目次一覧
最近更新したページ
2012-09-23
2012-09-16
2012-05-20
2012-05-02
2010-09-24
2009-09-24
2009-09-22
2009-06-08
2009-04-02
最新コメント
Bookmarks by check it out
研修会 by stunning seo guys
子ども樹木博士 by check it out
FrontPage by check it out
生きもの部屋 by check it out
清流の間2008 by awesome things!
ブナの間 by awesome things!
お勧め図書 by stunning seo guys
Bookmarks by watch for this
Wiki内検索
タグ一覧
Counter
合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

バイアグラ・販売パチンコ痔ろう熟女・出会いセックスフレンド・出会い

清流の間2007

清流の間2009年 清流の間2008年

2007年11月25日(日) マイマイカブリとカタツムリ
山で朽木をどかしていると出てきました!カタツムリ! 
久しぶりにみたカタツムリに少し興奮したのもつかの間中身は不在。(写真)
この前マイマイカブリ(写真)が出た場所に近いので関係はすぐに読めた。
朽木の下にピタッとはまっている(写真)ということは、マイマイカブリはこれを木の下まで運ぶのだろうなあ。
(ゲンゴロウの森、モウソウ竹伐採中!!)




2007年11月23日(金) 周東町「丸太村里山文化祭」
ヤマンバさん御夫婦、金丸さん、ドングリさん、むーちゃん、ゲンゴロウがお手伝いに行ってきました。
絶好の里山日和!で大盛況でした。森林インストラクター山口会の担当は山に入っての「抜き切り樹種指導」「安全指導」「苔だま作り」「ネイチャーゲーム」「木の実のクラフト」でした。御参加の皆様、有難うございました。



ヽ会式 ▲丱鵐屐璽ーケストラの演奏(いい音出してます) H瓦切り作業(親子で頑張ってくれました) 100名近い参加者で山は大賑わい インストラクターの金丸さんはタダでは森から出てきません。ソヨゴを腰につけてました γ訖は手作りおにぎりと芋煮。とても美味しかったです。 ネイチャーゲームは「大地の窓」、子供達には葉っぱのふとん(読みきかせ付き!) ┐匹海某佑いるのかワカラナーイ しばらくすると小鳥が目の前に現れたそうです 気持良さそー。本日のベストショット! あちこちからイビキが聞こえてきました 木の実のクラフトも大盛況。 里山で拾った材料で作ります。大人も子どもも夢中です。 やまんばさんによる苔球つくり。 苔球は完成した時点がスタートです。しっかり育てましょう。
※「周東里山の会」のHPはこちらから→http://www.shuto-satoyama.com/index.html

このページの先頭へもどる


2007年11月5日(月) イモリはモリモリ?
里山で秘密基地を作るべく作業をしていたら朽木の下から何者かが出てきました。
最初はトカゲか何かと思ったが、赤いおなかはアカハライモリ。
ウィキペディアによると3〜5年ほど山で過ごす時期があるそうな。んー複雑な気持ち。
この時期は「井守」じゃなくて「森守」ですな。




2007年11月3日(土) おまけのクイズ(その3)
生き物はどこだ?シリーズ第3弾!今度の生き物も凄いカモフラージュを見せてくれました。
ここに逃込んでじっとしている姿は「僕の居場所が分かるかい?」と言っているようでした。
難易度★★★☆☆ (写真をクリック!)

おまけのクイズの答え おまけのクイズの答え(拡大)



2007年10月21日(日) 「徳地の森ファミリーデー」に参加してきました。
ファミリーデーの山口会ブースにスタッフとして参加してきました。
私は今年初めて参加しましたが、山口会としては今年で3回目の出展。
詳しくは報告のページへGO→「徳地の森ファミリーデー2007」

このページの先頭へもどる


2007年10月14日(日) やまんば農場イベント参加報告
今回のイベントのゲストは沖縄の昆虫博士スギモッチと、なにわホネホネ団団長のマキちゃん!
スギモッチは子供たちと農場を駆け回り片っ端から昆虫を同定、解説。「ヘビ!」の叫び声に超人的瞬間移動を見せ周囲を驚かせる!
マキちゃんは当日朝発見した事故遺体の狸を農場にて緊急解剖(解説付き)! 狸の骨格標本用資料としてホネホネ団の本拠地大阪にお持ち帰りになりました。
九州在住のホネホネ団団員で中学3年生のアユミちゃんはお父さんと緊急来場!普通の女の子が解剖に目覚めてからの苦労話は涙もの!
その他、いつもの根っこほり長さ比べコンテスト、最後の芋掘りと盛りだくさんのイベントでした。
農場史上まれにみる壮絶でタフなイベントを取り急ぎ報告です。(写真はボチボチ追加していきます)




おまけのクイズ (その2)
農場でみつけた生き物です。さてどこにいるでしょうか?
難易度★★★★☆ (写真をクリックしてください)

ヒント:今度の生き物は少し小さいぞ!
おまけのクイズの答え

このページの先頭へもどる


2007年10月2日(火) 誰の仕業だ?鎮守の森で見つけたよ
仕事の帰りシイの実を探そうと立ち寄ったある神社でボタボタと、無造作に、何気に落ちていました。
やまんばさん直伝の3択問題を娘に試したが、ヒントを口走ったらしく正解されてしまった。
でも、これって知らなかったら「んっ?まあ子供の仕業だろう・・・」くらいにしか思わないと思う。
おおっ!これは天の恵みじゃ、ファミリーデーの「ドングリクイズ」のネタによいではないか!
早速解剖してみましたので報告します。
   
   
 銑M遒舛討い燭里魯Ε薀献蹈シの枝。葉っぱとドングリもちゃんとついたままだ。
 高い木なので大人でも枝に手は届かないし、いったい誰が落としたのだろう???
い海離疋鵐哀蠅砲錬海弔侶蝓丙)があった。穴は塞がれたようにも見える
ゥ魯マを剥ぐってみると穴は1つ。どうやら左の二つは堅かったのか削孔途中であきらめたらしい。
成長中の柔らかいドングリ。
 「ドングリの謎」盛口満著(どうぶつ社)によるとハカマの下は特に柔らかくヤツもここを狙うらしい。
卵発見!(長さ約1弌薄黄色)
 孔の奥行きは3〜4弌口径2仄紂M颪粒笋蠅砲老蠅大きい。卵は奥ではなく中ほどにあった。
╂擇蠍。噛み切られたようだがそう見えない綺麗な断面。うむっ!ますます不思議だ。
 
 どうやら何者かがドングリに卵を産み付けて、その後枝ごと切り落としたようだ。
 いったいこれは誰の仕業か!? せっかく卵を産んだのにわざわざ切り落とすのは何のため?
 これはクイズにいいぞ!?


このページの先頭へもどる


2007年9月8日(土) 周東里山の会〜土橋作り〜
土橋つくりをお手伝いしてきました。山口会からはヤマンバさん御夫婦、さよちゃん、と私が参加。
昔はよく作られた?らしいが、最近では滅多にお目にかかることのできないレアな橋です。
会長によると土橋に関しては情報が極端に少なく、全国的にもとても珍しいのではないかとのこと。
想像以上の出来栄えに一同大満足でありました。
土橋作りの詳細は里山の会のHPで紹介の予定ですので、ここでは触りだけ。



※土橋の作り方を詳しく紹介しています。「周東里山の会」のHPはこちらから
        →http://www.shuto-satoyama.com/index.html

おまけのクイズ
土橋のそばでみつけた生き物です。さてどこにいるでしょうか?
難易度★★☆☆☆


クイズのこたえ
画像
ショウリョウバッタの♀と思われます。(画面中央やや右下辺りです。)
この色のバッタを見たのは初めて。吸い込まれそうな目をしていて、とてもカッコ良い。
一度目を離すとどこか分からなくなる彼女のカモフラージュは凄かったです。


このページの先頭へもどる


2007年8月19日(日) 森林セラピー


山口市主催の森林セラピーのお手伝いに行ってきました。
猛暑の中自然観察、ネイチャーゲーム、クラフトを無事終了。ただ、時間的に薬草の講義が出来なかったのが残念。
当日の模様は「徳地森林セラピーイベント」で見てください。



2007年7月16日(海の日) 光市の川で学んで遊ぼう子ども探検隊
台風が去ってひと安心の川の探検。面白くなってきたところで突然の雷、土砂降りとなってしまった。
子供達はもっと早く川に入らせてくれればと溜息まじり。Kビジョンの取材も中止になるし。
雨用プログラムでしのいだものの、やはり川遊びにはかなわないですよね。
だけどふり返りでは「また来たい」「川が楽しかった」「魚が捕れて楽しかった」って書いてくれていた。
来年は梅雨明けにやろうね。それから超!楽しい雨プロも用意しとくね。


このページの先頭へもどる


2007年7月15日(日) 森林セラピー下見、勉強会
8月19日の森林セラピーデーに向けて下見とクラフト勉強してきました。
細かな作業が苦手な私は「クラフトはパスです!」とはもちろん言えず頑張って創作してきました。
ところが、いつもほとんど使わない右脳が刺激されるのかやってみると以外に面白い。
限られた材料から自分なりの工夫を盛り込んでいくと止まらなくなってしまった。
薬草探検の下見は3コース全て踏破! AとBを下見して最後のCコースは「もうAコースでいいよね」の
空気だったがY田さんの笑顔で「行きましょう!」でみんな最後の力を振り絞った!
そのCコースは森の中の小道で小鳥がさえずり、なんと一番良い雰囲気。結果Cコースを採用と決定されました。



このページの先頭へもどる


2007年7月8日(日) F川こども倶楽部清流探検
小学校4年〜6年までの17名とサポート隊11名総勢28名で山口県東部の某川を探検。
このコースは昨年から試験的にツアー化してみる。後半にかけて難易度が徐々に上がって大変面白い。
マリオみたいなバラエティーに富んだセクションが次々と出現し飽きないのです。
子供達がそれらをクリアしながら技術的、精神的に成長していくのが分って楽しい。
まだまだ面白い場所はあるよ! 来年はキャンプとセットでみっちりやろうね!




2007年6月30日(土) リバートレッキング
子どもクラブ用プログラムの下見会を開催。毎日蒸し暑いので涼しさを少しお裾分けです。
川は前日の豪雨にも関わらず広葉樹林帯の水質浄化機能でコンディション良好。
この遊び、実は子供より童心にかえるメタボな中高年が楽しめちゃったりするのです。
最初は恐々だけど最後は「キャーキャー」、「ギャーギャー」、「もう終わり?」となります。
案内のし甲斐もあるというものです。森林の大切さを川で感じる今日この頃。今度ご案内しますね。


このページの先頭へもどる


2007年5月26日(土) カヌー教室指導者事前研修会
6月から始まるカヌー教室に向け、指導スタッフの勉強会を開催。
参加者への安全配慮と万が一のケースへの対処を確認/トレーニング。
雨上がりの川は少し茶色で冷たかったが、スタッフは熱かった!丸1日みっちり勉強しました。
去年までと違い森林インストラクターとしてどう川のことを伝えるかが今年の個人的テーマ。
僕が森林インストラクターを目指したきっかけである森の水源かん養機能は最低でも伝えたいなあ。



このページの先頭へもどる


2007年5月13日(日) やまんば農場イベントに参加
やまんば農場エゾノギシギシ退治に行ってきました。
春の吉和は爽やかな春風!暑くも寒くも無いギシギシ日和。
腐葉土置き場にはカブト虫の幼虫が一杯。皆で公平に分配しました(夏が楽しみ)
恒例のやまんば劇場は金丸さん作、演出の「日本の狼と生態系」。
初めてのテーマにしては結構ウケた。今回私は主役級の狼役!なんとか無難にこなした。
その後、クラフト、苔球作り、チェンソーアート体験、山菜採りと参加者が思いのままに散らばっての実施!





2007年5月3日(木) 飯ヶ岳研修会
森林インストラクター山口会の飯ヶ岳研修会に参加してきました。
詳しくは研修会報告のページで。

このページの先頭へもどる


2007年2月18日(日)
周南市で行われたビオトープシンポジウムに行ってきました。
ビオトープに関しては全く無知な私でしたので、興味深く拝聴させて頂きました。
一言にビオトープといってもいろんな切り口、階層があって受け取り方は様々ですね。
その中でも「目を育てる」には大変納得いたしました。
しかし、限られた時間では消化不良の感は否めず、別の機会でもっとお聞かせ下さい。
3月の総会を楽しみにしております。
2009年09月22日(火) 07:51:30 Modified by gengolo




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。