「正太郎、ねえキスしてみない?」
「え!?キ、キス!?」
正太郎が驚いてベッドからこっちを向いた。外からミンミンと蝉がうるさい。
「キスって僕と?」
「いや、嫌ならいいんだけど」
「……でも僕男だよ」
「わかってるよ、俺も男じゃん」
「おかしくない?」
「だって…」
正太郎は可愛いい。女の子みたいな顔をしてる。
だけど、正太郎にこんなことを言うのは初めてだった。言った後に、しまったと後悔した。暑さで頭がおかしくなったのか、やっぱりよせば良かった。
「いいよ」
「え?」
「りゅう君がしたいなら」
意外と言うか、何と言うか、嬉しいのだがちょっと戸惑ってしまった。
とりあえず俺は立ち上がって、正太郎の傍によった。さっきまで寝ていたところの畳が自分の汗で濡れている。
「なあ、ホントにいいの?」
正太郎の顔は間近で見ると、まるで女の子にしか見えない。
「……うん」
「じゃあ…」
俺はそういって正太郎の肩に手をかけた。一瞬、正太郎がビクっとなった。
「あ…」
「…ん……気にしないで、一回だけだからね」
もう一度正太郎の方に手をかける。汗でパジャマが少し濡れている。正太郎の温もりが伝わってきた。
「いくよ」
俺は思い切って、正太郎に顔を近づけた。
「あ、ん…」
正太郎が驚いて、声を洩らした。目を下に向けて、顔は真っ赤になっていた。
女の子のようなその仕草に、思わず見とれてしまった。
「早くしてよ」
催促する声が震えている。
「ねえ、やらないな」
俺は正太郎の声を遮って、自分の唇を正太郎のものに押し付けた。
「ん、んん〜」
さっきまで食べていたアイスの、それが混ざった甘い唾液を、俺と正太郎の口の中で交換し合った。
正太郎は目をつむっていた。その頭を抱え込んで、更に自分の口に正太郎を吸い寄せる。正太郎がまた声を洩らした。
「あ…ん…ん……」
くちゅくちゅと、エッチな音がする。正太郎の口の中が熱い。
左手で正太郎の頭を押さえ付けて、空いた右手で体を抱きしめた。いつもは病弱で冷たい正太郎の体が今までにないくらい熱くなっていた。
そのまま舌、上の歯、下の歯、隅々まで俺は正太郎の口の中を嘗め回した。正太郎も舌を絡めてきた。嬉しくなった。そうか、正太郎も気持ちいいんだ。
俺は正太郎をゆっくりと押し倒すと、静かに上に重なった。
そのときお腹に何かが当たるのに気づいた。
「ごめん、その僕…」
さっきよりももっと赤くなった顔をして、消え入るような声で正太郎が言った。
確かお父さん達が帰るのは6時だった。時計を確認するとまだ3時にもなってない。
「ねえ、もっと気持ちいいことしようよ」
「え…」
「いいだろ正太郎」
「だって何するの?」
俺は何も言わず、正太郎からズボンを剥ぎ取った。
「いたい!」
「ごめん少し擦れた?」
「もう何するの!ズボン返してよ!」
ポイと向こうにズボンを投げ捨てる。
「ああ、もう!」
正太郎が起き上がってズボンを拾いに行こうとするのを、無理やり押さえ付けた。
抵抗するけど、いつも体が弱くて寝てばかりだから、全然俺の力には勝てない。
「やめてよりゅう君!」
正太郎はまだキス以上のことを知らない。当然、この後俺が正太郎にしようとしていることなんて考えもしないことだろう。
まだ大きなままの正太郎のを優しく掴んだ。
「ねえ、もうやめよう……」
抵抗するのが無駄だとわかったのか、少しぐったりしている。
正太郎の上着も剥ぎ取ると、俺は正太郎の胸を舐めた。ケホケホと頭の上の方で正太郎が咳を洩らすのが聞こえた。
「僕だけ裸で恥ずかしいよ……」
「そっか、わかった」
俺はプチプチと自分のパジャマのボタンを取って、自分のパジャマを投げた。
待っている間どこに眼を向かわせたらいいのかわからないらしく、正太郎はベッドの横に掛けてある絵をじっと見ていた。本当に、正太郎は恥ずかしがり屋だと思った。
ガバッっと正太郎の上に乗り掛かって、頬と頬を合わせた。正太郎の顔はとても熱くなっていた。
自分のと正太郎のとが擦れ合った。俺は正太郎の頭の後ろに手を回して、もう一度正太郎の口を塞いだ。
だんだんとお腹に当たる正太郎のがぬるぬるしてきた。俺はお腹で正太郎のを擦ってやった。
「…あ、んんn……」
言葉になっていないような声が正太郎から出た。
「いたいっ」
「ああごめんな、早く動きすぎた」
ちょっと休もうとして正太郎の隣に体を寝かせた。
正太郎のすぐ横にある。はあはあと荒い息が俺の耳を当たった。
「……もうやめるの?」
こんなとこでやめないで、って聞こえる。なんだ、正太郎もやっぱり気持ちいいんだ。だから、ちょっといじわるしてみたくなった。
「もうやーめた。疲れたもん」
「え…そっか……」
「正太郎も嫌だったんだろ」
「うん、あ、いや…その……」
「だってキスだけって言ったじゃん、約束は守らなきゃな」
「え、でもそんな嫌じゃ…」
正太郎と反対の方を向いて寝ているけど、声から正太郎がオロオロ焦ってるのが目に浮かぶ。
俺は後ろ手に正太郎のを掴んだ。その拍子に、正太郎の皮が剥けて、中が出てきた。
「あ」
俺はぐるりと向きをかえ、正太郎の腰の辺りに顔を近づけた。そのまま下にあったタオルケットをかぶって、正太郎からは俺の頭は見えなくした。
爆発しそうなくらいに正太郎のソレが大きくなっていた。正太郎はタオルケットを取ろうとするが、ほとんど力が入ってなかった。
思い切って正太郎のものを咥えてみた。
「ちょっと口に入れたの!?そんな、汚いよ!!」
ジュクジュクと音を立てて、正太郎のものを吸い込む。小さくて根元まで入れても十分俺の口の中に入った。
「あ、ちょっと待って……」
先から苦いツユが出てきた。
「あぁ」
頭の上から正太郎の震えるような最後の声が聞こえた。口の中にたくさんの熱いツユが広がった。正太郎のものは俺の口の中でビクビクと小刻みに震えている。
「りゅう、起きなさい。もうすぐ正太郎君の家よ」
「ん、もう着くの?はや…」
「あんた寝てたからよ」
車の窓から外を見ると、周りは田んぼだらけで遠く向こうに山がいくつも連なって見える。まだ目がよく覚めていないから、景色がぼんやりと淀んで見える。車で寝ていたせいか、何だかすごく気分が悪い。
「お母さん俺なんか吐き気がする」
「山本さんの家に着いたらお茶もらってあげるから、それまで我慢しなさい。お薬は持ってきてるけど飲み物がないのよ」
うう、吐きそうだ。ただでさえ車に弱いのに、うっかり寝ちゃうなんて。遠くの景色でも眺めて紛らわせないと。
耳を澄ますと空のずっと上で、ヒューヒョロロロロとトンビが鳴いてる。窓の外は同じような景色の繰り返しだ。ずーっと田んぼ。
またあの夢を見てしまった。正太郎と過ごした去年の夏のこと、俺は正太郎とセックスした。
男同士なのにセックス。なんておかしなことなんだろう。普通に考えて気持ち悪いよな。
でも正太郎はまるで女の子だった。あの時俺はたぶん普通の人が、そう男の人と女の人とがセックスしてる時と同じ気持ちだったのかもしれない。
いやでも正太郎はやっぱり男の子なんだよなあ。俺と同じものが付いてるし。
こんなことばかり考えてる小学三年生なんて俺以外にいるのだろうか。
ていうか、ホントはセックス自体よくわかってないんだが。兄ちゃんからちょっと聞きかじっただけなんだ。
「さありゅう、着いたぞ。荷物下ろし手伝ってくれ」
「う、うんお父さん」
急に声を掛けられて戸惑ってしまった。
「おまえ久しぶりだよなー、正太郎君ち」
「そうだね、去年の夏以来だよ」
「俺はあれからも正一に会いにちょくちょく来てたからな」
正一は正太郎の兄ちゃんのことだ。
「いいよなー兄ちゃんは、一人で何でも出来て。俺も電車くらい乗れるんだけどな」
「いろいろ乗り継がなきゃいけないからお前には無理だよ」
「じゃあ兄ちゃん、俺も一緒に連れてってくれたらよかったじゃん!」
「お前はうぜーから却下」
「なんだよ…もうっ……」
「おい、お父さんが呼んでるぞ」
玄関でお父さんが正太郎のお母さんと挨拶している。
「おいりゅう、お前も挨拶しないか」
「まありゅうちゃん久しぶり」
「久しぶりです、正太郎君いますか?」
「あっ、正太郎はね、今友達と山に遊びに行ってるのよ」
「えっ!山に!?」
「そうよ、このすぐ近くだから、りゅうちゃん急いで行ってきたらどうだい」
「はい、どういったらいいんですか?」
「コラりゅう、お前自分の荷物まだ運び終わってないだろ!」
「この道を真っ直ぐ行ったら、大きな杉が見えるからそこから山に入って。ちょっと登ればいるはずよ」
「吉江さん!ダメだぞりゅう、自分の荷物を入れてからだ」
「いいじゃないですか、子供は遊ぶのが仕事ですよ。私がりゅう君の分を運んどいてあげる」
「いいですよ吉江さん、自分で運ばせますから、あコラりゅう、待てお前」
「いってきまーす」
「夕方には帰ってくるのよ」
「りゅーう!待てぇ!」
父さんの声がだんだん遠ざかっていく。もう聞こえなくなった。
それにしても、あの正太郎が山で遊んでる!?想像つかないな。
病弱で絶対外に出たがらなかった正太郎が山で遊んでる?しかも友達と?去年は俺以外に友達なんていなかったはずだ。
何だろうこの気持ちは、何だか無性にイライラする。今日は正太郎と一緒に夜までゲームするつもりだったのに。しかもこんな田舎じゃまだ発売されてない最新のゲームを、わざわざ買ってきたのに。
正太郎のことを思うと自然と足がはやった。土臭い風が鼻に入ってくる。走り去った後ろの方で、チョロチョロと水が流れる音がする。木と木が時折吹く風でゆっくりとひしめき合っている。周りの景色はこんなにゆっくりとしているのに、俺だけこんなにせわしない。
大きな杉が見えた。急いで山を駆け上った。
「りゅう君!」
突然びっくりするほど大きな声が俺の名前を呼んだ。
「正太郎……?」
「そうだよ、久しぶりだねりゅう君」
これがあの正太郎?いつも漫画ばっかり読んでた弱っちい正太郎?外に出ないからパジャマばかり着てたあの正太郎?お化けみたいに白い肌だった正太郎?
一年でこれだけ変わるのだろうか、あのすぐにも折れそうな細々とした腕の正太郎はもういなくなっていた。健康的に小麦に焼けた肌と、細身にカッコよく付いた筋肉。少なくとも俺よりはずっと男っぽい体をしている。背も少しだけ俺より高いみたいだ。
「どうしたの?」
「いや何でもないよ」
「おうお前、都会っ子だな」
「着てる服でわかるよ」
「紹介するね、友達のケンタとトラ」
「ケンタだ、よろしくな」
「トラだよ」
「ああよろしく」
何だこいつら、馴れ馴れしいな。
「ねえりゅう君…」
「ん?どした正太郎」
「去年さ…」
「あ、ああそれは後で話そ」
「う、うん…」
その時俺は気付いた。見た目は変わっても中身は正太郎のままだって事を。去年のあの事を言い出そうとしたときの、赤く照れた顔は女の子のそれだった。そうだよく見ると顔は全然変わっていない。
「おいおい隠し事かよ」
「いやケンタ、そんなんじゃないよ」
するとトラが意味深なことを言った。
「お前には関係ないことだよ、ケンタ」
「何だよみんなで隠し事かよ、あーあ」
俺と正太郎は黙っていた。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です