車に乗せられて一時間半。ここはどこだろうか。川崎あたりのような気もするし、東京のような気もする。
薄汚れたマンションの階段を見知らぬ男と一緒に上る。
男はどれも同じ顔をした扉の一つの鍵をあけると、目で合図をして僕を中に入れる。
別に五万円のこずかいが欲しかったわけじゃない。
ただ、見知らぬものへの不安とわくわくがレッドカーペットになって僕を車に乗せたのだった。

薄暗い室内は油のすえたにおいがこもり、僕の鼻と頭を麻痺させていくようだ。
玄関からは右手に浴室、奥にやや大きなビデオカメラが一機おかれた部屋。投げやりに据え付けられたベッドには何年も使い古されたシーツがかけられてある。
先に入った男はカメラを僕にむける。
透明なレンズが玄関灯の鈍いだいだい色の光を反射している。
「お名前は?」
まるで正月に会う親戚のように優しい声。
黒ぶちのメガネの奥で、カメラの液晶を見る目が光る。
「タケシです」
どこにでもいそうな小学生の僕にはおあつらえむきの特徴のない名前だ。
「かわいい名前だね」
そんなわけはない。
「タケシくんはオナニーとかするの?」
あまりにストレートな質問は、むしろ僕の気を楽にさせた。
「はい。」
「今何才?」
「11才、小5。」
問診のような事務的なトーンの会話。
「普段どうやってやるの?手でやってみてよ。」
恥ずかしさなんてものは拾われた御徒町駅前に置いてきた。
股間の前で手を前後にふる。
機会音がして、カメラがズームする。手をアップに撮す。
ひとんちの玄関先でこんなこと、別に悪くはない。
そんなやりとりをしている時、奥の部屋から声が投げられてきた。
「はやくしてよー。」
声変わりが終わりかけの中学生ぐらいだろうか。
退屈したというような言い方だ。
「ゆうくん、もうちょっと待っててよ。」
男がそう言ったにもかかわらず、奥からそのゆうくんが歩いてきた。
「へぇー」
切れ長の目が僕の体を上から下までなめ回す。
少し色素の薄い髪に、筋の通った鼻、形のいい唇。
何もつけていないスリムな上半身に、ジーンズはベルトなし。
ズームする音。
カメラじゃなく、僕の目。
お兄さん、かっこいいです。
「山内さん、俺の好みわかってんじゃん。」
ゆうくんはカメラを越えて歩いてくる。
「はじめまして、名前はゆうき、よろしくね」
にっこりと笑う顔は、そのままテレビに出てもおかしくない。
「じゃ、後でね。」
僕はまた一人でカメラの前。
「じゃ、脱いでみようか。」
パーカー、シャツ、僕の白い肌が現れる。
ベルトを外し、下も一気に下ろす。
「タケシくん、結構大きいね」
「ほんとだ」
人にそんなことを言われるのは初めてだ。
「じゃ、ちょっとこすってみて」
男はカメラを三脚からはずして、それごと近寄ってくる。
それをそういう風に撮られて、手の中で大きさを増してゆく。
それをこする時にはいわゆる「おかず」が必要だ。
ここは一昔前のマンションの玄関。
言うまでもなく殺風景。
それとは裏腹に張りつめる僕のちんこ。
カメラに撮られている興奮、奥の部屋から聞こえるエロビのあえぎ声。
いや、違う。
「あっ・・・」
ゆうくんが触ってくれている、という妄想に声が出た。
「出そう?」
無言で首を縦に振る。
「じゃストップ。」
舞台は風呂場に移された。
洗面器で体に湯をかける。
柔らかなお湯が肩から肌を滑ってゆく。
形のない物。
なのに、寸止めされたそこは、お湯が当たる度にジンジンと疼く。
石鹸が体を撫でる。
上がるとき、体をふいたタオル。
ユウキとかかれていた。
脱衣所には撮影用の服が置かれていた。
上のは、まあサイズが少し小さいぐらいでふつうのTシャツ。
下を見たときに、少し固まった。
オトコノヨクボウとやらの深さを思い知らされた。
用意されていたジーンズはいわゆる半ズボンというよりも、ギリギリまで短く破かれている。
パンツは、大事なトコロを隠す以外は全部ひもで、貴重な布も完全にスケスケ。
はいてみたら、半立ちのそれが伸縮性豊かな布を自由に圧している。
ピチピチのズボンは、お尻の肉を締め付けて、まるでお餅みたいにさせる。
「似合ってるよ、タケシくん。俺の昔の衣装。」
キツイズボンが更にきつくなった。
ベッドに呼ばれる、いよいよ本番らしい。
ベッドには僕の着てきたパーカーをかけたゆうくんが横たわっている。
「タケシくんもゆうくんの触ってよ。」
手を伸ばす。
確かめるようにゆっくりと撫でる。
春の太陽のように暖かい。
「どう?」
「すごく・・・大きいです・・・」
ゆうくんのそれは確かに大きい。
「ゆうくん、キスしてみて」
「ねえ、俺に任せてみない?」
男はすこし考えたようだが、すぐにうなずいた。
「そのほうがいいかもな。」
ゆうくんは僕の体をひっくり返して自分の上に乗せた。
股が太股に押し付けられて、感じる。
「タケシくん」
耳元で囁かれる。
ゆうくんの声は甘く響く。
「なに?」
「サイコーだよ」
「なにが?」
「可愛くて、エロい。完璧俺のタイプ。押しつけてる、ちんこ。いやらしいね。」
「じゃ、二人とも脱いでみようか。」
に始まって、どんどん服を脱いでいく。
下着姿は二人とも気に入ったみたいで、目から鱗で皿を釘付けにしていた。
「タケシかわいいよタケシ。」
ファーストキスを奪われたなんて言っている場合ではない。
ゆうくんの口と舌は薄い布の上から僕のを弄ぶ。
玉の根本をなめられると、腰が浮いたみたいな感覚になる。
そして吸い付きながらちんこを口がゆっくりと上っていく。
ねちねちと淫猥な音がして、先端までくると僕はあまりの気持ち良さに声を出してしまう。
試写会。
何回も出してぐったりと疲れた僕は、ハンサムな恋人に抱かれて自分の声を聞いている。
デジタル画像はムカつくほどきれいだった。
「あ、一目ぼれ?」
テレビの中の僕。目の色が変わる。
「うん。ゆうきさん・・・」
「ゆうくんでいいよ。」
ゆうくんの胸に顔を埋める。
水の音が聞こえる。
「タケシセクシー。」
「もう。」
顎をつかまれる。口が塞がれる。
精液のにおいがたちのぼる。
おなかいっぱいでも別腹。
「またしたくなってきた。」
「ゆうくんエロい。」
「タケシだってたってるくせに。」
「もうフィルムないよ」
この男はさっきトイレに入って行った。
抜いてきたんだぜ、とゆうくん。
「じゃ、オフレコで。」
「もったいない。君たちは何年に一組だよ。」
「あー、我慢できん。」
テレビからため息が漏れる。
あの下着は自分でもセクシーだとおもう。
苦しそうなゆうくんのそれを頬張る。
口いっぱいに広がるなまめかしい味と香り。
柔らかなちぢれ毛が鼻をくすぐる。
先っぽを喉ちんこにあてると、ゆうくんはたまらなく切ない声を出す。
根本までたっぷり濡らすと、僕も我慢できずにゆうくんにまたがる。
片手では足りないぐらい出したとは思えないぐらい元気なゆうくんは、僕のまだ細い腰をしっかりと固定して僕の中を上下に動く。
入り口はかなりひりひりするけど、核心をつかれると興奮が加速する。
「あっ」
細かく突くような自分の声を聞く。
体と心が別々になったみたいだ。
親は心配してる?
どうでもいい。
固定された腰がひとりでに動く。
中にしっかりとその形をとらえる。
ん・・・あ・・・
ベッドが大きなプリンの固まりになって、ゆうくんと二人甘い甘いその中に沈み込んでゆく。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です