ブライダルドレス

華やかなドレスを着ることが心からの祝福。

ブライダルドレス、花嫁様のウエディングドレスとはまた違った魅力のあるドレスです。
結婚式のゲストは地味なドレスを着なければいけない、そう思われている方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。ご結婚される方を、心から祝福するためには、綺麗なブライダルドレスを着ることも大切です。
花嫁様をブーケの中心とすれば、ゲストはそれを引き立てる小さな花のような存在。綺麗なブライダルドレスを着て、花嫁様を引き立てることが大切なのです。
結婚式のゲストだけでなく、花嫁様がお色直し用・2次会用に着られることも多くなっています。


ブライダルドレスの特徴

教会などで行う結婚式や披露宴の場合、形式的な問題や宗教上の理由によって、着用できるドレスに制限がかかることがあります。
例えば、お肌が露出したようなドレスであれば、披露宴であれば問題ありませんが、結婚式であればNGなど、あらゆるドレスコードが存在しています。
しかし、レストランでのウエディングパーティーなどであれば、着用できるドレスは比較的自由になっています。そんな時こそ、当店がご用意するようなブライダルドレスが活躍します。
当店では、お友達の結婚式に花を添えられるような、また花嫁様が2次会でも輝けるようなドレスを多数ご用意。美しいブライダルドレスをお求めであれば、どうぞ当店へお越しください。


ブライダルドレスの選び方

ブライダルドレスを選ばれる場合は、まずどのような場所で式を行うのか、どのような方が来られるのかをご確認してください。
というのも、教会などでは格式を重んじるため、花嫁がお肌を露出するのはタブーとなっているからです。また、仕事関係、親族の方が多く集まるようなパーティーであれば、控えめな色合いやシルエットのものをお選びになるのがよいでしょう。
2次会などで花嫁様が着用されるドレスの色と重なってしまうのも、失礼にあたります。そのため、ブライダルパーティーの前には、お友達と「どんなドレスを着てくるのか」を相談しあうのもひとつの方法です。
例えシンプルなデザインのものでも、アクセサリーやショールなどを使うことで、ドレスの印象を変えることもできます。
2008年03月11日(火) 19:29:43 Modified by veryairt




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。