葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

葉鍵政界の政治家
人名棗恭介
出身リトルバスターズ!
所属リトバス社会大衆党
政治的思想・立場友情・努力・正義

 棗恭介(なつめ・きょうすけ)はリトバス社会大衆党委員長。リトバス県超野党連合のまとめ役も兼務している。


 リトバス社会大衆党という1地方政党の党首でありながら、中央政界の混迷に乗じて多大な影響力を発揮している。
 新党魁来ヶ谷唯湖の挑発を受けて突然全葉鍵超野党連合の結成を呼びかけるなど、ノリで行動してしまう部分も多い。が、結果としてそれを眠主党分裂回避・超野党連合引き戻しの手段として利用してしまうなど、その政治手腕には限りないものがある。

 2009年に行われたリトバス県知事選に立候補するも、オカル党西園美鳥に予想外の敗北を喫する。この時点から、恭介はターゲットを国政に方針転換する。
 2010年葉鍵政界総選挙直前に、リトバス県超野党連合はその歴史的役目を終えたとして、解散を宣言。超野党連合所属の政治家は全員リトルバスターズ!県選挙区から立候補するという、前回とは一転してのカオス選挙の様相を呈した。この選挙戦の最中、隣国のテロリストの攻撃により投票が一時的に不可能になったことは果たして偶然であろうか。
 そして恭介は見事トップ当選を果たす。当選後、早速「選挙だけが全てじゃない。ここからがバトルのスタート地点だ」と発言するなど、中央政界を引っかき回す魂胆見え見えの態度を取っている。

 この選挙で葉鍵社民党杏さん党が大きく躍進し、葉鍵社民党は会派を組む食と福祉を考える会と併せて第一会派となり、杏さん党も党単独では第一党、会派としても第二会派となり、新興のミニ政党であるオカル党甘党満腹実現党も議席を獲得した。一方、一ノ瀬内閣与党の眠主党ことみん新党葉鍵自由同盟葉鍵新党・新党魁)は議席数を減らしたが*1、それでも5党併せて議席数は20人を超えており、政権交代には杏さん党と葉鍵社民食福連合が連立するか、一ノ瀬内閣与党連合の解体が必要と思われる状況だった。
 そんな中、月宮内閣時代から長年野党連合を率いてきた恭介が杏さん党・葉鍵社民食福連合の連立政権の首班候補として浮上。旧与党の眠主党ことみん新党や新興ミニ政党の甘党をも巻き込んだ大規模な連立構想が進むが、杏さん党と葉鍵社民食福連合は依然として自党の路線に固執して連立協議が進まず、その隙を見て葉鍵自由同盟まで連立協議に入り込み、政権乗っ取りを企てる動きが露わとなったことで恭介は連立協議を一時凍結する。

 この間にオカル党国家社会主義葉鍵十字党との抗争が勃発。それを受けて葉鍵自由同盟は新たな連立体制が発足するまでは一ノ瀬政権が依然として政権にあると主張して抗争鎮圧に乗り出すがこれに市民が猛反発してオカル党革命が発生する。
 革命後も杏さん党と葉鍵社民食福連合の溝が埋まらず連立協議が再開しない状況が続いたまま首班指名を迎える。一ノ瀬内閣旧与党の議員には連立協議の中断時点での立場から恭介を首班指名するが、恭介は一ノ瀬内閣旧与党勢力の延命に利用されることを嫌いこれを承諾せず、 美坂栞内閣が発足する。美坂栞内閣には、妹の棗鈴を含む、葉鍵社民党の白チーズ派も入閣していたが、白チーズ派内部のトラブルを契機に閣僚が相次いで職務を放棄し、機能不全に陥る。それでも杏さん党と葉鍵社民食福連合の溝が埋まらず連立協議は再開せず、その隙を見て葉鍵自由同盟が再起を図る。恭介はこの動きを警戒し、閣僚職務を放棄している棗鈴に、事実上葉鍵自由同盟の私兵組織と化している国家人権委員会の監視の密命を与える。

 その後葉鍵社民党と杏さん党との連立協議が始まり、藤林杏内閣が成立し、恭介は内閣官房長官に就任する。恭介は美坂栞政権に対し、伊吹風子の議長の立場を保証することを条件に正式な首班指名選挙の開催を求めるが、伊吹議長の同意が得られず、藤林杏内閣への正式な政権交代は失敗に終わる。
 その後、リトバス県超野党連合に属していた眠主党二木佳奈多戦う民主主義を唱え始め、憲法擁護法案?を提出し、これに対抗し、葉鍵社民党穏健派(党首脳陣を説得して藤林杏政権成立に貢献した)を中心とする議員グループの提案により人権法制が審議される。これを見た恭介は棗鈴に、音無結弦独裁政権による人権侵害が問題化していたAngelBeats!特別開発地域での国家人権委員会周辺の動きの調査を密命する。
 ところが、その後人権法制の審議が紛糾した際に恭介は鈴から受けた報告を葉鍵国会に公開するが、同時に人権法制議論に関わった葉鍵社民党や杏さん党議員に対して党の査問が行われた際、恭介が公開した情報が査問に使用されてしまう。
このことで、恭介は鈴から猛抗議を受けるが、世界の秘密に関わるなどと意味不明な反論に終始して埒があかず、兄妹仲は大いに冷え込み、各党の査問も離党騒ぎの再燃を恐れてうやむやとなり、人権法制議論を利用して葉鍵自由同盟を牽制しようとした恭介の計画は不発に終わってしまう。



           ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます