服装規定

ドレスコード DressCode―服装規定・服装指定
ドレスコードとは、多くの人が集まるイベントやパーティーなどで主催者が、その場にふさわしい服装の種類を出席者の人に指定することである。
「フォーマル」「セミフォーマル」「スマートカジュアル」や「ホワイトタイ着用」などの言葉で服の種類を指定します。
(セミフォーマルとは会社員や公務員の通勤時や営業活動時、或いは学生の就職活動時に相手に好感を持って貰うための清潔感を重視した服装、男性は縦型ネクタイが必須)
(スマートカジュアルとはフォーマルほど改まらないが普段着ほどくだけないもの、都心部の市街地(ビジネス街、デパート街、等)に仕事以外で出かけるときの常識的な(露出が少ない)服装、着物で言う所の「街着」)
しかし、ドレスコードが無くても欧米系の高級ホテル・レストランは、格式やグレードを表す「星」が付いていますので、当然その場に合った服を着用する事が常識です。
尚、結婚式・披露宴等では新郎新婦と被らない事(成人女性は白を避ける、等)が求められます。

フォーマルでも厳密には以下のように分かれます。

  男性(MAN)女性(WOMAN)
正礼装モーニング・ホワイトタイアフタヌーンドレス?(ローブモンタント)
 テイルコート(燕尾服)・ホワイトタイイブニングドレス(ローブデコルテ)
準礼装ディレクターズスーツカクテルドレス+ボレロ
 タキシードカクテルドレス(丈が短いものもある)
略礼装 ダークスーツ・背広ワンピース・スーツ

日本でも乗船や船旅、ランチビュッフェなどに用いられるコードは以下のように分かれます。

男性(MAN)女性(WOMAN)
フォーマルタキシード・ダークスーツロングドレス・カクテルドレス
セミフォーマルスーツ・ジャケット(ネクタイ着用)ワンピース・ブラウス+スカート
スマートカジュアル襟付きシャツブラウス+パンツorスカート
※女性は、いずれもアクセサリーやバッグは、光沢のある物を使用すること。

子供の場合

12歳以下の子供も正礼装は原則として大人と同じになりますが、若干緩くなる傾向がある様です。
結婚式・披露宴に白のドレスが着用可能だったり、略礼装として学校制服が着用可能だったりする様です。
2017年02月11日(土) 07:03:46 Modified by ID:INxyWHOSaQ




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。