葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

ここでは、葉鍵国の政治について、リアル日本の政治とは異なる独自の要素、その他特に説明を要する要素について説明する。


葉鍵国の政策

葉鍵国の刑事政策


 一ノ瀬政権下で、刑事政策に大幅な改革が加えられた。
 刑事法においては、児童ポルノ法が改正され、規制対象が限定されたほか、刑法改正により、公然猥褻罪や賭博罪が削除されるなど、自由化路線下で処罰規定の削減が進んでいる。
 刑事司法においては、捜査全面可視化法の成立に伴い、取調べの全面可視化、検察の証拠保存・開示などが義務付けられた。これにより、冤罪を防ぐ目的である。一方で、直接政治の影響を受けにくい刑事裁判の場においても、改革の影響は現れており、厳罰化の傾向にブレーキがかかっているようである。また、仮釈放が認められるまでの服役期間が短くなる傾向も進んでいる(これは、刑務所の過剰収容を解決し、人権状況の改善に資する目的もあるようだ)。

 また、葉鍵人権委員法の成立に伴い、2010年3月19日に国家人権委員会が設置され、刑事司法や刑罰執行に関する人権侵害に対し、さらに徹底した調査と是正が行われることになる。

民事政策


 一ノ瀬政権下で、2010年初頭に改正民法および葉鍵住民登録法が成立した。その内容は以下の通り。
  • 戸籍制度を廃止し、代わって、葉鍵住民登録記録を国民一人ごとに編成する。
  • 葉鍵住民登録記録は、国民一人ごとに編成し、氏名、出生の年月日、実父母の氏名及び実父母との続柄、養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄、パートナー関係およびパートナー登録者を記載する。
  • 移行措置として、葉鍵住民登録記録に記載する事実関係は、戸籍の記載事実に準ずる。
  • 葉鍵住民登録記録作成後に記載する事実関係は各登録者の届出による。
  • 氏名の変更は届出により自由に行うことが出来る。
  • 成人の定義を「18歳以上の者」に変更する。
  • 婚姻制度を廃止し、18歳以上の者が双方の合意により自由に行えるパートナー登録制度を導入する。
  • 非嫡出子の相続分の減額規定を廃止する。
  • 相続後でも、相続人に相続に関する錯誤があったときに相続放棄を認める。

 これにより、戸籍制度が廃止され、住民個人単位で把握されることとなった。また、パートナー登録制度は合意により自由に行え、なおかつ姓名の変更の必要が無いため、結果として同性婚や別姓のままの結婚が実質的に許容されることになった。

労働政策


下記の項目も参照。

 一ノ瀬政権下での改革は労働政策にまで及んでいる。ただし、他の領域では強烈な規制緩和に進んでいることに比べ、労働政策においては労働者保護のために規制強化の傾向にある。

 2009年の雇用保険法改正により、全労働者の雇用保険加入が規定されたほか、雇用保険支払期間を一律24日以上とする、給付期間を150日を下限、30ヶ月を上限に、被保険者期間の1/2とするなど、失業保険の支払いの対象・支払いの期間が拡大された。また、第二次の雇用保険法改正により、求職活動を行っている者(または行おうとしている者)、職業能力の開発及び向上の為の教育を受けている者(または受けようとしている者)に対する生活支援や教育費支援が行われるようになった。

 2009年の労働契約法改正により均等待遇の義務が制定され、企業に対して正規社員・非正規社員などの契約形態の別によらず、均等の待遇を行うことが義務付けられ、違反者には罰則が科せられる。また、解雇にあたっても、労働者や労働組合と誠実に協議し、解雇を回避するための努力を行うことが義務付けられる。また、2009年度予算において労働基準管理署の職員が大幅に増員され、労働者の待遇保障のための法改正を実効的にしている。


           ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます