葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

葉鍵政界の政治家
人名西園 美魚
出身リトルバスターズ!
所属杏さん党
政治的思想・立場同人主義

 西園 美魚(にしぞの みお)は杏さん党の政治家。同党鍵地区代表中央委員。

経歴

 学生時代に「貧乳階級の解放」を掲げる(旧)葉鍵共産党の存在を知り、その学生青年組織である民主青少年少女平等連盟*1に加入する。
 
 卒業後は小さな出版社に務めながら活動を続けていたが、CLANNAD県藤林杏らが腐女子政党としての(前期)杏さん党を結成したため、次第にそちらに傾倒してゆくようになった。が、葉鍵共産党や柏木千鶴とのパイプも引き続き温存していた。

 杏さん党分裂事件杏さん党から一ノ瀬ことみ*2古河渚*3が離脱し党が弱体化した際、長谷部彩の提唱で、他県での勢力拡大、さらには政策の近い政党との合流による党勢拡大が提唱され、リトルバスターズ!県に籍を置き且つ葉鍵共産党ともパイプを持つ美魚に白羽の矢が立った。
 美魚は正式入党し、葉鍵共産党との合流作業を担うこととなった。当時事実上の非合法化措置が執られていた葉鍵共産党もまた合流可能な合法政党を探っており、杏さん党と葉鍵共産党の合流交渉は水面下で行われたにもかかわらず実にスムーズに進んだ。*4
 さらに美魚は、こみパで鉄道系サークルとして参加していた遠野美凪と親交を結び勧誘に成功するなどの実績を残し、党内での地位を固めた。

 その後、中央政界が混迷に向かう中発生したジャム送りつけ事件により藤林杏は精神的な後遺症を患い、政治活動を一時停止する。これにより牧村南が代表代行となり、実質的に党運営を主導、美魚は鍵地区代表となり、後に中央委員にも抜擢された。
 藤林杏が当面政治活動が不可能な状況にあったため、美魚が実質的な腐女子代表として活動していた。

 一方、当時のリトルバスターズ!県では棗恭介が提唱・設立したリトバス県超野党連合が力を付けており、杏さん党も県連代表を兼ねていた美魚の判断によりここに属していた。
 リトバス県超野党連合は次期総選挙で統一公認候補を立てることとなり、美魚にも統一候補としての出馬の打診が来るも、実質的な腐女子代表としての立場上、統一候補としての出馬を辞退し、杏さん党に留まる。

 2008年総選挙では鍵ブロック区単独立候補でトップ当選した。
 
 その後、リトバス県超野党連合参加政党の一ノ瀬内閣への立場の違いから、連合は形骸化し、次の総選挙実施時には統一候補は立てない事となった。これに伴い美魚は、2010年葉鍵政界総選挙ではリトルバスターズ!県選挙区からも出馬することとなる。
 この選挙は全国的には杏さん党に追い風が吹いた選挙であったが、左派の有力候補が乱立したリトルバスターズ!県では美魚は決して善戦したとは言えず、決戦投票で辛うじて最下位で滑り込む有様であった。
 
 この選挙の後長期にわたって続いた政治停滞の後、2011年に結成されたした藤林杏内閣で文部科学大臣に起用され、文教・科学技術政策を担うこととなる。が、鍵地区随一の腐女子とも評される美魚が文科相に就いたことに表現規制・反同人派は非常に警戒し、捏造文書を撒かれるなどの凄まじいネガティブキャンペーンが展開された。
 

政治家西園美魚

人物評

 藤林杏・党委員長とならぶ、鍵地方の腐女子の代表格であり、世間一般では藤林杏以上に腐女子としての知名度・認知度は高い。
 
 公立学校の標準教材としてBL同人誌を配布しようとするなど暴走気味の行動が暫し取り上げられるが、執務自体は全般的に手堅く、藤林杏内閣が実質支配政権として認知される要因の一つとなっている。
 
 西園美鳥リトルバスターズ!県知事は実妹*5であるが、所属はオカル党と杏さん党とは完全な対立関係にある政党に属している。が、姉妹仲は特に悪くは無く、たまの休日には地元の商店(一般書店であったと言われる)で一緒に買い物をしていたとの目撃証言がある。
 西園美鳥は、美坂栞内閣が機能不全に陥った際に伊吹風子国会議長に協力して美坂栞内閣の運営に協力した経緯があり、伊吹議長の信頼も厚い。この為、藤林杏内閣と美坂栞内閣・伊吹議長が水面下で協力する必要性に迫られた際には、西園美魚−西園美鳥ラインがよく用いられる、といわれている。
 
 物静かで清楚な印象から冗談を言わないと見られがちだが、意外と軽口を叩く方である。が、それが軽口だと周りに受け取って貰えず事態を混乱に招くことも暫しある。憲法擁護法の審議のまっただ中にがおがお憲法のある条文を揶揄する発言をしたところ、法案の内容を非難する発言と受け取られて報道されてしまったことがある。
 

政治基盤

 リトバス県内ではさほど人気が高いわけでは無く、地方区に出馬した2010年葉鍵政界総選挙ではかなり苦戦している。が、葉鍵科学部部隊や腐女子青年同盟といった行動派の団体の支持を得ている為、場所によっては県外の方が支持が多いとすら言われる。
 棗恭介からは「妹にしたい」と言わしめるほどの多大な信頼を寄せられており、恭介グループの中核的存在である。一方で裏の顔とも言える妹の西園美鳥が反棗恭介のリーダー格となっており、地味に見えて左右双方に影響力を及ぼす、油断ならない存在となっている。



2008年総選挙時の選挙演説

皆さん、薄い本は好きですか? 
…もちろん、宗教団体が戸別訪問で押しつけてくるパンフレットのことではなく、同人誌のことです。
私は同人誌、好きです。でも、今の世の中いろいろとやれ表現規制だなんだと同人誌にとっては逆風の
世の中になっていますよね。
他党絡みで申し訳ないですが、つい先日も新党職人の方が空港でこのスレへのアクセス規制を受けてしまったそうです。
公共の場にふさわしくないんですって。
何も大型モニターに映し出すわけでもないのに、勝手にそんな事規制される筋合いはないと思うんですけど。
もちろん、法的根拠などありません。自主規制です。しかし、こういう「自主規制」の類ほど厄介なものはありません。
包丁と同じで有用な面もありますが、行き過ぎればとんでもない凶器になりかねない代物なんですね。
敢えて言ってしまえば、それは社会の目であるとか、集団の中の「空気読め」発言とか、そういった類のものも
同じことが言えるんです。
こういった、行き過ぎた自主規制に対する監視の目も、また必要だと私は思うのです。
真の自由を守る為には、時として自由に対する規制を受けねばならない。
矛盾したことのように思えますが、これが真実だと思うのです。
私は幸福な葉鍵社会を守る為に、真の自由と規制のバランスを常に模索していきたいと思います。


           ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます