「あ……兄貴、何するんだよ……」



 それは冬の終わりのことだ。
 まだ俺が高校生で、大学受験を控えて腐っていた頃、俺は一つの罪を犯した……。
 まだ当時小学生だった弟は生意気盛りで、
 受験に神経質になっている俺は小馬鹿にされる、
 そんな日々がすぎていた。

「またD判定なんだって〜? 兄貴そんなんじゃ大学落ちるんじゃねーの?」

 模試の結果を持って笑う弟は、俺をからかうことに喜びを感じているようだった。
 成績優秀なあいつにしてみれば、受験だ何だと苛立っている俺が可笑しくて仕方ないのだろう。
 けれど、俺にしてみれば、そんな弟の嘲り一つも今は酷い苛立ちに変わっていった。

「……うるせーよ」
「はーあ。俺の方が兄貴よりなーんでもできるのになー。
 兄貴は私立の大学行くんだろ?そのせいで俺は中学公立なんだぜ?」
「……」

 俺のことを害虫か何かとしか思っていない弟。
 そんな奴に一泡吹かせてやりたい。
 受験のストレスも積もっていた俺は、自然とそう考えるようになっていた。

「おい、お前、いい加減にしろよ」

 胸ぐらを掴みあげると、一瞬あいつの目が驚きに見張られた。
 けれどもそれはほんの一瞬の迷いであったかのように、
 すぐいつもの生意気な光がその目に戻る。

「な……なんだよ。兄貴の癖に、粋がってんじゃねーよ」

 この生意気な光を恐怖に染められたら、どんなに気持ちがいいのだろう。
 この強気な口に、許しを請われたら、どんなに気持ちがいいのだろう。
 そう思うと、もう、止める事なんてできなかった。
 俺は、胸ぐらを掴んでいた手を離し、弟をにらみつけた。
 弟は俺なんか怖くないとでも言うように、その目でにらみ返してくる。

 もう、どうとでもなれ。
 俺は弟の体を部屋に引きずり込んで、ドアに鍵を掛けた。

「何のつもりだよ」

 弟も、普段と違う俺の様子に気づいたのか、その声にいつもの力は無い。
 少し怯えるように俺から距離を取って、こちらを睨んでいる。
 殴られるとでも思っているのだろう、
 その小さな体が強ばっているのが分かった。

 殴るなんて、そんな簡単に済ませるもんか。
 暴力で屈させようとしたところで、ずる賢いこいつは、母親にでもいいつけるだろう。
 それならば、こいつが絶対誰にも言えないような方法で、懲らしめてやるだけだ。
「何だよ、怖いのか? 兄貴如きが、怖いのかよ?」
「そっ、そんなことない!」

 そう挑発すれば、弟はカッとしたのか、すぐさまそう返してきた。
 尊敬できない兄に怯えている自分が許せないのだろう、その耳が赤く染まっていた。

「へぇ……怖くないんだ?」

 弟との距離を詰めていく。
 一歩一歩、そのたびに、弟の表情に含まれる怯えが強くなるのが分かった。

 目の前まで来たとき、弟はそのつんとした唇を僅かにふるわせ、俺を見上げていた。
 じっとこちらを見つめるその様は、行き場を無くした獲物のようで、俺の加虐心をそそる。

 軽くその細い肩を叩くと、弟はいとも簡単に後ろへ倒れ込んだ。
 そこには俺のベッドがある。
 くしゃくしゃにまるまった布団の上へ倒れ込んだ弟は、怯える小動物の目をしていた……。
「兄貴……」

 弟の口からこぼれた言葉は、珍しく弱々しく、よけいに俺の感情を高ぶらせる。
 まだ発育途上の弟は、ほっそりとした体をベッドに投げ出して、じっと俺の動向を探っている。
 まるで期待しているようにも見えるその無防備さに、俺は思わず唾を飲んだ。

 肩に手を掛け体重を載せると、その重さと痛みに弟の表情が歪む。
 痛いよ……とか細い声が聞こえた気がしたが、俺はそれが聞こえなかったふりをして、もう片方の肩もベッドに押しつけた。
 完全にベッドに縫いつけられた弟は、驚きの眼差しで俺を見ている。
 無駄に生意気で知識の豊富なこいつは、俺のやろうとしていることに気づいているのかも知れなかった。
 けれど、それが現実と結びつかずに脳内でオーバーヒートを起こしているのだろう。
 それならば好都合だと、俺は弟の足の間に自分の足を割り込ませ、そこを無理矢理に開いてやった。

「……! な、やめろよ兄貴!」

 自分の取らされた体制に、弟は声を荒げた。
 無理矢理に開脚された両足は、閉じようとして力を込めてくるが、
 さすがに小学生に力負けする俺でもない。
 逆に、開ける限界まで、その足を開いてやった。

「どうしたんだよ。兄貴如きに勝てないのか?」

 そう言ってやると、弟は悔しそうにその顔を歪めた。
俺の前で足を開いてる知也は、いつもよりもずっと小さく見えた。
こうしてしまえば、ただの小学生だ。力で俺に勝てるはずがない。

悔しげなその顔をもっと歪めてやりたい。
そんな衝動に駆られて、俺は知也の股間に膝を押しつけた。

「ぁっ……」

その瞬間、小さな声が漏れたのを俺は危機のがさなかった。
ぐりぐりと押しつける度、ひく、と体が反応している。

まさか、小学生のくせにココ弄られて感じてるのかよ?
顔を見ると、真っ赤に火照った表情で、潤んだ瞳がこちらを見つめていた。
ああ、本当に感じてやがる。
声を出すまいとして噛み締めた唇が、妙にやらしい。

「ゃ……やめろよ、兄貴っ……やだぁっ……」

普段は絶対に聞かない知也の甘ったるい声。
舌っ足らずなその声に、俺の股間も刺激される。

弟だぞ。
そう言い聞かせたって、今更止まるはずがなかった。
俺はこいつをこらしめてやるんだ。
そう思った途端、俺は知也の細い体に覆い被さっていた。
「あ……兄貴っ!!」

途惑いと拒絶の入り乱れた声は、俺の凶暴性をかき乱すだけだ。
そんな声をだしているくせに、知也の性器は立ち上がっている。
布越しに触れるそれが幼いながらに男としての欲望を持っているのが、俺にはよく分かった。

「黙れよ。暴れたらマジで犯すぞ」

低めに発した声に怯えたのか、知也が喉を詰まらせる。
それでもただ怯えるのではなく、負けるものかと形だけは俺に抵抗するように視線を向けて来た。

そんなことしたって無駄なんだよ。
俺の手は、当たり前のように知也の股間をまさぐる。
布越しの性器の感触は、悪くなかった。

「あ……やだっ! やめろよ兄貴っ!」

自分で触るようなことも殆ど無いのか、知也はその顔を真っ赤に染めていた。
いや、自分で触ることを覚え始めたが故の羞恥なのかも知れない。
俺の手で揉まれている性器は、徐々にその感触を確かなものにしてきている。

「何が嫌なんだよ。本当は気持ちいいんだろ?」
「や……ぁあっ……」

ぎゅっと性器を握りしめれば、何とも切ない喘ぎが落ちる。
女を抱くのとは違う、同じ男を組み敷いているこの征服感。
その対象が今はずっと俺をバカにし続けてきた実の弟だ。
これに興奮せず、何に興奮しろというのだろうか。
知也のソレを揉んでいる内に、自然と俺のものも興奮に起ち上がり始めていた。

「それとも、ココだけじゃ満足できないってことか? なぁ、コッチもして欲しいのか?」

そう言いながら、俺は知也のセーターをまくり上げた。
首まで押しやられた黒いセーターの下には、ほんのりとピンク色をした小さな粒がツンと立っている。
こんなに小さなものだったかと想いながら、俺はそこに舌を這わす。
もちろん、快感を与えるためではない。
できるだけ唾液を絡ませ、執拗に舌で嬲れば、知也はしゃくり上げて泣き始めた。

「ゃだぁ……お願い、兄貴ぃ……もぅ、やぁぁ……」

あの生意気な知也が泣いて俺に許しを請うている。
その事実が俺を高ぶらせていく。

そんなこと言ったからって、途中で止めるかよ。
心の中、悪魔が嗤った。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です