主にマンガの感想とかです。本家 blog などからの転載と追記が多いです。(一度読んでも読み直したりしているので)

最近、水上 悟志さんが書いている惑星のさみだれが面白いと言っている人を見て、ちょっと読んでみたいと思いつつも現在進行形のマンガに手を出すのは怖いなぁと思って、一巻完結しているものを試しに読んでみようと思って手を出してみました。



レビュー通り、超能力を持った男の子柊光一と宇宙からきた女の子桜木梅子による boy meets girl もので設定自体は良くありそうな感じなんだけど、物語に出てくる登場人物を主要人物3人にできる限り絞り、冒頭で大まかな説明をおえてほどよく話が転がして各人物の背景やキャラクタを楽しむことができる一冊でした。

読み切り(短期連載)を念頭に置いたよく練られた構成だったと思います。

短い話なのに気がつけば感情移入して、「その後二人はどうなったんだろう」と思う読後感がたまらなく良かったです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます