということにしておこうよ。)
 だから、アングロサクソン全体について、悲観的になるのはまだ早い。
 京都地区が落ちぶれたって、東京を中心とした地区が繁栄してりゃ日本全体としてはまあまあだろって譬えで納得してくれたまえ。

<ζλλζ>(「たった一人の反乱」より)

 イギリスの暴動での逮捕者に、「ムッチャ重い刑を宣告し続けている」(コラム#4933)ってことで、下層の人たちに対して同情心の欠片もないような非人間主義的なことしてたら、ますます野蛮化するだけだよな。
 イギリス人って頭悪いの?

<太田>

 んなこたーない。
 平時と有事のメリハリをものすごーくきかせるのがアングロサクソンの真骨頂さ。
 建物に放火した奴らなんか、その場で射殺されなかっただけでもオンノジだぞ。
 とにかく、大暴動、収まったでしょ。
 原因だの再発防止策だのは、落ち着いてから考えりゃいいんだよ。



#4941(2011.8.20)

 大暴動後の英国における暴動犯に対する厳しい判決が英国の世論の圧倒的な支持を受けている。↓
 ・・・ The prime minister demanded that "a clear signal" be sent out as he supported one of the most contentious sentences, the four years to be served by two young men who created Facebook pages inciting riots that no one came to. Voters approve. In a Manchester Evening News poll, 88% thought the judges were getting it right. ・・・
 <だけど、「左」のガーディアンは、それを批判。↓>
 The punitive sentences of the past week are out of proportion to the offences committed. Nor are they likely to be effective. They challenge our idea of justice. They risk aggravating the very sense of disengagement that contributed to the unforgivable events of two weeks ago.・・・
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2011/aug/1...



#4953(2011.8.26)

 キャメロン首相以下、英国の保守層も、先般の英国大暴動の根本的原因は、英国のエリート層のモラルの低下の大衆への伝染である、という認識に到達したようだ。
 ただ、その更に原因については、サッチャーリズムまでしか遡ってないんだね。
 ボクみたいに大英帝国の崩壊まで遡れってんだ。
 ふんじゃ、何で、イギリスの外延たるスコットランドやカナダやオーストラリアやニュージーランドではモラルの低下が(少なくとも)顕在化していないのか。
 諸君、どう思うかね。↓
 ・・・"Something has gone horribly wrong in Britain," wrote Peter Oborne, the chief political commentator for the Daily Telegraph, one of Britain's most conservative newspapers. "The culture of greed and impunity we are witnessing on our TV screens stretches right up into corporate boardrooms and the Cabinet.... It is not just its damaged youth but Britain itself that needs a moral reformation."・・・
 In a speech last week, Prime Minister David Cameron <said> "In the highest offices, the plushest boardrooms, the most influential jobs, we need to think about the example we are setting.... In the banking crisis, with MPs' expenses, in the phone hacking scandal, we have seen some of the worst cases of greed, irresponsibility and entitlement.・・・The restoration of responsibility has to cut right across our society,・・・Because whatever the arguments, we all belong to the same society, and we all have a stake in making it better."・・・
 ・・・critics cite a darker side to Thatcher's legacy, a nation unmoored from the value of societal responsibility.
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-f...



#4957(2011.8.28)

 私はかねてより、スコットランドはアングロサクソン文明ではなく欧州文明に属すると指摘してきたが、改めてそのことを考えさせてくれる、論者集がガーディアンに載っていた。
 そのうち、二人の論の一部を下に掲げる。↓
 <スコットランドは公民的(civic)、社会民主主義志向、反戦、反核、移民大幅受け入れ賛成、多文化志向、EU統合志向、環境保全志向、芸術への公的補助志向。↓>
 ・・・For 25 years, Scottish nationalism has been a civic, social-democratic, multicultural movement. Nationalists have opposed the wars in Iraq and Afghanistan, they opposed Trident. They have openly campaigned for more immigration. The SNP proudly asserts the multicultural nature of modern Scotland with its MSPs taking the parliamentary oath in Urdu, Gaelic, Italian and English. Nationalists promote and engage with the EU. They advocate sustainable energy, land reform, arts funding… the list goes on.・・・
 <イギリスは、特にサッチャリズム以来、税金が低い不平等社会を志向してきた。↓>
  Britain has been torn up by successive Westminster governments that have pandered with increasing desperation to a middle England that seems determined to live in a low-tax, high-inequality, American-style future. I don't want to live in America. I don't want to live in Thatcherland.・・・
     -------------------------------------------------
 <サッチャリズムを契機に、スコットランドは、自分達が、イギリスに比べてよりコミュニティー志向で、協力を競争よりも重んじること、を思い起こした。↓>
 ・・・The thing is, the Scots never fell for Thatcherism. We were always sceptical. When she announced that there was no such thing as society, most of us were, frankly, incredulous. Thatcherism, and the enthusiasm with which it was embraced by so many in England, made a lot of Scots begin to realise that we were, after all, meaningfully different en masse from the English; more communitarian, less convinced of the primacy of competition over co-operation. There was no one nation.・・・ 
http://www.guardian.co.uk/culture/2011/aug/28/scot...

 私見では、スコットランドは、欧州文明に属するが、地理的・歴史的経緯からイギリス(アングロサクソン)化して現在に至っているのに対し、比較的最近のイギリスに米国化した部分があることにスコットランドが反発している、ということ。
 つまり、スコットランドこそ、現在では最もアングロサクソン的な地域だ、と考えたらどうか、ということ。
 ついでに、コラム#4953で投げかけた疑問への暫定的解答を記しておこう。
 カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは、もともとアングロサクソンであり、現在もそうあり続けている、と考えたらどうか。



#4959(2011.8.29)

<太田>(ツイッターより)

 要するに、イギリス(狭義)のエリート層が、大英帝国崩壊後、非人間主義的となり、それが非エリート層にも次第に及び、サッチャリズムによってこの傾向が募った。
 他方、スコットランドのほか、カナダ、オーストラリア等における、イギリス由来の人間主義は維持されたってわけ。
 じゃ、それはどうして?



#4971(2011.9.4)

 大暴動の時に、英国のキャメロン首相が招聘を示唆して総スカンをくらった、NY、ロサンゼルスで犯罪を激減させたビル・ブラットン(Bill Bratton)のインタビュー記事が載っていた。
 結婚歴4回のつわものなんだね。↓
http://www.ft.com/intl/cms/s/2/e189388e-d3ea-11e0-...



#5093(2011.11.4)

 8月のイギリス暴動の原因をまとめた報告書が英国で出たけど、でき悪いねー。↓
 A government-funded study of the motivations of young people who took part in August's rioting has concluded that they were driven by a combination of excitement, opportunism and dissatisfaction with the police.・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/nov/03/opportuni...



#5155(2011.12.5)

 英国での大暴動についての新レポートが出たが、原因をしぼっただけ、政府のレポートよりはマシだが、問題は、警察から職務質問・身体捜索を受けたことへの反感の更に背後にあるものが何かだ。↓
 Widespread anger and frustration at the way police engage with communities was a significant cause of the summer riots in every major city where disorder took place・・・
 73% said they had been stopped and searched in the previous 12 months.・・・
http://www.guardian.co.uk/uk/2011/dec/05/anger-pol...


×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

文字サイズ

大きく | 小さく

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます