なんか怪獣イラスト/怪獣の話などのてきとうwiki

ハウエル/てきとう怪獣

製作途中。
これは10年以上前に8ミリで製作しようとした
侵略怪獣。同じ仲間にリフレックスがある。
どちらもディメージンという宇宙怪人がカプセル隕石で
地球に送り込んだ怪獣。
8ミリではけっきょく作らなかったので、今回CGで再挑戦。
以下はその記録、ということになる。

ちなみに製作中の画像をPeeVee.TVという動画サイトに
載せてあるので、興味のある方はどうぞ。

ハウエル製作中2 06.10.10ごろ
 
どうもラッピングで貼付けたテクスチャが追従しないという、摩訶不思議な
不具合が発生する。初歩的なところでつまづいた。

ハウエル製作中3 10.12
 
これはディメージンのショット。
まだコクピットを作り込んでいないテスト映像だけど。

 
10.14これが作り込んだ完成コクピット。
あまり変わっていないようだが、めんどくさいのでこれでよし。

ちなみにレバーを動かす手だが、
まあ動画を見た人なら『お、すごいすごい』と思うかもしれないが、
実は違う。
まず製作手順だけど、レバーを回転パートに入れて動くようにする。
ここまでは普通の手順だ。それに腕を添える。これもまあ普通か。
しかし問題はここから。なんと腕には固有の可動ジョイントを組み込んでいない。
良心的なCG作家なら『え?』と思うだろう。
今回、ディメージンの腕はレバーの回転ジョイントに連動させてしまった。
つまりどういう事か。
前後に操作している腕は、レバーに合わせて動き、肩からひじにかけては
任意の連動率で伸び縮みしているだけだったりする。
まさにてきとう怪獣の極意がここにあると自負している。

 
10.15怪獣と宇宙人と宇宙船を作ったが、なんかそれだけではムービーとして
やや物足りなくなると気づいたので、町のふかん図を撮影。
航空写真を使って作ったが、その出所は差し障りがあるので言わない。
少々立体感を出すために写っている建物の10分の1くらいは軽く膨らましてある。
後はiMovieで雲っぽい感じを出して完成。
 
同じく物足りないのを補完する宇宙船のモニタ画面。
地形はVueで作ったけど、まあ相変わらず分かりにくいし、よくオチるし、重い。
でもなんとかクレーターっぽい画面を完成し、こんどはShadeとQuickTimeで
幾つか工夫しながら画面を作っていく。画面左上の数字はテレビキャプチャソフト
PixeStationTVのカウント画面を無断使用。
画面キャプチャにはSnapz Pro Xというソフトを使っている。
ちなみにこのソフト、自作DVD等をリッピングしなくても、画面キャプチャで
ダビングが可能な有能ソフトで、まあコピーしたりする時、実時間プラス
同じくらいの時間がかかるのが欠点か。自作DVDダビング以外にも便利な用途が
あるのだけれど、これまた法的にヤバいのでここでは言わない。
 
ハウエルを操るディメージンの宇宙船。
ちょっとホリゾントが切れて向こう側が見えてしまった部分がある。
見るからにバカバカしいデザインであると思うだろうが、これでも
ディメージンの宇宙船であること、ハウエルを無線操縦する船であることが
分かるように、デザインと色には気を遣ったつもり。

レンダリングには本来渾身の力を込めてパストレーシングを使うべきだろう。
でも時間と手間がかかるため、サイズを320-240という小さめにした上に
宇宙船部分と林部分を別にアニメーションレンダリングした。
ピントをぼかすことが出来るパストレーシングは、手前の林だけだ。
これはいわば常套手段となっている。
まあ本物の映画だって、所によっては16ミリで撮影するので、(昔は)
このくらいのてきとう手段はオッケーだろう。

とまあ今のところはこんなところ。
もっと作れそうなものだが、昨日は『ウルトラマンマックス』のレンタルDVD見ていたもので。
いやまあ見るだけなら100分で済む問題なのだけど、色々あって時間をくった。
具体的になにがどうなのかはここでは言わないが。

10.16
今日は警察戦車を作っていた。
 
10.17
警察戦車の発砲シーンを作るわけだけど、どうもはかどらない。
基本的な部分はShadeで作るが、後はQuickTimeでイメージシーケンスに書き出し、
PhotoshopElementsで必要なところだけフォトレタッチする。
画像で見れば出来ているようだけど、じっさいに動かすともったりしている。
少し削って解決する事にしたけど、本当に一瞬のシーンとなった。
けっこう苦労したのに。
 
10.18
なにが作りたかったかというと、まず最初に
ビルの向こうに顔を出すハウエルを描きたかった。
というわけで、そのシーンを手掛けているけど、手間がかかる。
これはとりあえず出来た分のビル街。
 
まあ警察戦車が神奈川県警であるわけで、舞台は神奈川県。ヨコハマである。
日本一の大都市と横浜市民が言うこの街の立て看板などのディティールを描き、
そこに怪獣を入れると言うのが当初の予定だった。
だからこの画像はまだ未完成で、後少し看板やら電線やら増やしたい。

いづれこの作品が完成したらビデオをPeeVee.TVに投稿する予定。
その時点で明らかになると思うが、この作品では1カットに1セット作っている。
アニメーションモデルを作るのが面倒な場合、1カットに書類ひとつ分のShade
シーケンスを作った方が簡単だからだ。
しかしアニメモデルを作るのは簡単だが、てきとうセットをいちいち組むのも
けっこう面倒だったかも。
そして、現在作っている看板だらけのこのセットは、わずか2、3秒しか
出演しないことになるが、なんだかもったいない話でもある。

10.19
今日は1秒足らずのショットしか撮っていない。
たまには休まないと身が持たない、というより録りためたビデオも見る暇ない。
今日は、思いつきで砲撃シーンをもうひとつ撮った。
最近の劇映画とか見ていると、大砲発射は2回別アングルで撮る事が多い。
まさか映画学校でそのように教えるわけではないだろうが、申し合わせたように
そのようになっている。そして、とても効果的だ。
おそらくは皆さんハリウッド映画とか見て研究しているのだろう。
これを真似てみたわけ。
 

忙しいと言いつつもうひとカット作った。
これが本命だったカット、『ハウエル現る』だけど、
ひとつのカットだけ突出していてもしかたないので、そこそこに。
 
Shadeのブラーは、いまひとつデキが悪い。
デフォルトの状態でいい感じでなければならないし、ブラーの考え方が
間違っている気がする。えい光弾みたいに動きが曳いているカンジではない。
CG作者が普通に求めるブラーは、前のコマとの差分以上にブレる必要などない、
と思うのだが・・・。

10.20
前日撮ったシーンは、よく考えるとこの後のシーンと合わない。
写っている建物は自作Shadeアーカイブスのてきとう建築を使用したため、
ちょっと作り込んだ前日の建築と並べると違和感を感じる。
そこで、作りなおす事にした。前日作った建物をコピーペースとして並べ、
ちょっとはカメラアングルも変えて撮り始めたら、コレがレンダリングに
えらく時間がかかる。午後8時に始めて、12時になろうとする今も終わらない。
たった4秒のシーンなのに・・・。
レンダリングには一番早いスキャンラインで、ポリゴン分割には5段階の下から2番目である
『荒い』を選び、しかも思い切ってサイズを320-240にしたのにこれだ。
最近話題になっているゲーム機はHDサイズのハイレゾがウリだが、仮にゲームの
画面が今手掛けているレンダリングの16倍だとすると、その高性能には舌を巻く。
ゲームのポリゴン画面といっしょには出来ないが、例えばシューティングゲームなどで
画面の描画に4時間かかったら、誰だって怒るだろう。
CGのレンダリングももう少し早くならないものか・・・。

PS:よく使う手にレンダリングを2回に分けるという手段がある。
セットを背景用前景用に分けて、それぞれ撮るわけだけど、背景用はサイズを小さくして
後でリサイズ、もしくはレンダリングのレベルを落とすなどして負担を軽くする。
林の中から宇宙船が上昇してくるシーンなどは逆に前景の林を上位の
パストレーシングを使ってボカし気味に撮っている。
 
しかしさっきのアニメーションレンダリングに4時間以上という状況の場合、
すでにレンダリングレベルを落とし、サイズも小さめなので
この手段は意味がない。
後日になってシャドウキャッチャーという機能も知ったが、背景の時点で
手間を削減できない以上この機能も役にはたたないわけ。

しかしまあ、前に書いた新しく作った建築が「もったいない」と言う話は、
ここで再利用したために無駄にならずに済んだ。
まだまだ足下のあたりが寂しい気もするが、それも後日より作り込もうと
考えている。

今更ながら、ハウエルに全身ジョイントを組み込んだ完成モデルが出来る。
それまでは体の一部の動きだけでやっていた。
今回それと同時に、むちゃくちゃ基本的な図形だけを持った、おなじジョイントの
モデルを動きを付ける時に使おうと思って作成。
 
名付けてハウエルロボ。
相当に軽いので、アニメーション付けはかなりはかどる、と思う。

10.22
いくつかおまけデータを素材に使ったが、今日はコンテンツパラダイスで
0円だった救急車をそのまんま使った。
 
いちおう無料Poser5で読み込んでから保存、それをShade側のポーザーフュージョンとか
いう機能を使ってShadeに読み込むわけだけど、この時点ではまだ形状だけだった。
そう言えばテクスチャもついていたなと思い出して、フォルダからそれっぽいのを選び、
貼付けるがこの時、最近すごく気になっているワード『UV』を思い出す。
UVを使うとなんか便利らしい。そこで救急車ボディに貼付けた画像にUV適用する。
結果はご覧の通り。全く、見事なまでに赤十字マークなどが張り付いている。
なんかよく分からないけど、UVってスゲー。
ちなみにボカしてレンダリングすると時間がかかるので、救急車は一枚だけ撮って、
動かしたハウエルの手前にPhotoshopElementsで手動で合成している。
合計確か60枚くらいだったか・・・。

これらのシーンを撮って、ラッシュフィルムが出来たので
いったんこの作品は一休みしようと思う。
このページもいっぱいなので'次のページにつづく。
次にページ作るとしたらハウエル2というタイトルになるだろう。

完成した分の映像はとりあえずPeeVee.TVにアップしてある。
突然だが、タイトルの画像を作っている時にハウエルを『ゴーヤ怪獣』と
書いてしまった。これからはゴーヤ怪獣ハウエルと呼ばなくてはならない。
全くの思いつきなんだけど。

動画のタイトルは『ハウエル製作中ラッシュ1』としてある。無音。
タグ

このページへのコメント

1XIfF8 Hey, thanks for the post.Really thank you! Keep writing.

0
Posted by stunning seo guys 2014年01月20日(月) 13:26:41 返信

9MlfvE Thanks for sharing, this is a fantastic blog.Thanks Again. Fantastic.

0
Posted by watch for this 2013年12月21日(土) 10:44:31 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

てきとう情報など

てきとうリンク


ウヅラヤ商店
なんか管理人のホームページ。
てきとう怪獣
なんか本来こっちがメインだった、てきとう怪獣のブログ。


 
↑Poser5で作ったてきとうアバター。
余り似てないかも。

てきとう広告

なんかアフィリエイトは
やめました。
重いしめんどうなので。
以下、単なる広告。


夢ひよこ


Shade10


Vue6


SketchBook Pro2

てきとうリンク

pixiv小説
超獣合体ブレストリオン
のシリーズ

準備中

てきとう検索